ヒヴァ

2017年06月23日

【ウズベキスタン】城壁の町・ヒヴァ

東京本社の荻原です。
本日はツアーで訪れるヒヴァの町をご紹介いたします。

砂漠気候で年間300日は快晴であるヒヴァは、二重の城壁に囲まれており、内城のイチャン・カラは450メートル×600メートルの小さな城壁内全体が1990年に世界文化遺産に登録されています。
17世紀、ヒヴァ・ハン国の首都となり、政治・経済・宗教の中心としてモスクやミナレット、メドレセが続々と建設されました。

西門を抜けるとまず目に飛び込んでくるカリタ・ミナルは高さは26m、直径は14.2mの巨大なミナレットで、1852年に建設が着工されました。その後ムハンマド・アミン・ハンがペルシャとの戦いで死亡したため工事は中断され、未完のまま残っています。

DSC_0002_ogihara
▲未完の塔カリタ・ミナル


ジュマ・モスクは213本の木の柱が建てられた多柱式建築で、中央アジアで最も古いモスクといわれています。

DSC_0871_ogihara
▲ジュマ・モスク内部


ヒヴァで一番高く新しいイスラム・ホジャ・ミナレットは1910年に建てられました。118段の階段があり、ご希望の方はフリータイムに登って頂くことができます。階段はとても急で、翌日筋肉痛になるほどですが、頂上からの景色は格別です。

DSC_0966_ogihara
▲イスラム・ホジャ・ミナレット外観


DSC_0977_ogihara
▲イスラム・ホジャ・ミナレット頂上からイチャン・カラを一望


ヒヴァはサマルカンドやブハラと比較すると小規模ではありますが、こじんまりとした良さがあり歩いていて非常に落ち着く街並みとなっています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

3回に渡ってサマルカンド、ブハラ、ヒヴァとウズベキスタンの代表的な3都市をそれぞれご紹介してまいりました。

2017年のウズベキスタンツアー、次回は8月に2つの出発日をご用意しており、いずれも催行が決定しております。
団体旅行では10月までの限定ツアーとなるウズベキスタン。ぜひこの機会に、ブルーの建造物が織り成す世界に足を踏み入れ、文明交差路の歴史を感じてみませんか。

世界遺産のヒヴァ、ブハラ、シャフリサブス、サマルカンド四都周遊
文明の十字路ウズベキスタン


ogihara_saiyu at 20:19|Permalink

2014年06月06日

未完成のミナレット (ウズベキスタン・ヒヴァ)

こんにちは。大阪支社の中田です。

今回はウズベキスタン、ホラズム州の州都ウルゲンチの南西に位置するヒヴァを
ご紹介いたします。
ヒヴァは16世紀初頭から20世紀初頭まで存在したヒヴァ・ハン国の首都で、
ブハラと並ぶ中央アジアの宗教都市であり、「聖都」の名前で呼ばれています。

ヒヴァの町はデチャン・カラと呼ばれる城壁の外側と、イチャン・カラと呼ばれる
内側に分かれます。
見どころは何と言っても、世界遺産にも登録されているイチャン・カラ地区でしょう。
10世紀には建設されたといわれている煉瓦の城壁に守られており、現在の城壁は
17世紀にさかのぼることができ、その高さは10メートルに及びます。

また、城壁の外側からはヒヴァの象徴とも呼べる青の彩紬タイル模様で覆われた
カリタ・ミナルが見られます。
「カリタ」とは、「短い」という意味で、直訳すると「短い塔」になります。
その名前の通り、他で見かけるミナレットよりも短く、太いのが特徴です。

DSCF7845



実はこちらのミナレット、残念なことに未完成の状態です。
1852年、ムハンマド・アミン・ハーンが中央アジアで最も高い109mのミナレットを
建てようとに着工されました。
400kmも離れたブハラの町を見張ろうとしたそうです。

完成しなかった理由には諸説あると言われていますが、正確な理由は分かっていません。
基礎部分の直径が14.2mもあるので、完成していたら70〜80mにもなっただろうと
言われていますが、結局26mで終わってしまいました。

茶色い街並みの中で美しく輝く水色のミナレットは、未完成ながらもヒヴァのシンボルと
なっています。

他にもイチャン・カラの内部にはハーレム・モスク・マドラサ・廟などがたくさん建てられ、
イチャン・カラ全体が1991年にウズベキスタン国内で初めてユネスコの世界遺産に登録
されました。

DSCF7865


小さな城壁内は、ゆっくりと歩いて町並みをお楽しみいただけます。
土色の古都を、是非肌で感じてみてください。

DSCF7837



ヒヴァ、ブハラ、シャフリサブス、サマルカンド四都周遊
文明の十字路ウズベキスタン

nakata_saiyu at 09:23|Permalink