「つれづれなるままに」 茶丈 藤村 sajo-towson

床の間に生けた花や道端で見つけた季節の風物
そして時季の和菓子や甘味えとせとら。。。
茶丈藤村をかたちづくるフィーリング。
ここが入り口です。←クリックしてお入りください。    

“びわこぐま”がTVに!しかも全国区!でかしたー!!!
( 放映は2018年4/14(土)の夜7時56分〜日テレの「世界一受けたい授業」の3時限目 )

なんともメデタイことなのでちょっと振り返ってみようか。
30594939_1698632196885456_3480919084709707776_n
         モデルは我が家にホームステイしていた日本語勉強中のレアちゃん。ひらがな上手い。


“びわこぐま”と私の出会いは2011年のさわやかな今頃の季節だったかな。

お店に背の高いシュッとしたお兄さんが 体にピタッとした自転車ウェアをまとい、ヘルメットからふわふわとした髪をはみ出させ黄色と水色のフレームのサングラスをかけたまま ぶっきらぼうに「たばしる1個ください。」とご注文。簡易包装でおひとつ渡すと その場でムシャムシャと立ち喰い。「どちらからですか?」と声をかけてみたものの「あ、すぐそこです」的な盛り上がらない返答。そのお兄さんが来ていたウェアに「びわこぐま」と書いてあるのを私は明確に覚えていました。なんなん!?結構カッコイイのに愛想ないし つまんないの!と思ったもんです。

そのお兄さんと再び会ったのはその年の秋。大津の競輪場でのファンライドイベントに遊びに行った時。
その時も 結構カッコイイのに愛想ない感じ で話しをすることもなく過ぎました。ところがファンライドに同行していた友人がその日のうちにお友達になったらしく、後日店に連れてくるとのことでした。

で、わくわくしながらお待ち申し上げていたところ、”眼鏡の中年” が来ましたよ。
「え、この人?  。。。」
その人が “びわこぐま” だったんですよ。

6ce3efd8
大津市公認の おおつ光ルくん(住所:大津市石山寺一丁目1番1号)と
   

今でも「なんで琵琶湖がクマなん?」の疑問は払拭できないし、もともとファンシーフリークではないので “びわこぐま”キャラクターのファンというわけではないけれど ( !! ) その”眼鏡の中年”とは今でも友達だし、もうかれこれ7年目のおつきあい。たぶん親友のはず。


まず最初に 全国に散在している“びわこぐま”のファンのオフ会を茶丈藤村でやったりしましたね。
びわこぐまの生菓子つくり体験とか びわこぐまの干菓子型抜き体験とか びわこぐまトーストとか色々と用意させていただきました。なかなか濃いオフ会になったと振り返ります。

9a713921
びわこぐまどらやき@自作フレームプロジェクト大展覧会
0a272c37
ぺったんこびわこぐま大福@鈴鹿8時間エンデューロ


それからあとは自転車が主の「チームびわこぐま」のメンバーとして 鈴鹿の耐久に出たり 東京までの自転車旅をしたり 自作フレーム制作を2台やったり その自転車でRaphaのキッついイベントに出たり。なんやかんやと楽しませていただきました。

982c73ee
自作フレーム メッキ前の状態。今も愛用展示中のバイクです。


c002537b
Rapha Prestige NISEKO 5人チーム 北海道まで遠征 BGMは 「マキノがニセコ」




“びわこぐま”のスゴイところのひとつは「音楽班」の存在。NASABANDという地元のミュージシャン。
オリジナル曲があって これがまたイイ。「チームびわこぐま」の挑戦をテーマにした楽曲も数曲あり、BGMに事欠かないのです。AppleMusicでも聴くことができます。

6dab2713-3df5-45f5-9175-b88e255a4962




このところ歳のせいか活動が鈍りまくっている「チームびわこぐま」ですが 私は今でも健在の初期メンバーなので歳なりの活動をひょっこりとしていきたいと思っています。


“びわこぐま” に興味のある方は茶丈藤村へおたずねくださいね。
オリジナルステッカー&バッジセットも取り扱い中。
懐かしの自転車ジャージも展示中です♪

30652862_1699136216835054_3343907519138365440_n




実は ゴミを拾うのには勇気がいります!

たとえば 散歩中や通勤途中に落ちているゴミを見つけてしまった時、それを拾いますか?

「ここにゴミが落ちてるのは嫌だな」と思ってもなかなか拾えないー。

・なんか恥ずかしい。
・人目が気になる。
・自分の手が汚れるのが嫌。 


 拾わない理由も ごもっともです。

 私も よそ行きの格好をしている時には拾えません。

 個人がゴミを拾うには 決断力が要ります。

私が「拾う」と決心したきっかけは 早朝のびわ湖岸で 軍手にレジ袋を持って ゴミ拾いしながら走る30代くらいの男性でした。まったくイケメンではない彼でしたが 覚悟を決めて行っている「RUN×ゴミ拾いする姿」をとてもカッコいいと思いました。と同時に「あぁ 私もやらなきゃ。」って思ったのです。


 それ以来 私はゴミを拾うTPOを限定してこれを実践しています。

 T time           時間帯   朝 
 P place         場所       京阪石山寺駅〜店の前〜石山寺山門前「紫の道」
 O occasion     場合/状況     ジョギング(または散歩)のついで



2017年4月から始めた そんな活動中に かつて参加したことのある NPO法人スウィングが企画した「その場でゴミコロリ in Facebook」のFINAL 歴代チャンピオン大会へのお誘いが舞い込んできました。


そこで「毎日拾うゴミでその不愉快感を訴える」ってのをやってやろうとこんな投稿をしましたら

20108433_1440284926053519_7436708084708125877_n
               

タ バ コ
ス テ ン
ト イ テ


この4月から ほぼ毎日 京阪石山寺駅〜石山寺門前までの参道700mをジョギングついでにゴミ拾いしています。腰をかがめて拾う回数が最も多いのはタバコの吸い殻。「なんで誰かが口にくわえたとこ持って拾わなアカンねん!」と文句言いながらも ゴミを目にしたら拾わずにいられないカラダになってしまいました。(´;ω;`)


なんと歴代チャンプに選ばれ、表彰されたのですー!


2005年から京都市北区で活動する NPO法人スウィング http://www.swing-npo.com/index.html
「福祉ってなんやねん」という切込みで なんかいいな と思える活動をしてはります。


そして副賞として「何かいい感じのもの」をたくさんいただいちゃいました!

27867445_1633610006721009_8613163963753234161_n


レジェンドって すごくないですか!? 
こちらこそありがとうございます!


詳しくはこちら >>その場でゴミコロリ in Facebook FINAL 歴代チャンピオン大会


昨年4月から始めたゴミ拾い。
もうすぐマル一年となりますが 量的には軽トラ山盛り2杯ぐらいは拾ってるのではないでしょうか。

キレイな道にはゴミポイしないはず。 清掃してる人を見たらゴミポイできないはず。
そして私のゴミ拾いする姿を見て自分もやらなきゃと思ってくれる人が わずかでも居るはず。

そんな希望をもって来年度も引き続き石山寺参道「紫の道」をキレイにしてまいります!


5月の連休明け。 NZでホームステイ中の二女に会いに 7泊8日の旅をしました。
せっかくのアクティビティ大国NZへ行くのなら、ということで 自作クロモリを携えての渡航です。

自転車を飛行機に乗せるのなら 「専用段ボール箱」 というのが定説。 しかし自宅ー空港間の バス・電車でのアクセスを考えると 肩から掛けられる輪行袋がベストと考え 準備をすすめました。

Air Newzealand のHPで 受託手荷物について確認しながら荷造りです。
スポーツ用品については理解のあるエアラインだと思います。
https://www.airnewzealand.jp/oversized-items
しかも自転車の梱包箱はニュージーランド国内のすべての空港で、NZ$25で購入できるようです。


18740621_1385726991509313_107648833534625631_n

持っていく自転車は自作クロモリJuego de Cartas号 650c。後輪はつけたまま 前輪だけ外して袋に入れます。何しろ ペラペラの布製の袋なので最低限のガードは必要かとおもい 強化タイプのプチプチを購入。
それとあと要るものは 養生テープくらいですね。 フロントフォークには 歪むと困るので そのへんにあった木材をカットして彫刻刀で削って差し込みました。


18767603_1385748921507120_382656757981399295_n

ハンドルを内側に倒し サドルを抜いて ホイール部分はステーごとホイールカバーをかけて縛る

18813682_1385748851507127_5687013303725551615_n

プチプチ × 養生テープ 。 タイヤの空気は抜かなくてもよいのです。


18767503_1385748918173787_6559057227891645031_n

      ホイールサイズが 650cだからとてもやり易い。

18740260_1385748848173794_4297360032135856547_n

迷子になった場合のために 滞在先の連絡先をタグ付け

18739931_1385748838173795_1926896111576645954_n


コンパクトな自転車とはいえ総重量は17kgとなり、細い肩紐ではかなり重たく感じます。ヒィヒィいいながら 京都駅からエアポートリムジンまで歩きます。 空港に着いたら カートに乗せればよいのであとはお気楽です。

ですが、失念していたのは その荷物が「オーバーサイズ」だということでした。 日本国内の空港では自動的に載せ替えてくれましたが NZ国内の乗継で「預ける場所が違う・受け取る場所が違う」に すこし混乱してしまいました。 
 
往路: 伊丹=成田=オークランド=ネイピア 
復路: ネイピア=オークランド=上海=関西国際空港  <行きも帰りも乗り継ぎ 3回>

18814339_1385727001509312_9061320517864778755_n

自転車も輪行袋も無傷で目的地まで到着。ほっとしました。


現地1日目は快晴。しかしこの日はホスト宅にご挨拶とか高校を見学とか娘の誕生日を祝ったりで自転車には乗らず。残念なことに 2日目.3日目が 晴天率の高さで知られているこの地において まさかの雨だったのです。 2日目には小雨を縫って 海岸線まで 路線バスに自転車を積んで出かけ 娘たちにはタンデムバイクを借り、ビーチ沿いのサイクリングトレイルを往復10kmほどたのしみました。

18765707_1385726998175979_6379088452617314604_n
親切な運転手さんは 降りてバイクをラックに載せてくれる。

18881803_1385726994842646_8250878969481977675_n

初めてのタンデム車。 さすが姉妹。息がぴったり。 
声かけあって漕いでいる姿は 見ていてほほえましかったです。
1n

ネイピア中心街 アールデコ調のストリートです。
2_n

SEA WALLS : MURALS FOR OCEANS (海の物語)
海をテーマにした物語のウォールアートが29か所 そこかしこにあります。

3_n
自転車修理台(A面)

4_n

自転車修理台(B面)


 トップチューブがホリゾンタルで良かったと思うよ。


■3日目は朝から結構な降りっぷり。
往復50キロほどのところにこんなすてきな低山があるので行ってみたかったのだけれど。
気温も低いし風も強かったので 娘たちには強要できずにあきらめました。

1000

Te Mata Peak   いつか こんなところを。

18740795_1385743884840957_892955932944269403_n

土砂降りの3日目 マラソン前日受付




■最初の2泊は娘のホスト宅に泊めてもらいましたが、3.4泊目はビーチ沿いのモーテルに泊まります。
なぜなら5/13に開催される HAWKE'S BAY INTERNATIONAL MARATHON 2017 に参加するため!
スタート地点まで すぐのところに泊まります。

18839347_1385743874840958_7840428946457509955_n

ビーチ沿いをしばらく行って 果樹園のそば 川沿いの堤防をはしり ブドウ畑の中を突き抜けてゆく〜。。。というロケーションに萌えまくってしまい、NZ行きを決めた直後にすぐにネットでエントリーしました。

ほんとにインターネットって便利ですね。 飛行機も 宿も 長距離バスも全部自宅で手配できるんですもんね。



そして おまけのマラソン当日。 2日続いた雨も止みましたが 風がけっこう吹いています。


18835819_1385744044840941_741537310667356959_n
スタート前 現地の人がほとんど。中にアジア系がちらほら。

18835668_1385743878174291_274974327728881045_n

スタート直後 ここではスポンサーでもあるアシックス率がかなり高い。


18766059_1385743871507625_6780093328042164554_n

川沿いの堤  固められた砂地の道 長い。


18814337_1385743881507624_1320445034251761817_n

広々と 黄葉しているブドウ畑

18740259_1385743948174284_4923247649362451133_n

紅葉シーズン 砂利道区間も長い

18767413_1385743951507617_2017131236329279991_n

ほぼ 全行程で向かい風が6m/s。プチマッチョなお兄さんにピタッとくっついて風除けながらハイペースで走ったのがわるかったのか、25km地点を過ぎて足がどうにもこうにも痛くて痛くて 大好きなはずの不整地の感触が一歩一歩 いちいち痛い。悲鳴をあげそうになりながらの残り17kmでしたねー。

18893133_1385743944840951_4455431954701803806_n

フィニッシュ会場は いろんなお店がワインやスイーツ・ピザを売っていてにぎやかです。
地元ミュージシャンのライブもあり スパークリングワインをのみながらプハァ〜なひと時を楽しみました。



18765817_1385744118174267_3187128393973680861_n

おかげさまで
04:53:52 
自己ベストならずでしたが このところ どのレースでもfemaleの下から25%のところにいますが
今回 30%入り! ということで もうちょっと頑張ってみようと 志あらたにしたのでした。


18893022_1385743954840950_9072635096181441963_n

完走メダル・記念ワインを1本いただく

18198715_1385744038174275_8738947503629880536_n

脚を冷やしに ビーチへ


全身筋肉痛でよく眠れず。翌日5日目は温泉のあるタウポ湖のほとりへ長距離バスで移動。
タウポはNZの箱根とも言われている温泉地です。

 とても素晴らしいところでしたよ。マウンテンバイクを3台借りて タウポ湖から流れ出る川沿いのトレイルを散策。 NZは 「自然しかない」っていわれてますけど それが最高です。 とても気に入りました。

18740146_1385748768173802_3996251898954283053_n

それから屋外の温泉プールで少しだけあそび 初めてのユースホステルでの自炊ナイトを満喫いたしました。


18839054_1385748774840468_8046955610545567685_n

巨大オブジェで記念撮影

持って行ったバイクにはほとんど乗れませんでしたがマラソンは完走できたし、何よりも 8年前に3人で2泊3日のビワイチをして以来の久しぶりの女3人旅なので とてもとても母は楽しかったのです。
娘たちよありがとう。 あなたたちのおかげで幸せに生きております!

18740689_1385748844840461_4578985837849088208_n

バイバイ!


















The persimmon tree is heavy with fruit.
柿が「鈴なり」とは まさにこのことで。 ってくらいに 今秋は 井戸端の柿がたくさん実をつけました。

15135764_1190357461046268_8074947927427709241_n


柿には「生り年」 と「生らない年」があって 昨年は寂しい柿の木だったのですが 今年は どやさどやさとばかりに実をつけ、枝が重そうに垂れ下がってきました。

通りがかりの人がよく「これ甘いのん?」と尋ねられます。「めちゃくちゃ渋い柿です。」と何度答えたことでしょう。

今年は生りすぎたので 間引きがてら干し柿に挑戦してみました。過去に何度かやってみたものの上手くいかなかったので「お手上げ〜」と やってこなかったのですが 今年は例年より実も大きめなので リトライ。

15178968_1190357411046273_6617859010297346047_n

皮をむいて紐をくくりつけて 熱湯にくぐらせて干すだけ

15181492_1190357464379601_4215842540195751326_n

干して数日間は 色も鮮やかで往来からも目をひいていましたが じきにさびた色に。
15109488_1190357451046269_3642390411870509886_n

20日間くらいで黒い干し柿が出来上がっていました。
種が大きくて 可食部分は少ないのですが 薄甘く、私ごのみ。

15181578_1190357457712935_870311037529027748_n


おりしもその頃はハロウィーン。
枝に残る柿に 彫り物をしておいたら

15193610_1190357454379602_3120448598766311166_n

お散歩中の園児の視野に入った途端 大騒ぎ♪

スマホで撮影してる人もたくさんいらっしゃいました。
みんな instagram に投稿してくれてるのかな〜

15109365_1190357544379593_1318093308397145880_n

カランカランに乾いてしまった干し柿はお店に飾っています。

11月も残すところあと数日。
そろそろ木枯らしも吹き始め、ずくずくの柿が落ち始め 地面でブシュッと散乱。
これを店では柿爆弾と呼んで恐れています。

15171129_1190357541046260_178296099162465682_n

紅葉もそろそろフィナーレを迎え 
北風に葉をゆだね
幹と枝だけの木立の風景は冬色に。





このページのトップヘ