幻想迷走日記

…体は本でできている 心は紙で 血潮はインク 幾たびの誘惑を越えられず腐敗 ただ一度の買い逃しもなく ただ一度の売却もなし 読み手はここに独り 本の山で頁を捲る ならば我が生涯に 嫁は不要ず この体は…無限の本でできていた… ラノベとまんがで給料をほとんど消費する漢(修行中)、サカエモンのレビューとかデス(こっちも修行中)未熟ゆえネタバレありで。

東京レイヴンズ

面白かったラノベ その14(13)

夏目、東京に帰還。
今回は前回謎だった仲間達の近況が……あれ? 春虎は……(;一_一)

東京レイヴンズ11change:unchange (amazon)


東京レイヴンズ11

レイヴンのみなさまにキッカケを与える漢、その名は天馬――再び何かが動き出す「胎動」の11巻。

「あのっ、そ、そのっ! こ、これ! これっ、読んで下さい!」
「え? え、ええっ?」
天馬、通学中に中学生ぐらいの女の子からラブレターを貰う。
もちろん天馬くんにそんなラブコメイベントはありえない――手紙は東京に帰還した夏目からのモノ。一年半ぶりの彼女の帰還により再び動き出すレイヴン達の物語……。

『これから俺たちは、ろくに連絡も取れなくなるんだぜ? だったらどうする? テメエで判断して、好きなように動くしかねえだろ? 状況ってのはあっという間に変わるもんだ。そのとき、頼れるのは自分しかいねえ。テメエで考えて、考えて、よく考えて決めろ。「一人前になる」ってのは、そういうことだ』
あの日別れ別れになった仲間達――陰陽塾に復帰し、こっそり技を磨く天馬。同じく監視つきで塾に通いながら祖母のもとで星読みの特訓をする京子。テロリスト一直線な大友先生。地下に潜伏する冬児は鏡相手に修行中……鏡、大友先生を意識しすぎてついに先生の真似事まで(笑
そして、鈴鹿は陰陽庁に戻り……トラウマと戦いながら内部で情報収集。一番危ない橋わたってます(;一_一)

「最高だ……お前、すげーよ、天馬……」
そんな横のつながりを持たずに行動する仲間達へ、敵に悟られないように、それでいて大々的に届く天馬からメッセージ。
はっぱをかけられ動いた鈴鹿が知った次の計画までのタイムリミットは――二ヶ月! でもそんな鈴鹿の行動はバレバレで……次回へ続く。

感想
今回はあの日離れ離れになった仲間達の近況報告的な一冊。
そして、あの日のように天馬がやってくれます。仲間達に夏目の帰還を知らせるだけでなく、夏目に「逃がさないよ」と心を繋ぎ止める乙種まで……彼無しではこのチームは回らないと思わせる縁の下の力持ちっぷりにちょっとジーンと来ました。タイムリミットも提示されて、ここから逆襲開始するのかな? でもその前に集結しないと……どうなる次回? 次回は春虎に出番はあるのか!?

……八瀬童子=相馬の眷属。やはり春と夏が切っても切れない関係である以上、残された秋と冬がコンビ組むのは運命的な必然か……12歳のウサ耳少女とヤンキーのコンビΣ(´∀`;)

面白かったラノベ その14(12)

アニメのレイヴンズを見ていると大友先生の主人公ぷりがパネェと感じるクライマックス。
そんな大友先生、木暮、幼女先輩の出会いの書き下ろし付短篇集第二弾。

東京レイヴンズEX2 seasons in nest (amazon)


東京レイヴンズEX2

ついに鈴鹿も追加、でも書き下ろしの印象が強すぎる短篇集2巻。

1、「……おいおい、塾長、本気過ぎるだろ……」
クリスマス――本気出した塾長によりお祭り騒ぎな陰陽塾。
未熟者の春虎によるウッカリ爆発サプライズでへし折られるツリー。竜のソリに乗って飛ぶサンタ土御門……とばっちりを受けた夏目に炸裂する春虎のクリスマスプレゼント、なお話。
……シャボン玉。それは北斗(in夏目)が欲しがったリボンのオマケについていた思い出の品……(シミジミ。

2、「んだと、虎公。俺のどこが挙動不審なんだ」
節分――鬼が豆を投げられるだけなんて誰が決めた? ってな感じにタイプ・オーガ冬児、反逆開始。
たった一人でクラス全員と戦う冬児。その果てに彼は絆を育んだ友たちを無残な目に合わせ、親友・春虎との最終決戦へ挑む……的なお話?
……大友先生の一発ギャグのチョイスが酷い(笑

3、『そんなあなたの運勢を向上させる、ラッキーアイテムは……トラ!』
春――鈴鹿、入塾!
ご主人様によるお部屋訪問In春虎の部屋。そして、自分の部屋を死守しようとする夏目と激しいバトル、なお話。
……ラッキーアイテムはトラというが、後々トラと関わって彼女が幸せになった気があんまりしない(;一_一)

4、「夏目先輩は女性なのに、なんでわざわざ男子寮に?」
スピンオフ漫画『sword of song』主人公・八雲暁兎、顔見せ。
夏目の性別を疑う彼の目を誤魔化すために、夏目が四苦八苦するお話。
……百の嘘を重ねるより、一つの真実。でも夏目ってそこまでペッタ……ゴフン、ゴフン!

5、「ですから、大友先生には、これから三者面談を行ってもらおうと思うんです」
塾長のムチャぶり炸裂!
この物語は急遽三者面談をする事になった主人公・大友の苦労話である?
……大友先生はこうやって生徒と親交を深めていきました。その結果、生徒のために自分の立場を全部捨ててしまうという……(涙

6、「これもなんかの縁や。手伝ったるわ」
書き下ろしの三六の三羽烏、遭遇編。
木暮が塾生時代巻き込まれた事件――疑いをかけられた木暮(ヤサグレ中)の前に現れた少女・早乙女涼。彼女の導きで出逢ったのはいずれ親友となる漢・大友陣。事件解決のために協力することで育まれる美しい友情(?)なお話←腐れ縁の始まりでありました。
……涼が始めて、木暮が巻き込まれ、大友がフォローする。今後もそんな関係が予想できます。木暮が元凶or解決役ってのは想像できねぇ(笑

感想
もう取り戻せない在りし日を綴った短篇集第二弾。今回は三羽烏の在りし日も収録されてます。
読み終わって思うのは最後に持ってかれた感……大友先生、どこまで持っていくつもりですか? 読み終わった後、前半の春虎達の短編が印象残ってなくて困ったですよ。そんなワケでこの一冊で印象深いのは三羽烏の過去話――微笑ましい日常をおくる春虎達はバラバラになるまで誰も裏切らなかったけれど、三羽烏はこれから友情育んでも最後に涼が裏切ってバラバラになるんだな~って思うと、ちょっと切ない。それゆえに彼等がそうなる話に興味津々。いずれ本編で語られるみたいなんでいまから楽しみです。
次回は本編……予告にある『明かされる、出生の秘密』は夏のことなのか秋のことなのか……夏目もいまのところは出生謎な存在なんですよね。ワシはてっきり分家と本家で入れ替えてたのかと思ったけど……。
……あれ? そういえば塾長ってどうなったんだっけ?

面白かったラノベ その14(11)

第二部開幕!
ついでにアニメもスタートしましたね。一巻エピソードで土蜘蛛とか出てるの見てると、あとがきに書いてある『一巻と相似させるような構成』ってのに納得します。タイムリー!

東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE (amazon)


東京レイヴンズ10

主人公・夏目で始まる第二部開始な10巻。

「――初めまして、北斗です」
「あ、あっ、はい! わた、わたしは、えっと、あ、秋乃って言います。その……!?」
はみ出し者の術師が流れ着く闇寺・星宿寺。
そこで幼いころから過ごしてるウサギの生成り・秋乃(下っ端)が面倒を見ることになった新入りの少女・北斗。……はい。夏目です。お約束の偽名です。
……前回、泰山府君祭で夏目を黄泉帰らせた後、理由も告げず行方知れずになった春虎。星読みを手がかりに、テロリスト扱いされてる彼を追う夏目。新しい時代の到来を告げに闇寺を訪れる三人の十二神将。内部の権力闘争も相まって騒がしくなってたとこに――

「常玄って人はいるかな? 土御門が来たって伝えて欲しいんだけど」

春虎登場でさらに大混乱。
春虎を旗頭に、陰陽庁に反旗を翻そうとする闇寺。そんな話をひょいっと流し、自分の目的を果たそうとする春虎。交渉決裂でバトルスタート!
……一方、夏目は十二神将の新入りに邪魔をされ、会いたくても会えない状況に! しかも、そんな夏目の存在に気づいた春虎は「理由がある」と言って慌てて即時撤退……って、理由がっても伝言ぐらい残せこのヘタレΣ(´∀`;)

「バカ虎ぁぁぁ!」
結局、春虎の真意は謎のまま、彼を追う夏目の物語は新たな仲間・秋乃を加えて……続く。

感想
仕切り直しの10巻です。
春虎が謎めいています。前世の記憶に目覚めた事は間違いなさそうだし、底知れなさも身にまとうようになったけど、飛車丸(コン)に対する態度とかには春虎らしさも……そして、泰山府君祭の失敗を取り繕うために行動してるらしいとこは春虎だな~、とシミジミ感じました。だって、夏目をちゃんと黄泉帰らせることができなかったから、それを何とかしようとしてるってことだからね。全部夏目のためって思えば、夏目と会ったことのない夜光ではなく、春虎の意思で動いてるってことだからね。……まあ、泰山府君祭の失敗が自分(夜光)の事だというミスリードは無いと信じる! 春虎の行動は夏目のためだッ!

今回から登場した新キャラ・秋乃――春夏秋冬を名前に持つ、最後の一人。でもヘッポコ。でも、その血筋は重要。彼女と多軌子の関係はいかに……って感じでこれからに期待です。あざの先生は盛り上げてくのが巧いから、ホント次の話が楽しみ。

……そういえば、秋って春と繋がってないですね。春虎が主人公だった時に彼女が出なかったのは必然?

面白かったラノベ その14(10)

ホっと一息短篇集。
アニメは10月からスタートか……大友先生の活躍が見れることを切に願う。

東京レイヴンズEX1 party in nest (amazon)


東京レイヴンズEX1

あんな~こと~、こんな~こと~、あ~ったよね~♪ な短篇集一巻。

1、「ま、なるべくしてなった感じだな。何しろ二十四時間ずっとだ。いつか何かしでかすと――」
朝起きたら、隣に幼女(コン)が寝てました。
そんなワケで、コンの実体化が解けなくなるお話。
……側にいたら騒ぎを起こすけど、側にいなくても騒ぎを起こすコンなのでした(笑

2、「……京子さん、あなたいま、誰か意中の人はいないのかしら?」
勇気を出した京子さんが夏目とデートするお話。
……夏目、いろいろ迂闊すぎです。今までよく隠し通せてたなぁ。

3、「ほんと……世の中、クソだ」
冬児と昔の悪友と詐欺に引っかかったお姉さんなお話。
……シリアスです。あとがきにも書いてあったけど、冬児っぽい話でもありました。

4、「……さあ、今日から僕も、十六歳だ」
天馬十六歳の誕生日に友から捧げられるサプライズなお話。
……悪ノリの果てに、忘れることのできない思い出が生まれるのです。何事も突き抜けたら勝ち!

5、「ほんと、女にしとくのはもったいない逃げ足だよな。でも、名前だけは教えてくんない? おれ、春虎」
一巻より前、春虎と北斗(in夏目)が友情を育んでいくお話。
やっぱり迂闊な夏目と、それすら包み込む春虎の天然ぷり……多少の不自然は○○なら当たり前! 目指せ分身の術!
……春虎にとっては心に残るエピソードだったんだろうな~。それゆえの分身の術ENDであろー。

感想
四、五巻と違い、改めてEXとしてスタートした短篇集。
本編がもう戻れない道を突き進んでいるため、おバカな日常が尊く感じてしまって困るのですよ(涙
そんなワケで冬児の話以外は基本コメディなのですが、本編読んでると違った印象受けちゃいます。このタイミングで出したのは匠の技ですね。脱帽。
鈴鹿はまだ入塾してない時系列かな? でもイラストにはいる……あれ?

さあ、次は第二部だ!
黄泉がえった夏目が春虎を追う話ぽいけど……メッチャ楽しみ☆

……この後、コンは本当の姿に戻り、京子の想いは報われず、冬児は二人目の悪友に去られ、春虎は北斗を二度失った……天馬が失ったのはなんだろう? 友人たちとの日常?

面白かったラノベ その14(9)

怒涛の第一部、完・結・編!
正式にアニメ化決定みたいです……しかし、どこまでやるのか、それが問題だ。

東京レイヴンズ9 to The DarkSky (amazon)


東京レイヴンズ9

東京の夜は新たな局面へ、な9巻。

「鈴鹿、『泰山府君祭』だ。『泰山府君祭』なら、夏目を生き返らせることができる。お前がやろうとしてたみたいに、『泰山府君祭』を行えば……」
鴉羽から春虎を守り、夏目が命を落とした前回。
今回は……春虎、やっぱりそっちの方向へいっちまいました。
かって兄を生き返らせようとした鈴鹿を止めたその口で、鈴鹿に頼むとか……メッチャやるせないですわ(;一_一)
そんな春虎達の前に現れた鈴鹿の父だったモノ。捕らえられた春虎。静かに怒る大友はあのショタジジイとタッグ結成。仲間達も春虎を連れ出すために行動開始。そして、状況を打開するためについにあの”先輩”も……。

「春虎様。情けないことを仰いますな。何がどうあろうと生き返らせると、つい先ほど豪語なさったはず」
「――っ」
陰陽庁長官”倉橋”の誘惑にのりかける春虎を諌める真の忠義者・コン。
自らの資質を開花させ、見事に鴉羽を開放してみせた天馬。
そして京子も――

「大丈夫。夏目ちゃんの星が視える。夏目ちゃんはあなたを待ってる」

――その才能に目覚め、春虎を導く。
鈴鹿も最後は「夏目っちの代わりにあんたが死んだら、あたしが死んで生き返らせるんだから!」と送り出し、春虎は覚悟を決めて”先輩”のもとへ。
そんな春虎の前に立ちふさがる鏡。刺されるコン。窮地に陥る春虎。解かれる”封印”――

「まったく。忠義者だよ、お前は」

――春虎のもとに集う、飛車丸&角行鬼。
夏目を取り戻し、先輩とともに泰山府君祭に挑んだ春虎。
しかしその後、仲間達に何の説明もしないまま先輩と一緒にどこかへ行ってしまい……夏目が目覚めて続く。

感想
なんというか文句なく大満足な一冊でした。
仲間達は能力開花させてくし、春虎も覚醒してくし、大友&ショタジジイのタッグ結成とか、鏡VS大友とか、いろいろな思いが入り乱れ……そして春虎のもとに飛車丸&角行鬼が集うに至ってはこの一冊でここまでやるとは! と、驚愕しましたよ。
しかし、なによりも鈴鹿がね……もう、春虎を送り出す時のセリフがね……。
死者を生き返らせるって目的は”一巻”を思い出さずにはいられないゆえ、その時、春虎達に止められた鈴鹿が最後は送り出してくれるっていうのが、もうせつないやらなんやらで困ります。その時の顔を一生忘れないって春虎が思ったのにも納得。むしろ忘れたら外道確定よ!

次回はひとまず短篇集で、その後第二部開始らしいです。
春虎はどこへ行ったのか、目覚めた夏目の処遇などいろいろ気になるけど……とりあえず次回は在りし日の彼等のホンワカした話でちょっと一息、なのかな? それはそれで楽しみです。短篇集には描き下ろしがお約束ゆえ、そっちにも期待。

……再登場したときはツンデレキャラだと思っていたけど、鈴鹿はそれ以前に妹キャラだったんだよ! なんだってー!?
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