公演情報


2018年1月12日(金)〜21日(日)『音楽と演劇の年賀状展8』に今年も年賀状出しております!

『音楽と演劇の年賀状展8』

年賀状はアートじゃない。
でも、どうしたって送る人の個性がにじみでてしまう。
じゃあミュージシャンとか役者とか、ライブの現場の人たちの年賀状ってどんなのなんだろう。
というわけで、音楽や演劇やってるみなさんの年賀状をお披露目する展覧会です。


イラスト:小山健

音楽家や俳優さんから届いた年賀状を展示する「音楽と演劇の年賀状展」。
好評につき、2018年も大阪→岡山→埼玉→名古屋の4都市ツアー!


【大阪】本町 HOPKEN
〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町2-5-15
2018年1月12日(金)〜21日(日)
13:00〜19:00
お休み:1/17(水)

【岡山】奉還町4丁目 ラウンジ・カド
〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町4丁目7−22
2018年1月27日(土)~2月4日(日)
[平日]11:00〜14:00/18:00〜22:00
[土・日曜]11:00〜22:00
お休み:1/31(水)、2/1(木)

【埼玉】東川口 tanabike/senkiya
〒333-0823 埼玉県川口市石神715
2018年2月9日(金)~18日(日)
[平日・日曜・祝日]12:00〜18:00
[土曜]12:00〜21:00
お休み:2/14(水)、15(木)

【名古屋】昭和区 Cafe&Bar drawing
〒466-0804 愛知県名古屋市昭和区宮東町34番地 プレスイン南本山1階
2018年3月3日(土)~18日(日)
[日・水・木曜]12:00〜22:00
[金・土曜]12:00〜23:00
※17:00〜18:00は中休み
お休み:3/5(月)、6(火)、12(月)、13(火)

入場無料



sakaguchi1975 at 01:16|PermalinkComments(0)

2018年1月18日(木)〜21日(日)津あけぼの座プロデュース あうんの会 「海につくまで」

津あけぼの座プロデュース
あうんの会
「海につくまで」
作・演出:関戸哲也(スクイジーズ/空宙空地)
出演:坂口修一・小菅紘史(第七劇場)
 
2018_1-1
2018_1-2
「海につくまで」
売れない中年芸人「エンジェルブラザーズ」のアニキとアキラ。実はこの二人、かつてはヤクザ稼業。対立する組を襲撃する際、
間違って自分たちの若頭を傷つけてしまい、芸人をしながら逃げている。二人の行き先は「沖縄」。道中では様々な人々が
登場、そして様々なエピソードが繰り広げられる。西へ西へ、そして、南へ南へ。沖縄の海で彼らが見ようとしたものとは・・・。
坂口修一・小菅紘史、たった二人でお送りするノンストップ・ロード演劇。

公演日時:
2018年1月18日(木)〜21日(日) 全5公演
18日(木)19時30分開演
19日(金)19時30分開演
20日(土)14時・19時開演
21日(日)14時開演
※開場は開演30分前から

公演会場:
津あけぼの座(三重県津市上浜町3丁目51)
近鉄名古屋線江戸橋駅下車 徒歩2分
※津あけぼの座に駐車場はございません。
公共交通機関をご利用頂くか、近隣のコインパーキングに駐めて頂きお越し下さい。劇場前駐車場は月極駐車場でお客さまの駐車は出来ません。

チケット:
一般前売・予約2000円/当日2300円
U-22前売・予約・当日 1000円
高校生以下 前売・予約・当日 500円
※U-22は22歳以下の方ならどなたでも適用されます。劇場精算時に22歳以下であることを証明するものをご提示ください。
※高校生以下は高校生の方ならどなたでも適用されます。劇場精算時に学生証をご呈示下さい。

スタッフ
演出助手:おぐりまさこ(空宙空地)
照明:加藤直子(DASH COMPANY)
照明操作:東山ふしみ
音響:あだゆきら
舞台美術:江戸橋トンテンカンテン
舞台監督:山中秀一(現場サイド)
宣伝美術:橋本純司(橋本デザイン室)
写真撮影:松原豊(Officer365番地)
制作:油田晃(特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ)
主催:特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ・津あけぼの座

あうんの会とは?
津あけぼの座がプロデュースする少人数ユニット。作品毎にキャスト・スタッフを選んで行き、公演を行ってまいります。

情報詳細・チケット予約は津あけぼの座ホームページから
http://akebonoza.net

お問い合わせ;
津あけぼの座 059−222−1101


sakaguchi1975 at 01:11|PermalinkComments(0)

2018年1月27日(土)~29日(月)IKSALON表現者工房二周年シリーズ市民参加「クラッシック・リーディング3」 『人間豹』

江戸川乱歩の妖しい世界がオーディオドラマ風冒険活劇に

IKSALON表現者工房二周年シリーズ市民参加「クラッシック・リーディング3」
『人間豹』
原作:江戸川乱歩
演出 脚本 構成:矢内文章(アトリエ・センターフォワード) 
あらすじ
人か野獣か、人間豹が美女に襲いかかる。
カフェの女給やレヴュースターの白い肌を無残に切り裂く獰猛な牙。震え上がる帝都東京で、名探偵明智小五郎が立ち向かう。狙われた美しき明智夫人を守るため、死に物狂いの知恵比べの先に見えたものとは・・・。

日程:2018年1月27日(土)~29日(月)
1月27日(土)14:00/19:00
28日(日)13:00/18:00
29日(月)15:00
※受付は開演の45分前。
※開場は開演の30分前。

料金:一般2,500円 学生1,500円
※当日チケットは500円UP
※学生は当日、証明できるものを提示

会場:IKSALON表現者工房(大阪環状線「寺田町」駅 徒歩10分)

チケット予約はコチラ




sakaguchi1975 at 01:10|PermalinkComments(0)

2018年2月5日(月)14:00〜/18:45〜大阪現代舞台芸術協会プロデュース大阪シアターフェスティバル演劇EXPO2018参加作品「お父さんのバックドロップ」

大阪現代舞台芸術協会プロデュース 大阪シアターフェスティバル 演劇EXPO2018
― まちと出会う 物語と出会う まちが劇場になる ―
大阪にはたくさんの面白い演劇作品が上演されています。
でも劇場に行かないと演劇になかなか出会えません。
演劇EXPO2018は、劇場だけではなく、居酒屋やギャラリーなどで演劇に出会えるフェスティバルです。
フ ェスティバルのテーマは、「まち×恋×物語」。
DIVEがオススメする素敵な劇作家・演出家・俳優たちが様々な作品を上演します。
ぜひこの機会に大阪でたくさんの演劇に出会ってみてください。
▼リーディング(朗読)企画
大阪市内の居酒屋やアートスペースなどで、リーディング企画を毎日行います。
「恋」をテーマに、ピックアップした文学作品などの物語を俳優たちがリーディング。
会場によっては、ご飯を食べながら、お酒を飲みながらも!文学作品をどうぞ音でお楽しみください。
※上演時間は30分~45分程度を予定

・中島らも「お父さんのバックドロップ」 

出演:坂口修一  

演出:岩崎正裕(劇団太陽族)

日程:2018年2月5日(月)14:00/18:45
※受付・開場は開演時間の20分前

料金:14:00の回は観劇料無料/18:45の回は投げ銭制
※どちらの回も完全予約制 
※予約開始は2017年12月30日10時より

会場:関西・大阪21世紀協会 会議室 http://www.osaka21.or.jp
大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル29階
公益財団法人 関西・大阪21世紀協会
・京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約5分 
・JR環状線 福島駅より 徒歩約12分
・阪神本線 福島駅より 徒歩約9分 
・地下鉄四つ橋線 肥後橋駅より 徒歩約10分
・JR東西線 新福島駅より 徒歩約9分 
・地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅より 徒歩約16分

予約・お問合わせ・主催:
NPO法人大阪現代舞台芸術協会(DIVE)
MAIL=diveosaka@gmail.com
TEL=090-9696-4946(前田) 
※10:00~19:00
ウェブサイト:http://www.ocpa-dive.com/
Twitter:dive_osaka
※演劇EXPO2018の期間中(2月5日~18日)、ウイングフィールドや居酒屋、アートスペースなどで、演劇作品の上演やリーディング企画を毎日行っています。
ぜひこの機会に、大阪の演劇に出会っていただけたら幸いです。
詳しくはDIVEのウェブサイトなどをご覧ください。


sakaguchi1975 at 01:09|PermalinkComments(0)

2018年2月9日(金)〜3月4日(日)手塚治虫生誕90周年記念「MANGA Performance W3」

手塚治虫 生誕90周年記念

MANGA Performance W3


原作:手塚治虫 漫画 W3(ワンダースリー) 

構成・演出:ウォーリー木下

  W3_2月公演リーフレット_fix-01
W3_2月公演リーフレット_fix-02

STORY
196X年・・・あいかわらず世界のどこかで水爆実験が続けられ、戦争の絶えない地球。その悪評は宇宙の果ての星々にまで届いていた。銀河系の優れた生物の集まり「銀河連盟」によって、"地球人がよい人間かどうか"を調査するよう命令された、銀河パトロール第4分隊所属の3人組「W3」。動物に姿を変えて地球に潜り込んだ彼らだったが、とある漫画家の男・真一のアパートメントで冷徹なA国のスパイと遭遇!期せずして人類の存亡を揺るがす大事件に巻き込まれることになる。どうやら真一の描く漫画には、地球の争いごとに関わる重大な秘密があるようだ。
その後も、スパイとの激しい攻防の中で幾度となく危険にさらされる真一とW3。しかし、ピンチのたびに彼らに救いの手を差し伸べる心優しい人間が現れる。野蛮だと思い込んでいた地球人に助けられ、次第に理解を示し始めるW3。
果たして、真一の漫画に隠された秘密は解けるのか?そして調査の末、W3が地球人に下す決断とは…?
キャスト:

西島数博

フィリップ・エマール

川原一馬

椎原夕加里

石井咲

藍実成

坂口修一

梅澤裕介 

松本ユキ子

関口満紀枝

伊藤壮太郎

鈴木秀城

坂口涼太郎

廣瀬水美

手代木花野


日時:2018年2月9日(金)~3月4日(日)

上演時間75分予定


2月

9日(金) 19:00

10日(土) 11:00 14:00 17:00

11日(日) 11:00 14:0017:00
12日(月・祝) 11:0014:0017:00

13日(火)休演日

14日(水) 14:00 19:00

15日(木) 14:00 19:00

16日(金) 15:00 20:00

17日(土) 11:00 14:0017:00

18日(日) 11:00 14:0017:00

19日(月) 休演日

20日(火) 14:00 19:00

21日(水) 14:00 19:00

22日(木) 14:00 19:00

23日(金) 15:00 20:00

24日(土) 11:0014:00 17:00

25日(日) 11:0014:00 17:00

26日(月) 休演日

27日(火) 14:00 19:00

28日(水) 14:00 19:00


3月

1日(木) 14:00 19:00

2日(金) 15:00 20:00

3日(土) 11:00 14:00 17:00

4日(日) 11:00 14:00


※本公演は、出演キャストが公演回によって異なります。各回それぞれ5名が出演いたします。

坂口出演公演は青色で表記してあります。


会場:DDD青山クロスシアター

≫ 会場HPはコチラ

東京都渋谷区渋谷1-3-3

ヒューリック青山第2ビル B1F


チケット料金:

全席指定 6,500円(税込)

小学生以下 1,500円(税込)


チケットお取り扱い:

■キョードー東京

WEB: お申し込みはコチラ  

TEL:0570-550-799  

■チケットぴあ

WEB: お申し込みはコチラ

TEL:0570-02-9999(Pコード:483-537)

■ローソンチケット

WEB: お申し込みはコチラ 

TEL:0570-084-003(Lコード:36773)

■イープラス

WEB: お申し込みはコチラ 


公演のお問い合わせ:

CATチケットBOX 03-5485-5999

(平日10:00~18:00)


主催:

MANGA Performance W3 実行委員会

・ニッポン放送

・読売広告社

・シーエイティプロデュース

・手塚プロダクション

・キューブ

・キョードー東京

・フラックス

後援:フジテレビジョン

機材協力:エプソン販売




sakaguchi1975 at 01:08|PermalinkComments(0)

2018年3月7日(水)~3月18日(日)タテヨコ企画第34回公演「あるサラリーマンの死」@東京

タテヨコ企画第34回公演
IKSALON表現者工房協力公演 
「あるサラリーマンの死」
作・演出: 横田修
いつから考えていたのか、その消え方を。
働いて、働いて、夢の中でも働いて。
すべての仕事を終えた男は「これで済んだ」と無愛想に笑う。
誰に向けたものなのか。
その笑顔の向かう先を、私達は誰も知らない。
279,「あるサラリーマンの死」
279,「あるサラリーマンの死」ウラ
ものがたり
舞台は東京。仕事に生きた男が死ぬ。その直前の二日間の物語。
定職にも就かず、ろくに帰省もしない息子。実家に寄生する妹。奔放な生活を送る母。振り返った時、家族の為に働き続けた男が理想とする家族は居なかった。存分に働いた男は、仕事を終えるとまるで自殺をするように消えていく。男の一生とはなんだったのか。家族とは何なのか。
アーサー・ミラーの「セールスマンの死」をモチーフに、団塊の世代の男の生き様を、夫の目線と妻の目線、そして子供達の目線を交えながら描く。
タテヨコ企画がお送りする「あるサラリーマンの死」は、現代の家族の肖像である。
キャスト:青木シシャモ 市橋朝子 加藤和彦 舘智子 西山竜一 久行しのぶ(以上タテヨコ企画)
坂口修一 福永理未 藤谷みき 矢内文章(アトリエ・センターフォワード)

日程:2018年3月7日(水)~3月18日(日)  3月7日(水)19:30
8日(木)19:30
9日(金15:00/19:30
10日(土)15:00◎/19:00
11日(日)
15:0019:00
12日(月)19:30
13日(火)15:00☆/19:30
14日(水) 19:30
15日(木)15:00☆/19:30
16日(金)19:30
17日(土)
15:0019:00
18日(日)15:00
※受付開始・開場は開演の30分前
※◎=ママ・パパ観劇day(小さなお子様をお預かりいたします)
※☆=平日マチネ割引
3月7日(水)~12日(月) 前半割引期間

会場:ギャラリ・カタカタ(小田急「経堂」駅下車 北口より徒歩7分)
   (東京都世田谷区宮坂3-21-13) 

料金:前売/3,200円(日時指定・全席自由) 当日/3,500円  平日マチネ割引/3,000円
   前半割引/3,000円(3月7日(水)~12日(月)
   小・中・高校生1,500円  大学生・専門学生2,500円 シルバー割引(65歳以上)3,000円
*未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

□ママ・パパ観劇day
小さなお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。安心して観劇をお楽しみ下さい。
*定員になり次第締め切らせていただきますので、必ず事前にお問い合わせ下さい。
◆お申し込み イベント託児・マザーズ 0120-788-222 
       (お申込受付:月〜金曜 10:00~12:00 13:00~17:00
日時:3月10日(土)15時の回
料金:¥500(チケット料金別)


