元騎手・坂井千明の乗り役流儀~騎手にしかわからないことが、ある。~

上位2頭を除くと物足りない馬ばかり

次は、オールカマー。

アクションスターは、頭の高い走りで何ひとついいところが見当たらない。バランス自体も悪かったからなぁ。この走りだとさすがにキツいと思うよ。

エーシンマックスは、トモが開き気味だし、追っての反応、伸びもイマイチ。

カレンミロティックは、体の使いはマズマズだったし、前回(宝塚記念11着)より力強さは出てきたけど、追っての反応はイマイチだね。

クリールカイザーは、前回(七夕賞5着)より力強さは出てきたけど、トモは相変わらずトモが開き気味。本当に良かった頃の状態にはなさそうだね。

ゴールドアクターは、体を使って気分良さそうに走れていたけど、ゴール板を過ぎてからも流していたように、いくらか重目が残っているのかもしれない。このひと追いでどこまで絞れるか。いずれにしても、当日の馬体重に注意した方がいいと思うよ。

サトノノブレスは、体の使いがイマイチ。前回(宝塚記念8着)は追っての反応が良かったのに、頭が上がり気味で、高脚を使うような走りもしていたから…。いずれにしても、物足りない動きだったな。

サムソンズプライドは、硬い走りだし、追っての伸びもイマイチ。

ショウナンバッハは、体の使いが良かったし、追っての反応もマズマズ。でも、そこからの伸びはイマイチだね。

ツクバアズマオーは、道中は硬い走りをしていたんだけど、追ってからの体の使いは良かったよ。

マイネルメダリストは、追っての伸びがサッパリで、馬に走る気持ちがないような走りだったね。

マリアライトは、体を使って気分良さそうに走れている。この中間も順調そのものといったところだろう。

ワンアンドオンリーは、前回に比べると体の使い、追っての反応、伸びも物足りない。小牧(調教に騎乗。レースでは内田博)とは手が合いそうタイプだから、もっと動くかと思って見ていたんだけど…。ダービーを勝ってからがイマイチの成績で、早熟型だったのかも。走ること自体が嫌になっているのかもしれないね。

一番良く見えたのはマリアライトで、いくから重そうな点を除けばゴールドアクターも良かったよ。他は物足りない馬ばかりだったからなぁ。強いて挙げれば、ツクバアズマオー。力上位のマリアライトとゴールドアクターの2頭で堅く収まったとしても、3着馬を探すのはちょっと難しそうなレースだね。


▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

気分良く走れれば一発ありそうなマイネルラフレシア

それでは早速、明日の神戸新聞はい出走馬の追い切り診断を始めるよ。

アグネスフォルテは、体は使えているんだけど、追われてからの首の使いはイマイチ。

イモータルは、体を使えているし、前回(ダービー15着)に比べると力強さも出てきている。ひと夏越して良くなっている感じだね。掛かり気味なのは相変わらずだから、あとはこの距離をこなせるかどうかでしょう。

エアスピネルは、追ってモタつくところはあったけど、それは調教助手が乗っていたから。(武)豊が乗っていればそんなことはないはずで、おそらく乗り手の技術的な問題もあるだろうから、あまり気にしなくてもいいんじゃないかな。相変わらず体を使えているし、伸び出してからの動きも良かったからね。休み明けでも順調に来ていると思うよ。

カフジプリンスは、体は使えているんだけど、頭が高いあたりは物足りない。一長一短といった感じで、強調できるほどの動きではなかったね。

サトノダイヤモンドは、トビの大きな走りではあるけど、最後までしっかり走れている。休み明けになるけど、順調に来ているんじゃないかな。

ジョルジュサンクは、体を使えているし、力強さもあるんだけど、追われてからは相変わらずモタつき気味。競馬でもワンペースで切れ味に乏しいところがあるから、調教でもそういう動きになっちゃうのかな…。まぁ、この馬なりに順調に来ていると思うよ。

トゥルーハートは、体は使えているんだけど、頭が高くて力強さという点ではイマイチだね。

ナムラシングンは、全体的に開き気味でバランスの悪い走りをしていたけど、皐月賞(7着)の時も同じような感じだったからね。追われてからの動きは良かったから、この馬なりに順調に来ているんじゃないかな。

ヒルノマゼランは、体は使えているんだけど、追われると頭が上がって、トモの蹴っぱりもイマイチになっちゃうね。

マイネルラフレシアは、頭が高くてトビも大きな走りをするけど、すごく気分良さそうに走れている。競馬でも気分良く走れれば一発ありそうな気がするよ。自分の競馬に持ち込む意味でも長めの距離も合いそうな気がするし、どんな走りをしてくれるかちょっと楽しみだね。

ミッキーロケットは、体を使って気分良さそうに走れているから、この中間も順調に来ていると思うよ。

レッドエルディストは、体を使えているし、力強さもあるんだけど、手先が前に出ていかない感じ。トモの緩い馬だから坂路で動かないのは仕方ないとして、本当に良くなるのはまだ先になるんじゃないかな。

