2016年01月11日

2016年1月10日(日)〜11日(月・祝)ショパンとブラームス「ロマン派症候群」

ショパンとブラームス「ロマン派症候群」    
title_logo
ショパンとブラームス、二人の作曲家の人間像に迫る、音楽×演劇のコラボレーション。

 2016年3月20日(日)に開催される、仙台フィルハーモニー管弦楽団 上田公演-2016春-のプログラムから、ショパンとブラームスにスポットを当てたリーディング劇。

 密やかだけれど強い心をピアノの音にのせて語ったショパン。
心の傷、悩ましさを建築的に打ち立て昇華せしめたブラームス。
タイプは異なれど、その音楽は私達の心の奥底に響くのです。
なぜなのか。
いつの時代も、私達は限りない憧れと諦めを繰り返す、そんな生き物なのだと思います。
- 仲道郁代 -

その待合室のベンチで二人は出会ってしまった。
ロマン派の二人、その人生と音楽の病が明らかになる・・・。

作・演出:内藤裕敬(演出家・南河内万歳一座座長)
音楽監修・ピアノ:仲道郁代(ピアニスト)
ヴァイオリン:小川有紀子(仙台フィルハーモニー管弦楽団第二ヴァイオリン副首席)
チェロ:吉岡知広(仙台フィルハーモニー管弦楽団チェロ副首席)
-出演-
松永 玲子(劇団ナイロン100℃)
坂口 修一

日時:2016年1月10日(日)〜11日(月・祝)
1月10日(日)18:30~(18:00開場)
1月11日(月・祝) 14:00~(13:30開場)

料金:全席指定
一般 3,000円/U-25 1,500円
※U-25チケットは公演当日時点25歳以下であることを証明できる書類が必要です。
※U-25チケットはサントミューゼ窓口のみの販売となります。
プレイガイド     

チケット発売:2015年11月16日10:00~
サントミューゼ(窓口、インターネット)ほか

会場:サントミューゼ 上田市交流文化芸術センター 小ホール

詳細はコチラ
チケット予約はコチラから

sakaguchi1975 at 15:30│Comments(0)TrackBack(0)過去の出演情報 | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字