世界遺産

2017年06月23日

【ウズベキスタン】城壁の町・ヒヴァ

東京本社の荻原です。
本日はツアーで訪れるヒヴァの町をご紹介いたします。

砂漠気候で年間300日は快晴であるヒヴァは、二重の城壁に囲まれており、内城のイチャン・カラは450メートル×600メートルの小さな城壁内全体が1990年に世界文化遺産に登録されています。
17世紀、ヒヴァ・ハン国の首都となり、政治・経済・宗教の中心としてモスクやミナレット、メドレセが続々と建設されました。

西門を抜けるとまず目に飛び込んでくるカリタ・ミナルは高さは26m、直径は14.2mの巨大なミナレットで、1852年に建設が着工されました。その後ムハンマド・アミン・ハンがペルシャとの戦いで死亡したため工事は中断され、未完のまま残っています。

DSC_0002_ogihara
▲未完の塔カリタ・ミナル


ジュマ・モスクは213本の木の柱が建てられた多柱式建築で、中央アジアで最も古いモスクといわれています。

DSC_0871_ogihara
▲ジュマ・モスク内部


ヒヴァで一番高く新しいイスラム・ホジャ・ミナレットは1910年に建てられました。118段の階段があり、ご希望の方はフリータイムに登って頂くことができます。階段はとても急で、翌日筋肉痛になるほどですが、頂上からの景色は格別です。

DSC_0966_ogihara
▲イスラム・ホジャ・ミナレット外観


DSC_0977_ogihara
▲イスラム・ホジャ・ミナレット頂上からイチャン・カラを一望


ヒヴァはサマルカンドやブハラと比較すると小規模ではありますが、こじんまりとした良さがあり歩いていて非常に落ち着く街並みとなっています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

3回に渡ってサマルカンド、ブハラ、ヒヴァとウズベキスタンの代表的な3都市をそれぞれご紹介してまいりました。

2017年のウズベキスタンツアー、次回は8月に2つの出発日をご用意しており、いずれも催行が決定しております。
団体旅行では10月までの限定ツアーとなるウズベキスタン。ぜひこの機会に、ブルーの建造物が織り成す世界に足を踏み入れ、文明交差路の歴史を感じてみませんか。

世界遺産のヒヴァ、ブハラ、シャフリサブス、サマルカンド四都周遊
文明の十字路ウズベキスタン


ogihara_saiyu at 20:19|Permalink

2017年06月15日

【ウズベキスタン】中世隊商都市・ブハラ

東京本社の荻原です。
本日はツアーで訪れるブハラの町をご紹介いたします。

紀元前5世紀には都市が造られたとされるブハラは、9世紀のサマン朝の時代に黄金期を迎え手工業、商業が盛んになり、交易の十字路となりました。
サマン朝最後の王がイスマイル・サマニが父親のために建てた、中央アジア最古のイスラム建築「イスマイル・サマニ廟」は、レンガだけで様々な組み方がされ、陰影があるため日差しの強弱などで凹凸の見え方が変わるといわれています。

DSC_0614_ogihara
▲イスマイル・サマニ廟

大通りの交差点を丸屋根で覆ったバザール「タキ」は、かつて専門店的要素が強く何でも見つけることができるといわれ、多くの民族が集まりました。丸屋根は高く大きく、外の光が入りやすいようたくさんの窓があります。現在のタキはスパイス、スザニ(布製品)、その他お土産物などの多くの店があります。

DSC_0669_ogihara
▲丸屋根市場「タキ」の外観

DSC_0677_ogihara
▲「タキ」の内部

DSC_0659_ogihara
▲スパイス屋

ブハラは13世紀にはモンゴル軍に破壊されましたが、16世紀、ウズべク人のシャイバニ朝時代に再びよみがえり、多くのモスク、メドレセが建築され宗教的に充実した都市となりました。

DSC_0549_ogihara
▲ブハラ・ハンの居城「アルク城」

DSC_0587_ogihara
▲ブハラ・ハン専用のモスク「ボロハウズ・モスク」

ツアーでは、民族舞踊のディナーショーにもご案内いたします。

DSC_0723_ogihara
▲民族舞踊ディナーショーの様子

先日ご紹介したサマルカンドの全盛期以前に賑わっていたブハラの町。
ツアーでは2連泊し、建造物や町を見学しその雰囲気を堪能していただくことができます。
ぜひ中世隊商都市の趣きを感じてみませんか。

次回は城壁の町・ヒヴァをご紹介いたします。

世界遺産のヒヴァ、ブハラ、シャフリサブス、サマルカンド四都周遊
文明の十字路ウズベキスタン

ogihara_saiyu at 17:53|Permalink

2016年11月02日

内戦後に奇跡の復活!ベイルートの国立博物館の所蔵品の数々

ベイルート国立博物館は1942年開館のレバノン最大の考古学博物館です。10万点の遺物を所蔵する。75年から91年までのレバノン内戦ののち、博物館関係者の尽力により、復活を果たしました。

奇跡の宝物の数々を、時代毎に、遺跡毎にご紹介します。

IMG_0569_nakata
DSCF8141
【写真上:外観、下:大型の展示物が多く見所の多い1階部分】

P1010796_hosono
【写真上:コンクリートで周りを固めて保護した当時の映像。ビデオ上映ではグリーンライン上にあった博物館の所蔵品を、内戦の際にどのように保護したかを見せてくれます】

―ブロンス時代 (紀元前3200~1200年)―

〈ビブロス出土〉
DSCF8132
IMG_0553_nakata
【写真上と下:王家の墓で発見された、紀元前10世紀のアヒラム王の石棺の一部。ここに最古のフェニキア文字が残ります。フェニキア人は当初はヒエログリフを使用しましたが、不便なため、フェニキア文字を発明した。これは、アフファベットの元となり、地中海世界全体に広がりました。文字は右から左に読みます】

