2006年07月05日

テポドン発射

livedoor ニュース


じらしにじらして、アメリカの独立記念日とスペースシャトルに合わせて
テポドンを発射しましたが、結果としては御粗末というべきでしょうか。

政治的にも、戦略的にも、もちろん戦術的にもこれで北朝鮮が得られる物は
何も無いと考えられます。

政治的には、経済制裁発動の口実を与え、中韓も表立った味方をする事が難しく
成ったのではないかと思います。

武器の売り込み目的だったとしても、発射して日本海に落下では兵器デモンストレーションにもなりません。

こう考えると、なんで発射しちゃったんでしょうね?
現政権崩壊を狙った発射だったとしたら、有効なのかもしれませんが・・・。

で、問題は今後の日本政府の動きへと変わってくるわけですが・・・。

武力侵攻は論外として。
経済制裁発動が行われるか否かにかかってきますね。

しかし、竹島の海流調査船のニュースを目立たせない為に、南北朝鮮は手でも組んでるんでしょうか?

ああ、北東アジアのバランサーたる韓国は衛星発射の為とか言ってましたね。
この後の発言がどうかわるんでしょう?
衛星発言はスルーなのかなぁww

saka5 at 10:57│Comments(0)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 目立たないけど気になる産経新聞の情報操作  [ Johnny style! ]   2006年07月09日 18:54
世間はテポドン一色でほとんど気に留めてないみたいだけど、ちょっと気になったので掲載。いつものことと言えばいつものことなのだが、産経新聞が地味にやらかしてる。 Sankei Web 産経朝刊 主張(07/07 05:00) 北朝鮮のミサイルが発射されているさなかに、韓国の調査船...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