元騎手・坂井千明の乗り役流儀~騎手にしかわからないことが、ある。~

体調面、展開、コース取り、すべてがうまくいったサウンドトゥルー

最後に、昨日のGI・チャンピオンズCだね。

ペースが速くて流れが向いたこともあるけど、サウンドトゥルーはロスのない競馬ができたのが一番の勝因じゃないかな。3~4コーナーでもインピッタリを通っていたし、外へ持ち出したのは直線だけ。アウォーディーが先に抜け出したことで、うまい具合に進路も開いてくれたからね。調教でも体を使って気分良さそうに走れていたあたり、デキも良かったんだろう。勝つ時は何もかもが本当にうまくいくものだよ。今回はうまくいったけど、毎回この馬に合った競馬ができるとは限らない。特にこの馬は追い込み脚質だけに、前にいる馬、他馬の動き次第では外を回らされる羽目になりかねないから…。終いは確実にいい脚を使う馬だから、これからも展開が向くかどうかだけでしょう。

アウォーディーは、1コーナーで外へ逃げていたし、向正面に入ってからも走るのをやめようとしていたように、相変わらず気の悪さを出していたね。でも、3コーナーあたりでは早めに外へ持ち出して、直線で内のアスカノロマンを交わすタイミングも完璧。(武)豊がうまく乗っていたんだけど、1頭になると気を抜く癖がある馬だから、離れたところからサウンドトゥルーに来られたらどうしようもないよ。併せ馬の形になっていればまたやる気になって、もうひと伸びできていたかもしれないね。いずれにしても展開のアヤで、力負けとは思わない。最後まで集中して走れれば、中央のGIも勝てると思うけどな。

アスカノロマンは、思い切って前で競馬をしようとしたら、モンドクラッセにハナを譲ったところで馬がムキになったのが痛かった。向正面からは好位のインでジッとできていたように、道中は自分の競馬に持ち込めたんだけど、テンにムキになったぶん、最後の最後で苦しくなっちゃったんじゃないかな。先行勢には厳しい流れだっただけに、これだけ粘れれば上等。ペースが速かろうが遅かろうが、小細工なしで素直な競馬をした方がいい馬なのかもしれないね。

カフジテイクは、サウンドトゥルーと同じようにジックリ構えて終い勝負。直線で外へ持ち出すロスがあったにせよ、サウンドよりも後ろから行って遅れをとったあたり、切れ味の差が出たということじゃないかな。イチかバチかの終い勝負がうまくいったとはいえ、この距離でこれだけ走れれば上等だろう。千八でも1箇所だけ脚を使う競馬をすれば、展開ひとつでチャンスがありそうだね。

サウンドトゥルー、カフジテイクがあれだけ頑張れたんだから、後ろから行ったノンコノユメもハマっておかしくない展開だったのにね。エンジンが掛かってからの伸びはいい馬だけど、それまでに時間が掛かる馬。中京は直線が長いといっても、もっと長いコースの東京の方がいいんじゃないかな。

ゴールドドリームは、道中でムキになったぶん、最後は苦しくなったんだろうね。スタートで後手を踏んで位置を取りに行ったら、馬がその気になっちゃったんじゃないかな。この辺はまだ3歳、馬が若いということ。まぁ、今回の競馬はいい経験になったはずで、これから変わってくるでしょう。

コパノリッキーは、3~4コーナーではアラアラの手応え。前に行った組にはキツい展開だったにしても、この馬とすればだらしない競馬だったなぁ。調教でも首の使いがイマイチだったように、この馬とすれば物足りない動きだったから、おそらく体調面の問題だと思うよ。



▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

ロスなく、マイペースを守り通したアルバート

次はステイヤーズS。

アルバートは、中団のインでジッとできていたし、途中で一気にマクる馬がいてもマイペースを守れている。外へ持ち出したのは4コーナー手前あたりからで、ロスなくムーアがうまく乗っていたよ。それにしても、一旦は突き放されながらも最後はキッチリ抜け出すんだから、ここでは力が上だったということだろうね。バテずに渋太く脚を使う馬で、長いところは本当に合っている。その反面、一瞬の切れ味という面では物足りないから、たとえ長いところでも瞬発力勝負になったら分が悪いだろうな。

ファタモルガーナは、最初はアルバートと同じような位置にいたのに、マイペースを守り通したアルバートに対して早めのスパート。動くタイミングは早いぐらいだったんだけど、溜めるだけ溜めてもそれほど切れる脚を使えない馬だからね。この馬の特徴、脚質からすると最高の競馬ができていたと思うよ。アルバートと同じようにジックリ構えてもチョイ足りずの2着。どう乗っても結果は同じだった気がするし、完全燃焼で納得の2着じゃないかな。

モンドインテロは、後ろでジックリ構えて終い勝負。外を回るロスはあったけど、マイペースで運んで自分の競馬はできていたと思うよ。それなりに伸びていても前と同じような脚色になったあたり、重賞に入るとワンパンチ足りないんだろうね。二五の前回でももうひとつ伸び切れなかったから、距離云々の問題じゃないだろう。能力的な問題で、これ以上となると力を付けるほかないと思うよ。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

調教の良さを競馬でも出せたヤマカツエース

それでは早速、月曜恒例の重賞回顧を始めよう。まずは、土曜の金鯱賞。

ヤマカツエースは、縦長の展開の割にペースは遅かったんだけど、早めに動かなかったのが良かったんじゃないかな。もし早めに動いていたらタメが利かなくなって、あの切れる脚は使えなかったはず。それに、調教でもこれまでと違って首を使えていたあたり、体調面も良かったんだと思うよ。こういった競馬ができていればチャンスはあるだろうから、あとは体調面がカギになりそう。また首の使いがイマイチになったらサッパリなんてこともありそうで、これからも調教の動きに注意した方がいいだろうね。

パドルウィールは、スローペースの2番手でジッとできていたように、この馬の競馬ができている。直線でもバタっと止まらずに粘っていたんだから、勝った馬が強かったということでしょう。展開が向いて最高の競馬ができても負けてしまったとはいえ、準オープンからの格上挑戦でこれだけやれれば上等じゃないかな。前々に付けて自分で競馬を作れるのは強みだし、スンナリした競馬に持ち込めればまたどこかで一発あるかもしれないよ。

シュンドルボンは、ヤマカツエースと同じように中団あたりから。この馬とすれば前目の位置取りになったんだけど、今回のペースからするとちょうど良かったんじゃないかな。3~4コーナーで前に馬がいたぶん、仕掛けを待たされとはいえ、これは展開的なものがあるから仕方がない。直線では内に潜り込んでロスを抑えていたから、丸田はうまく乗っていたと思うよ。

サトノノブレスは、好位のインでロスなく運べていたし、直線でも広い所に出せたのに、追ってからがだらしなかったなぁ。調教でも頭が高いうえに高脚を使うようなところがあるけど、競馬に行ってもそんな感じ。伸びそうで伸び切れないぶん、いつもワンパンチ足りなくなっちゃうんだろうね…。

リアファルは、前々で流れに乗る、この馬の競馬ができていたと思う。ペースもペースだけに、この乗り方でちょうど良かったんじゃないかな。5着といっても勝った馬からコンマ2秒しか負けていないんだし、11ヶ月ぶりとすれば頑張っている方だろう。このひと叩きで変わってくると思うけどね。

ヴォルシェーブは、まず位置取りが後ろ過ぎ。あれだけ縦長の展開、しかも、ヨーイドンの競馬になったら、どんなにいい脚を届くわけがないよな…。うまく流れに乗れなかっただけで、今回の結果は度外視でいいと思うよ。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード