元騎手・坂井千明の乗り役流儀~騎手にしかわからないことが、ある。~

ルメール騎手の手腕が光ったイスラボニータ、安田記念へ課題の残るエアスピネル【マイラーズC回顧】

最後は京都メインのマイラーズCだね。

イスラボニータは、ルメールの手腕が光ったね。大外発走だったけど馬群の切れ目から上手いこと最内に潜り込んで、最後までロスなく立ち回った。開幕週でラチ沿いが良かったし、彼も最初から「隙きあらばインに」という意識で乗っていたはずだよ。直線では少し進路が狭くなったけど、それでも前が空いてからグンと伸びて抜けきった。久々の勝利だったぶん、陣営の喜びもひとしおだろう。

皐月賞以来ワンパンチ足りない競馬が続いていたけど、前走で1400mを使ったことが何よりよかったんだと思う。4歳以降は追ってからモタモタする事が多くて、最近も差し届かずの惜敗ばかり。そこで「馬を怒らせる」ために短距離戦を使ったんだね。今回は行きっぷりも上々だったし、道中馬群の中でかかるような面も見られた。あれは短距離戦のペースを経験して馬がピリッとしたから。馬をその気にさせるために距離短縮するってことは少なくないんだけど、これだけ上手くハマると見ているだけで気持ちがいいね。馬体もここに来て一層充実しているし、安田記念でどんなレースをするか今から楽しみだよ。トビが大きいから東京替わりも問題ないだろうしね。

エアスピネルは、前回付けていたメンコを外したせいか序盤はちょっとかかり気味。とはいえ(武)豊がなだめて折り合いはすぐ付いたし、レースの流れには乗れていたと思う。直線でも彼がうまいこと内を締めにかかって、その作戦は成功したように見えたんだけど、馬自身の脚が続かないのではどうしようもない。あの態勢から伸び負けたのであれば、これはもう力負けという感じだろう。まあ、追い切りがいつもよりよくなかったから、そこが改善すれば上昇の余地はあるかもしれないけどね。

この馬もおそらく次は安田記念だろう。個人的に左回りでも問題ない馬だと思っているんだけど、なにぶん使える脚が短いのはネック。豊がそうとう上手く乗らないと勝ち切るまでは厳しいというのが今のところの見解だね。

ヤングマンパワーは、もう前々で気分よく運んだことが一番の好走要因でしょう。それほどキレるタイプじゃないから松岡も積極的にポジションを取っていったし、直線を向いた時の感じも文句なし。最後伸び負けたのはやっぱり力負けだろうな。まあ、負けはしたものの力は出し切ったというところじゃないかな。

ブラックスピネルは、ちょっとポジションが後ろ過ぎたね。ヤングマンパワーと同じでキレ味では上位陣に劣るから、東京新聞杯みたいに前で粘りを生かす競馬のほうが向いている。今回は試走的な意味合いもあったんだろう。末脚比べでは敵わないことがわかったから、安田記念では十中八九ポジションを取りに行くだろうな。

プロディガルサンは、これもポジションが後ろ過ぎ。その割に道中もハミを噛んでいて、ちょっと競馬になっていないな。馬自体はすごく良くなっていたから、この敗戦をあまり気にする必要はない。流れに乗ればすぐにでも挽回できる器だと思うよ。

フィエロは、これもまともな競馬じゃなかったね。前走で高松宮記念を使ったせいか終始かかりっぱなしで、ユーイチ(福永祐一騎手)が手綱を引っ張っていた。それもただまっすぐ引っ張ってるわけじゃなくて、ずーっと内に矯正しながらなんだよね。おそらく馬が外に行きたがったんだろう。あれだけ抑えれば最後に脚がなくなっても仕方がない。8歳ながら衰えている感じはないから、まだまだ活躍してくれるはず。ただ気性面の問題が全面に出るようになってきたのがね。馬具を替えたりして工夫しないとどうしようもないかもしれないな。
▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

モズカッチャンは2000mをほぼピッタリ回った和田騎手の好騎乗【フローラS回顧】

続いてオークストライアルのフローラSを見ていこう。

モズカッチャンは、和田が本当に上手く乗ったね。最初のコーナーのところで少し窮屈になったけど、上手くなだめて折り合いは文句なし。終始いいリズムで運べていたし、直線では楽に進路も取れてあとは追い出すだけ。2000mピッタリ回ってきたという感じで、やれと言われてもなかなかこういう乗り方はできるもんじゃない。ただ、着差を見ればわかるように、圧倒的な力量や奥の深さは感じなかった。折り合いという点に関しては距離延長も問題ないだろうけど、今年のオークスで好走するほどの器ではないかもしれないな。

ヤマカツグレースは、これも(横山)典の好騎乗だね。ハナに行ってもいいくらいの勢いでダッシュよく飛び出したものの、内の馬に前を譲って番手をキープ。この馬があのペースでバッチリ折り合ったもんだから、後ろの馬はみんな手綱を抑えて苦しくなってしまった。もちろん、そこまで考えて彼は乗っているわけだね。いい手応えで直線を迎えて、「楽勝かな」と思ったんだけど、最後は意外と伸び切れなくてモズの決め手に屈してしまった。まあ、正直なところそこまで力のある馬じゃないからなあ。今回も展開が最高に向いての好走だし、GIでどうこうという感じはしないね。

フローレスマジックは、マイルばかり使っていたぶん行き脚はついたし、好位の外めにスッと取り付く立ち回り。直線まで悪くない手応えで来ていたんだけど、その割にあまりいい脚を使えなかった。前走以前は強い相手とも互角にやれていただけに、ここで勝ち切れなかったのは正直不満かな。オークスでは距離も伸びて相手も強くなるから、今回以上にキツい競馬になることは目に見えている。もっと成長してくれないと厳しいだろうね。

ホウオウパフュームは、このスローペースであれだけ後ろからだとちょっと届かないよな。他馬が徐々に仕掛けていった3コーナーでも全然動かなくて、そのまま狭いところから出られなくて万事休す。前が空いたころにはすでに大勢は決していたから、田辺も最後は無理させなかったんだろう。何年も競馬をやっていれば、こんな風に馬の力を発揮できないことはいくらでもある。むしろ「会心の騎乗ができた」と思えるのは何10回に1回くらいのもの。競走馬ってのは毎日のコンディションによっても乗り方をガラッと替えなきゃいけないこともあるくらいで、いつでも100%の力を出し切れるってことはないんだな。不完全燃焼だったことを考えればこの着順を鵜呑みにする必要はないし、条件が揃えばまた巻き返すはずだよ。

思い出話になってしまうけど、僕が現役だった頃の話をちょっとだけさせてもらうね。僕が乗って重賞を3勝したマイヨジョンヌっていう馬がいたんだ。そいつはもともとガンガン前に行く気の勝ったタイプだったけど、そのままじゃ勝てないと思って、僕が差し・追込みの競馬を教えこんで脚質を転換させた。もちろん、馬に競馬を教えるってのはそんなに簡単なことじゃない。気分よく走らせるのと、ただ馬の気に任せて走らせるのは違うからね。結果的に彼は終いを生かす競馬を覚えてくれたけど、最初の2~3戦は馬に競馬を教えるつもりで乗っていたんだ。今は乗り替わりが頻繁になっちゃったから、なかなかそういう機会はないんだけどね。要するに、会心の騎乗をするっていうのは本当に難しいものなんだよ。

ちなみにあの馬とのベストレースは、降着で4着に負けた函館記念。あれは本当にスムーズに運べたんだけどなあ。ちょっといざこざがあって降着になってしまった。今となっては笑い話だけど、あの時は裁決委員と大喧嘩をしたんだ(笑)。今思い出しても本当にもったいないことをしたね。他にも色々裏話があるんだけど、それは機会があればおいおい話していこう。


▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

末脚の生きる展開が向いたウキヨノカゼ【福島牝馬S回顧】

今日も重賞の回顧をしていくよ。まずは土曜の福島牝馬Sから。

ウキヨノカゼは、ここ2走は前有利のレースが続いて力を出しきれなかったけど、久々に決め手の生きる展開になったのがよかった。ペースは平均くらいでも、道中で動きが入って全体が前へ前へという意識になったからね。勝負どころで少しスムーズじゃない場面もあったものの、最後は外めに持ち出して気持ちよく突き抜けた。成績通り抜けて強い馬じゃないから、今回のような直線だけ脚を使う競馬が合っていたということだろう。7歳でこれだけ走れるのは立派なもの。ただ正直メンバーに恵まれたところはあるし、GIでどうこうという感じはしないかな。

フロンテアクイーンは、中団馬群の中でリズムに乗れていたし、勝負どころでも(北村)宏司がいい感じでエンジンを掛けて直線に持っていった。最後も一旦は抜け出したんだけど、ウキヨの決め手には敵わなかったね。福島での立ち回りとすればほぼパーフェクトだったし、仕掛けのタイミングも問題ない。彼の乗り方にケチはつかないよ。ただこの馬自身ワンパンチ足りないところがあるから、終いが甘くなったのもしょうがない面はあるかな。

クインズミラーグロは、ゲートで多少後手を踏んだけど、(武)豊がうまく流れに乗せて落ち着いたレース運びができた。あまり見栄えのしない走り方をするタイプながら、重賞3戦連続3着は力の証。どんな展開やコースでもしっかり脚を使ってくれるのは長所だね。ただ、フロンテアと同じくこの馬も決め手に欠けるのが難点。キレ味よりはパワーのある走りをするから、他の馬が苦労するような道悪のほうが相対的に力を出せるタイプかもしれないな。

クロコスミアは、正直なところちょっと人気し過ぎだろう。中盤までは先団外めでうまく立ち回っていたんだけど、早めにデンコウアンジュに来られてキツくなってしまったね。あの展開で馬券圏内に残れるようなら相当強いよ。展開が向かなかったことを考えれば着順をそこまで気にする必要はないし、マイペースに持ち込めれば挽回は可能だと思うな。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード