元騎手・坂井千明の乗り役流儀~騎手にしかわからないことが、ある。~

ブラックムーンは直線の反応やクビ使いが以前より良くなった【中京記念追い切り診断】

それでは今週もいつものように追い切り診断をやっていこう。まずは中京記念から。

アスカビレンは、全体に力強さがないし、サーッと上っ面で走っている感じ。ちょっとイマイチだね。

ウインガニオンは、抑えている時の動きはまあまあだけど、追われるとクビが上がってくる。これは気性的な問題だろう。ちょっとオススメはしづらいな。

グァンチャーレは、体やクビの使いは良かったし、気分良く走れているのも好感が持てるね。

グランシルクは、走りに力強さがあって、体やクビの使いも上々。ワンパンチ足りないところは相変わらずだろうけど、状態としては文句なさそうだね。

ケントオーは、力強さに欠けるしクビの使いも悪い。イマイチだね。

サンライズメジャーは、走りのバランスが悪いのは相変わらず。状態面も強調するほどではないかな。

ダノンリバティは、追ってからクビが上がるところは気になるけど、反応自体は前回より良かった。まずまずだね。

トウショウピストは、体を使わず手先だけで走っている感じ。イマイチだね。

ピークトラムは、体やクビの使いはいいし、気分良さそうに走れているのもいいね。まずまず順調だろう。

ブラックムーンは、頭は高いんだけど直線のクビの使いや反応は前見たときより良くなっていた。状態としては文句なさそうだね。

マイネルアウラートは、相変わらず前だけで走ってる感じ。体の上半身と下半身で別の馬みたいだ。これでも走る時は走るんだけど、個人的にはオススメしづらいな。

レッドレイヴンは、体は使っているように見えるんだけど、併走馬と被ってよく見えなかった。

ワンアンドオンリーは、頭は高いものの前脚の伸ばし方は以前より良くなってきた。そういう意味では少しずつ上向いているようだね。

よく見えたのはグァンチャーレ、グランシルク、ブラックムーン、ピークトラム、ダノンリバティ、ワンアンドオンリー。この6頭だね。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

レース前の大雨が明暗を分けた【函館記念回顧】

それでは重賞回顧を始めよう。昨日の函館記念を振り返るよ。

ルミナスウォリアーは、ノメることなくジッとできていたし、4コーナーで上がって行く時の手応えもすごく良かったあたり、道悪が合っていたんだろう。うまくクビを使えていた調教からして、デキも良かったんじゃないかな。柴山もデキの良さを掴んでいたのか積極的な競馬をして、この馬の力をフルに引き出していたよ。ただ、切れる脚を使える馬ではないから、良馬場で瞬発力勝負になったら厳しいかもしれないなぁ。今のデキの良さをキープできれば、頑張れるかもしれないけど…。

タマモベストプレイも切れる脚を使えないだけに、レース前の大雨、道悪が味方したクチ。得意というほどではないにせよ、バテずに渋太く伸びるタイプだから、力の要る、時計が掛かる馬場はいい方に出たんだろうね。それに、外枠からでもすぐに好位のインに付けていたように、(吉田)隼人もうまく乗っていたよ。直線で外への持ち出し方はちょっと強引だったのに、馬も素直に応えていたし、ちゃんと手前を替えて伸びていたあたり、この馬もデキが良かったんじゃないかな。これまで調教であまり褒めたことがなかったのに、今回は気分良さそうに走っていたから。

他に逃げ馬が何頭かいただけに、ヤマカツライデンはハナを切れたのがまずは良かった。それに道中でスローペースまでは落とせないにせよ、この道悪にしては平均的なペースで行けていたし、3~4コーナーで後続が追い掛けてくるタイミングもワンテンポ遅いぐらい。直線に向くまでハナをキープできていたように、逃げ馬とすれば最高の競馬ができていたと思うよ。プラス6キロの馬体は気持ち重かったと思うけど、逃げ馬が自分の競馬に持ち込めれば、これぐらいは走れるということ。でも、毎回毎回、楽に逃がしてもらえるとは限らないから…。これからも同型の出方、展開次第になるから、ちょっとアテにはできないかな。

アングライフェンは、前半にハミを噛んでいたぶんと、3~4コーナーで外から上がって来たルミナスウォリアーと一緒に動いたぶん、ゴール前で甘くなった感じ。でも、ハミを噛んだのはテンにいい位置を取るために馬を促したからで、あれだけルミナスがいい手応えで上がって来たら、黙ってジッとしているわけにはいかないからなぁ。いずれにしても、勝ちに行く競馬をしての結果だから仕方がないだろう。直線で一旦は抜け出すかの場面があったように内容は良かったから、乗り方ひとつで重賞でも勝負になるだろうね。

サトノアレスは、変にムキになるところはなくて、レース運び自体も決して悪くなかったんだけどなぁ。折り合い面の問題ではなくて、単純に距離の2000mが長かったということだろうね。1800mの前走でもいい競馬ができていたのに、最後はクビ差の辛勝だったでしょ? それに、調教でも迫力が感じられなかったあたり、状態面も本当ではなかったんだと思うよ。

マイネルミラノは、どちらからというとトビの大きな走りをする馬だけに、道悪を苦にしたんだろう。58キロのハンデを背負っていたから、余計に苦しかったんじゃないかな。調教の動きはメンバーの中で一番良く見えたぐらいだったのに、その調教の良さ、デキの良さを生かせないまま終わっちゃったよ。

ステイインシアトルは、(武)豊が手綱を引っ張ってジッとしているうちは良かったんだけど、追って体を使わせるようにしてからがサッパリ。この馬もトビの大きな馬だから、道悪に脚を滑らせて力が入らなかったんだろう。いずれにしても、力を出し切れなかった今回の結果は参考外。良馬場で改めて見直したいね。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

マイネルミラノはキビキビした動きで状態面に文句なし【函館記念追い切り診断・後編】

続いて、函館記念の後編だよ。

ダンツプリウスは、道中は体を使えているものの、追われてから気の悪さを出している点が気に入らない。ちょっとオススメはしづらいな。

ツクバアズマオーは、体やクビの使いは悪くないんだけど、追われてから右トモのバランスが崩れてしまっている。そのせいで最後は力強さがなくなってしまった。ちょっと心配だね。

ナリタハリケーンは、頭は高いんだけど体はいい感じで使えている。まずまず順調でしょう。

パリカラノテガミは、体の使いはまずまずで、そこまで悪いわけじゃない。ただ、どことなくパッとしないね。

マイネルミラノは、このメンバーの中で一番よく見えたよ。体やクビは使えていたし力強さも十分。状態は万全といったところだね。

ヤマカツライデンは、本来は素軽い走りをする馬なんだけど、今回は変に走りが重いね。まだ勝負掛かりという感じはしないかな。

ルミナスウォリアーは、クビの使いがすごく良かった。状態面は悪くなさそうだね。

一番良く見えたのはマイネルミラノ。あとはスーパームーン、タマモベストプレイ、ルミナスウォリアー、ナリタハリケーン、ステイインシアトル。この6頭かな。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード