元騎手・坂井千明の乗り役流儀~騎手にしかわからないことが、ある。~

サンライズノヴァは戸崎の冷静な騎乗が隠れたポイント【ユニコーンS回顧】

続いてユニコーンSを見ていこう。

サンライズノヴァは、馬の強さももちろんだけど、戸崎の冷静な騎乗が印象に残った。枠なりにズーッと外を回しているように見えるんだけど、大型馬だから変にブレーキをかけて内に入れたりするよりは、たとえ距離ロスがあってもリズムよく走るほうが脚は溜まりやすい。そして注目は3~4コーナーの勝負どころ。ここで戸崎は他の馬が上がっていく動きに合わせず、徐々にポジションを下げながらもマイペースを崩さずにジックリ仕掛けのタイミングを計っているんだ。普通の騎手だと周囲の動きに合わせて動いてしまうけど、そこで慌てずに自分の競馬に徹したのがよかった。だからこそ最後にあれだけの脚を使えたわけだね。もちろん、馬自身も文句なく強い。器用なタイプではなさそうだから地方の競馬場は合わないかもしれないけど、何にせよ今後が楽しみだね。

ハルクンノテソーロは、スタートで出遅れて後方から。勝負どころまでに徐々にポジションを上げて、直線では外からジリジリ脚を伸ばしている。悪くない競馬をしているものの、やはり道中に脚を使ったロスが響いたのか、勝ち馬に交わされた時は抵抗できなかったね。まあ、あれだけ着差を付けられたということは、たとえ出遅れがなかったとしても勝ち負けできたかどうかはわからない。とりあえず今回は完敗といったところだろう。

サンライズソアは、リエノテソーロをマークする先団外めの位置取り。道中のレース運びは問題なかったし、直線を向いた時の手応えも良かったんだけど、最後の伸びはジリジリといった程度だった。着差的には完敗だけれど、先行勢に厳しいペースだったことを考えるとそれほど悲観する内容ではないと思うよ。

リエノテソーロは、色々な意味で厳しいレースになってしまったね。一番気になったのはスタートして2F目の14~18秒あたり。ウチパク(内田博幸騎手)がチラッと後ろを確認するシーンがあったと思うんだけど、その直線あたりで走りのリズムがほんの少しだけ狂っているように見える。口で上手く言いづらいんだけど、もしかしたら内からハナを奪ったシゲルコングに砂をかけられたのかもしれない。これまで砂を被って揉まれるようなキツい競馬は経験していなかったから、そのあたりが影響した可能性もあると思う。

それに、ダートのマイル戦は川崎で経験しているとはいえ、コーナー2回で息を入れる箇所が少ない東京マイルとは別物。最後息切れしたのは距離が原因かもしれない。いずれにせよ、今回はちょっと厳しいレースだった。レースセンスは高い馬だから、今後の成長次第で巻き返しの余地はあるはずだよ。


▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

ジューヌエコールは想像以上に強い競馬、充実期に入ったキングハート【函館SS回顧】

それでは今週の重賞を振り返ろう。まずは函館スプリントSから。

ジューヌエコールは、想像以上に強い競馬だったね。レコード決着が続出した馬場の影響もあってペースはかなり速かったんだけど、そんな中でも苦労せず流れに乗ってしっかり脚を溜められている。直線を向いたところではもう「勝つでしょ」という手応えで、軽くスパートしただけでアッサリ抜けきってしまった。夏に強い牝馬だし、50キロの軽ハンデの恩恵もあった。とにかくすべてがこの馬に向いたという感じだね。それにしても、この豪快な勝ちっぷりはなかなか大したもの。3歳世代の牝馬はやはりレベルが高いのかもしれないな。

キングハートは、ジューヌエコールのすぐ後ろあたりに構える立ち回り。道中の折り合いは至ってスムーズで、悪くない手応えで直線を向いたんだけど、ジューヌがスッと加速したところでついて行けなかった。この馬自身もまずまずの脚を使っているものの、やはり6キロの斤量差は大きかったと思うね。でも、このメンバー相手にこのペースを克服して2着まできたのだから内容は悪くない。競走馬として充実期に入っているようだし、今の状態ならいつでも重賞を勝てそうだね。

エポワスは、とにかくレースの流れに乗れたのが好走要因だろう。後ろからじっくりいって、前でバテて止まった馬を最後に交わしました、という感じ。内容的に特筆すべきところはなかったし、次も続けて好走するかと聞かれるとちょっと答えづらいな…。

セイウンコウセイは、4コーナーの動き出しがちょっと早すぎた。このペースでも楽々追走できているから、体調面は問題なかったんだろう。ただ、状態が良すぎたぶん、「前のシュウジを交わせば勝てる」と幸が考えてしまったのかもしれない。それに3カ月ぶりの影響も少しはあったのかな。とにかく今回はペースを考えずに積極的に行き過ぎたのが敗因。終いはバタバタになったけど、そう大負けしているわけではないから参考外で大丈夫だと思うよ。

シュウジは、追い切りで後ろから行く訓練をやっていたから、本番でも差しの競馬をすると思ったんだけど、実際はスタートが良すぎてそのまま逃げる展開になったね。豊(武豊騎手)はオーバーペースになっているのをわかっていたと思うけど、変に引っ張ってもしょうがないからということでそのまま行かせたんだろう。ただ、あの速さでビュンビュン走れば最後止まるのは当たり前といえば当たり前。ちょっとスランプに入ってしまった感じで、なかなかいい時のメリハリのある競馬ができなくなっているようだね。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

GI3連勝も十分狙えるキタサンブラック、追われての反応が上向いたゴールドアクター【宝塚記念1週前追い】

最後に来週行われる宝塚記念の1週前追いを見ていこう。

キタサンブラックは、前走と変わらずいい雰囲気で来ているよ。道中は気分良く走れていて、追われてからの反応も悪くなかった。すこぶる順調と言っていいだろう。

ゴールドアクターは、これも体の使いは良かったし、反応は前走より上向いた感じ。まずまず順調だね。

サトノクラウンは、頭が高かったし、上が動くと反抗するような感じなのはちょっといただけないね。

シャケトラは、クビの使いはイマイチに見えるけど、体の使いや反応は悪くなかったね。

シュヴァルグランは、いつもの1週前追いと同じくちょっとモタつく感じ。もともとそういうタイプだから、それほど気にする必要はないかな。

ミッキークイーンは、体やクビは十分使えていたし、反応・伸びともに上々。いたって順調でしょう。

ミッキーロケットは、体は使えているものの、走りがちょっと重いかな。

レインボーラインは、頭が高いのはいつものこと。体は使えて気分良さそうに走れているから、まずまず順調といったところだね。

今回はこのひと追いで変わってきそうなタイプが多かったね。とりあえず、キタサンブラックは引き続き順調に来ているようで、GI3連勝になってもまったく驚けないデキにあると思うよ。

▼坂井千明さんへの応援クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード