元騎手・坂井千明の乗り役流儀~騎手にしかわからないことが、ある。~

【フローラS回顧】オークスへ向けて最高の試走ができたサトノワルキューレ

最後にフローラSをチェックするよ。

■サトノワルキューレ【オークスへ向けて最高の試走ができた】
ゲートの出が悪くて離れた最後方から。デムーロは出遅れたら無理には挽回しないというつもりだったのか、もしくはオークスを見越してあえてテンションを上げないように注意したのかもしれないけど、とにかく道中はゆったり構えて、3コーナー付近から徐々に始動。前残りの展開をものともせず大外から豪快に差し切ってしまった。開幕週で内優勢の馬場も考慮に入れると、この内容は相当強い。道中の運びから距離延長も問題ないし、オークスへ向けて最高の試走になったんじゃないかな。

■パイオニアバイオ【すべてがハマった上での激走】
五分のスタートからじわっと進出して好位の外めをキープ。レースの流れには問題なくのれているし、ゆったりしたペースもこの馬には良かったようだね。あの競馬なら勝ちきってほしいところだけど、まあ相手が悪かったかな。強い馬ならアッサリまであっただろうし、今回はすべてがハマった印象。さすがにオークスでどうこうという手応えはないね。

■ノームコア【イレこみながらの3着は立派】
外枠から積極的に番手に取り付いたものの、2000mの緩い流れで我慢が利かずイレ込んだのが痛かったね。それでも中盤以降は流れに乗れていたし、直線もしぶとく粘って馬券圏内を確保したんだから、内容としては悪くない。このメンバーの中ではデキも上位だったし、このくらい走れてもまったく不思議はないかな。

UMAJIN.net「競馬サロン~本物に触れ、本物を知る~」

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【マイラーズC回顧】サングレーザーはモーリス以来のマイル路線の新星か

続いて日曜のマイラーズCを見ていこうか。

■サングレーザー【モーリスの後を継ぐマイル路線の新星誕生か】
出たなりのまま後方寄りに構えて、道中の運びはほぼ問題なし。4コーナーで少し遅れたように見えたけど、直線で追い出すと1頭違う決め手を使ってアッサリ勝ち切った。追い切り診断でも話したようにトビが大きくて、もう少し距離は長くても良さそうな印象があるんだけど、それでもこの時計でこのメンバー相手に楽勝するんだから、相当な力があると認めざるをえない。休み明けという点を考えると、次はもっとパフォーマンスを上げてくるはずだし、安田記念はかなり期待大だね。

■モズアスコット【GIでも侮れない存在】
好スタートから前目のポジションをキープして、終始早め早めの競馬。あのハイペースでもきつそうな素振りは全然見せなかったから、おそらくこの馬としてはベストの流れだったんだろう。直線に入る時の手応えもバツグンで、「これは勝ったな」と一瞬思ったけど、残念ながら勝ち馬が一枚上手だったね。それでもマイルに対応できたのは収穫だし、ほとんど勝ちに等しい内容と言っていい。ゆうに重賞級の能力は証明済みで、GIの舞台でも侮れない存在だと思うな。

■エアスピネル【念願のGI制覇へ暗雲…】
追い切り診断で「まだ気持ち重いけど、レース当日にちょうど良くなりそう」と書いたんだけど、どうやらその重さを引きずったまま本番を迎えてしまったようだね。パドックも歩様に元気がなくて、いかにも本調子にない感じがした。もともとワンパンチ足りないところのある馬だし、勢いのある若い馬に全力で来られると、ちょっと厳しいものがある。今年こそGIを、と陣営は思っているだろうけど、現状を見ると苦しい戦いになることは避けられないね…。

UMAJIN.net「競馬サロン~本物に触れ、本物を知る~」

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【福島牝馬S回顧】キンショーユキヒメはすべてがハマった/負けて強しのカワキタエンカ

それでは先週の回顧を始めよう。まずは福島牝馬Sからだね。

■キンショーユキヒメ【展開やコースなど条件がハマっての初タイトル】
ゲートの出がひと息で中団後ろから。道中の運びはいたってスムーズだったし、前が飛ばしてくれたおかげてこの馬には有利な流れになった。もともとキレ味よりも上がりのかかるレースでこそというタイプだから、展開やコースなど様々な条件が良い方に向いたね。ここまでハマることはなかなかないし、勝ちっぷりもまあ平凡というところ。今後一気に飛躍とまではいかないかな。

■カワキタエンカ【負けて強しの内容だがヴィクトリアMは…】
レースを見た限り、勝ち馬より強い競馬だったと思うね。好スタートからいつものようにハナに立ったものの、後続に張り付かれて厳しいペースに。勝負どころでも早めに詰め寄られたんだけど、二枚腰の粘りで馬券圏内を死守したあたり、まさに負けて強しの内容だった。実際、直線で一旦沈みそうなところから、もう一度伸び返しているんだから、見上げた勝負根性というほかない。今後の牝馬重賞路線の主役級だろう。ただし、ヴィクトリアMが合いそうに見えない点だけは注意が必要かもしれないな。

■デンコウアンジュ【見応え充分の競馬も仕掛けが早すぎたか】
五分のスタートから馬なりで中団外めをキープ。道中はマイペースをキープして気分良く運び、勝負どころで早めに進出しながら長い脚を使って最後までしっかり伸びた。気持ち仕掛けが早すぎたかなという印象で、もうワンテンポ待っていたら勝ち負けできたかもしれないね。

UMAJIN.net「競馬サロン~本物に触れ、本物を知る~」

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

sakai_chiaki

タグクラウド
QRコード
QRコード