ダイエット・健康ブログ

M-pointoさかえです。 誰もが気になる健康、ダイエットについて日々書いています。 たまに私の病気ブログも書いていきます。 誹謗・中傷・アダルト・宗教関係 その他不適切な書き込みは勝手に削除させていただきます。

M-pointoさかえ バナー

ビール

985b223b.png


突然死の原因は 色々ありますが、急に胸が痛くなって意識を失うなどしたら当然救急車を呼ぶことでしょう。
では、頭痛の時にはどうでしょうか?
風邪や偏頭痛でも頭は痛くなります。
お酒を飲みすぎた二日酔いの時もあります。
この頭痛の影に突然死につながる怖い病気があります。
くも膜下出血は、激しい頭痛の症状を特徴として命に関わります。
これまでに経験したことのないような頭痛は、放置せずに医療機関へ受診することをお勧めします。
くも膜下出血は、脳の動脈に生じた、こぶが破れることによって発症することが多いです。
脳を覆う膜の一種のくも膜で出血が起こり、早期に治療を行わないと生命の危機に直結します。
激しい頭痛は急に誰かに頭の後ろを強く殴られた、と思い、後ろを振り向いても誰もいないと、たとえられるほど突然の痛みと言えます。
激しい頭痛のような症状がある患者に対しては、頭の画像検査を行うことでくも膜下出血かどうかが分かるといいます。
多くの場合は CT 検査から始めるため CT 検査のベストなタイミングは、発症から6時間未満
つまり早い段階で医療機関での検査を受けることが望ましいです。
くも膜下出血のリスクには、日常的な多量飲酒があります。
長期的な健康を考えた時に、海外の最新トピックスではお酒は飲まない方が良いと報告されています。
もちろん禁酒は難しいことですよね。
ビールなら1日コップ3杯、日本酒ならば1合程度までに止めるといった心がけは、突然死を防ぐために重要です。
多量飲酒で血圧変動を起こしやすいと、脳の血管が詰まる脳梗塞脳、内側の血管が破れる脳出血にもつながる可能性があります。
くも膜下出血を含めたこれらの脳血管疾患は、厚労省の2017年の統計で死因の第3位になっています。
くも膜下出血は激しい頭痛が特徴ですが、脳梗塞や脳出血、 手足のしびれ、ろれつが回らない、視野が欠ける、などの症状が多彩です。
いずれにしても発症から早期段階での治療が不可欠です。
頭痛は細菌感染による髄膜炎でも起こります。
髄膜炎は発熱が伴うことが多いですが、これまで経験したことのない痛み、或いは頻度や程度が増していく痛みなどを見逃さないようにしましょう。


*1月のお休みのお知らせです。*
  
 
 ・1月26日(土曜日)
 ・1月27日(日曜日)
   以上、1月お休みさせていただきます。



肩こり、腰痛、なんだか疲れたわと思ったらいつでも、予約してください。
  電話番号は当HPへ
    M−pointさかえ

私事・がん治療に関してカテゴリにまとめています。
こちらからもカテゴリ画面にいけますが、画面下の方になりますが、カテゴリがあります。



耳つぼダイエットとは?

   当方のHPです。
  http://www.m-point-sakae.com/

突然死

634


冬場は、心筋梗塞や脳卒中など命に関わる病気に襲われやすい。
もう何度m自分には関係ないろ思っていても、突然わが身に降りかかるということもあります。
それを避けるには、日頃からの予防といざという時の適切な対処法を知っておくことが大切です。
突然死というと、一般的には、心臓の要となる冠動脈流が詰まる心筋梗塞や、脳の血管が詰まったり、破けたりする脳卒中がイメージされやすいです。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病の人は、心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクが高いということは、わかっていると思います。
命を脅かす原因はいろいろあります。
突然死の約6割は、心筋梗塞に代表される冠動脈の病気です。
残りの約1割は心臓の構造に関わる病気で、さらに約1割は不整脈による心臓病になります。
その他として、脳出血、肺の静脈血栓塞栓症、入浴中の溺死など、原因は多岐にわたります。
突然死は、加齢とともにリスクが上がり、男性は女性の2〜3倍突然死のリスクが高いといわれています。
心臓に関わる病気が多く、心筋梗塞はよく知られていますが、不整脈にも注意しなければいけません。
心臓は一定の収縮、拡張で血液を送りだし、この動きをつかさどる電気信号の乱れが不整脈です。
特に心室細動という不整脈は、心臓の下の部分の心室がけいれんして血液が全身に送られなくなり、心肺停止を引き起こすため、危険です。
心臓の上の部分がけいれんする心房細動では、心臓内でよどんだ血液から血栓が生じて、それが脳へと運ばれて脳梗塞につながります。
健康診断などで不整脈の疑いを指摘された方は、日頃k用を受けることが重要になります。
また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の人は、冬場の急激な血圧変動が心臓や脳に負担になるため注意しましょう。
また、肥満の人は、就寝中の睡眠時無呼吸症候群という突然死のリスクを高めます、
生活習慣はなるべく一定に保っていきましょう。


*1月のお休みのお知らせです。*
  
 
 ・1月26日(土曜日)
 ・1月27日(日曜日)
   以上、1月お休みさせていただきます。



肩こり、腰痛、なんだか疲れたわと思ったらいつでも、予約してください。
  電話番号は当HPへ
    M−pointさかえ

私事・がん治療に関してカテゴリにまとめています。
こちらからもカテゴリ画面にいけますが、画面下の方になりますが、カテゴリがあります。



耳つぼダイエットとは?

   当方のHPです。
  http://www.m-point-sakae.com/

インフルエンザ

7b73703a.gif



今年になって、インフルエンザが猛威をふるっていますね。
ニュースにもよくなっています。
典型的なインフルエンザの症状は、38度以上の発熱に加え、鼻水や喉の痛みなどの上気道の症状、全身の倦怠感、関節痛などです。
しかし、最近の研究では、発熱せず、鼻水やのどが痛いだけの軽症例が多くことが分かってきています。
インフルエンザを予防する上で、重要なのが、インフルエンザワクチンの接種です。
ワクチン接種で、汗腺を100%防ぐことができませんが、感染してから発症する可能性を抑えたり、肺炎や脳症などの重症化を防いだりする効果が期待できます。
ウイルスに対する免疫が近くには2〜4週間かかりますが、ワクチンの在庫があれば、まだ摂取可能な施設もありますので、確認してみてください。
手洗いやうがい、部屋の加湿などに注意して、少しでも体調が悪ければ、外出は控えてしっかりと休むようにしましょう。
インフルエンザは熱が出るという認識でしたが、熱の出ない場合もあるのですね。
気を付けていきたいです。



*1月のお休みのお知らせです。*
  
 
 ・1月26日(土曜日)
 ・1月27日(日曜日)
   以上、1月お休みさせていただきます。



肩こり、腰痛、なんだか疲れたわと思ったらいつでも、予約してください。
  電話番号は当HPへ
    M−pointさかえ

私事・がん治療に関してカテゴリにまとめています。
こちらからもカテゴリ画面にいけますが、画面下の方になりますが、カテゴリがあります。



耳つぼダイエットとは?

   当方のHPです。
  http://www.m-point-sakae.com/

冬の突然死予防

545


もう正月気分も抜けましたが、毎日寒い日が続きます。
暖かい部屋から 温度の低い場所へ行くと高血圧の人は、血圧の急上昇により心筋梗塞や、脳卒中などを起こしやすいです。
一方で血圧の急降下にも注意が必要です。
特に入浴中の突然死には、血圧の急上昇と急降下が関わります。
寒い脱衣所、風呂場では血圧が上がりやすくなります。
ところが、湯船に入ると血管が拡張して血圧が下がり、上がろうとした時に血圧が一気に下がることで、意識を失います。
それが入浴中の突然死につながります。
心臓からの血液は、心臓が収縮した時に押し出される、その血液の一部は最も太い大動脈瘤で貯められ、心臓が拡張した時に大動脈が押し出す仕組みがあります。
動脈硬化が進んで柔軟性が失われると、大動脈は血液をうまく貯めることができないという事になります。
心臓が収縮した時に送り出される血液が、ストレートに全身に巡ることになります。
このような人が、寒い脱衣所で衣類を脱ぐと、心拍数が上がって一気に血圧は上昇します。
湯船に浸かってリラックスすると、心拍数は下がり血流が減少して血圧は下がります。
そして立ち上がった時には、重力で脳への血流が極端に少なくなり、めまい、立ちくらみ、意識の消失へと繋がります。
入浴中の死亡事故は、12月から3月の間に多発します。
一人で入浴する時は、特に注意が必要です。
アルコールを飲んだ後は、さらに血圧変動が起こりやすいので飲酒後の入浴は控えましょう。
また長湯の時は、家族に声をかけてもらうなど、一人での入浴を避けることも大切になります。
死亡事故を防ぐための三つの原則は
〕修畸Π畚蠅簓呂場を温めておく
△湯の温度はぬるめで湯に浸かるのは10分以内に止める
M畫紊ら急に立ち上がるのを避ける。ご高齢の方は1人の入浴に特に注意が必要です。
また寒暖差の血圧変動では心筋梗塞などの血管病にも注意してください。
ご高齢の方も血圧を厳格に管理することが心筋梗塞の予防につながることは、米国の研究で報告されています。
年齢を問わずに血圧を適切に管理し入浴中の事故や心筋梗塞などを防ぐように心がけましょう。


*1月のお休みのお知らせです。*
  
 
 ・1月26日(土曜日)
 ・1月27日(日曜日)
   以上、1月お休みさせていただきます。



肩こり、腰痛、なんだか疲れたわと思ったらいつでも、予約してください。
  電話番号は当HPへ
    M−pointさかえ

私事・がん治療に関してカテゴリにまとめています。
こちらからもカテゴリ画面にいけますが、画面下の方になりますが、カテゴリがあります。



耳つぼダイエットとは?

   当方のHPです。
  http://www.m-point-sakae.com/

胃腸薬

10_102_1

胃が痛い 、ムカムカするなど、 消化器官を 心理状態の原因に使うのは 日本人の独特な感性の様です。
それほど我々にとって、人々の大きな関心事なのです。
確かに食べ過ぎ、飲み過ぎや胃のもたれ、むかつきなどで日常的に胃腸薬のお世話になっている人は多いはずです。
常備薬として用意している家庭がほとんどではないでしょうか?
実は、日本人と胃腸薬の関係は長い歴史があり、古くは飛鳥時代から利用されたと言います。
日本最古の胃腸薬として、漢方があります。
明治時代以降は西洋医学が入り、薬剤として供用から始まる、いわゆる市販薬の分野で風邪薬、鎮痛剤などと並んで胃腸薬は家庭に欠かすべからず存在になっていきます。
それと共に症状によって様々な種類の胃腸薬が開発され、その種類も数多くなってきました。
そうなると注意したいのが、適正な飲み方です。
様々な種類の胃腸薬を症状に合わせて利用しましょう。
日本人の胃腸が弱い理由は、菜食の歴史が長かったことが影響していると見られています。
江戸時代までの菜食中心の食生活が、胃の形状を変え、肉食中心の西洋人に比べ、食物や胃液が長く胃に止まりやすくなったという見方です。
肉食が復活した明治時代以降に、その DNA は引き継がれ、特に現代のストレス社会も加わって、ますます胃腸薬のお世話になるというわけです。
だから私たちが最も利用するのが、胃酸を調整する 制酸薬であり、食べ過ぎなどの消化薬、そして胃の機能のぜん動の働きを高める整胃薬です。
これらを症状に合わせて、うまく飲むのが胃腸薬の効果を確かなものにする必要条件といえます。
胃薬も色々種類がありますので、自分の症状に合った薬を飲みましょう。



*1月のお休みのお知らせです。*
  
 
 ・1月26日(土曜日)
 ・1月27日(日曜日)
   以上、1月お休みさせていただきます。



肩こり、腰痛、なんだか疲れたわと思ったらいつでも、予約してください。
  電話番号は当HPへ
    M−pointさかえ

私事・がん治療に関してカテゴリにまとめています。
こちらからもカテゴリ画面にいけますが、画面下の方になりますが、カテゴリがあります。



耳つぼダイエットとは?

   当方のHPです。
  http://www.m-point-sakae.com/

頻尿を防ぐ

023



急に激しい尿意に襲われ トイレも間に合わない。
夜中に何度もトイレに起きる。
排尿後にすぐトイレに行きたくなる。
寒くなるとこうした頻尿、夜急な尿意、夜間頻尿などに悩まされる人が急増します。
こうした頻尿を起こす大きな原因が、過活動膀胱です。
文字通り膀胱が過活し過ぎの状態になることで、尿がそれほど溜まっていないのに膀胱が収縮してしまい急に激しい尿意に襲われるのです。
活動膀胱になる人は女性よりも男性の方が多いと言われます。
その主な原因が、前立腺肥大症です。
前立腺は尿道を取り囲んでいる男性特有の生殖器で、精液を作る働きがあります。
加齢とともに肥大する人が多く、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳 で90%の人に前立腺の肥大が見られるそうです。
前立腺肥大症になると、先にあげた頻尿の症状のほか、尿道が圧迫されて排尿する時に力を入れなければならない、尿が出始めるまでに時間がかかる、尿の勢いが弱い、残尿感がある、排尿の途中で尿が途切れる、尿の切れが悪くなり排尿後にチョロチョロと漏れてしまう。
といった症状が現れます。
更に症状が重くなると尿が全く出ていない尿閉という症状になることもあります。
前立腺肥大症の治療には、薬物治療や前立腺を切り取る手術などがありますが、軽度であれば運動療法で改善を試みるケースもあります。
前立腺周辺の血流を高めて、頻尿や残尿感など、前立腺肥大症の症状を抑える運動はあります。
その中で簡単でお勧めしたいのが、太ももほぐしです。
太ももほぐしは、膀胱や腎臓に関わる少陰腎経という経路を刺激する運動の一つで、特に左太もも内側を刺激することで、血流を高めます。
頻尿や残尿感が改善して、尿の勢いが正常になり、精力アップする人も多いそうです。
尿トラブルや男性機能の減退に悩んでいる人は是非試してみてください。
左太ももを刺激した運動を行っていきましょう。



*1月のお休みのお知らせです。*
  
 
 ・1月26日(土曜日)
 ・1月27日(日曜日)
   以上、1月お休みさせていただきます。



肩こり、腰痛、なんだか疲れたわと思ったらいつでも、予約してください。
  電話番号は当HPへ
    M−pointさかえ

私事・がん治療に関してカテゴリにまとめています。
こちらからもカテゴリ画面にいけますが、画面下の方になりますが、カテゴリがあります。



耳つぼダイエットとは?

   当方のHPです。
  http://www.m-point-sakae.com/

腰痛 肩こりの痛み

625


冬場は着る衣類も重くなり、寒さにより血行不良も伴って、肩こりや腰痛などに悩まされやすいです。
季節を問わずに、肩こりや腰痛を抱えている人もいます。
厚労省の2016年国民生活基礎調査によれば、症状の訴えで最も多いのは男性で、第1位が腰痛、第二が肩こり、
女性で第一位は肩こり、第2位は腰痛、男女問わずに悩みの多い痛みは、運動習慣を妨げて健康寿命を脅かすことにつながりかねません。
痛みには、様々な種類がありますが、近年痛みは生活習慣病と言われます。
腰や、肩、首などの痛みでは、姿勢の悪さに関係している人が増えています。
早期の段階で痛みを取り除く、姿勢を正すことで予防していきたいです。
姿勢が悪いと、背骨が曲がり、それを支える筋肉にも負担がかかります。
ダメージを受けた部分の、末梢神経が痛みを引き起こし、腰や肩、首の痛みにつながります。
末梢神経の痛みが続くと、交感神経の働きが強くなって、血行が悪くなり、酸素不足に陥って痛みを引き起こす物質が生まれ、さらに痛みが強くなります。
加えて、痛みで体を正すことができずに、姿勢の悪い状態が続くと末梢神経のダメージや、 痛み物質が増すことで痛みが増長されてしまいます。
悪い姿勢による体の歪みは、背骨の土台となる骨盤や、体を支える両足にも関係します。
骨盤周りの筋肉である太ももの、 大腿骨四頭筋が弱いと、痛みに繋がりやすいです。
大腿骨四頭筋姿勢を正した上で、筋肉を鍛えることが予防につながります。
ゆがんだ体を正して、インナーマッスルを鍛える簡単な方法 を紹介します。
布団の上で仰向けになり両腕を頭の上にあげます
まっすぐな姿勢を、意識してゆっくりと数を数えながら、右方向に身体全体を動かします
10秒で半回転が目安
うつ伏せになったら、姿勢を意識して右回りをして、仰向けに戻ります
10秒で元に戻るのが目安
同様の事を左回りでも行います
常にまっすぐの姿勢を保持して、ゆっくり行いましょう
人それぞれに体の個性があるため、一般的に進められる筋トレが合わない方もいます。
翌日や翌々日に痛みが生じたら別の方法を試すようにしましょう。
ご自身で出来る範囲で筋肉を早く目覚めさせることが、腰や肩、首などの痛みの予防になると心得ておきたいです。


