さかえ鍼灸接骨院のblog

仙台市若林区にある、さかえ鍼灸接骨院 肩こり、腰痛、膝痛の悩みに応える鍼灸治療。生理痛の改善や、不妊治療にも積極的に治療を行っております。大好評 美容鍼! 身体の様々な悩みに患者様と共に向き合っております。 そんな、さかえ鍼灸接骨院の治療日記です。  



こんにちは!さかえ鍼灸接骨院です。

最近寒くなってきましたね!
皆様、体調を崩されないようにお気をつけ下さい。

寒いと身が縮まってしまいますので、
肩がこりやすいですよね

肩がこっている状況は、
首や肩の筋肉が固くなり、血管を圧迫してしまって
その筋肉に酸素が供給されずに
乳酸などの疲労物質が溜まってしまって
重だるさや、苦しくなってしまうのです。

固くなってしまった筋肉が神経を圧迫している場合は
肩こりでも、腕のほうまで痛みや痺れが現れることもあります。

肩こりに鍼治療はとても有効です

鍼を刺したところに血液が集まってきますので
血流が良くなり、
こっていた所へ酸素が届けられて筋肉が緩みます。


いつか治るだろうと、放置されている方
症状がひどくなる前に早目の治療をお勧めしております。

鍼が怖くて足踏みされている方
当院のやさしい鍼治療、是非お試しください。

肩こりでお悩みの方、さかえ鍼灸接骨院へ♪

IMG_5913


さかえ鍼灸接骨院ホームページ


http://www.sakae-clinic.jp/zutsu-kata/ 





こんにちは!さかえ鍼灸接骨院です。

当院では、
高濃度酸素オイルを使用した産後の骨盤ケアコースをご提供しています


高濃度酸素オイル(O2クラフト)とは・・・

IMG_8766


有機栽培のピーナッツオイルの分子に、特殊な技術により
安定した状態で高濃度の酸素が結合したオイルです。

オイルを皮膚へ塗り込み、皮膚から浸透したオイルから酸素が離れ、
酸素が体内に吸収され効果を発揮します。

肩こり、腰痛、むくみなどに

当院でとてもオススメしているオイルです♪
(※ピーナッツアレルギーの方はご使用いただけません※)


そのオイルを使用して、骨盤ケアの施術を致します。

お母さんの体では、出産の際に
赤ちゃんが産道をとりやすくするため、
骨盤を広げるホルモンが出ます。

出産後に自然に骨盤は閉じていきますが、

産後は慣れない育児や、
そのホルモンの影響などで

腰痛や、骨盤周りの違和感を感じていらっしゃる方が
多くいらっしゃいます。

まだ骨盤周りが柔らかいうちにケアしていただきますと
骨盤が元の状態に戻りやすいので、

骨盤調整は産後の6か月以内から始めると良いと言われています。

産後で骨盤周りが気になる方、是非さかえ鍼灸接骨院までご連絡下さい!



只今、骨盤ケアコースのキャンペーン中♪

骨盤ケアコースの内容は

鍼(or 電気)+マッサージ+酸素オイルケア+操体法 

となっております☆



通常初回7000円のところ、、

なんと

初回特別価格
3980円にて骨盤ケアの施術がお試し頂けますよ
(二回目以降は5500円となります。)
通いやすい回数券もございます♪

※お子様連れの方・・・
午前中のご予約ですと、受付スタッフがお子様を
お預かりいたしますので、安心してご来院ください。



LINEにて、酸素オイルをワンコインでお試し頂けるクーポンもございます!
さかえ鍼灸接骨院のLINEまだご登録されていない方、
この機会に、是非ご登録ください

以上です。よろしくお願いいたします。







五十肩でお困りの方いらっしゃいませんか?
仙台市若林区 さかえ鍼灸接骨院


五十肩、四十肩は俗称名


徐々に痛くなったもの、突然痛くなったもの、

症状によって様々な病症にわかれます。

その多くは肩関節周囲炎と言われます。



最初は肩が動きにくい、後ろに手が回らない、

髪を結べないなどの症状がでます。

場合によっては痛みで肩が全く動かせなくなり、

日常生活に支障をきたしてしまうほどに・・・



五十肩(肩関節周囲炎)がなぜ起こってしまうのか・・・
原因はハッキリとは解明されていません。


しかしながら痛みの発生機序は徐々に解明されてきています。


筋肉が固くなり、筋力が弱まります。

そうすると肩甲骨と上腕骨のバランスが悪くなり運動のリズムが崩れます。

そのため、肩甲骨と上腕骨の間で摩擦が起こり、関節に負担がかかり
炎症を起こしてしまいます。

この、炎症が痛みを引き起こし腕が上がりにくくなってしまうのです。

そのままにしているとその炎症が強くなりとても強い痛みになっていきます。



肩関節周囲炎(五十肩)には急性期・拘縮期・回復期の3つの時期があり、


急性期は炎症がとても強い時期です。

夜、寝ていても痛いと言った夜間痛や、じっとしていても痛む、安静時痛が特徴的です。

急性期には肩を無理には動かさず、患部の炎症を抑えることや

肩回りの筋肉を柔らかくする目的で鍼灸治療を行います。



拘縮期は徐々に炎症が収まってくる時期ですが
それと同時に関節の拘縮が始まる時期です。

安静にし過ぎ肩を動かさないでいると、そのまま肩関節が固まってしまい

動かしにくくなり痛みの症状が変化しにくくなってしまいます


この過程を踏まえ、回復期に入っていきます。
痛みが徐々に収まっていき、徐々に肩を動かせるようになります!


この急性期、拘縮期、回復期の経過を辿り
個人差はありますが約6ヶ月から1年で五十肩の症状が治まります。



当院では、この回復期に移行するのを早めるため、

鍼灸治療に加え、超音波治療、マッサージ、ストレッチなど運動療法を行います。

拘縮期から回復期への移行を早めることで、拘縮を残すことのない良い状態へ導きます。
いかに早く移行させるかが重要な治療ポイントとなるのです!

IMG_0091



五十肩、その他肩の症状でお悩みの方!


是非、お気軽にさかえ鍼灸接骨院までご相談ください。



↑このページのトップヘ