元騎手・坂井千明の乗り役流儀~騎手にしかわからないことが、ある。~

【エルムS回顧】ハイランドピークはダート界期待の新星/ドリームキラリの粘り腰もあっぱれ

続いてエルムSを見ていこうか。

■ハイランドピーク【今後のダート界を引っ張る存在か】
この馬にとって何よりの幸運はドリームキラリが絶好の目標になってくれたこと。内から押してハナに行ってくれたことで、前を射程に入れながら理想的な形で運ぶことができた。道中はいたってスムーズに流れに乗れているし、勝負どころの手ごたえもバツグン。ドリームがギリギリまでしぶとく食い下がったものの、最後は競り落として力でねじ伏せてしまったね。時計、勝ちっぷりともに上々の部類で、4歳という年齢も考えると先々が楽しみ。まだこれからどんどん成長するだろうから、来年あたりは交流GIの常連になっている可能性もあるよ。

■ドリームキラリ【あっぱれな粘り腰で連対確保】
好スタートから内枠の利を生かして積極的にハナを奪う立ち回り。3角で早くもハイランドピークに並びかけられた時は、「これは惨敗まであるかも」と不安になったけれど、残り2Fからが実にしぶとかった。逃げ馬って生き物は、一般的に交わされると脆いものだけど、この馬は二枚腰の粘りで最後までキッチリ格好をつけている。終始マークされる展開では勝つのは厳しかっただろうけど、内容は“負けて強し”と言っていいんじゃないかな。

■ミツバ【ポジションはともかく1角の膨れ方に疑問】
ゲートはほぼ五分に出たものの、行き脚がつかなかったのか後方から。ポジションはいいとしも、1コーナーで外に切り替えた時に大きく膨れた点が気になる。どうせ最後方になるなら、インでじっとして脚を溜めていればいいわけで、マクるとしても向正面で外に持ち出せばいいだけ。あれだけ距離ロスしちゃうと、勝ち負けに加われなかったのもしょうがないかな。それでも最後はいい脚で外から来ているあたり、この馬の底力を再確認させられたよね。

ロンドンタウンは馬群の中でじっくり脚を溜められたけど、いざ追い出してからの伸びが案外。調教でもフワフワする面のある馬なんだけど、最後の最後で悪いクセが出てしまったかな。強い馬をマークしてゴール前で叩きあうような競馬が理想なんだろうけど、まいど狙ってできることでもないし、勝ち負けに持ち込むのは相当難しいタイプだろうね。

UMAJIN.net「競馬サロン~本物に触れ、本物を知る~」

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【関屋記念回顧】プリモシーンは秋GIでの活躍に期待/作戦ドンピシャのワントゥワン

それでは重賞の回顧を始めよう。まずは関屋記念からだね。

■プリモシーン【秋GI戦線での活躍に期待】
51キロの恩恵は前提として、前が飛ばす流れもこの馬には追い風だったね。スタートを五分に出てくれて、道中は中団外目を悠悠と追走する形。桜花賞やNHKマイルCをのように進路取りに苦労する場面はなく、直線は持ち味の決め手を発揮するだけというスムーズな競馬だった。恵まれた面がないとはいえないけど、今の時期の3歳牝馬が古牡馬混合重賞でこれだけやれれば上出来だろう。秋以降の活躍に期待できる内容だったと思うな。

■ワントゥワン【直線一気の作戦がドンピシャ】
テンから無理せず控えて最後方待機。おそらくレース前からこの作戦で行く予定だったんだろうな。スプリント戦に近いハイペースの流れになったおかげで、位置取りはほぼドンピシャ。最後の最後は勝ち馬を交わせなかったものの、ほぼ理想的な競馬ができただけに、もう相手をほめるしかないだろう。極端な脚質の馬はハマれば強い競馬をするけど、展開が向かないとコロッと負けてしまうケースがあるのも事実。次も同じように好走できるかどうかは断言しづらいところだね。

■エイシンティンクル【兄にたスピード豊富な逃げ馬】
まさに全兄エイシンヒカリを彷彿とさせる競馬だったね。好スタートから余裕でハナを奪って、前半3F34秒2のハイペースを演出。それでもこの馬自身はキツそうな素振りをまったく見せず、終始気分良く運べていた。他の先行馬が後退する中でもギリギリまで粘り腰を発揮して馬券圏内を確保。この手のタイプは時計云々ではなく、どれだけ気分良く運べるかがカギということ。好走条件に合致すれば強い競馬をする反面、リズムに乗れないと脆いから、ワントゥワンと同じく次走は注意が必要かもしれないよ。

リライアブルエースは直線で見せ場なし。もしかしたら新潟の硬い馬場や時計勝負が苦手なのかもしれない。そういうタイプの馬は少くないからね。フロンティアはうまい具合に先行できたと思ったけど、スタートから250mあたりの地点でバランスを崩したのが痛恨。レース中に一度でもアレをやってしまうと、よほど強い馬でも立て直すのは厳しいよ。まあ、まだ伸び盛りの3歳馬だから、これからどれだけでも重賞を取るチャンスは来ると思うな。

UMAJIN.net「競馬サロン~本物に触れ、本物を知る~」

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【エルムS追い切り診断】ミツバは高値安定/ガラリ一変の伏兵3頭に注目

続いてダート重賞・エルムSを見ていこうか。

■ドリームキラリ【A】
体とクビを使って気分良さそうに走れている。いたって順調だろう。

■ノーブルサターン【C】
パッと見て気になるのは、背中が上手く使えていないこと。背中ってのはクビの動きや四肢の伸縮に合わせてなめらかに動くものなんだけど、この馬の走りからは柔らかみが感じられない。ちょっとイマイチかな。

■ミツバ【A】
体を使って終始気分良さそうに走れている。引き続き順調。

■モルトベーネ【B】
相変わらず走りが重たい。パサパサのダートでこそってタイプに見えるね。

■リーゼントロック【C】
直線で体を使えてなくて、脚だけせかせか動くようなフォームになっている。ちょっとイマイチ。

人気どころも悪くないけど、ここは調教の動きがガラッと変わった人気薄3頭に注目。波乱も十分ありそうなだけに興味深い一戦だね。3頭の詳細は以下のリンク先を確認してもらえるかな。

UMAJIN.net「競馬サロン~本物に触れ、本物を知る~」

【A】=水準以上の動き。調整過程は良好
【B】=デキは平凡。特筆すべきポイントなし
【C】=状態面に不安アリ
【危】=好調時とくらべて著しく状態が悪い。危険な人気馬
【VIP】=先々が楽しみな素質馬

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

sakai_chiaki

タグクラウド
QRコード
QRコード