ヤンギカラ

2016年06月20日

奇跡の大地「ヤンギ・カラ」を目指して

こんにちは、東京本社の寺岡です。

早くも、秋のコースが催行決定してくる時期になりました。
春・秋は中央アジアのベストシーズン。次の秋のお出掛け先に、「トルクメニスタン」はいかがでしょう?

今回はトルクメニスタンの西部にある、「ヤンギ・カラ」へ行くまでの経路とその絶景をご紹介いたします。

ヤンギ・カラを臨む

【ヤンギ・カラの大地を臨む】


ヤンギ・カラに行くための最寄りの町は、トルクメンバシ。
(英語:Turkmenbashi/ロシア語:Türkmenbaşy)
カスピ海北東岸に位置する、人口約15万人の石油精製が盛んな都市です。
ツアーではヤンギ・カラの台地上にてキャンプ泊をするので、まずはこの町のバザールで食料調達です。
ドライバーたちが食料を購入し、車に積み込む間、私たちはバザールを散策。

カスピ海とトルクメンバシの町

【カスピ海のほとりにある街・トルクメンバシ】


トルクメンバシのバザール

【トルクメンバシのバザール内部】


トルクメンバシ_バザール2

【カスピ海の魚や、キャビアを売るお店も】


アシガバードのロシアン・バザールと比べると小規模でしたが、野菜・果物・魚やお肉・お菓子・日用品
など、種類豊富な取り揃えでした。魚コーナーにはキャビアもあり、さすがカスピ海のほとりの町です。
内陸のバルカナバード油田から石油パイプラインが引かれてからは、製油や石油化学工業が発達し、
今や成長真っ盛りの町なのだそうです。

さぁ、食料調達後は、4WDに乗りこみ、砂漠の大地へ向かいます!
パイプラインとトルクメンバシ

【町を出てすぐ、目立つ石油パイプライン】


カスピ海沿いにある石油関連施設の建物・パイプラインを眺めながら東へ。
ヤンギ・カラの比較的近くまで、舗装道路が続きます。
が、舗装道路の外側の地面は、土砂漠・砂砂漠とコロコロ移り変わります。
トルクメンバシからヤンギカラへ_舗装道路

【ずっと続く舗装道路】


ヤンギ・カラまでの道のり_4WD

【9月中旬、外の気温は30℃を超える】


途中、周囲の景色で木々がまばらになってきたら、薪拾いストップ。
今晩はキャンプ泊で、周りに木々も何もない台地上に寝るという事もあり、ここで燃料を調達するのです。
スタッフたちは薪の選定も慣れたもので、どこから拾ってきたのか、かなり太い枝を見つけて(折って?)
持ってきました。十分な薪を確保して、再出発です。
ヤンギ・カラまでの道のり_薪拾い

【大胆に、4WDの車の屋根に積み込む】


トルクメンバシの町を出て、約2時間半。ヤンギ・カラの入口へと近づいてきました!
下の方に、遠くに、ヤンギ・カラの層を成した台地が見えてきます。
ヤンギ・カラ_エリア入口

【どんな景色が広がるのか、ヤンギ・カラ入口にてその先を眺める】


4WDにて下の方に下がっていくと、両脇にゴツンゴツンと、ピンク・赤・白・深緑などの色が層を重ねる
台形状の所謂「台地」が、塊で近づいてくる錯覚に陥ります。その規模はあまりにも大きいので、写真
ではなかなか伝えられません・・・
ヤンギ・カラは、古代の海テチス海の海底が隆起し、長い時間をかけて浸食されて形成された大地。
赤やピンクの色は岩石に含まれるヨード、白色は石灰質の色からできています。
現在進行形で形を変える広大な大地を前に、私達人間は、本当に小さく感じました。
ヤンギ・カラ_きれいな層

【ヤンギ・カラの層は、様々な色が重ねられている】


ヤンギ・カラ_台地からの展望1

【台地上に登って、東側の大地を眺める】


いつもキャンプ泊をする高台に4WDで登ると、景色はぐっと良くなります。
自分たちが、広大な大地の中で、おもちゃのような車で一生懸命走っている・・・そんな感覚に陥ります。
台地上の東側に見える景色が、上の写真。
西側には、よく皆さんがポーズを取られるスポットがあります。
テーブルマウンテンを上から眺めているような、そしてここに他には誰もいないような写真が撮れます。
※ただし、この写真スポットはいつポキッと折れてもおかしくない場所です。
  行かれる際は十分にご注意下さい!!
ヤンギ・カラ_写真スポット

【台地上に登って、西側の景色を満喫】


西側の景色は、夕日と一緒にも楽しめます。
皆さんが行くときには、晴れるといいですね。天気は運次第。私が行った時は曇りで、強風でした。

ヤンギ・カラ_台地上テント泊の様子

【台地上でのテント泊の様子】


風があまりにも強い場合、台地上にはテントを張れません。
当日の天候によりますが、テントが張れる場合は上の写真のような感じになります。車でテント場まで
行き、一人一張、テントを設置。設営はスタッフが手伝ってくれます。地面にペグを打って、テントやフライ
が飛ばないように固定させます。
夕食のメインは、スパゲティだったり、シチューのような煮込みだったり、お魚のグリルだったり。
夜は真っ暗になるので、足元は要注意。あまり端の方に行くと、台地上から落ちてしまいますからね。
(そんなに細い場所に泊まるわけではないので、ご安心ください)

朝は、東の大地から朝日が昇ります。
時間が経つにつれて色味が変わってくるヤンギ・カラ。本当にきれいです。
ヤンギ・カラ_西側大地を臨む

【台地上からの西側の景色】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上が、最寄りの町トルクメンバシからヤンギ・カラまでの流れです。
「奇跡の大地」と命名された「ヤンギ・カラ」。
この絶景は、個人旅行でも行けます。また、添乗員付のコースですと、2コースが該当します。
時期は春か秋がオススメです!
秋は果物が美味しい時期でもあるので、より楽しめます。

トルクメニスタンの絶景を確かめに、ご計画されてはいかがでしょうか?


