October 03, 2005

【小豆と大豆】低GI値ダイエット

低GI値ダイエットと呼ばれているこのダイエット法
ではカロリーを管理するよりも血糖値を管理する方が
ダイエットには有効であると説いています。

血糖値を急上昇させないことがインシュリンの分泌を抑え、
血中に取り入れた糖分を体脂肪として蓄えにくくします。

そういった「血糖値を急上昇させない」食品を
「GI値の低い食品・低GI値食品」といいます。
※ GI値=グリセミックインデックス
(食品の血糖値を上昇させるスピードの指数)

そこで ですね、 実はあんこは 高GI値食品の代表選手!
みたいにいわれてるんです。

事実、GI値が(60) を超える食品は要注意といわれているなか、
 こしあんのGI値は(80)
 つぶあんのGI値は(78)
和菓子でいくと どらやき(95) 大福(88)
洋菓子では 生クリームケーキ(82)チーズケーキ(75)
チョコレート (91) クッキー(77)
となっています。
和菓子でも洋菓子でも甘いお菓子はほとんどGI値が(60)以上のものばかり。
確かに一般常識的にもダイエット中に甘いものを控えるのは当然でしょう。

でも だからといって 好物である甘いものを絶ってしまうのは精神衛生上よくありません!

が ま ん は よ く なーーい!

と、そこで!
GI値ダイエットには悲観的にならなくて済む利点があるのです!

なんと!高GI値のあんこは 低GI値のものと組み合わせれば、
GI値(60)以下の低GI値食品になるのです!

そこで こまめな小豆がおススメしたい あんこの相方は 
 豆乳・豆腐 ・ゆば などの大豆食品です。
ことに、豆乳はGI値(23) とめちゃくちゃ低い! 
それにお味の点でも とってもあんこと相性がいいんです!

と、いうわけで これから おいしく あんこや和菓子を
低GI値で食べられるレシピを 紹介していきます。

      ↓↓↓
>> DIETしたいアナタの 【小豆と大豆】低GI値ダイエットレシピ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