R0015900_kaneko
【オベリスク神殿から発見されたオベリスク。紀元前19世紀のビブロス王が寄進したもの。「ラー神に愛される王」との記載があります】

DSCF8119
【窓のある手斧で、オベリスク神殿で他の短剣や弓矢とともに出土しました。女神アナトもしくはリシェフ神にささげられました】

DSCF8120
【オベリスク神殿の下から出土のブロンズ製の兵士像。ヘルメットやエジプトの王冠に似た円錐形の髪飾りを身に着けている男性】

―鉄器時代 (紀元前1200~333年)―
〈エシュムーン出土〉
IMG_0557_nakata
【神殿の至聖所から発見された祭壇。写真は後側に彫られたアポロ神を中心とするオリンポス12神(上段)と踊り子と音楽演奏家の姿。大理石製】

DSCF8130
【フェニキア碑文のある子供の像。子供の治癒に感謝した両親が健やかな子供の像をエシュムン神に奉納しました】

〈シドン出土〉
IMG_2299
【豚の頭を象ったテラコッタ製のリュトン。アッティカとして知られたアテネ周辺からのもたらされた黒釉の彩色が特徴的な陶器。当時地中海交易が行われていたことを示す】

R0015898_kaneko
【大理石製の双頭の雄牛の柱頭。鉄器時代の後期、紀元前5世紀。シドンが当時のペルセポリスとスーサから強い影響を受けていたのがわかります】

―ヘレニズム期 (紀元前333~64年)―
IMG_0557_nakata
【エシュムーンの神殿から出土した紀元前350年の祭壇。フェニキアの都市で製作された「トリビューン(護民官)」と名づけられた祭壇はギリシャ彫刻の典型的な例で、レリーフの上段には竪琴をもつアポロとギリシャの神々が並び、下部には踊り子や楽隊が並びます】

―ローマ時代 (紀元前64~紀元後395年)―
〈ティール出土〉
IMG_0545_nakata
【大理石製の石棺。レリーフはトロイ戦争のエピソードで、パトロクロスを殺され復讐を遂げたアキレスがヘクトールを引きずっているのがわかります】

IMG_0546_nakata
【石棺(紀元後2世紀)。被葬者の夫婦像の下には、酔っぱらったキューピットが描かれます】

IMG_0556_nakata
【ラムセス2I世の石碑。軍神ラーハラクティの前で、敵を束ねて打ち砕くラムセス2世】

〈ビブロス出土〉
IMG_0561_nakata
【エウロペ神話のモザイク。紀元後3世紀。雄牛の姿をしたゼウス神にさらわれるビブロスの王女エウロペ(ヨーロッパの語源となる)。エウロペを探しにギリシャに渡った兄カドモスが、古代ギリシャ人にアルファベットを伝えたといいます】

〈バールベック出土〉
DSCF8142
【紀元後2世紀の七賢人のモザイク】


国立博物館ももちろん訪れます!レバノンのツアー催行状況はこちらから!
西遊旅行 レバノン一周8日間

otomo_saiyu at 17:00|Permalink

2013年03月15日

「緑の街」シャフリサブスで結婚式に遭遇しました!

今年も好評いただいてます、西遊旅行のウズベキスタンツアーは、これからシーズンを迎えます。

ウズベキスタンはホラズム王国の都ヒヴァや「青の都」サマルカンド、隊商都市ブハラなど、中央アジア5カ国の中でも屈指の見所満載の国です。今回はサマルカンドからブハラまでの移動の途中に見学いたします、シャフリサブスの街をご紹介します。

サマルカンドがその壮麗な建築物の色から「青の都」と呼ばれているなら、シャフリサブスは名前が「緑の街」という意味です。この地域もほかのウズベキスタンの地域同様乾燥していて、土漠に囲まれていますが街に近づくとポプラ並木や牧童が羊やヤギなどをつれている緑のまばらな牧草地も広がります。ティムールが活躍した700年ほど前はもっと緑が広がっていたのでしょうか。

ツアーではサマルカンドを朝出発して、5時間ほどでティムールの故郷であるこのシャフリサブスへ入ります。ティムールはシャフリサブス近郊の小さな村で生まれました。アクサライ宮殿はティムールの夏の宮殿で、彼が残した最も壮大な建築物ですが、現在は宮殿入り口のアーチのみが残ります。ホラズムの職人たちを移住させて1380年にはじめ1404年になって完成したという巨大な建築であった。現在はその門にだけその壮大さがみてとれる。中央部のアーチ部分は破壊で落ちてしまい左右にその巨大なフレーム分かれた形でありますが、高さは現在38m。それでも十分すぎるほど大きいのですが、中央のアーチ部分があった当初は65mとも言われています。残された門には青のアラビア語のカリグラフィーと幾何学文様がきれいにみてとれました。


IMG_6152画像 081


宮殿の中心だった所には現在ティムールの立像があり、ちょうど訪れたとき、隣の結婚式場から出てきた数組のカップルがこの立像の前で記念写真を取っていました。炎天下の中、大音量を響かせながらお祝いしてくれる親戚に囲まれながら、恥ずかしそうに歩いていく花嫁の姿が印象的でした。

CIMG8417IMG_1026

CIMG8421












西遊旅行で行く「文明の十字路ウズベキスタン」はこちら!

ひとりで自由気ままに、シルクロードへ。個人旅行で行くウズベキスタンはこちら!


otomo_saiyu at 19:29|Permalink