「つれづれなるままに」 茶丈 藤村 sajo-towson

床の間に生けた花や道端で見つけた季節の風物
そして時季の和菓子や甘味えとせとら。。。
茶丈藤村をかたちづくるフィーリング。
ここが入り口です。←クリックしてお入りください。    

タグ: マラソン

5月の連休明け。 NZでホームステイ中の二女に会いに 7泊8日の旅をしました。
せっかくのアクティビティ大国NZへ行くのなら、ということで 自作クロモリを携えての渡航です。

自転車を飛行機に乗せるのなら 「専用段ボール箱」 というのが定説。 しかし自宅ー空港間の バス・電車でのアクセスを考えると 肩から掛けられる輪行袋がベストと考え 準備をすすめました。

Air Newzealand のHPで 受託手荷物について確認しながら荷造りです。
スポーツ用品については理解のあるエアラインだと思います。
https://www.airnewzealand.jp/oversized-items
しかも自転車の梱包箱はニュージーランド国内のすべての空港で、NZ$25で購入できるようです。


18740621_1385726991509313_107648833534625631_n

持っていく自転車は自作クロモリJuego de Cartas号 650c。後輪はつけたまま 前輪だけ外して袋に入れます。何しろ ペラペラの布製の袋なので最低限のガードは必要かとおもい 強化タイプのプチプチを購入。
それとあと要るものは 養生テープくらいですね。 フロントフォークには 歪むと困るので そのへんにあった木材をカットして彫刻刀で削って差し込みました。


18767603_1385748921507120_382656757981399295_n

ハンドルを内側に倒し サドルを抜いて ホイール部分はステーごとホイールカバーをかけて縛る

18813682_1385748851507127_5687013303725551615_n

プチプチ × 養生テープ 。 タイヤの空気は抜かなくてもよいのです。


18767503_1385748918173787_6559057227891645031_n

      ホイールサイズが 650cだからとてもやり易い。

18740260_1385748848173794_4297360032135856547_n

迷子になった場合のために 滞在先の連絡先をタグ付け

18739931_1385748838173795_1926896111576645954_n


コンパクトな自転車とはいえ総重量は17kgとなり、細い肩紐ではかなり重たく感じます。ヒィヒィいいながら 京都駅からエアポートリムジンまで歩きます。 空港に着いたら カートに乗せればよいのであとはお気楽です。

ですが、失念していたのは その荷物が「オーバーサイズ」だということでした。 日本国内の空港では自動的に載せ替えてくれましたが NZ国内の乗継で「預ける場所が違う・受け取る場所が違う」に すこし混乱してしまいました。 
 
往路: 伊丹=成田=オークランド=ネイピア 
復路: ネイピア=オークランド=上海=関西国際空港  <行きも帰りも乗り継ぎ 3回>

18814339_1385727001509312_9061320517864778755_n

自転車も輪行袋も無傷で目的地まで到着。ほっとしました。


現地1日目は快晴。しかしこの日はホスト宅にご挨拶とか高校を見学とか娘の誕生日を祝ったりで自転車には乗らず。残念なことに 2日目.3日目が 晴天率の高さで知られているこの地において まさかの雨だったのです。 2日目には小雨を縫って 海岸線まで 路線バスに自転車を積んで出かけ 娘たちにはタンデムバイクを借り、ビーチ沿いのサイクリングトレイルを往復10kmほどたのしみました。

18765707_1385726998175979_6379088452617314604_n
親切な運転手さんは 降りてバイクをラックに載せてくれる。

18881803_1385726994842646_8250878969481977675_n

初めてのタンデム車。 さすが姉妹。息がぴったり。 
声かけあって漕いでいる姿は 見ていてほほえましかったです。
1n

ネイピア中心街 アールデコ調のストリートです。
2_n

SEA WALLS : MURALS FOR OCEANS (海の物語)
海をテーマにした物語のウォールアートが29か所 そこかしこにあります。

3_n
自転車修理台(A面)

4_n

自転車修理台(B面)


 トップチューブがホリゾンタルで良かったと思うよ。


■3日目は朝から結構な降りっぷり。
往復50キロほどのところにこんなすてきな低山があるので行ってみたかったのだけれど。
気温も低いし風も強かったので 娘たちには強要できずにあきらめました。

1000

Te Mata Peak   いつか こんなところを。

18740795_1385743884840957_892955932944269403_n

土砂降りの3日目 マラソン前日受付




■最初の2泊は娘のホスト宅に泊めてもらいましたが、3.4泊目はビーチ沿いのモーテルに泊まります。
なぜなら5/13に開催される HAWKE'S BAY INTERNATIONAL MARATHON 2017 に参加するため!
スタート地点まで すぐのところに泊まります。

18839347_1385743874840958_7840428946457509955_n

ビーチ沿いをしばらく行って 果樹園のそば 川沿いの堤防をはしり ブドウ畑の中を突き抜けてゆく〜。。。というロケーションに萌えまくってしまい、NZ行きを決めた直後にすぐにネットでエントリーしました。

ほんとにインターネットって便利ですね。 飛行機も 宿も 長距離バスも全部自宅で手配できるんですもんね。



そして おまけのマラソン当日。 2日続いた雨も止みましたが 風がけっこう吹いています。


18835819_1385744044840941_741537310667356959_n
スタート前 現地の人がほとんど。中にアジア系がちらほら。

18835668_1385743878174291_274974327728881045_n

スタート直後 ここではスポンサーでもあるアシックス率がかなり高い。


18766059_1385743871507625_6780093328042164554_n

川沿いの堤  固められた砂地の道 長い。


18814337_1385743881507624_1320445034251761817_n

広々と 黄葉しているブドウ畑

18740259_1385743948174284_4923247649362451133_n

紅葉シーズン 砂利道区間も長い

18767413_1385743951507617_2017131236329279991_n

ほぼ 全行程で向かい風が6m/s。プチマッチョなお兄さんにピタッとくっついて風除けながらハイペースで走ったのがわるかったのか、25km地点を過ぎて足がどうにもこうにも痛くて痛くて 大好きなはずの不整地の感触が一歩一歩 いちいち痛い。悲鳴をあげそうになりながらの残り17kmでしたねー。

18893133_1385743944840951_4455431954701803806_n

フィニッシュ会場は いろんなお店がワインやスイーツ・ピザを売っていてにぎやかです。
地元ミュージシャンのライブもあり スパークリングワインをのみながらプハァ〜なひと時を楽しみました。



18765817_1385744118174267_3187128393973680861_n

おかげさまで
04:53:52 
自己ベストならずでしたが このところ どのレースでもfemaleの下から25%のところにいますが
今回 30%入り! ということで もうちょっと頑張ってみようと 志あらたにしたのでした。


18893022_1385743954840950_9072635096181441963_n

完走メダル・記念ワインを1本いただく

18198715_1385744038174275_8738947503629880536_n

脚を冷やしに ビーチへ


全身筋肉痛でよく眠れず。翌日5日目は温泉のあるタウポ湖のほとりへ長距離バスで移動。
タウポはNZの箱根とも言われている温泉地です。

 とても素晴らしいところでしたよ。マウンテンバイクを3台借りて タウポ湖から流れ出る川沿いのトレイルを散策。 NZは 「自然しかない」っていわれてますけど それが最高です。 とても気に入りました。

18740146_1385748768173802_3996251898954283053_n

それから屋外の温泉プールで少しだけあそび 初めてのユースホステルでの自炊ナイトを満喫いたしました。


18839054_1385748774840468_8046955610545567685_n

巨大オブジェで記念撮影

持って行ったバイクにはほとんど乗れませんでしたがマラソンは完走できたし、何よりも 8年前に3人で2泊3日のビワイチをして以来の久しぶりの女3人旅なので とてもとても母は楽しかったのです。
娘たちよありがとう。 あなたたちのおかげで幸せに生きております!

18740689_1385748844840461_4578985837849088208_n

バイバイ!


















1d9a7ec0.jpg
京都マラソンの記録証が大会からひと月してから送られてきた。

思い出すのもつらい 42.195km 5時間11分 トホホな結果でした。

初めてのメガ大会にエントリーして抽選で当選したものだから
うれしくって気合は はいってたんだけど、2/19のTV放映以来おかげさまで店が多忙を極め、まったく走る時間がとれず(その前に寝る時間もなく)。

周りからは「やめとき」と言われ、
「リタイヤする勇気も大切」とかも言われ、

店の責任者である自分の立場もあり、悩みに悩んだけど、走りたかったので出場。

メガ大会らしいスタート会場の雰囲気。壇上の浅原&奥野夫妻。
お天気もよくて お店のことは気になったけど「きてよかった」
と思えた西京極陸上競技場。(地下鉄・阪急改札混み過ぎ)

団子スタートで北上。下見した嵐山までの道は気持ちよく走れた。
特に仁和寺のお坊さんたちの声明応援は面白かった。

途中 緊急車両の通過まちで5分くらい足止め。
不満をもつランナーたちの中で森脇健児さんが場を和ませていたのが印象的だった。
「第一回」京都マラソンですから〜 何かと起こりますよ! ってね。

もうアカンと思ったのは北山通りから宝が池にあがる「狐坂」。
高校の部活でもここは先輩に見つからんかったらショートカットしてしまえってやってたところで ひどい坂よ。

とにかく絶対歩かへんと決めてたので「狐坂」も歩くスピードで走った。
でも「上と下から腸が出てくるような感覚」で muy mal 気分も最悪になってきた。

いつも 登りのあとの下りで膝を痛めるので気をつけて下りたが、もうそのあたりの中間地点から先は拷問のような残りの都路でした。

市中を行っては折り返し、行っては折り返し。

鴨川沿いの道も練習ランならさぞかし気持ちいいはずだけど川風が冷たくて手先が麻痺してきた。手袋もっててよかった。

走っても走っても 先に折り返してくるランナーとすれ違い、ちっとも平安神宮に近づけない。

脚も腰も痛いダルイ。 でも、途中でやめる とか 途中で歩く その理由は
アタマのなかのどこをさがしてもなかったので のこり10キロを歩く速さで走った。

そしてやーーーっと 朱塗りの鳥居。 ゴールして京都市長と握手。 
完走バスタオルをかけてくれるお兄さんに「抱きしめてください!」って叫んでました。 壊れてたんやろな。

着替えもせず、迎えにきてくれた娘と三条通りの麹屋さんで甘酒をいただいて、
速攻で地下鉄京阪で店に戻り お取寄せの発送作業をいたしました。

・・・

そんな 京都マラソンの思い出話でした。

とにかくは 完走できてよかったとは思うけど、練習ナシに参加すべきではないとも実感した。 

次の目標はどこに設定いたしましょうか。
ちゃんと練習して 海外レースも いいかな〜。











ea6f3e12.jpg 7/16.17に開催された
 「コニカミノルタ24時間リレーマラソン in 舞州スポーツアイランド」
 走ってきました!



 7/16正午スタート→ 7/17正午まで。

 リレーで走るなんて中学校以来だと思う。

 一周1.7kmの周回コースを10人のメンバーで162周走りました!
 距離にして275.4km! 参加252チーム中112位でした。

 通っているスポーツクラブのお友だちによる寄せ集めメンバーで
 はじめて顔合わせしたにもかかわらず、襷を繋ぐっていうこの行為は
 チーム一体感を即席でつくりあげるものでした。

 休息時間をおいての一周1.7kmならへっちゃらと思っていたけど、
 なんのなんの! こんなしんどいの ひさしぶり!
 フルマラソンのほうが楽だわ。と思えてしまうくらい。

 一周ごとに脚があがらなくなっていきました。
 走力のなさを実感。 暑さにもヨワイ。もっと追い込んだ練習が必要。
 
 
 


  

18991499.jpg高校二年生のホノルル以来 実に23年ぶりのフルマラソンに出場してみました!!

2/20(日) おきなわマラソン 完走いたしました〜〜〜。
 

今回、4時間半〜5時間以内を目標としていたので なんとか達成。
それと、絶対歩かないこと。これも厳守いたしました。
練習してきたことが素直に反映されるスポーツだなーと実感しています。

「自分で自分をほめてる」わけではありません。
練習不足、準備不足 それらがそのまま結果に影響するのだな。と。
練習してきたたこと以上の「火事場の馬鹿力」的なヒットはありえないのです。

2時間台で走る選手達は すばらしい練習を積み上げておられるのです。
今度、3/6(日)にはびわ湖毎日マラソン大会が開催され茶丈藤村の前の道を向い岸を含めて4往復通過するコースになっています。

先頭集団は恐ろしい速さで駆けていきます。TVカメラが追うのは主にその人たち。ですが、さいごのさいごまで走る選手全員を応援したいです。
お近くの方、その日に大津に来られる方、是非大きな声で応援してください。
沿道からの声援は「もうひとがんばり」にしっかり効きます。

おきなわマラソン


沿道の少年野球チームの今をときめく「ドドスコ♪ドドスコ♪」の声援や 具志堅用高の着ぐるみサン 各所のエイサーの音頭 米兵の家族の女の子のくれる欧米味のキャンディー おばあたちのくれる黒糖と塩(マース)自然と笑みもこぼれる42.195キロでした! 感謝 感謝 です! (しかしながら映ってる写真の形相はコワイ)


  続き
 ↓ ↓ ↓ 

続きを読む

このページのトップヘ