FullSizeRender

お店とびわこぐまの企画 「地図の読めないオンナのためのオリエンテーリング」 をなんとか実現するために、 自分が まず地図とコンパスで ちゃんとナビゲーション出来るのか? ということを検証しとかなあかん! 

ということで 晴天の今日 ”皇子山パーマネントコース” にチャレンジしてきました。

前回の”石山寺パーマネントコース”は土地勘もあるため余裕でしたが、この皇子山は 地図で見る限り どうやら山道をいくらしいことと、このコースマップが昭和63年のものであること、大津市内だけれどもやや土地勘が薄めの地域であることから ちょっとの不安をかかえての久々のプチ冒険なのでした。

9つあるコントロールポイント(以下CP)のうち 2カ所は既知のものだったのでそれ以外の7つを探しながらウォーク&ジョグで行こうと考えました。

京阪電車 近江神宮駅から住宅街を抜けてバイパス入り口付近に一つ目があるらしく、地図にはおおよそ半径100メートルの範囲内にCPが有る という情報しかないので 「だいたいこの辺」をキョロキョロしてくまなく見渡します。意外と見つけにくいもんです。が、「あっ」と見つけた時のあのうれしさって 何でしょう。どう表現するのがふさわしいのでしょう。 アハ体験とも違うし…小さな驚嘆 という具合でしょうか。

CIMG3027
9番CP 記号E 

ここから皇子山公園を南下していきますが、地図が古くて そのうえコピーでモノクロで 線が消えている所もあります。なんとか周りのロケーションと地図の建造物を照らしあわせて進みます。

CIMG3028

公園遊具の廃棄場所を過ぎ大津市役所裏を通った時に なんや なんや?!
大人数の野太い掛け声がします。 高校球児? ん? なんやろ? おそるおそる 近づいてみると 黒いヘルメットがいっぱい光を反射して、ダースベイダーの集団みたいでなんだかこわい。よく見ると POLICE と書いたベストを着た黒い集団が盾を持ってゆっくり歩調を合わせて走っています。

CIMG3029
ごくろうさまです。いざ 有事の際にはよろしくお願いいたします。

CIMG3030

訓練フィールドの山手に 1番CPを発見。記号はU。

ここから先は三井寺の境内付近を長良公園まで。
なんとなく土地勘はある部分だけれども 情報収集力が足りず長良公園からの行き先をちょっと迷っていると オジサン二人から 次々と声をかけられてしまった。

散歩中ぽいオジサン:「どこへ行かれるんですか?」
マ:「地図に従って歩いてるので大丈夫です。(邪魔しんといてください!)」と さささっと逃げた。

公園の主っぽいオジサン:「あんたキレイな顔しとるねー。どこ行くんやー。」
なんなん!? 馴れ馴れしいし ついてきたりしたら イヤァ〜〜〜! とおもったので
マ: 「中身は男やで。しかも41歳やし。」と 太めの声で言うたった。(嘘×2)
オジサン:「なんや 男かいなー!」(納得するんか〜〜〜い!)

ま、別に危険でもないのだけれど、独りで行く以上、煩わしい関わりは一切歳お断り。
地図と道行に集中したいねん!

方角と勾配から コレやな。という道を見つけてオジサン領域から無事脱出。

2番CPを見つけた時にはほっとした。記号はK
CIMG3031

此処から先は 自転車でもランニングでも何度か通った小関越。
この峠のピークにも オジサンが詩吟?の練習をしてた。そこから細いひと気ない山道へはいって行くのでソコを見られたくない。なにくわぬ顔で通りすぎてから オジサンがあっち向いてる間に さささっと 小走りで脇道に入る。 詩吟の声はまだ続いてるので ヨシ。 

でも その山道にはいってすぐ 女物のショッキングピンクの水着?か下着?が捨てられていて しかもブラが木に着せてあったので ぞぞっと げんなり いややわーこの山! 
CIMG3032

はやく このトレール抜け出したい!と思った。 
ブラの写真を撮ったその先に すぐ次の3番CPを発見。
記号はN。

CIMG3033

CPを発見すると。やはりそれは ちいさな驚嘆で、嬉しくて さっきのヤな感じを少し忘れた。

ここから先は 完全に山道なので等高線と方角が頼り。
思ってた所に脇道が無かったりすると 間違ってたのかな?と引き返す。
困ってたところに 助かったのが送電線の地図記号。

上を見ると太い送電線。道は間違ってなかった。
CIMG3034
4番CPは記号R
CIMG3035
4番5番の間も情報が少なく何度か道をロストしかけた。
標高もちょっと高くなってきたし寒い。走ると情報見落とすので歩くことにしたので体が冷えてきた。
ちょっと気分がLOWになりかけた。

CIMG3036
この道でいいのか?
いや おかしい。 引き返そう。 これを何度か繰り返した。

何度か迷い路を繰り返したあとに にゅるっとぬかるむ急登でずるずるっと 前のめりにコケた。
膝打った。痛い。「コケたよぉ〜 いたい〜 いたい〜」とシクシク泣く45歳のオバサン。
おい オマエ、 オマエはさっき「中身は男やで。しかも41歳やし。」って言っとったやないかーー!
泣くな! 立て! 

と なんとか鼓舞し? あと残りひとつのCPへ向かう。 

「あった!」
CIMG3038
やったー。コンプリート! 


それにしても 今日のこの ちいさな驚嘆×7個 あわせるとかなりの 「喜び」になるもんです。
初心者の私にはちょっと難しいコースだったけれど、石山寺のコースから是非みなさんに挑戦してもらいたいものです。


CIMG3039

此処から先は いつも通る比叡平への道。

今日は15日だから 毎月15日の百万遍の手作り市へ行こうと思ってたけど、すでにここで15:30。
もう間に合わないので残念。あきらめましょう。 
それよりお腹が空いたので コケて凹んだココロを癒しに 比叡平のosanpo cafe へ 。
美味しいパンとカフェオレをよばれてちょっと 立ち直る。

Image-2

比叡平からは 山中町を経由して京都側へダウンヒル。


Image-1

御所の近くで用事を済ませた二女と丸太町通りで合流。
もちろん LINEと Google mapでやりとりしながらの 待ち合わせでしたけどねー。
あー 便利だわスマホ(´∀`○)!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ついついスマホに頼りがちな毎日だけど、五感をとぎすませて アナログなアイテムで自然のフィールドへでかけてみるのも大事やなぁ。と思います。 勘は鈍るからねぇ。 時々砥ぎにいきたいね。