at 21:00│中央アジア | ビザ

2018年02月06日

ウズベキスタン ビザ不要に!

ウズベキスタンのビザが不要になります。


【ウズベキスタン査証に関する重要なお知らせ】
 2018年2月3日付ウズベキスタン共和国大統領令に基づき、2018年2月10日より
 下記の国籍の保有者につきましては、入国日から30日間までの滞在に限り、
 ウズベキスタン査証が免除される運びとなりました。

   査証免除適用国:
     日本国、大韓民国、イスラエル国、インドネシア共和国、マレーシア、
     シンガポール共和国、トルコ共和国

 詳細につきましてはウズベキスタン共和国大使館領事部までお問合せ下さい。
 TEL: 03-6277-3442

 2018年2月6日
 駐日ウズベキスタン共和国大使館


Decree of the President of the Republic of Uzbekistan on additional organizational measures to create favorable conditions for the development of tourism potential

Ordered to establish a visa-free regime from February 10, 2018 for a period of 30 days from the date of entry into the territory of the Republic of Uzbekistan for citizens of the State of Israel, the Republic of Indonesia, the Republic of Korea, Malaysia, the Republic of Singapore, the Republic of Turkey and Japan, as well as crew members of aircrafts of foreign airlines , carrying out regular flights to the Republic of Uzbekistan.



at 10:00│フライト・航空券情報 | 南米

2018年02月01日

EK エミレーツ航空 チリ・サンチャゴへ新規就航!

エミレーツ航空がチリ・サンチャゴへ就航します。

待望のチリへの就航です。

中東の各航空会社がブラジル、アルゼンチンまでは路線を拡大してきましたが、
実現できなかった路線です。

EKとしては、南アメリカ4番目の就航都市。
これにより、ドバイ〜サンパウロ間も週12便体制になります。

パタゴニア、イースター島への旅が便利になります。
そして、チリ産の海産物やチェリー、ブルーベリーもドバイ経由でやってくることになります。


<2018年7月5日より> 週5便体制
火木金土日  EK263 ドバイ/サンチャゴ  09:05/21:40 ※サンパウロ経由
月水金土日  EK264 サンチャゴ/ドバイ  01:10/05:15(翌日) ※サンパウロ経由

使用機材:B777-200LR ( J-38 / Y-264)


at 10:00│フライト・航空券情報 | ドバイ

2017年05月25日

EK エミレーツ航空 無料Wi-Fi サービスの変更

飛行中も通信ができるのがスタンダードになってきています。
各社が競ってサービスを展開しています。

EK(エミレーツ航空)では、現在、すべてのA380型機と、ほぼすべてのB777型機で、座席でブログや
ウォールへの書き込み、ツイートを無料で利用できます。 データは10MBまで無料です(インターネット
検索やEメール送信、Facebookの更新に十分な量です)。 また、わずか1アメリカ・ドルで飛行中に最大500MBまで機内Wi-Fiを常時利用できました。

2017年6月14日以降は変更されます。

新しいWi-Fiサービスの基準は以下のとおりです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

無料 : 10MBまで、全クラス初めてのサインインから2時間までご利用いただけます。
USD9.99  : 150MBまで、時間制限なしでご利用いただけます。
USD15.99 : 500MBまで、時間制限なしでご利用いただけます。

ファーストクラス・ビジネスクラスをご利用のお客様で、弊社Skywardsの会員のお客様は
時間、容量共に制限なしでご利用いただけます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


日本~ドバイ線については、飛行経路上、中国上空を飛行中は、通信制限のため
繋がりにくい状況になります。



at 10:00│フライト・航空券情報 | ドバイ

2017年03月27日

EK エミレーツ航空 A380運航路線 拡大中!

EK(エミレーツ航空)は、人気のA380機材を多数保有しており、その運航都市を
どんどん増やしています。

3月26日からは成田線もA380機材が復活しました。

現在、日本から運賃が設定されているA380の就航都市は下記の23都市です。

ヨーロッパ:ロンドン(ヒースロー・ガドウィック)・ マンチェスター・バーミンガム
       マドリード・バルセロナ
       ローマ・ミラノ
       アムステルダム
       コペンハーゲン
       フランクフルト・ミュンヘン・ドゥッセルドルフ
       パリ・ニース(2017年7月1日より)
       チューリヒ
       プラハ
       ウィーン

中近東:  ジェッダ・クウェート 
アフリカ:  カサブランカ(2017年3月26日より)・モーリシャス
南米:    サンパウロ


最新の機内サービスを誇るA380 運航マップと機内サービスのウェブサイトをご覧ください。
https://www.emirates.com/jp/japanese/flying/our_fleet/emirates_a380/emirates_a380.aspx




at 10:00│フライト・航空券情報 

2017年03月06日

CX新規就航! クライストチャーチ

CX (キャセイパシフィック航空)は、2017年12月01日から2018年2月28日までの期間限定で
香港からクライストチャーチに季節運航を開始します。

日本からは、SQ、CIが乗り継ぎよく、運航しています。
この牙城を崩せるかどうかです。


◆ニュージーランド・クライストチャーチ
2017年12月01日~2018年02月28日 

水・日 CX123  香港 20:45発→クライストチャーチ 12:55(翌日)着
金   CX123  香港 14:50発→クライストチャーチ 07:00(翌日)着

月・木 CX126  クライストチャーチ 14:25発→香港  20:55着
月・木 CX126  クライストチャーチ 08:30発→香港  15:00着


機材は、最新設備を搭載した「エアバスA350-900型機」
ビジネスクラス38席、プレミアム・エコノミークラス28席、エコノミークラス214席の計281席。

ボーイングB787(ドリームライナー)を意識して、改良を加えられた機材。
静かな客室と大型の窓、雰囲気のよいLED照明や大型の頭上の荷物入れなどが採用され、
乗客への配慮が行き届いた快適な空間を実現しています。


これからは、チャーチも香港経由のCXです。


at 10:00│フライト・航空券情報 | 中国

2017年02月28日

中国・敦煌空港が一時閉鎖されます!

中国の敦煌空港が滑走路の改修工事のため、閉鎖されます。

これにより、工事期間中はすべての離発着をストップするので、全便運休になる予定です。

工事期間:2017年3月15日(水)~2017年5月25日(木)

この期間にご利用予定の方は、くれぐれもご注意ください。
空路を利用するなら、嘉峪関空港を利用して、陸路、敦煌へ向かうことになると思われます。 



at 10:54│フライト・航空券情報 | ヨーロッパ

2017年02月27日

AC エアカナダ  アイスランド・レイキャビークへ就航!

AC (エアカナダ)は、2017年6月21日から10月9日までの間、夏期の季節運航で
アイスランド・レイキャビークに就航します。

曜日によって、トロントとモントリオール発着が変わりますが、毎日の運航です。
日本からも乗り継ぎよく、料金の設定もされることになりました。



◆アイスランド・レイキャビーク
2017年06月21日~2017年10月09日まで 

月・水・木・土 AC1970 トロント 21:00発→レイキャビーク 06:50(翌日)着
火・金・日   AC1972 モントリオール 21:35発→レイキャビーク 06:50(翌日)着

火・木・金・日 AC1971  レイキャビーク 08:30発→トロント 10:20着
月・水・土   AC1973  レイキャビーク 08:30発→モントリオール 09:45着


使用機材:エアバス A319


これからは、ヨーロッパ経由ではなく、カナダ経由もありです。