チケット取扱: タテヨコ企画
http://tateyoko.com/・http://keitai.tateyoko.com/
前売開始日: 2018年2月7日(水)
問合せ先: タテヨコ企画 
(03-5374-8170information@tateyoko.com )
スタッフ:舞台美術/濱崎賢二(青年団) 音響/中村光彩  
宣伝美術/水主川緑 チラシ写真/山田秀隆 舞台写真/神山靖弘
制作/古谷真弓 タテヨコ企画制作部 制作協力/IKSALON表現者工房  池田直隆 
製作/タテヨコ企画
The other members/大塚あかね 舘野完 ちゅうり 服部健太郎 向原徹 遊佐絵里 好宮温太郎

協力:株式会社アートエンターテイメント 
アトリエ・センターフォワード  サクリファイス  青年団  (株)ナノスクエア  

助成:平成29年度芸術文化振興基金助成事業



sakaguchi1975 at 01:07|PermalinkComments(0)

2018年3月24日(土)〜25日(日)タテヨコ企画第34回公演「あるサラリーマンの死」@大阪

タテヨコ企画第34回公演
IKSALON表現者工房協力公演 
「あるサラリーマンの死」
作・演出: 横田修
いつから考えていたのか、その消え方を。
働いて、働いて、夢の中でも働いて。
すべての仕事を終えた男は「これで済んだ」と無愛想に笑う。
誰に向けたものなのか。
その笑顔の向かう先を、私達は誰も知らない。
279,「あるサラリーマンの死」
279,「あるサラリーマンの死」ウラ
ものがたり
舞台は東京。仕事に生きた男が死ぬ。その直前の二日間の物語。
定職にも就かず、ろくに帰省もしない息子。実家に寄生する妹。奔放な生活を送る母。振り返った時、家族の為に働き続けた男が理想とする家族は居なかった。存分に働いた男は、仕事を終えるとまるで自殺をするように消えていく。男の一生とはなんだったのか。家族とは何なのか。
アーサー・ミラーの「セールスマンの死」をモチーフに、団塊の世代の男の生き様を、夫の目線と妻の目線、そして子供達の目線を交えながら描く。
タテヨコ企画がお送りする「あるサラリーマンの死」は、現代の家族の肖像である。
キャスト:青木シシャモ 市橋朝子 加藤和彦 舘智子 西山竜一 久行しのぶ(以上タテヨコ企画)
坂口修一 福永理未 藤谷みき 矢内文章(アトリエ・センターフォワード)


日程:2018年3月24日(土)〜25日(日)
3月24日(土)14:00/18:00
  25日(日)14:00
※受付開始・開場は開演の30分前

会場:IKSALON表現者工房
(大阪環状線「寺田町」北口から徒歩15分 三菱東京UFJ銀行を右手に見て直進。
生野本通アーケードを抜けソフトバンクの角を左へ徒歩3分。
大阪市生野区生野東2丁目1-27寺田町延三ビル) 

料金:前売/3,200円(日時指定・全席自由) 当日/3,500円
   小・中・高校生500円  大学生・専門学生2,000円 シルバー割引(65歳以上)3,000円
*未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

チケット取扱: タテヨコ企画
http://tateyoko.com/・http://keitai.tateyoko.com/
前売開始日: 2018年2月7日(水)
問合せ先: タテヨコ企画 
(03-5374-8170information@tateyoko.com )
スタッフ:舞台美術/濱崎賢二(青年団) 音響/中村光彩  照明/南浦光希  
宣伝美術/水主川緑 チラシ写真/山田秀隆 舞台写真/神山靖弘
制作/尾崎商店 若旦那家康  タテヨコ企画制作部 制作協力/IKSALON表現者工房  池田直隆 
製作/タテヨコ企画
The other members/大塚あかね 舘野完 ちゅうり 服部健太郎 向原徹 遊佐絵里 好宮温太郎

協力:株式会社アートエンターテイメント 
アトリエ・センターフォワード  サクリファイス  青年団  (株)ナノスクエア  

助成:平成29年度芸術文化振興基金助成事業



sakaguchi1975 at 01:06|PermalinkComments(0)