2017年09月21日

誰よりも早く壱劇屋「賊義賊」観劇してきました!あ、ゲネプロに紛れ込みました。すげー良かった!明日が初日です〜

10月にお世話になる壱劇屋の五彩の神楽の「賊義賊」のゲネプロにお邪魔してきました。
明日から「ロマン派症候群」のツアーで島根県の雲南に行くので本番がどうしても観られなくて、無理を言って観劇させてもらいました。
昨日の弦巻楽団に続きええモン見させてもらいました。
弦巻楽団は、静謐な会話劇でしたが、こちらはBGMガンガンの中、全身全霊をかけた殺陣芝居!ノンバーバルなことに全く気がつかなかった程、饒舌に身体で語ってました!
観ていても、身体が思わず動いてしまう!くー!殺陣やりてー!

素晴らしいアンサンブル!!
昨日の弦巻楽団といい、表現にむけて真摯に取り組んでいるお芝居は観ていてとても清々しい気持ちになります。

10月一緒にするのが楽しみ過ぎる!
ぜひぜひ明日からの「賊義賊」ご観劇ください。
そして10月、この素晴らしい座組みの中で40過ぎのおっさんがどう加われるのか・・・素敵なアドバイスをお待ちしております。

劇団壱劇屋
『五彩の神楽』
第二弾「賊義賊 -Zokugizoku-」
◎日程
9月22日(金)~25日(月)
◎会場
HEP HALL
◎出演
中村るみ
KATSU(一撃/1.G.K/Alphact)
永沼伊久也
新谷佳士(劇団そとばこまち)
壱劇屋劇団員

ほか


sakaguchi1975 at 22:12|PermalinkComments(0)日記 

久しぶりの大阪!昨日は札幌の弦巻楽団「サウンズ・オブ・サイレンシーズ」観劇に!明日は雲南へ出発!

「ロマン派症候群」の仙台〜豊田〜大津〜豊岡ツアーを終え、久しぶりに大阪に帰ってきました。
奥さんの手料理をゆっくりと味わい、あ〜、家に帰ってきたなぁとホッとひと息つきました。

昨日は、札幌の弦巻楽団さんの「サウザンズ・オブ・サイレンシーズ」の楽日を観劇に行きました!
弦巻楽団の弦巻くんには、実は6年前、introのワカナちゃんの作・演出で僕とホッシーがそれぞれ一人芝居をやった時の稽古期間中、ずーっとお家に泊めてもらってました。
それも本人が東京に行ってて不在の時にです。
なんとも厚かましいお話です。
その上、赤×坂の札幌公演の時にはいつもアフタートークに出てもらってます。

そんな弦巻くんが初の大阪公演をするというのです。
これは久しぶりの夫婦水入らずのです時間といえど観に行かないわけには行きません(笑)

お芝居は、とても丁寧に丁寧につくりこまれている陶磁器のようになめらかな作品でした。
ただ、おせっかい焼き、悪意ない善意の押し付けに関して、無性に腹が立ってくる僕には、心穏やかには観られない内容でした。
何だかとてもモヤモヤする、心が掻き乱された、というのが感想です。
観に行けて良かった。
出演者のみなさんと弦巻くん、そして観にきていたニットの澤村くん。

弦巻楽団さん、次は北九州公演だそうです!!



sakaguchi1975 at 12:37|PermalinkComments(0)日記 

2017年09月19日

ああー「ロマン派症候群」豊岡公演も終わってしまったぁ。残すは雲南公演と北九州公演のみ!もう寂しい

台風とニアミスであわや公演出来ないところだった豊岡公演でしたが、無事に公演終わりました!

TVを見てたら豊岡に避難指示が出て来てビックリしました。
あとから館長に聞いたら避難場所のひとつは劇場だったらしく、あのまま雨が降り続けていたら公演出来ないところでした。
実は奇跡の公演だったんです。
この夏の豊岡での公演「肥満男」で共演した出演者もたくさん観に来てくれました!

昨日の公演日も電車は止まっていて、その日に電車で帰る予定の内藤さんは、レンタカーを借りて帰られました。
なので内藤さん抜きで、打ち上げでした。
今朝は、出演者のみんなで豊岡市長さんを表敬訪問しました。
とても気さくな市長さんで、予定時間を超えてお話ししてくださいました。
「ロマン派症候群」の次のツアー先の雲南市とは、コウノトリで縁が繋がったそうです。

ツアーも折り返し、残りは雲南公演と北九州公演を残すのみです。
寂しい〜。


sakaguchi1975 at 09:42|PermalinkComments(0)日記 

2017年09月18日

2017年9月18日(月・祝)14:00〜「ロマン派症候群 」@豊岡

サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)による自主制作作品として、2016年1月に初演を迎えた「ロマン派症候群」。
作・演出に内藤裕敬氏(演出家、南河内万歳一座・座長)、音楽監修・ピアノに仲道郁代氏を迎え、ロマン派を代表する2人の大作曲家ショパンとブラームスのあらたな人物像に迫る―
2017_11-9
2017_11-10
  「ロマン派症候群 」 

あらすじ
[演劇と音楽で紡ぎだす ショパンとブラームス あらたな人間模様]

ロマン派音楽の創生と興隆を彩った二人。
ポーランドを生きたショパン(1810~1849年)。
ドイツを生きたブラームス(1833~1897年)。
生きた時代と駆け抜けた世界が違う二人の大作曲家が、
偶然の出会いを果たす。

この奇想天外な出会いから生まれる物語。
そこから浮かびあがる二人の人物像、二人の音楽への想いとは・・・。

作・演出: 内藤裕敬(南河内万歳一座)
音楽監修・ピアノ: 仲道郁代
俳優:松永玲子(劇団ナイロン100℃) 坂口修一
演奏:川久保賜紀(ヴァイオリン) 加藤文枝(チェロ)

日時:2017年9月18日(月・祝)14:00開演(13:30開場)

会場:豊岡市民プラザ ほっとステージ

料金:全席指定・税込  一般 3,000円/25歳以下(公演日時点・25歳以下) 1,000円
※未就学児入場不可(託児サービスあり/要申込み)

チケット: 2017年6月25日(日)9:00~発売開始
豊岡市民プラザ(アイティ7階)
TEL:0796-24-3000
EMAIL:info@platz-npo.com
(メール・HPからの予約有)

お問い合わせ:豊岡市民プラザ
TEL:0796-24-3000
EMAIL:info@platz-npo.com
(9:00~17:15/火曜日休館、休日の場合は翌日)

企画・制作 :サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)


sakaguchi1975 at 16:20|PermalinkComments(0)日記 | 過去の出演情報

台風一過!本日14:00から「ロマン派症候群」豊岡にて上演です。

8月に2週間滞在して「肥満男」を上演させていただいていた豊岡市民プラザほっとステージに帰って来ました〜!

昨日は、部屋にいても窓が開いてるんじゃないか?と不安になる程、風雨の音が怖かったです。
今日は台風一過!
雲が少し多めですが青空が広がっております。
14:00から「ロマン派症候群」本番です。


sakaguchi1975 at 09:37|PermalinkComments(0)日記 

2017年09月16日

「ロマン派症候群」大津公演を終え、そのまま豊岡へ移動中です〜

びわ湖ホールも気持ち良かった〜。
今回のツアー先で大阪からもっとも来やすいとあって、たくさんの知り合いが観に来てくれました。
南河内万歳一座の福重くんも来てくれていました!
みんなの帰った後、ホールの方から
「弟さんも来ていらっしゃったんですか?」
と真顔で尋ねられた時は笑ってしまいました。
終演後は、そのまま豊岡へ移動。
台風も来ているので早めの現地入りです。
列車移動のお楽しみ。
弁当とビール!!



sakaguchi1975 at 20:42|PermalinkComments(0)日記 

2017年9月16日(土)15:00〜「ロマン派症候群 」@大津

サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)による自主制作作品として、2016年1月に初演を迎えた「ロマン派症候群」。
作・演出に内藤裕敬氏(演出家、南河内万歳一座・座長)、音楽監修・ピアノに仲道郁代氏を迎え、ロマン派を代表する2人の大作曲家ショパンとブラームスのあらたな人物像に迫る―
  2017_11-7
2017_11-8
 「ロマン派症候群 」 

あらすじ
[演劇と音楽で紡ぎだす ショパンとブラームス あらたな人間模様]

ロマン派音楽の創生と興隆を彩った二人。
ポーランドを生きたショパン(1810~1849年)。
ドイツを生きたブラームス(1833~1897年)。
生きた時代と駆け抜けた世界が違う二人の大作曲家が、
偶然の出会いを果たす。

この奇想天外な出会いから生まれる物語。
そこから浮かびあがる二人の人物像、二人の音楽への想いとは・・・。

作・演出: 内藤裕敬(南河内万歳一座)
音楽監修・ピアノ: 仲道郁代
俳優:松永玲子(劇団ナイロン100℃) 坂口修一
演奏:川久保賜紀(ヴァイオリン) 加藤文枝(チェロ)

日時:2017年9月16日(土)
9月16日(土)15:00開演(14:30開場)

会場:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール

料金:全席指定・税込 一般 3,000円/青少年(25歳未満) 1,500円
※6歳未満入場不可

チケット: 友の会 2017年7月 6日(木)10:00〜発売開始
(ネット・チケットおよび電話受付のみ)
一般 2017年7月8日(土)10:00~発売開始


びわ湖ホールチケットセンター
TEL:077-523-7136
(10:00~19:00 毎週火曜日休館、休日の場合は翌日、8/13~8/18休館)
チケットぴあ
TEL:0570-02-9999【音声自動認識/Pコード:325-967】
ローソンチケット
 TEL:0570-000-777【Lコード予約 0570-084-005/Lコード:55870】
e+(イープラス) 【パソコン(座席選択サービスあり)&携帯】

お問い合わせ:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
びわ湖ホールチケットセンター
TEL:077-523-7136
(10:00~19:00/火曜日休館、休日の場合は翌日、8/13~8/18)

企画・制作 :サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)


sakaguchi1975 at 16:20|PermalinkComments(0)日記 | 過去の出演情報

本日15時からびわ湖ホールにて「ロマン派症候群」開演です!

あいにくの天気ですが、台風はまだ来ないはず!
大阪のお客様、「ロマン派症候群」がもっとも観に行きやすいツアー先はびわ湖ホールですよー!
演奏者のメンバーも、再び上田市でスタートをきったお二人になりました。
仙台、豊田とそれぞれ違う演奏家を経て、改めてヴァイオリン、チェロのお二人の演奏を聴くと全然違う印象に驚きます。
あぁ〜、もっと違いの分かる男に、それを言葉にできる男になりたい!
いつものメンバーに戻って来た!という安心感が半端ないです。
びわ湖ホールにて「ロマン派症候群」15時から開演です!!


sakaguchi1975 at 11:27|PermalinkComments(0)日記 

2017年09月15日

祖母が今朝4時過ぎに永眠しました。

明日の「ロマン派症候群」大津公演に向けて、びわ湖ホテルに宿泊中に母から連絡をうけました。

大津から池田のおばぁちゃん家へ帰り、最期のお別れがちゃんと出来ました。
優しく僕を甘やかしまくったおばぁちゃん、安らかにお眠り下さい。


sakaguchi1975 at 23:26|PermalinkComments(0)日記 

2017年09月14日

「ロマン派症候群」豊田公演も終了〜。次は大津公演です!

いやぁ、毎度毎度ながら素晴らしい演奏でした。

・・・お芝居の方の出来は、自分では夢中でやっているので分からないというのが正直なところです。

内藤さんに
「坂口は、どうも芸術的素養に欠ける」
と厳しくも暖かい言葉をいただきました。
分かっちゃ駄目なとこですが、とてもとても身に覚えがありまくります。
なんとか、少しでも感覚が鋭くならないものかと必死で喰らいついております。
日々、貴重な体験をさせてもらっています。
昨日も公演後は美味しいお酒をいただきました。
本日から大津入りです。


sakaguchi1975 at 11:27|PermalinkComments(0)日記