皆さんは、体についた体脂肪がどうのように燃焼されるか知ってますか?
まず、糖分などのエネルギーが不足すると、蓄積された体脂肪が酵素によって脂肪酸に分解され、血液中に出ていきます。
その後脂肪を燃やすために、必要な酵素とともに血流に乗って燃焼工場となる筋肉に運ばれていきます。
この筋肉の中にはミトコンドリアと呼ばれる細胞器官がたくさんあり、脂肪酸はここで燃えてエネルギーに変化します。
ところが、脂肪酸だけでは、脂肪を燃やす事はできません。
ミトコンドリアの中に入るためには、カルニチンというのが必要になります。
このカルニチンは通常肝臓で合成されています。合成量には個人差があります。
そのため、カルニチンの保有量の少ない人には太りやすい傾向があるといえるのです。
また年齢とともに、このカルニチンの合成される量も減ってきます。ですから年齢とともに太りだす。と言う事が言えるのです。

このカルニチン効率よく摂るならやはりサプリが必要となります。
脂肪燃焼には必要不可欠なカルニチンですが、体内で合成される量には限界がありまうす。
肉類でカルニチンは摂れますが、肉類には脂肪も一緒に取れてしまいますので、脂肪を燃焼させるには難しいでしょう。

脂肪燃焼を手助けする成分
マンゴージンジャウコン属ショウガ科のユリに似た、大型ハーブ。脂肪分解酵素、りぱーゼの活性化に役立つといわれ、コレステロール、中性脂肪などを、減らす効果があります。


茶カテキン
緑茶に含まれるカテキンは、抗酸化作用あるポリフェノールの一種です。なかでも、エピガロカテキンガレートは、脂肪燃焼による、エネルギーの消費量を増加させる働きがあります。血糖値の上昇を抑える働きもあります。

当方はこのお茶を取ってもらいます。
「水分」
やはりダイエットには必要不可欠です。
いかに脂肪だけ燃やすか?が本当のダイエットとなるのです。