元騎手・坂井千明の乗り役流儀~騎手にしかわからないことが、ある。~

馬を信じてジッと我慢した池添の好騎乗

続いて、オークスの振り返りだね。

先行集団が2000mくらいのペースで引っ張ったから、中団よりちょっと後ろにいたシンハライトとチェッキーノがちょうどいい位置だったね。そういう意味でシンハライトはスタートで少し後手を踏んでしまったのが却って良かったと思う。池添としては恐らくもう少し前で競馬をさせたかったはずだし、ここまでペースが速くなるとも思っていなかっただろうけど、それでも馬を信じてジッと我慢した。言ってみれば“怪我の功名”かな。直線で追い出してから少しモタついたうえに、デンコウアンジュを弾いてしまったとはいえ、あれで外を回していたらスムーズな競馬をしていたチェッキーノに負けていたはず。一か八かでそのまま馬群に突っ込んだのが勝負の分かれ目だったんじゃないかな。追い出してからかなりモタモタしていたけど、坂を上がってエンジンが掛かってからの伸びはさすが。初めての長距離輸送で、しかも直線で狭い所に入っても全く怯まないんだから芯が強い馬だよ。桜花賞の時のように直線で早めに抜け出すとフワッとしてしまうから、今回のように前の馬を追い掛けてゴール寸前で抜け出すくらいがちょうどいい。制裁を食らってしまったとはいえ、池添は本当にうまく乗ったと思うよ。

直線の出来事については、デンコウアンジュとは脚色が違っていたし、パトロールビデオを見てもそれほどひどい斜行だとは思わない。トップスピードに乗っている最後の直線で、川田が“あれ以上(シンハライトに)来られたらおっかない”と思ってああいう抑え方になったからこそ、池添が制裁を食らう羽目になったんだろう。そもそも、騎乗停止期間も来週の2日間だけ。要はそこまで悪質な斜行じゃなかった…っていうことなんでしょう。

チェッキーノも勝った馬と同じような位置でジッと我慢。道中もちゃんと折り合いが付いたし、直線で追われてからもしっかり反応していた。恐らく戸崎も「勝った」と思ったかもしれないけど…。勝った馬とは勝負所のコース取りの差だろう。戸崎は安全策で外を回したのに対して、シンハライトの池添は一か八かでそのまま馬群に突っ込んでいったからね。戸崎の乗り方は、言ってみれば“まともな競馬をした”ことになるんだけど、結果的にはまとも過ぎたというか、素直に乗り過ぎた気がしないでもない。スムーズに立ち回れた反面、どうしても距離ロスが生じてしまうからね。まぁ、でもこればっかりは仕方がないだろう。背中や首差しなんかはすごくいいのに、トモがまだ緩い。成長途上の段階でもこれだけ走るんだから、やっぱり走る馬だよ。秋に期待したいね。

ビッシュは中団あたりでスムーズな競馬ができていたし、直線でも一旦は先頭。デムーロは完璧に乗ったと思う。それで負けたんだから、上位の2頭が強かったっていうこと。それでも勝ちに行っての結果なんだし、全く悲観することはないと思うよ。キャリア4戦目でこれだけの競馬ができるんだから大したもの。今後に期待だね。

ジェラシーは最後方から終いだけの競馬。直線はそれなりに伸びてはいたけど、前に届くほどの勢いはなかったね。現状ではGIのメンバーに入るとワンパンチ足りないんじゃないかな。

ペプチドサプルは中団あたりでジッと我慢。終いもこの馬なりに伸びてはいたけど…。距離も微妙に長かっただろうし、強行軍の疲れもあったのかもしれないね。

デンコウアンジュは、調教の動きからしていいとは思わなかった。これだけ硬い走りをする馬だし、本質的に2400mは長いんだろう。5着の馬とほとんど差がなかったから、スムーズなら掲示板くらいはあったかもしれないけど…。いずれにしても、直線の不利が致命的だとは思わないね。

エンジェルフェイスは気分良く行き過ぎた感じ。2400mをこのペースで前に行ったらさすがに苦しくなるし、この馬も距離が長いのかもしれないね。

アットザシーサイドは、中団のインコースで(福永)祐一がうまく我慢させていたんだけどね。普通なら弾けていいはずなのに、逆に止まったんだからこの馬も距離が長かったっていうこと。

ロッテンマイヤーは、もう少し走ると思ったんだけど…。このペースを先行したらさすがに苦しいし、距離も長いね。
▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

アスカノロマンは“強い”のひと言

先週の振り返り。まずは平安Sからだね。

アスカノロマンはスタートを決めて、ショウナンアポロンが行かないからそのまま行かせた…っていう感じだったけど、誰も競り掛けてこなかったぶん、道中もマイペースの逃げが打てたからね。展開的に恵まれたのは確か。それでも4コーナーの手応えは1頭だけ違っていたし、直線で後続をグングン突き放したんだから、“強い”のひと言だよ。調教でもトモの入りがすごく良くなっていて、今は本当に体調がいいんだろう。今の状態を維持できれば、GIでも勝負になると思う。もっとも、絶好調を維持するのってすごく難しいことなんだけどね…。

クリノスターオーは番手で勝ち馬を見ながらスムーズに運んでいたんだけど、肝心の勝負所でスッと離されてしまったし、直線で追い出してからも以前の迫力がないんだよなぁ。トボけるところがあるから、他の馬に並ばれたらそれなりに粘ってはいたとはいえ、いい頃の走りではなかった。今の感じだと重賞で勝ち負けするのは正直厳しいと思う。小回りだと余計にモタつくだろうから、交流重賞でもキツイんじゃないかな。

クリソライトは前の2頭を見ながらスムーズに運べていたんだけど、直線で追ってからが案外だったね。中央だとどうしても決め手勝負になってしまうし、時計も速くなるから、やっぱり地方の馬場向きなんじゃないかな。

サンマルデュークは追い切り診断でも触れたように、馬がいい方に変わっていた。終いはいい脚で伸びてきたんだけど、いかんせんテンに置かれ過ぎ。気性的なもので、前半は嫌々走っているんだろうなぁ。それで、直線に向いてようやくハミを取る…っていう感じ。もう少し楽な感じで付いて行ければ違うと思うんだけどなぁ…。もっと前向きさが欲しいね。現状だと展開の助けがないと勝ち負けまでは厳しいよ。

アムールブリエは中団からの競馬だったけど、直線はそのまま流れ込んだだけ。攻め馬の動きがイマイチで体調面に問題があったんだろうし、牝馬限定の交流重賞で走っていたから、中央のバリバリのオープン馬相手だと力差があるのかな。

ロワジャルダンは調教の動きからしてイマイチ。体調面の問題としか考えられないね。4コーナーまで好位の内々でジッとしていたのに、最後は止まってしまったから…。気性的に難しいところがある馬だから、こういうポカもあるんだろうけど、いずれにしても一度立て直した方がいいんじゃないかな。

ドコフクカゼもいいところがなかったなぁ。スタートで後手を踏んで位置取りが悪くなったにしても、直線で全く脚を使っていないからね。東京を使った後の中1週で、目に見えない疲れがあったんだろう。
▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

チェッキーノは距離が延びても大丈夫

それでは皆さんお待ちかね、明日のオークス出走馬の追い切り診断を始めるよ。

アウェイクは、先週に比べると力強さは出たけど、前駆で搔き込むような走りで素軽さという点ではイマイチなんだよね。切れ味勝負になったら分が悪いんじゃないかな。

アットザシーサイドは、力強さという点ではイマイチだけど、相変わらず体を使って気分良さそうに走っていたね。全体的には悪くない動きだったから、あとは距離をこなせるかどうかだけだと思うよ。

アドマイヤリードは、相変わらず頭は高いけど、追っての反応、伸び共に良かったよ。ただ、道中でムキになっていたから、距離延長は歓迎のクチではないだろうね。

ウインファビラスは、相変わらず頭の高い走りで、力強さという点でもイマイチ。血統的に距離は合いそうな気はするけど、調教の動きを見た感じだと長いかもしれないなぁ。

エンジェルフェイスは、体を使えていたし、最後までしっかり走っていた。力強さもあったから、この中間も順調に来ているんじゃないかな。道中でハミにモタれるようなところがあっただけに、競馬でもいかに気分良く走らせるかがカギになりそうだね。

ゲッカコウは、力強さという点でイマイチ。気分良さそうに走っていた以外は、特に目立つところが見当たらないんだよね…。

ジェラシーは、頭は高いけど、体を使って力強い走りができていたね。体調は良さそうだし、順調に来ているんじゃないかな。

シンハライトは、素晴らしいと思えるほどの動きではなかったんだけど、1頭になって気を抜くようなところもなく、最後までしっかり走っていたよ。これで馬体が成長してくれば、もっと良くなるだろうね。

ダイワドレッサーは力強さ、首の使い方がイマイチ。まぁ、体は使えていたから、この馬なりに順調に来ているんじゃないかな。

ダンツペンダントは、追われると頭が上がって、前駆だけで走っている感じ。気難しそうな馬だね。

チェッキーノは、体を使って気分良そうに走れていたよ。前回(フローラS1着)よりもいい動きをしていたほどで、体調はすごく良さそうだね。あとは距離をこなせるかどうかだけでしょう。前に馬を置いても変に燃えるところはなかったから、僕は大丈夫だと思うけどな。

デンコウアンジュは、体は使えていたんだけど、全体的に伸びのないフットワーク。前回(桜花賞10着)も硬い走りをしていたからなぁ。いい方に変わってこないね。

ビッシュは、体を使って気分良さそうに走っていたね。この馬なりに順調に来ているんじゃないかな。

フロムマイハートは、全体的に硬い走りで物足りない動きだった。調教の動きを見た感じだと、距離が延びたらキツいと思うけどな。

フロンテアクイーンは、頭が高いなりに体を使えて走れていたね。この馬なりに順調に来ていると思うよ。

ペプチドサプルは、体は使えていたんだけど、それ以外に目立つところが見当たらないんだよね。最後まで馬なりのままで無理をしていなかったから、疲れはとかはなさそうだけど…。

レッドアヴァンセは、体は使えていたんだけど、力強さという点ではイマイチ。前回(桜花賞7着)のように硬くなるところはなかったとはいえ、あの時と違って今回は最後まで馬なりだったから…。ちょっと物足りない動きだったよ。

ロッテンマイヤーは、体は使えていたんだけど、ムキになってハミをくわえ込んでいたのは気になるね。二千でも勝っているとはいえ、さらに距離が延びたらどうだろうなぁ。

動きは良くても距離面で心配な馬もいたりで、ちょっと難しいところだね。総合的に見て減点材料が少ないのはシンハライト、チェッキーノだね。あとはジェラシー、エンジェルフェイス。距離は微妙でも動きが良かったのはアットザシーサイド、アドマイヤリード、ロッテンマイヤー。7頭を挙げておこう。


▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード