at 10:00│フライト・航空券情報 | ヨーロッパ

2017年01月17日

EK エミレーツ航空 クロアチア・ザグレブへ新規就航!

エミレーツ航空がクロアチア・ザグレブへ就航します。

東ヨーロッパにもどんどん進出してきます。


<2017年6月1日より>
毎日  EK129 ドバイ/ザグレブ  08:15/12:20
毎日  EK130 ザグレブ/ドバイ  15:35/23:05

使用機材:B777-300 ( F-12/ J-42 / Y-310)


at 12:00│フライト・航空券情報 | アフリカ

2016年12月28日

ET 新規就航! マダガスカル・アンタナナリボへ

「一番近いアフリカ!エチオピア」
がキャッチフレーズのET(エチオピア航空)が就航都市を増やします。

2017年3月28日
アディスアベバからマダガスカル・アンタナナリボに就航します。


◆マダガスカル・アンタナナリボ

2017年3月28日より 
火・木・土 ET 853  アディスアベバ/アンタナナリボ 09:40/14:30
火・木・土 ET 852  アンタナナリボ/アディスアベバ 15:20/20:10
※使用機材:B737-800

MD(マダガスカル航空)のバンコク~アンタナナリボ間の運航がなくなって以来
モーリシャス経由で行かざるを得なかったので、バリエーションが増えます。


これでさらにアフリカが近くなります。


at 10:00│フライト・航空券情報 

2016年11月04日

CX 新規就航!イスラエル・テルアビブ

CX (キャセイパシフィック航空)は、2017年3月26日より、香港からテルアビブ(イスラエル)に
就航します。

日本からは、KEかTKという選択肢しかなかったイスラエル。
週4便体制でCXが新規参入。日本からの乗り継ぎに便利な時間帯。
しかも思い切った料金設定を予定しています。

◆イスラエル・テルアビブ
2017年03月26日より 

火・木・土・日 CX675  香港 01:00発→テルアビブ 07:40着
火・木・土・日 CX674  テルアビブ 13:50発→バンコク 05:10(翌日)着


機材は、最新設備を搭載した「エアバスA350-900型機」
ビジネスクラス38席、プレミアム・エコノミークラス28席、エコノミークラス214席の計281席。

ボーイングB787(ドリームライナー)を意識して、改良を加えられた機材。
静かな客室と大型の窓、雰囲気のよいLED照明や大型の頭上の荷物入れなどが採用され、
乗客への配慮が行き届いた快適な空間を実現しています。


これからのイスラエルには香港経由のCXがおすすめです。


at 11:46│フライト・航空券情報 

2016年09月27日

TG 新規就航! イラン・テヘランへ

TG (タイ国際航空)は、10月1日より、バンコクからテヘラン(イラン)に就航します。
EK、QR、TKが幅を利かせていますが、思い切った料金で、TGが新規参入です。

◆イラン・テヘラン
2016年10月01日より 

火・木・土・日 TG527  バンコク15:30発→テヘラン19:30着
火・木・土・日 TG528  テヘラン21:00発→バンコク06:55(翌日)着


料金は
エコノミークラスで75,000円~、ビジネスクラスで244,200円~

と魅力的な料金設定です。



at 17:00│アフリカ | フライト・航空券情報

2016年08月29日

ET 新規就航! ナミビア・ウィントフックへ

「一番近いアフリカ!エチオピア」
がキャッチフレーズのET(エチオピア航空)が就航都市を増やします。

10月4日
アジスアベバから、ボツワナ・ハボローネ経由でナミビア・ウィントフックに就航します。


◆ボツワナ・ハボローネ、ナミビア・ウィントフック

2016年10月04日より 
火・木・土 ET 829  アディスアベバ/ハボローネ  09:40/13:55
火・木・土 ET 829  ハボローネ/ウィントフック    14:45/16:25

水・金・日 ET 828  ウィントフック/アディスアベバ 10:00/11:40
水・金・日 ET 828  アディスアベバ/ハボローネ  12:30/19:00


これでさらにアフリカが近くなります。


at 10:00│フライト・航空券情報 

2016年07月15日

AA アメリカン航空  ダラス線 新機材導入

AA アメリカン航空が2016年8月5日より、成田~ダラス線に
最新設備を搭載した新仕様機材 777-200型機を導入します。

これにより、機内設備が大幅にアップグレードされます。
モダンなインテリアとパワーアップしたエンターテイメントのオプション、
広々としたパーソナル・スペースで、さらに快適なフライトが楽しめると
期待されています。

https://www.americanairlines.jp/i18n/travel-info/experience/planes/redesigned-boeing.jsp



at 12:59│アフリカ 

2016年07月11日

7月11日より 「黄熱予防接種証明書」の有効期限が10年から生涯に

10年間有効から、本日(7月11日)以降、生涯有効ということになりました。

これにより、10年を過ぎたから再接種する必要がなくなりました。
記載の有効期限の過ぎた証明書も有効ですので、破棄しないようにしてください。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000129427.pdf
  


以下、厚生労働省結核感染症課、及び検疫所業務管理室からの案内です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   平成28年7月11日以降の黄熱予防接種証明書の取扱いについて
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

標記について、黄熱ワクチンを接種し取得した黄熱予防接種証明書
(以下、「証明書」という。)の有効期間について、これまでの10年間から、
平成28年7月11日以降は接種10日後から生涯になる旨、WHO総会で採択
されました。
これに伴い、下記についてご承知いただくとともに、お客様や関係先等に
対しての周知をよろしくお願いいたします。

                 記

1. すでに有効期間が経過した証明書も平成28年7月11日以降は生涯有効な
 ものとして取り扱われ、更新手続は不要であること。

2. よって、有効期間が経過した証明書及びこれから交付される証明書は
 生涯有効であることから紛失しないよう大切に保管すること。

                 厚生労働省結核感染症課、検疫所業務管理室