元騎手・坂井千明の乗り役流儀~騎手にしかわからないことが、ある。~

【中日新聞杯回顧】休ませて良化、調教の動きが競馬に直結したメートルダール

最後は、中日新聞杯だね。

このスローペース、逃げたロードヴァンドールが渋太く3着に粘る展開。後ろからジックリ行ったメートルダールが差し切ったのはちょっと驚いたな。抜け出して、突き放す時の脚も速かったしね。関屋記念で人気を裏切った時と調教の動きが変わっていたように、休ませて馬が良くなっていたんだろう。調教が実戦につながるタイプかもしれないから、次も追い切りの動きに注目したいところ。今回のように脚の伸ばし方が良ければ、競馬でもしっかり走ってくれるんじゃないかな。

ミッキーロケットは、トビが大きくて乗り役のゴーサインに瞬時に反応できない馬。それに右へモタれる癖があるだけに、コーナーで外へ張り気味になったぶんの2着だろう。おそらくこれは持って生まれた特徴みたいなもので、簡単に矯正できるものではないだろうから…。何かとうまく噛み合わないと勝ち切るまでは難しそう。これからも勝ち味の遅さは付いて回るかもしれないね。

ロードヴァンドールは、マイペースで逃げられたし、最後までバタッと止まったわけではない。この馬とすれば最高の競馬をして、力を出し切れたと思うよ。タメても切れる脚を使える馬ではないだろうから、今後も逃げてどこまで粘れるか…になるだろうね。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【カペラS回顧】外枠に恵まれて、展開も味方した2頭のワンツー

続いては、カペラSの回顧だよ。

ディオスコリダーは、まずはこの大外枠が良かったんだろう。スタートから芝を走る距離が長いぶん、加速がつきやすいからね。かといってスタートが決まったからといって、スピード任せに前へ行くわけでもない。揉まれない位置からマイペースで運んでいたように、津村が大外枠を生かしてうまく乗っていたと思うよ。揉まれる競馬になった場合の不安はある反面、今回のような競馬ができれば安定して駆けてくれるんじゃないかな。

スノードラゴンは、後ろからジックリ行き、あとは展開がハマるかどうかという、いつも通りの競馬。この馬も外枠から揉まれずスムーズに運べていたし、前が苦しくなる流れも味方した感じ。この馬向きの展開になって、現状の力は出し切れたんじゃないかな。年齢的にさすがに上積みはなさそうで、これ以上を期待するのは酷だろうなぁ。9歳馬でこれだけ走れれば上等でしょう。

ブルドッグボスは、馬群の中にいたぶん、肝心の勝負所で動くに動けなかったのが痛かった。外枠からスムーズに上がって行ったディオスコリダー、スノードラゴンと一緒に動けなかったでしょ? 後手に回りながらもよく追い込んで来たし、この3着は枠順の差、展開のアヤで、力負けではないだろう。

ブルミラコロは、全然いいところがなかったね。調教でトモが開くのはいつものことだし、体を使えていたあたり順調に来ているのかと思っていたんだけど…。これだけ走れないとなると、体調面が本当ではなかったとしか考えられないね。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【阪神JF回顧】我慢を覚えてきたラッキーライラック/大外枠に泣き、状態面も?だったロックディスタウン

それでは、先週の回顧を始めよう。まずは昨日のGI、阪神JFから。

ラッキーライラックは、テンにハミを噛むところはあったけど、(石橋)脩が慌てずうまくなだめてジッとできていたね。それが終いの伸びにつながったんだろう。前走にしても前に馬を置けなくても何とか折り合えていたように、我慢する競馬を馬も覚えてきた感じ。次はもっと折り合いが楽になるだろうから、距離が延びてもこなせるんじゃないかな。今のところ至って順調に来ているから、あとは成長が止まることなく着実に力を付けていってほしいね。

リリーノーブルは、抜け出すタイミングは早かったけど、かといって悠長に構えていたら周りから押し込められるリスクも出てくる。勝ちに行く競馬をしただけに仕方がないし、今回は相手の瞬発力が上だったと諦めるしかないだろうね。キャリアの浅い2歳馬だけに、これから良くなる余地はいくらでもある。成長次第では逆転できるかもしれないから、そう悲観することはないだろう。

マウレアは、道中で馬群の中にいたぶん、そして最後の直線でもラッキーライラック、リリーノーブルに先に行かれたのが痛かったね。なかなか乗り手の思うように運べないのが競馬。相手もいることだから、こればかりは仕方がないだろう。馬群がバラけてからはしっかり脚を使っていたんだから、この馬も悲観することはないと思うけどな。

トーセンブレスは、位置取りが後ろ過ぎた。最近はスローペースの競馬ばかりで、馬に負担を掛けたくない2歳戦はなおのこと。このレースも流れが落ち着いてヨーイドンの瞬発力勝負になっただけに、あれだけ後ろから行ったらさすがにキツいよ。位置を取りに行って折り合いを欠いた前走を踏まえてのことだろうけど…。こういった競馬を続けていくのなら、展開の助けがないと厳しいんじゃないかな。

ロックディスタウンは、好位を取るために大外枠から脚を使ってしまったし、急かせたぶんだけムキになったのも痛かった。前に壁を作れず、さすがのルメールでもなだめるのに苦労していたからなぁ。それに最終追い切りでモタついていたあたり、状態面が本当ではなかったのかも。1週前追いでビッシリ追われたのなら、もっと楽に動けていいはずだから。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード