聖書

2016年09月28日

イエス誕生の地・ベツレヘムの聖誕教会

東京本社の荻原です。
今回は「聖地エルサレム滞在」のツアーで訪れるイエス誕生の地、ベツレヘムの「聖誕教会」をご紹介いたします。

ベツレヘムはエルサレムから南に10km、小高い丘の上にある町で、イエス・キリスト誕生の地とされています。町には聖誕教会をはじめ、キリスト教各派の教会が建ち並んでおり、クリスマスには世界中から巡礼の人々が集まってきます。
現在はパレスチナ自治区にあり、イスラエルとパレスチナの間には検問所が設けられています。

DSC_0440_ogihara
 ▲ベツレヘムの街並み

「聖誕教会」はコンスタンティヌス1世の時代に、イエス・キリストが生まれたとされていた洞穴の上に聖堂の建設が始められ、339年に完成しました。この聖堂は6世紀の火災で失われ、モザイクの床がわずかに現存するのみです。

DSC_0402_ogihara
 ▲ベツレヘムの聖誕教会外観

内部へ入ると、薄暗い空間に金属製のランプが数多く吊るされた祭壇があり、その脇から地下へ下ると洞窟があります。ここが、イエス・キリストが生まれた場所であるとされています。

DSC_0408_ogihara
 ▲イエスが生まれたとされる場所

小さな洞窟の中には、銀で星の形がはめ込まれた祭壇があります。これは東方三博士が新しいユダヤの王をひとめ拝もうと、星に導かれてベツレヘムにやってきたというその星をかたどったもので、「ここにてイエス・キリストは生まれたまえり」とラテン語で刻まれています。

聖誕教会に隣接している聖カテリーナ教会では、毎年12月24日クリスマスイブのミサのテレビ中継が行われます。教会前の中庭には聖書学者ヒエロニムスの像が立っています。
ヒエロニムスは生涯をラテン語の翻訳に投じた人物で、ヘブライ語の聖書をラテン語に翻訳するためにこの教会の洞窟にこもっていました。彼はローマの婦人パウラの協力で翻訳を成し遂げました。パウラの死後、彼は彼女の骨をそばに置き作業を続けたといいます。中庭のヒエロニムスの像の足元には、パウラのしゃれこうべが置かれています。

DSC_0438_ogihara
 ▲ヒエロニムス像とマリア像

ツアーでは3つの宗教の聖地であるエルサレムの旧市街に5連泊し、じっくりとイスラエルの歴史やイエス・キリストゆかりの地を巡っていきます。
ぜひとも、異なる宗教が同時に存在する聖地エルサレムの独特な雰囲気を体感して下さい。

◆エルサレム旧市街に5連泊し、イスラエルの歴史と魅力にふれる
聖地エルサレム滞在

ogihara_saiyu at 19:56|Permalink

2012年10月30日

死海で浮遊体験

皆様、こんにちは。大阪支社の中田です。

今回ご紹介するのは、イスラエルの見所の一つ、「死海」です。

IMG_1850


死海は海抜下400メートルと、世界で最も低地にある塩水湖です。
ヨルダンとの国境に位置し、ヨルダン川の流れ込む北側から南の端まで、全長78キロにも及びます。
ヨルダン川から流れ込み出口を無くした水が、強烈な太陽光の下で蒸発し、海水の10倍、約33パーセントもの塩分濃度の湖を形成しました。
その塩分濃度の高さで、生き物が生息出来ないことから「死海」と名付けられました。
水の中にいるにも関わらず、浮きながら新聞を読む姿などは、テレビなどで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「聖地エルサレム滞在」では、エルサレムから少し足を延ばし、死海も訪れました。
エルサレムから、どんどん砂漠を下るように進むと、死海は見えてきます。

強烈な太陽の日差しは、現在でも死海の水を蒸発させ続けており、蒸発した場所に塩が残っている光景を何度も見かけました。
太陽の日差しに加え、近年の雨不足も原因の一つだと言われており、300年後には死海の水が全てなくなるという予想もあります。

IMG_1852


いざ死海へ進むと、少しヌルっとした水に驚きます。
今までに経験したことのない「沈まない」感覚は、コツを掴むのに少し時間がかかります。
この時、水が口に入った方は、とても驚かれます。
塩辛い感覚を通り越して、少し苦味を感じるからです。


周辺には、死海の泥使い、パックの様にしている観光客の姿もありました。

IMG_1851


死海にあるホテルには、死海と同じ濃度のプールがあり、そちらで浮遊体験も楽しんでいただきました。

IMG_1841


強い日差しを避け、こちらでのんびりと浮かぶのもオススメです。


死海での浮遊体験が楽しめ、聖書の中を旅するツアーはこちら「シナイ半島とイスラエル周遊の旅」。
来年2月、3月に設定しております。
野花の咲く中の、巡礼シーズンです。この機会に是非、ご検討下さい。


西遊旅行で行くイスラエルの旅
関連ツアー:「シナイ半島とイスラエル周遊の旅

nakata_saiyu at 18:42|Permalink