今日は、1995年の今日あの阪神淡路大震災があった日です。
あの頃は、知多に住んでいましたが、朝地震で起きてテレビを見て、衝撃的な光景覚えています。
いつまでも、覚えています。決して忘れません。



*1月のお休みのお知らせです。*
  
 
 ・1月26日(土曜日)
 ・1月27日(日曜日)
   以上、1月お休みさせていただきます。



肩こり、腰痛、なんだか疲れたわと思ったらいつでも、予約してください。
  電話番号は当HPへ
    M−pointさかえ

私事・がん治療に関してカテゴリにまとめています。
こちらからもカテゴリ画面にいけますが、画面下の方になりますが、カテゴリがあります。



耳つぼダイエットとは?

   当方のHPです。
  http://www.m-point-sakae.com/

1244f4b3.png


骨が弱くなってり、曲がったりするのは、高齢者になっていかだと思っていませんか?
最近は若くても骨がカスカスな人が、特に女性で増えています。
年齢を重ねても、何不自由なく立ったり、歩いたりしたいものですよね。
そのために欠かせない存在が骨です。
骨の役割は、体を支え脳や肺などの臓器を保護する以外にもたくさんあります。
骨の病気として代表的な骨粗鬆症は骨密度が低く、骨がスカスカになった状態をいい、骨折のリスクも高くなります。
高齢者の場合、骨折がきっかけで寝たきりになったり、認知症を引き起こしたりすることもあります。
折れる前に予防をすることが大切です。また、骨が骨密度が低くなると、小さく細くなります。
顔の骨が委縮すると、覆っている筋肉や皮膚が余ってしまい、しわやたるみの原因にもなります。
女性ホルモンのエストロゲンには、骨のカルシウム量を維持する働きがあります。そのため、女性の骨密度は初経後に高くなり、20歳ごろにピークを迎え、閉経後に低下していきます。
つまり、ピークにどれだけ骨が蓄えられているかということがカギになります。
しかし、最近では、20.30代でも、骨がスカスカな女性が増加傾向にあります。
原因は、幼少期の外遊びの減少や、慢性的なカルシウム不足を始めとする栄養バランスの悪い食生活などにあります。
また骨粗鬆症には、遺伝の影響もあるので、家族にかかった人がいる場合は注意が必要です。
弱くなったは骨は若返られないと思われがちですが、新しい骨に入れ替えることができます。
ポイントは、骨に刺激を与え、骨の形成を活性化することです。
また、骨が刺激を受けると、ホルモンが分泌されます。そのホルモンによって、記憶力や免疫力、筋力などがアップします。
骨を刺激することは、全身の健康のためにも必要です。



*1月のお休みのお知らせです。*
  
 
 ・1月26日(土曜日)
 ・1月27日(日曜日)
   以上、1月お休みさせていただきます。



肩こり、腰痛、なんだか疲れたわと思ったらいつでも、予約してください。
  電話番号は当HPへ
    M−pointさかえ

私事・がん治療に関してカテゴリにまとめています。
こちらからもカテゴリ画面にいけますが、画面下の方になりますが、カテゴリがあります。



耳つぼダイエットとは?