ロードヴァンドールは、道中は体を使えていたんだけど、追われてからがモタつき気味。

ロードランウェイは、体は使えているんだけど、それ以外にこれといって強調できるところが見当たらない。500万も勝ち切れない馬だから、ここに入ったらさすがにキツいんじゃないかな。

ワンスインアライフも、体を使えていること以外に、強調できるところが見当たらない。この馬なりに順調に来ていそうだけど…。

一番良く見えたのは、サトノダイヤモンドだね。エアスピネルは今週のひと追い、競馬で豊が乗ってどこまで変わってくるかというところ。他で良く見えたクチは、ナムラシングン、マイネルラフレシア、ミッキーロケット、イモータル。6頭を挙げておこう。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

自信を持って本番に臨めるディーマジェスティ

次は、セントライト記念。

ディーマジェスティは、折り合い面、仕掛けのタイミングを含めて、(蛯名)正義は次を見据えて試しながら乗っている感じ。ペースが落ち着いてもジッとできていたように、折り合い面の問題はクリアできたとはいえ、3コーナーあたりから一気に動いて押し切ったのには驚いたね。いくら楽な手応えで上がって行ったにせよ、あの早仕掛けで最後まで脚を伸ばすんだから大したものだよ。3000mの菊花賞であれだけ後ろから、今回のような早仕掛けの競馬をしたらさすがにキツいだろうけど、今回の競馬で使える脚の長さ、ベストの仕掛けのタイミングを把握できたはず。うまい競馬をしたとは思わない反面、次につながる競馬ができたという点では収穫があったし、改めて能力の高さを示してくれたんだから。正義は自信を持って本番に臨めるはずで、馬も期待に応えてくれるんじゃないかな。いずれにしても、菊花賞が楽しみになる競馬をしてくれたよ。

ゼーヴィントは、スタートも良かったし、好位でスムーズに流れに乗れている。これでもう少しジックリ行けていれば最高だったんだけど、3~4コーナーでディーマジェスティと一緒に動く羽目になったのは痛かった。直線でも早目早目にアクセルを踏み込む形になっちゃったからね。まぁ、調教ではトビが大きくてモタつき気味の走りをするのに、競馬に行けば意外と器用に動けている。勝負所で置かれることなく動けていたうえに、最後まで相手にしぶとく食い下がっていたんだから、そう悲観することはないんじゃないかな。かなりの早仕掛けで押し切ったディーマジェスティは相当強いけど、この馬にはある程度の位置から自分で競馬を作れる強みがある。菊花賞でもディーが後ろからの競馬をした場合、ゴチャついた所に入ってスムーズさを欠いたり、力を出し切れないケースも十分考えられる。展開面で紛れがあれば逆転の目はなくもないだろう。

プロディガルサンは、ディーマジェスティをマークして、3コーナーから後を追うようにロングスパート。ゴール前で甘くなったのはそのぶんもあるだろうけど、距離も微妙に長いんじゃないかな。抑えが利く程度で我慢できていたとはいえ、道中でムキになっていたからなぁ。春に比べればだいぶマシになっているとはいっても、もうちょっと落ち着きが欲しいのが正直なところだね。これ以上距離が延びたらキツそうで、菊花賞に向かったらそう甘くないと思うよ。

ネイチャーレットは、後ろでジックリ構えて直線勝負。内寄りにいたぶん、3コーナーから前が詰まってしまったけど、動くに動けなくなったのは却って良かったんじゃないかな。インに切り替える羽目になったのも、ロスを抑えられたという点では“結果オーライ”。ディーマジェスティとプロディガルサンと一緒に外から上がって行っていたら、さすがに最後は苦しくなっていただろうからね。まぁ、直線競馬がうまくいったにせよ、このメンバーに入ってこれだけやれれば十分でしょう。

ノーブルマーズは、中団から折り合い良く運べていたように、自分の競馬ができていたと思うよ。直線に向いてディーマジェスティに突き放されたとはいえ、3~4コーナーでは一緒に上がって行こうとしていたように、小細工なしで正攻法の競馬をしていたんだから。上位3頭には力の差を見せ付けられた感じだけど、少なくともネイチャーレットとコース取りが逆、この馬がインコースを通っていれば4着には上がれていただろうからね。目一杯の競馬をして、この馬なりに頑張っていたと思うけどな。

メートルダールは、中団のインでロスなく運べていた反面、3~4コーナーでゴチャついた所に入ったのは痛かったね。追って切れる脚を使える感じがないから、肝心の勝負所で後手に回るようだとさすがに厳しいよ。それに、道中のハミの取り方からすると、もう少し短い距離の方が競馬はしやすくなるんじゃないかな。

マウントロブソンは、4コーナーではアラアラの手応えになって、全然いいところがなかったなぁ。道中でムキになっていたあたり、もう少し短い距離の方が良さそうな気もするけど、今回は調教の動きも良く見えなかったからね。一頓挫あって順調さを欠いていたみたいだから、このひと叩きでどこまで良くなってくるか…じゃないかな。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード