2018年10月17日

StarMachineProject 「Heimat-ハイマート-」連日通し稽古です!どんどん余分な部分が刈り込まれて密度が高まってきています。80分くらいの上演タイムになりそうです。

StarMachineProject 「Heimat-ハイマート-」
連日、最初から最後まで通しての稽古です。
6人の出演者が、ほぼほぼ出ずっぱりで、いくつかの時系列を行ったり来たりするので、結構な量の段取りなのです。
少しでもつまづくと、流れが止まってしまうので頭から通しての稽古は必須!
通し稽古の流れを見て、ホッシーが手を入れていきます。
IMG_4668
ホッシーのもつ優しい空気に包まれて稽古場はいつも和やかですが、本番に向けて緊張感と集中力が増してきています。
とても良い現場です。

自分のことは置いといて、出演者みんなが、とにかく素敵なんです!
タップダンサーの慶太良、ロブカールトンの満腹くん、Cheeky☆Queensの薫ちゃん、そして町田愛ちゃん。
またホッシーがそれぞれの良さを良く分かっていて、それが引き立つ脚本、演出をしてくれてます。
自分の出てないシーンをニヤニヤして見ています。
しかしホッシーの仕事量は半端ないです。
そうやって稽古つけながら、脚本をブラッシュアップしてきて、自分も出演して、タップシーンにも挑戦し、さらに映像までつくってるんですよ!
IMG_4671
昨日は映像の実験も稽古後していたようです。
IMG_4675
芝居の稽古はきっちり積み上がってきてます。
劇場での、スタッフとのコラボレーションが楽しみ過ぎる!!
劇団SE・TSU・NAの中神さんが通し稽古を観に来て、Twitterで

断片の情景が重なり、繋がり、大きな一枚の絵になっていくようだった。

赤星くんって、もっと映像脳だと思っていたけど、とても詩情豊かなんだなぁ。

板の上で虚と実が融けあい、詩が溢れていた。


と呟いてくれていたが、この作品を的確に表現していると思う。

中神さんに観てもらった通し稽古から、さらにさらに稽古は進んでいる!

これはぜひ劇場で観てもらいたい!

チケットご予約はコチラ

StarMachineProject
映像投影パフォーマンス 
scene1「Heimat-ハイマート-」
IMG_3683
IMG_3819
IMG_3820
■映像・作・演出・出演
赤星マサノリ(sunday) 

■あらすじ
幼い頃から引越しを繰り返してきた僕には故郷と呼べる場所がない。今は祖父母も両親もいないので帰る実家もない(帰る家はある)。思い出の中に故郷があればと思ったけど、引っ越しを繰り返すうちに思い出はこぼれ落ちていき、あやふやな記憶しか残ってない。そもそも覚えが良くない。だから思い出を沢山覚えている人を羨ましく思ったりもする。結局、思い出はリュックに詰められる程度のものしか残ってない。 

一体故郷はどこにあるんだろう。 

この際故郷を作ってみようと思う。積み木を組み立てるように。都会の中でも劇場の中でも自然の中でもテントの中や心の奥でも、どこでもいい。リュックを背負って。みんなで喋りながらビールやジュースで乾杯してタップを踏んで踊ったりして。そうして作っていけばいいと思った。 

今回は6人いる。 

ノスタルジックでリズミカルな映像投影パフォーマンス。

■出演者
畠山薫(Cheeky☆Queens)
町田愛
細川 慶太良
満腹満(THE ROB CARLTON)
坂口修一
■日時
2018年10月23日(火)・24日(水)

10月23日(火)19:30

10月24日(水)16:00/19:30

※未就学児童入場不可
※受付は開演の45分前、開場は開演の30分前より
■会場
HEP HALL(大阪・梅田HEP FIVE 8F)
〒530-0017
大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE 8F
阪急梅田駅・JR大阪駅から歩いてすぐ。
駐車場はございませんので、公共交通機関でご来場ください。
TEL:06-6366-3636(11:00-18:00)
■料金(全席指定席)
前売 3,000円 当日 3,500円 U-25 2,500円(要証明書) U-22 2,000円(要証明書)

■チケット取り扱い
チケットご予約はコチラ

■スタッフ 
映像班:吉光清隆(PLAYSPACE)
    サカイヒロト(WI’RE)
舞台監督:久保克司(株式会社スタッフステーション)
照明:大塚雅史(DASH COMPANY)
音響:椎名晃嗣(劇団飛び道具)
音響オペ:森永恭代
舞台美術:柴田隆弘
衣裳:植田昇明(kasane)
宣伝ヘアメイク:KOMAKI(kasane)
小道具:眞木丸 槇
宣伝写真:伊東俊介(いとう写真)
舞台写真:Mya
宣伝美術:赤星マサノリ
演出助手:小山裕暉(テノヒラサイズ)
     平川光江(劇団エクステ)
協力:加藤直子(DASH COMPANY)
   置田陽介(Attitude inc.)
制作:徳永のぞみ
企画・製作:StarMachineProject



sakaguchi1975 at 12:11|PermalinkComments(0) 日記 

2018年10月10日

劇団925も、StarMachineProjectも稽古!稽古の毎日です。楽しい〜!

ただいま、ホッシーのStarMachineProject「Heimat-ハイマート-」と劇団925の「福喜多さんちの三兄弟 最終回」の稽古のかけもちです。
IMG_4587
IMG_4593
IMG_4605
劇団925では、台本作成のための絶賛エチュード中です。
稽古後は第2稽古と称して、必ず飲み会(笑)
福喜多さんちの三兄弟、最終回を傑作にしようと奮闘中です!

そしてStarMachineProject「Heimat-ハイマート-」の稽古は、
IMG_4499
撮影Mya
ホッシーの頭の中を覗き見るような稽古です。
不思議でおしゃれでスマート、そしてユーモラスですよ。
ホッシーは、いつもこちらが不安になるくらいニコニコ稽古を見ております。
これに映像が、どう絡んでくるのか!
楽しみ過ぎるぜー!
IMG_4635
IMG_4636
IMG_4637
IMG_4638
IMG_4515
撮影Mya
芝居の稽古の合間に
IMG_4539
撮影Mya
タップの稽古です。
IMG_4534
撮影Mya
チラッとお披露目するシーンが今のところあるので、慶太良先生の元、練習中。
今のところというのは、上手く出来るようにならなかったらカットね!
とホッシーがニコニコして言ってるからです。

みなさんに披露できるか分かりませんが、新しいことに挑戦することは楽しい〜。
IMG_4521
撮影Mya

StarMachineProject
映像投影パフォーマンス 
scene1「Heimat-ハイマート-」
IMG_3683
IMG_3819
IMG_3820
■映像・作・演出・出演
赤星マサノリ(sunday) 

■あらすじ
幼い頃から引越しを繰り返してきた僕には故郷と呼べる場所がない。今は祖父母も両親もいないので帰る実家もない(帰る家はある)。思い出の中に故郷があればと思ったけど、引っ越しを繰り返すうちに思い出はこぼれ落ちていき、あやふやな記憶しか残ってない。そもそも覚えが良くない。だから思い出を沢山覚えている人を羨ましく思ったりもする。結局、思い出はリュックに詰められる程度のものしか残ってない。 

一体故郷はどこにあるんだろう。 

この際故郷を作ってみようと思う。積み木を組み立てるように。都会の中でも劇場の中でも自然の中でもテントの中や心の奥でも、どこでもいい。リュックを背負って。みんなで喋りながらビールやジュースで乾杯してタップを踏んで踊ったりして。そうして作っていけばいいと思った。 

今回は6人いる。 

ノスタルジックでリズミカルな映像投影パフォーマンス。

■出演者
畠山薫(Cheeky☆Queens)
町田愛
細川 慶太良
満腹満(THE ROB CARLTON)
坂口修一
■日時
2018年10月23日(火)・24日(水)

10月23日(火)19:30

10月24日(水)16:00/19:30

※未就学児童入場不可
※受付は開演の45分前、開場は開演の30分前より
■会場
HEP HALL(大阪・梅田HEP FIVE 8F)
〒530-0017
大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE 8F
阪急梅田駅・JR大阪駅から歩いてすぐ。
駐車場はございませんので、公共交通機関でご来場ください。
TEL:06-6366-3636(11:00-18:00)
■料金(全席指定席)
前売 3,000円 当日 3,500円 U-25 2,500円(要証明書) U-22 2,000円(要証明書)

プロジェクトメンバーチケット(先行販売期間限定):5,000円
特典①:座席エリアがお選びいただけます。
特典②:オリジナルステッカー付
特典③:エンドロールにお名前が流れます。
→ご本名では無く、ニックネームをご利用の方はご予約時に備考欄へご記載ください。

【ご案内】複数回、プロジェクトメンバーチケットをお申込みされた場合
・エリアは、ご来場回分お選びいただけます。
・ステッカーは、ご来場回分ご用意させていただきます。
・エンドロールに記載のお名前は、複数回お申込みされても、お1人様1つとさせて頂きます。
 
プロジェクトメンバーチケットについて
この公演は僕たちと応援してくれる皆さんとで一つのカタチを作っていきたい思っています。そこで皆さんにこの公演に参加してもらい、楽しんでもらうためにはどうすればよいだろうか。上演する作品は映像を使用しているので、視覚の楽しさや面白さを使って皆さんと楽しみながら作品を作る事はできないか、映像以外のことでも一緒に楽しむ方法はないか、僕たちと皆さんが繋がれ一つのカタチを作る事はできないか考え企画しました。まだまだ始まったばかりの企画ですが、これからより良くするために進化していくと思います。暖かく見守ってもらえたらありがたいです。そしてぜひたくさんの方に参加してもらえたら嬉しいです。赤星マサノリ

■チケット発売日
先行発売
9月1日(土)10:00~9月14日(金)23:59
※振込精算
特典:券種に限らず、座席エリアがお選びいただけます。 

一般発売
9月22日(土)10:00
※当日精算

■チケット取り扱い
チケットご予約はコチラ

■スタッフ 
映像班:吉光清隆(PLAYSPACE)
    サカイヒロト(WI’RE)
舞台監督:久保克司(株式会社スタッフステーション)
照明:大塚雅史(DASH COMPANY)
音響:椎名晃嗣(劇団飛び道具)
音響オペ:森永恭代
舞台美術:柴田隆弘
衣裳:植田昇明(kasane)
宣伝ヘアメイク:KOMAKI(kasane)
小道具:眞木丸 槇
宣伝写真:伊東俊介(いとう写真)
舞台写真:Mya
宣伝美術:赤星マサノリ
演出助手:小山裕暉(テノヒラサイズ)
     平川光江(劇団エクステ)
協力:加藤直子(DASH COMPANY)
   置田陽介(Attitude inc.)
制作:徳永のぞみ
企画・製作:StarMachineProject



sakaguchi1975 at 13:00|PermalinkComments(0) 日記 

2018年10月04日

いたみ・まちなか劇場「味わう舞台」での「お父さんのバックドロップ」終わりました〜

もう何度目の「お父さんのバックドロップ」なのか。
僕の出演した作品の中で一番たくさん再演していることは間違いないです!
中島らもさんの「お父さんのバックドロップ」を太陽族の岩崎さんとのタッグでリーディング作品としてつくったのが三重のM-PAD2014の時、もう4年前になるんですね。
そこから、小学校で4年生5年生を相手に教室で上演したり、観劇して感激したお客さんからまさかの公演依頼をいただいてイタリアンのレストランで上演したり、香川の演劇祭カブフェスでの上演、島根のハタチ族さんの365日公演での上演、灘のうどん屋さんでの公演などと初めての経験をたくさん味わわせてくれている作品です。
まだまだこらからも、色んなところで上演することがありますように!
IMG_4560
昨日も伊丹の名店、白雪ブルワリービレッジ長寿蔵さんで美味しい料理とともにたくさんの人に観ていた
IMG_4558
会場は2階のパーティ会場、とても素敵な空間でのびのびとやれました。
IMG_4567
お料理もとても美味しそうでしたよ。
食べたかった!
IMG_4571
そして何よりお酒が、ビールが美味しい!
別料金なのですが、ビールサーバーには長蛇の列が出来てました(笑)
IMG_4555
いたみ・まちなか劇場「味わう舞台」は、10月10日ボヴェ太郎、31日林英世、11月7日宮川サキと続きます!
ぜひ伊丹へ足をお運びください。



sakaguchi1975 at 12:23|PermalinkComments(0) 日記 

2018年10月03日

‪2018年10月3日(水)‬13:00〜/19:30‬〜いたみ・まちなか劇場「味わう舞台」坂口修一「お父さんのバックドロップ」

平成30年度 AI・HALL自主企画「地域とつくる舞台」シリーズ
いたみ・まちなか劇場「味わう舞台」
 
秋の伊丹で、眼福×口福。
伊丹の飲食店を会場に、美味しい料理とお芝居・舞踊がセットでお得に楽しめる!
街なかで舞台芸術を楽しむ、アイホールの「いたみ・まちなか劇場」シリーズ。今年は、「味わう舞台」と題して、10月・11月の水曜日に、市内の個性豊かなお店4店舗にて、4人の俳優・舞踊家による公演を開催します。
寿司、創作懐石・ビアレストランに、カフェまで、お店自慢の料理と、アイホール選りすぐりのステージで、目にも舌にも“満福”な一日をお過ごしください。

「味わう舞台」詳細はコチラ
 IMG_3757
IMG_3763
IMG_3762
IMG_3758
『‪お父さんのバックドロップ‬』
作:中島らも
演出:岩崎正裕

中島らも作『‪お父さんのバックドロップ‬』
悪役レスラーの父を持つ少年は、プロレスが大っ嫌い。そんな息子との絆のため父は無謀な戦いに挑む・・・中島らもの心温まる痛快少年少女小説を、リーディング公演でお楽しみください。
 
日時:‪10月3日(水)‬開始13:00/開始‪19:30‬
※当日の受付開始・開場は20分前からです。開始時間までに会場へお越しください。
※お食事の後、公演をご鑑賞ください。

会場:白雪ブルワリービレッジ長寿蔵(2階パーティ会場)

「清酒発祥の地」伊丹を代表する、梁が美しい酒蔵レストラン。
店内で醸造された小西酒造オリジナルビールに日本酒と、会席御膳にベルギー風料理など和洋多彩なメニューが揃う。2階にはパーティー会場や日本酒ミュージアムもあり。
‪兵庫県伊丹市中央 3-4-15 ‬
‪TEL 072-773-1111‬
営業時間/‪11:30~22:30‬
定休日/第2火曜日 (祝日の場合は、翌日)
 
チケット料金:前売のみ3,000円(日時指定、自由席・先着順)
※お食事と公演料込み、ドリンク代別

 ★チケット発売日 ‪8月18日(土)10:00‬~
 
チケット販売所
【アイホール】
*窓口販売/電話予約 TEL.‪072-782-2000‬(‪9:00‬~22:00/火曜休館)
※予約チケットの当日のご精算はできません。事前にご購入ください。
*WEBチケット予約 ‪http://www.aihall.com/ticket/‬
※ご予約前に、観劇ポータルサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。
※セブンイレブンでのチケット発券となります。(別途、発券手数料必要です)
【各会場のお店】詳しくはお店にお問い合せください。
【ローソンチケット】[Lコード:54848]
 *TEL:‪0570-084-005‬(Lコード/24時間受付)
 *TEL:‪0570-000-407‬(オペレーター/‪10時~20時‬)
 *ローソン・ミニストップ店頭Loppi
【Confetti(カンフェティ)チケットセンター】
*TEL.‪0120-240-540‬(平日‪10:00~18:00‬)
 
お問い合わせ:
アイホール(伊丹市立演劇ホール)
TEL ‪072-782-2000‬(‪9:00~22:00‬、火曜休館)
メール ‪info@aihall.com‬
 
主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
企画製作:伊丹市立演劇ホール
協力:伊丹商店連合会、伊丹郷町商業会
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会




sakaguchi1975 at 21:30|PermalinkComments(0) 日記 | 過去の出演情報

2018年09月30日

Music Dialogue in Kyoto vol.5 「シューマンが響く秋の高台寺」無事に終了いたしました。初めての挑戦がたくさんあってドキドキでした。

昨日、Music Dialogue in Kyoto vol.5
「シューマンが響く秋の高台寺」の本番が無事に終わりました。
IMG_3821
今回は、クラッシックの演奏会に詩の朗読で参加してきました!
シューマンの「詩人の恋」のいう楽曲は普通、歌手とピアノという組み合わせなのですが、それをヴィオラとピアノの組み合わせで、なおかつ、歌詞を朗読するという新しい挑戦にひょんな繋がりでお声をかけていただいたのです。
本当に、この世界は人の縁が全てですね。
ありがたい話です。

新しいものが立ち上がる瞬間に立ち会えて幸せでした。

会場は豊臣秀吉の建立した高台寺、そのに近年新しく建てられた利生堂。
IMG_4472
会場入りした瞬間からワクワクが止まらなかったです。
IMG_4462
涅槃像がドーン!お釈迦さま入滅の絵画が会場をぐるりと取り囲んでいました。
IMG_4466
演奏との合わせは、当日会場入りして、リハーサルの1回のみ。
読む詩の内容は、基本の翻訳をいただいて、あとは読みやすいように手を入れてもらって構わないということだったので、台本づくりには大分時間がかかりました。
時間をかけた上に、出来た台本に全く自信はないという。
会場の雰囲気にものまれ、本番前のリハーサルは、緊張しました。

しかし、ヴィオラの大山さん、ピアノの酒井さんお二人の演奏が素晴らしくって、緊張も一瞬で吹き飛びました。
こんなに素晴らしく情感が伝わってくる演奏の合間に、僕の朗読なんかいる?
もうそれが気がかりで緊張してる場合じゃなかったです(笑)

演奏を聴いたとたんに、これまで歌詞であるハイネの詩を16曲、台本づくりのためにあーだこーだとこねくり回していた、その詩の内容がスパーン!とクリアにイメージが伝わってきました。
圧巻でした。

そのリハーサルから本番までは怒涛で、気がつけば本番は終わってしまっていました。

楽しい時間は本当に一瞬ですね。
IMG_4484
素敵な時間に感謝です!





sakaguchi1975 at 12:25|PermalinkComments(0) 日記 

2018年09月29日

2018年9月29日(土)16:00〜Music Dialogue in Kyoto vol.5 「シューマンが響く秋の高台寺」

Music Dialogue in Kyoto vol.5
「シューマンが響く秋の高台寺」
IMG_3821
IMG_3822
会場は豊臣秀吉によって建立された高台寺。最近新しく設けられた八角形のお堂「利生堂」で、秋を感じながらシューマンの調べを楽しんでいただきたいと思います。

特に「詩人の恋」は、通常の歌手とピアノという組み合わせではなく、ヴィオラとピアノによる珍しい編成です。今回はさらに歌詞の朗読付きと、なかなか普段聞くことのできない形式となっております。
ヴィオラ、ピアノと朗読が織りなすシューマンの世界観を、是非楽しんでいただけたらと思います。

場所:高台寺利生堂
日時:9月29日(土)16:00開演(15:30開場)
曲目:ロベルト・シューマン
子供の情景 Op. 15
幻想小曲集 Op. 73
歌曲「詩人の恋」Op. 48(ヴィオラ版、語り付き
入場料:6000円
申し込みはコチラ

出演者
ヴィオラ:大山平一郎
英国のギルドホール音楽学校を卒業。1979年にLAフィルの首席ヴィオラ奏者に任命された後、同楽団の副指揮者に任命される。現在、サンタバーバラ室内管弦楽団音楽監督、CHANEL Pygmalion Days 室内楽シリーズアーティスティック・ディレクター、Music Dialogue代表。

ピアノ:酒井有彩
文化庁新進芸術家在外研修員、明治安田クオリティオブライフ文化財団奨学生として、ベルリン芸術大学を最優秀で卒業。国家演奏家資格を取得。ポーランド国立放送響、リベイランプレート響 、大阪交響楽団、モディリ アーニ弦楽四重奏団などと共演。ヤマハ音楽配信サイト'mysound'でハイレゾ配信中。CHANEL Pygmalion Daysアーティスト。

朗読:坂口修一
愛嬌のある風貌と安定した演技で多くの舞台に招かれている関西屈指の実力派俳優。フリーの俳優として数多くの公演に出演すると同時に、一人芝居、二人芝居のユニットを組み大阪だけでなく全国各地で公演を行っている。


sakaguchi1975 at 18:00|PermalinkComments(0) 過去の出演情報 | 日記

2018年09月21日

StarMachineProjectの稽古が本格的に始まっております!25日(火)には通し予定だって?マジかー

ホッシーの映像投影パフォーマンスscene1「Heimat-ハイマート-」の稽古が本格的に始まって来ております。
IMG_4388
遊ぶような軽やかな稽古場です。

ホッシーの虚実ないまぜになった台本、面白いっす!
そして、具体的なイメージをしっかり持ちつつ、色んな実験しながらの稽古、これまた面白いっす!
IMG_4395
果たしてどんな世界がHEPホールに広がるのか乞うご期待!

なんか25日(火)には通し稽古するってホッシーは言ってますよ〜。
早めの通し稽古!良いですね。
ゆとりをもって色んなこと遊んでいけそうです!!

明日からチケット一般発売スタートです!!
IMG_4382
StarMachineProject
映像投影パフォーマンス 
scene1「Heimat-ハイマート-」
IMG_3683
IMG_3819
IMG_3820
■映像・作・演出・出演
赤星マサノリ(sunday) 

■あらすじ
幼い頃から引越しを繰り返してきた僕には故郷と呼べる場所がない。今は祖父母も両親もいないので帰る実家もない(帰る家はある)。思い出の中に故郷があればと思ったけど、引っ越しを繰り返すうちに思い出はこぼれ落ちていき、あやふやな記憶しか残ってない。そもそも覚えが良くない。だから思い出を沢山覚えている人を羨ましく思ったりもする。結局、思い出はリュックに詰められる程度のものしか残ってない。 

一体故郷はどこにあるんだろう。 

この際故郷を作ってみようと思う。積み木を組み立てるように。都会の中でも劇場の中でも自然の中でもテントの中や心の奥でも、どこでもいい。リュックを背負って。みんなで喋りながらビールやジュースで乾杯してタップを踏んで踊ったりして。そうして作っていけばいいと思った。 

今回は6人いる。 

ノスタルジックでリズミカルな映像投影パフォーマンス。

■出演者
畠山薫(Cheeky☆Queens)
町田愛
細川 慶太良
満腹満(THE ROB CARLTON)
坂口修一
■日時
2018年10月23日(火)・24日(水)

10月23日(火)19:30

10月24日(水)16:00/19:30

※未就学児童入場不可
※受付は開演の45分前、開場は開演の30分前より
■会場
HEP HALL(大阪・梅田HEP FIVE 8F)
〒530-0017
大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE 8F
阪急梅田駅・JR大阪駅から歩いてすぐ。
駐車場はございませんので、公共交通機関でご来場ください。
TEL:06-6366-3636(11:00-18:00)
■料金(全席指定席)
前売 3,000円 当日 3,500円 U-25 2,500円(要証明書) U-22 2,000円(要証明書)

プロジェクトメンバーチケット(先行販売期間限定):5,000円
特典①:座席エリアがお選びいただけます。
特典②:オリジナルステッカー付
特典③:エンドロールにお名前が流れます。
→ご本名では無く、ニックネームをご利用の方はご予約時に備考欄へご記載ください。

【ご案内】複数回、プロジェクトメンバーチケットをお申込みされた場合
・エリアは、ご来場回分お選びいただけます。
・ステッカーは、ご来場回分ご用意させていただきます。
・エンドロールに記載のお名前は、複数回お申込みされても、お1人様1つとさせて頂きます。
 
プロジェクトメンバーチケットについて
この公演は僕たちと応援してくれる皆さんとで一つのカタチを作っていきたい思っています。そこで皆さんにこの公演に参加してもらい、楽しんでもらうためにはどうすればよいだろうか。上演する作品は映像を使用しているので、視覚の楽しさや面白さを使って皆さんと楽しみながら作品を作る事はできないか、映像以外のことでも一緒に楽しむ方法はないか、僕たちと皆さんが繋がれ一つのカタチを作る事はできないか考え企画しました。まだまだ始まったばかりの企画ですが、これからより良くするために進化していくと思います。暖かく見守ってもらえたらありがたいです。そしてぜひたくさんの方に参加してもらえたら嬉しいです。赤星マサノリ

■チケット発売日
先行発売
9月1日(土)10:00~9月14日(金)23:59
※振込精算
特典:券種に限らず、座席エリアがお選びいただけます。 

一般発売
9月22日(土)10:00
※当日精算

■チケット取り扱い
チケットご予約はコチラ

■スタッフ 
映像班:吉光清隆(PLAYSPACE)
    サカイヒロト(WI’RE)
舞台監督:久保克司(株式会社スタッフステーション)
照明:大塚雅史(DASH COMPANY)
音響:椎名晃嗣(劇団飛び道具)
音響オペ:森永恭代
舞台美術:柴田隆弘
衣裳:植田昇明(kasane)
宣伝ヘアメイク:KOMAKI(kasane)
小道具:眞木丸 槇
宣伝写真:伊東俊介(いとう写真)
舞台写真:Mya
宣伝美術:赤星マサノリ
演出助手:小山裕暉(テノヒラサイズ)
     平川光江(劇団エクステ)
協力:加藤直子(DASH COMPANY)
   置田陽介(Attitude inc.)
制作:徳永のぞみ
企画・製作:StarMachineProject



sakaguchi1975 at 11:18|PermalinkComments(0) 日記 

2018年09月20日

2018年10月23日(火)〜24日(水)StarMachineProject 映像投影パフォーマンス  scene1「Heimat-ハイマート-」

StarMachineProject
映像投影パフォーマンス 
scene1「Heimat-ハイマート-」
IMG_3683
IMG_3819
IMG_3820
■映像・作・演出・出演
赤星マサノリ(sunday) 

■あらすじ
幼い頃から引越しを繰り返してきた僕には故郷と呼べる場所がない。今は祖父母も両親もいないので帰る実家もない(帰る家はある)。思い出の中に故郷があればと思ったけど、引っ越しを繰り返すうちに思い出はこぼれ落ちていき、あやふやな記憶しか残ってない。そもそも覚えが良くない。だから思い出を沢山覚えている人を羨ましく思ったりもする。結局、思い出はリュックに詰められる程度のものしか残ってない。 

一体故郷はどこにあるんだろう。 

この際故郷を作ってみようと思う。積み木を組み立てるように。都会の中でも劇場の中でも自然の中でもテントの中や心の奥でも、どこでもいい。リュックを背負って。みんなで喋りながらビールやジュースで乾杯してタップを踏んで踊ったりして。そうして作っていけばいいと思った。 

今回は6人いる。 

ノスタルジックでリズミカルな映像投影パフォーマンス。

■出演者
畠山薫(Cheeky☆Queens)
町田愛
細川 慶太良
満腹満(THE ROB CARLTON)
坂口修一
■日時
2018年10月23日(火)・24日(水)

10月23日(火)19:30

10月24日(水)16:00/19:30

※未就学児童入場不可
※受付は開演の45分前、開場は開演の30分前より
■会場
HEP HALL(大阪・梅田HEP FIVE 8F)
〒530-0017
大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE 8F
阪急梅田駅・JR大阪駅から歩いてすぐ。
駐車場はございませんので、公共交通機関でご来場ください。
TEL:06-6366-3636(11:00-18:00)
■料金(全席指定席)
前売 3,000円 当日 3,500円 U-25 2,500円(要証明書) U-22 2,000円(要証明書)

プロジェクトメンバーチケット(先行販売期間限定):5,000円
特典①:座席エリアがお選びいただけます。
特典②:オリジナルステッカー付
特典③:エンドロールにお名前が流れます。
→ご本名では無く、ニックネームをご利用の方はご予約時に備考欄へご記載ください。

【ご案内】複数回、プロジェクトメンバーチケットをお申込みされた場合
・エリアは、ご来場回分お選びいただけます。
・ステッカーは、ご来場回分ご用意させていただきます。
・エンドロールに記載のお名前は、複数回お申込みされても、お1人様1つとさせて頂きます。
 
プロジェクトメンバーチケットについて
この公演は僕たちと応援してくれる皆さんとで一つのカタチを作っていきたい思っています。そこで皆さんにこの公演に参加してもらい、楽しんでもらうためにはどうすればよいだろうか。上演する作品は映像を使用しているので、視覚の楽しさや面白さを使って皆さんと楽しみながら作品を作る事はできないか、映像以外のことでも一緒に楽しむ方法はないか、僕たちと皆さんが繋がれ一つのカタチを作る事はできないか考え企画しました。まだまだ始まったばかりの企画ですが、これからより良くするために進化していくと思います。暖かく見守ってもらえたらありがたいです。そしてぜひたくさんの方に参加してもらえたら嬉しいです。赤星マサノリ

■チケット発売日
先行発売
9月1日(土)10:00~9月14日(金)23:59
※振込精算
特典:券種に限らず、座席エリアがお選びいただけます。 

一般発売
9月22日(土)10:00
※当日精算

■チケット取り扱い
チケットご予約はコチラ

■スタッフ 
映像班:吉光清隆(PLAYSPACE)
    サカイヒロト(WI’RE)
舞台監督:久保克司(株式会社スタッフステーション)
照明:大塚雅史(DASH COMPANY)
音響:椎名晃嗣(劇団飛び道具)
音響オペ:森永恭代
舞台美術:柴田隆弘
衣裳:植田昇明(kasane)
宣伝ヘアメイク:KOMAKI(kasane)
小道具:眞木丸 槇
宣伝写真:伊東俊介(いとう写真)
舞台写真:Mya
宣伝美術:赤星マサノリ
演出助手:小山裕暉(テノヒラサイズ)
     平川光江(劇団エクステ)
協力:加藤直子(DASH COMPANY)
   置田陽介(Attitude inc.)
制作:徳永のぞみ
企画・製作:StarMachineProject




sakaguchi1975 at 22:19|PermalinkComments(0) 日記 | 公演情報

2018年11月2日(金)~4日(日)劇団925第23回公演 『福喜多さんちの三兄弟 最終回~菊の頃~』

劇団925第23回公演「福喜多さんちの三兄弟 最終回~菊の頃~」
IMG_3776
IMG_3777
ひろしがこの世を去ってからもう一ヶ月が過ぎました。
今日は四十九日の法要です。
ひろしの事が大好きだった人達が集まりました。
ひろしの思い出話は尽きません。
大人気シリーズの最終回!福喜多家の最後の物語。癒し系コメディ。

作・演出:中西邦子
 
日程:2018年11月2日(金)19:00
3日(土)14:00/18:00★
4日(日)13:00/17:00
開演の45分前受付開始、開演の30分前開場
★終演後にアフタートークあり
ゲスト 赤星マサノリ(sunday/StarMachineProject)

会場:in→dependent theatre 2nd
大阪市浪速区日本橋4丁目7-22
06-6635-1777
OsakaMetro堺筋線「恵美須町駅」1A出口右(北) 徒歩約5分

料金:前売3,500円/当日3,800円(全席指定)
学生2,500円/学生当日2,800円
※ご来場当日必ず学生証をご提示ください。
 
出演:
関敬
田渕法明(ブルーシャトル)
上田一軒(スクエア)
坂口修一
湯浅崇(テノヒラサイズ)
山田かつろう(売込隊ビーム)
片岡百萬両(片岡自動車工業)
行澤孝(劇団赤鬼)
濱本直樹(DanieLonely)
中西邦子

映像出演:山本誠大(ブルーシャトル)
 
チケット:
先行予約:2018年8月25日(土)~9月2日(日)
先行予約は、お好きな役者からの特典付き。
劇団HP、各俳優ブログのみでの取り扱いです。
お電話での受付はしておりません。ご了承ください。

僕からの先行予約特典は!
「福喜多さんちの三兄弟」最終回を記念して個人的に邦子さんにプレゼントとしようと思っている、これまでの出演者全員からのコメント映像をDVDに焼いてプレゼント!
諸事情により全員からのコメントが集まらなくてもご了承ください。


ご予約はコチラ

一般予約開始:2018年9月8日(土)

チケット取り扱い:劇団925 HP
http://www.gekidan925.com
info@gekidan925.com
お問合せ:06-6635-1777(インディペンデントシアター)
090-3944-9902(尾崎商店)

舞台監督:相内唯史(at will)
照明:葛西健一
照明オペ:海老澤美幸
音響:西角秀紀(MOVE FACTORY)
音楽:児島塁
演出助手:井野戸芙美
舞台美術:西本卓也(GiantGrammy)
宣伝美術:東學(188)
宣伝写真:山田徳春(500G Inc.)アシダさん(500G Inc.)
DVD撮影・舞台写真:堀川高志(kutowans studio)
制作協力:鈴木愛里沙(尾崎商店)
協力:at will  (株)一八八  インディペンデントシアター  売込隊ビーム  (同)尾崎商店  片岡自動車工業  kutowans studio  劇団赤鬼  CoRich舞台芸術!  500G Inc.  sunday  GiantGrammy  StarMachineProject  スクエア  DanieLonely  テノヒラサイズ  ブルーシャトル  
MOVE FACTORY  ライターズ・カンパニー  ライトアイ  (株)リコモーション  (株)ルート
企画・製作・主催:劇団925


sakaguchi1975 at 22:18|PermalinkComments(0) 公演情報 | 日記

2018年11月14日(水)13:00〜/19:00〜 M-PAD2018小泉八雲「耳なし芳一」ほか

2018bannar01
M-PAD2018に今年は参戦いたします!今年はA級MissingLinkの土橋淳志くんとタッグを組み、小泉八雲の作品のリーディングに挑戦です。287,M-PAD2018
287,M-PAD2018ウラ
小泉八雲「耳なし芳一」ほか

小泉八雲「怪談」より「耳なし芳一」ほか、ハーン先生の怪異研究

作/小泉八雲
演出/土橋淳志(A級MissingLink)
出演/坂口修一

2018bannar03

2018年11月14日(水)

[ LUNCH TIME ]
12:45に開場、13:00までに会場へお越しください。
料理+リーディング公演 3,000円

[ DINNER TIME ]
18:45に開場、19:00までに会場へお越しください。
料理+リーディング公演 3,000円

・お食事をお召し上がりいただいた後、リーディング公演をご覧いただきます。
・お食事+公演でおよそ1時間45分を予定しております。
・アルコール類は店舗でキャッシュオンとなっております。ご了承ください。

image

上演/坂口修一(大阪府)

愛嬌のある風貌と安定した演技で多くの舞台に招かれる関西屈指の実力派俳優。1年間、毎週火曜日に内容の違う一人芝居を100ステージをこなすなど、そのバイタリティ溢れる役者魂と演技力が評価され、出演依頼があとをたたない。豊かな表現力を生かし、手塚治虫生誕90年記念「MANGA Performance W3」などノンバーバルパフォーマンスへの出演も多い。また、津あけぼの座プロデュースによるユニット「あうんの会」のメンバーとして二人芝居も精力的に行なっている。今回は、大阪を拠点に精力的な活動を続けているA級MissingLinkより、第21回OMS戯曲賞大賞を受賞するなど関西の実力派劇作家として活躍する土橋淳志を演出に迎える。

坂口修一 Website

会場/うなぎ料理 はし家

備長炭を使用し、職人によって作り出されるうなぎは関西風。
質はもちろん、焼き方にもこだわり、伝統のタレと香ばしい香りを堪能していただけます。県内を始め県外のファンも多数来店する名店。

image

津市大門4-10 TEL059-228-4925
営業時間/11:00~20:30 ※14:30~16:30までは準備中(オーダーストップ 20:00)
定休日/毎週月曜日(ときどき火曜日)


M-PADとは?

「おいしくてあたらしい料理と演劇のたのしみかた」として晩秋の三重の風物詩ともなっているM-PAD。 県内の「おいしい!」お店でのお料理と、全国から選りすぐった俳優たちによる文学・古典作品のリーディング公演をお楽しみ頂きます。 料理を味わい、作品を味わい、語りあって噛みしめる。2011年に始まり今年で8年目。今年はこれまでのM-PADでも名演と呼ばれた作品の再演、また三重県立美術館との企画公演も登場します。今年もどうぞお召し上がり下さい!

tumblr_pdwf3cdh3N1twgwkoo2_r2_500tumblr_pdwewfj0cv1twgwkoo2_r2_500tumblr_pdwep1lZAS1twgwkoo2_r2_500
tumblr_pdwct8RACT1twgwkoo1_r1_500
tumblr_pdwcovufjd1twgwkoo2_r3_500tumblr_pdwcgpdaQQ1twgwkoo2_r2_500tumblr_pdwc65MIX11twgwkoo1_r1_500
tumblr_pdwbqb25GB1twgwkoo2_r1_500

スケジュール一覧

スクリーンショット 2018-08-27 午前10.39.27

チケット料金のごあんない

[ LUNCH TIME ] 料理+リーディング公演 3,000円

[ DINNER TIME ] 料理+リーディング公演 3,000円

※11月16日(金)のみ
[ TEA TIME ] 飲み物・スイーツ+リーディング公演+県立美術館入場券 3,000円
[ DINNER TIME ] 料理+リーディング公演 5,000円

・M-PAD2018の店舗上演チケットは、前売販売のみ行います。予約・当日券の販売は行いません。ご了承ください。
・アルコール類は店舗でキャッシュオンとなっております。ご了承ください。

[ まとめ見チケット ]
前売・予約 2,000円 当日2,500円
U-22 前売・予約 1,000円 当日1,200円

・M-PAD2018公演を、四天王寺スクエアで一挙上演いたします。
・こちらは上演のみです。食事提供等はありません。
・U-22割は22歳以下の方ならどなたでも適用されます。劇場精算時に22歳以下であることを証明するモノ(免許証・保険証・パスポート・学生証など)をご呈示下さい。

チケットのお求め方法 9月29日(土)10:00発売

M-PAD2018の店舗上演チケットは、前売販売のみ行います。予約・当日券の販売は行いません。
下記のいずれかの方法からチケットを購入し、必ず事前精算をお願いいたします。

三重県文化会館エムズネット

[WEB・電話] ローソンチケット Tel.0570-084-004[Lコード:45150]

[電話・窓口] 三重県文化会館チケットカウンター Tel.059-233-1122

[店頭販売] 各店舗へお問合せください

まとめ見は、以下のフォームからもご予約いただけます。

チケット予約フォーム

公演当日のごあんない

[ LUNCH TIME ]  12:45に開場、13:00までに会場へお越しください。

[ DINNER TIME ]  18:45に開場、19:00までに会場へお越しください。

※11月16日(金)のみ
[ TEA TIME ]  14:45に開場、15:00までに会場へお越しください。
[ DINNER TIME ]  18:15に開場、18:30までに会場へお越しください。

・お食事をお召し上がりいただいた後、リーディング公演をご覧いただきます。
・お食事+公演でおよそ1時間45分を予定しております。
・アルコール類は店舗でキャッシュオンとなっております。ご了承ください。

[ まとめ見 ] 19:00開演 (開場は開演の30分前から)


主催/特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ・三重県文化会館
助成/文化庁

照明・音響/有限会社現場サイド
テクニカルディレクター/山中秀一
宣伝美術/橋本純司 
写真撮影/松原豊
イラスト/本城まい子

企画製作/油田晃(特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ)・松浦茂之(三重県文化会館)

M-PADに関するお問い合わせ

特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ
津あけぼの座・事務局

〒514-0008 津市上浜町3丁目51 Tel.059-222-1101 Fax.059-222-1109
メールアドレス info@akebonoza.net
津あけぼの座・四天王寺スクエア http://akebonoza.net/

公益財団法人三重県文化振興事業団 三重県文化会館

〒514-0061 津市一身田上津部田1234 Tel.059-233-1100 Fax.059-233-1106
メールアドレス kenbun@center-mie.or.jp
三重県文化会館 https://www.center-mie.or.jp/bunka/



sakaguchi1975 at 22:17|PermalinkComments(0) 公演情報 | 日記