   当方のHPです。
  http://www.m-point-sakae.com/

肌の老化

bu5


ただでさえ年齢とともに肌の潤いがなくなっていくといいのにに、空気が乾燥するこの時期は肌の受けるダメージは大きいです。
スキンケアを考える前に、まずは皮膚の老化メカニズムを知っておく必要があります。
肌の老化とは、細胞の中の遺伝子や DNA、 RNA などの拡散や、細胞によって作り出されるコラーゲンなどのタンパク質や、ヒアルロン酸が傷ついて修復できなくなってしまう状態を言います。
つまり老化は、細胞と細胞外マトリックスが劣化して、それを修復できなっている現象のことです。
細胞外マトリックスとは、生体を構成する細胞以外の、不溶性物質のことで、早い話が老化と は体の組織が修復が追いつかないスピードで老化していく状態ということです。
追いつかないと言われてしまうと、 身も蓋もないですが追いかける速度を変えられなくても、老化のスピードは遅らすことができるといいます。
実は人間の肌のピークは、22〜23歳で、その先は老化するだけなのです。
50歳頃には肌の細胞も二十歳の頃の1/3程度まで減っています。
しかも一度減ってしまった細胞は、再生することはありません。
でも肌の劣化は、個人差が大きいです。
その理由は、全身状態の劣化のスピードの違いがあるからです。
人間の細胞は、肌だけでは減少するわけではなく、全ての臓器が減少していくことで起きる現象です。
腎臓でも肝臓でも心臓でも細胞の減少は進んでいます。
それを実感しないのは、その臓器の細胞に余裕があるからです。
肌の細胞も余裕がある人は、老化が見えにくく、周囲から若く見られるということになります。
私たちは若いうちに身につけた、細胞の蓄えを日々切り崩して生きているのです。
よく老化の元凶として医療記事や健康雑誌などで取り上げる、活性酸素はやはり肌の老化にとっても悪影響です。
細胞ストレスを与える最大の敵が活性酸素です。
これをなくしていくことが肌の老化防止の基本です。
紫外線、食品系、食品添加物、激しい温度、放射線環境、汚染、さらには精神的なストレスも増悪因子です。
これを取り除くことがスキンケアの第一歩です。
一つ年を取るたびに肌のたるみ・・・気になってきています。



*1月のお休みのお知らせです。*
  
 
 ・1月26日(土曜日)
 ・1月27日(日曜日)
   以上、1月お休みさせていただきます。



肩こり、腰痛、なんだか疲れたわと思ったらいつでも、予約してください。
  電話番号は当HPへ
    M−pointさかえ

私事・がん治療に関してカテゴリにまとめています。
こちらからもカテゴリ画面にいけますが、画面下の方になりますが、カテゴリがあります。



耳つぼダイエットとは?

   当方のHPです。
  http://www.m-point-sakae.com/

6e432e3c.gif


たまに風邪などを引いて咳き込むと、咳という行為が意外に体力を使うことに気づきます。
体力の衰える高齢者は力強い咳ができなくなり、それが原因で肺炎などを起こすこともあります。
咳とは、本来異物を吸い込んだ時にそれを吐き出そうとする生体反応です。
健康維持の上で重要な役割を担っています。
そんな咳が長引くときには、背景にある様々な病気を疑う必要が出てきます。
長引く咳を、医学的に解説し対処法を解き明かしてくれるのが、咳は約8週間を超える、慢性の咳は肺炎や肺がんなどの可能性も視野に入れる必要があるという言います。
咳という症状から考えられる疾患の特徴と、治療法など 正しい知識が必要になります。
風邪やインフルエンザをきっかけに喘息を発症することもあります。
長引く咳では、副鼻腔炎、 胃食道逆流性、誤嚥性肺炎、肺がん、結核など様々な病気を疑います。
処方薬だけでなく、セルフケアも大事です。
風邪をこじらして取り返しのつかない状態になる前に正しい知識を持ちましょう。

この連休はお休みさせていただきます。


*1月のお休みのお知らせです。*
  
 ・1月12日(土曜日)
 ・1月13日(日曜日)  
・1月14日(月曜日)
 ・1月26日(土曜日)
 ・1月27日(日曜日)
   以上、1月お休みさせていただきます。



肩こり、腰痛、なんだか疲れたわと思ったらいつでも、予約してください。
  電話番号は当HPへ
    M−pointさかえ

私事・がん治療に関してカテゴリにまとめています。
こちらからもカテゴリ画面にいけますが、画面下の方になりますが、カテゴリがあります。



耳つぼダイエットとは?

   当方のHPです。
  http://www.m-point-sakae.com/
Archives
カテゴリ別アーカイブ
Recent Comments
QRコード
QRコード
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