今週の日曜は岩盤浴の回数券を使用しよう。
 その為には……前日は限界までラノベ読んで、岩盤浴のところで寝るぐらいの気持ちで行こうか! と、紙一重のバカなこと考えてるワシです。それぐらいやらないとラノベ読みたいから出ようって感じの弱い心に支配されそうな気がするのですよね。でもそこでもやるほどのものなのか? 回数券はまだまだあるのだぞ……とも思うワシです。まあ、臨機応変に行き当たりばったりいってみよー!!

ニューゲームにチートはいらない! 2 (Amazon)

 女の子とエッチぃことすると脱皮(自己出産?)する主人公ルーカス爺ちゃんの物語二巻目は……ちょっと縁のある夫婦が地上げされてたんでヤクザの事務所にカチコミかけたら、時同じくカチコミかけてた姫騎士と出くわして、なんだかんだで彼女と関係持つ前半。後半は姫様に手を出した関係で王族の試練受けて、そこからなんだかんだで精霊関係に一区切りな一冊。
 最後の駆け足っぷりに二巻で終わりかと勘違いしそうになったけど、なんかそうでもない様子。逆にこの状況で続けて面白くなるのか気になるところ。うん。気になる。ゆえに次巻を待つ所存。さて、面白くなるか、つまらなくなるか……。

ありふれた職業で世界最強 零 1 (Amazon) 

 それは約束された敗北の物語――そして”一(ハジメ)”に繋がる零の物語!
 な、ありふれた職業の前日譚。ミレディ・ゴーレムの回想で始まる解放者達のお話……在りし日の彼女=遠くでみる分にはうざ可愛いが近くにくるとひたすらうざい金髪美少女とメガネ系男子オスカーの出会いに始まり、砂漠でガチムチ妖精(誤情報)を仲間にするとこまで。
 ハジメが落っこちた奈落が何故できたのか? あの神水があそこにあった理由などがわかるとこはニヤリ。そして地味に気になるミレディ・ゴーレム。これは後々彼女がかなり良いとこ持って行くってことであろーか? 本編の続きも気になるってとこはかなり良い前日譚。とはいえ、敗北が約束されてる辺りをどう料理してくれるかが問題。さてさて、楽しみに待ちませうか!


 残り46冊。
 賞味期限間近の牛乳と大量の卵を前に、ワシが選んだのはケーキ型でプリン。
 カラメル作るのはメンドイけれど(主に鍋に固まったカラメルをとるのに)、基本は混ぜて焼くだけ…………しかし、二個は作りすぎたかもしれぬ。頑張って食べよう。