■地獄の門と奇跡の大地 9日間<エミレーツ航空+フライドバイ利用で再設定!>
09月03日発 催行間近・あと2名様のお申し込みで催行決定
09月17日発 催行決定・キャンセル待ち

■トルクメニスタン完全周遊
08月08日発 催行決定・残席あり
09月05日発 催行決定・キャンセル待ち
09月19日発 催行間近・あと3名様のお申し込みで催行決定







teraoka_saiyu at 20:39|Permalink

2015年06月09日

地獄の門とヤンギカラでのキャンプ泊

2013年にからツアーを設定し、おかげさまでご好評をいただいている「地獄の門と奇跡の大地」。
トルクメニスタンの2大絶景をメインとしたコースです。

トルクメニスタンの国土85%をも占めるカラクム砂漠のダルワザにある「地獄の門」。
そして、古代に存在したテチス海が干上がったあと風雨に浸食されて見事な奇観が生み出されたヤンギカラ。

この2つのみどころを満喫するために、宿泊はそれぞれ1泊ずつのキャンプ泊となります。
キャンプ泊は初めての方やどんな所でキャンプをするのか想像がつかない方などもいらっしゃると思います。今回はこのコースのキャンプ泊の様子を少しご紹介させていただきます。


まずはダルワザの地獄の門でのキャンプ泊。
四輪駆動車でカラクム砂漠へ入り、地獄の門に到着すると、皆様にはさっそくクレーター見学をお楽しみいだきます。
地獄の門


その間にドライバーやガイドはテント張りや夕食準備にとりかかってくれます。

テントはお1人様ひとつご用意しています。
基本的にはドーム型のテントで、1人が寝るのに十分なスペースがあり、リュックなどの荷物も十分置くことが可能です。

ダルワザ キャンプ


このテントの中で寝袋でお休みいただきます。
寝袋は三季用(春・夏・秋)がおすすめ。お持ちでない方には、西遊旅行の清潔な寝袋とシーツの有料貸出サービスも行っています。

そして、夕食の準備の様子。

P5050464

P5050465


ドライバーやガイドさんたちが手際よく野菜を切ったり、肉を串にさしたり、お湯を沸かしたり。

P5050466


その辺りで集めてきた薪などを燃やして火を焚きます。
地面に穴を掘って空間を作り、野菜や肉の串を焼くという何とも原始的な方法での調理。

食事はシンプルですが美味しいです。
普段なかなか食べる機会がないであろうナスやトマトの丸焼きもとてもジューシーです。

P8107349_hamasuna


夜こそ迫力満天のクレーターをお楽しみいただくには、このキャンプ泊がかかせません。
地獄の門



続いてヤンギカラでのキャンプ泊です。
キャンプをはる場所は台地の上。四輪駆動車で景色を楽しみながら15分ほど登ります。

ヤンギカラ



到着してからの流れはダルワザの時と同じ。
皆様にはまずヤンギカラの絶景を堪能していただき、その間にスタッフがテントをはって、夕食の準備。

DSCN3412_kawada

早々と宴会が始まることも。

P5080633



ヤンギカラは風が非常に強いところです。
風が強すぎない適当な場所を選び、テントをはります。
テントの周りを囲むように四輪駆動車を停めて風よけにすることも。

テント泊のおかげで、夕日が沈むころのヤンギカラ、早朝明るくなるころのヤンギカラなど
色々な表情を見ることができます。
雲がなければもちろん満天の星空です。辺りには何の明かりもありません。

ヤンギカラ



また、トイレはどうするのか…と気になる方もいらっしゃるかもしれません。
もちろんダルワザもヤンギカラもトイレの設備はありませんので青空トイレとなります。
比較的平坦な地ですので、隠れる場所はそんなに多くないのですが、少し散歩がてら歩いていただき、
なだらかな丘を越えた辺りで用を足していただいたりします。
暗くなってしまえば誰にも見えませんので、テントから少し離れるだけでOKです!
開放的なトイレは意外に快適です!


シャワーを浴びることはできませんが、十分な量の水を車に積んでいますので、歯磨きは問題ありません。顔は少し水をもらって軽く洗うこともできます。

それぞれ1泊だけですので、不便はほとんど感じません。

大自然と一体となるような感覚すら覚えるキャンプ泊も、この旅の楽しみとなると思います。

9月、10月のコース、まだ間に合います。
トルクメニスタンの絶景と、キャンプ泊を楽しみに行ってみませんか。

P5050467




ご興味ある方は下記コース名をクリックしてツアー詳細をご覧ください。

地獄の門と奇跡の大地 9日間

地獄の門と奇跡の大地 10日間

hirono_saiyu at 08:00|Permalink