それでは、昨日の菊花賞を振り返ろう。

エピファネイアは1周目のスタンド前、ゴール板あたりで落ち着いたんだけど、テンからかなり引っ掛かっていたね。折り合いに一番苦しんでいた1周目の4コーナーあたりで、ネコタイショウがバンデに絡んで行った分、思っていた以上にペースが上がってくれた。流れにも助けられたとはいえ、(福永)祐一の抑え方もうまかったよ。手綱を引っ張っていても、拳は上げないで自分の重心を後ろに持っていく感じ。ハミを噛んではいても、頭が上がらないようにうまくバランスを取っていたよ。もし、頭を上げたら馬とケンカになって、抑えが利かなくなっていたと思う。馬も確かに強かったけど、祐一の我慢がこの結果につながったんじゃないかな。引っ掛かって苦しい競馬になりながらも、これだけ我慢が利けば距離の心配は要らないだろう。先々が本当に楽しみだね。

サトノノブレスは、エピファネイアを積極的に追い掛けていたね。ここまで馬場が悪くなると、ジックリ構えていたら届かなくなる。この馬自身も切れる脚を使えないだけに、早め早めに動く競馬で正解だろう。そして、何より良かったのがコース取り。外枠から内にうまく潜り込んで、ロスを最小限に抑えられたからね。それに、2周目の3~4コーナーでゴチャついた時も巻き込まれずに済んだ。仕掛けのタイミング、コース取り、勝負所での立ち回り…。何から何までうまくいったし、最高の競馬ができたんじゃないかな。ただ、スピード不足をカバーできただけに、この道悪にも助けられている。切れ味という点でも物足りなさがあるからね。その辺が変わってこないと、一線級相手ではちょっと苦しい。もっと力を付ける必要があると思うよ。

バンデは注文通りハナを切れたんだけど、ネコタイショウに執拗に絡まれてキツい競馬になってしまったね。それでも3着に粘れれば大したもの。正直、調教の動きはあまり良く見えなかった。恐らく実戦タイプで、今はよっぽどデキがいいんじゃないかな。後ろから行った馬は渋った馬場に決め手を削がれたし、この馬自身も道悪は得意なんだろう。自分の競馬ができるとしぶといから、マイペースで行ければどこかでチャンスがありそうだね。

ラストインパクトは、サトノノブレスのようにエピファネイアをマークするような乗り方。4コーナーでの手応えも良かったんだけど、その割には追ってからが案外伸びなかったね。最後も止まっていたぐらいだから、距離が長かったんじゃないかな。まぁ、GⅠで勝ちに行く競馬をして4着なら、良く走っていると思うよ。

ケイアイチョウサンはインコースでロスなく運べていたんだけど、2周目の3~4コーナーで一気にバテたネコタイショウを捌くのに苦労していたね。サトノノブレスのようにスムーズに捌けていれば、もっと上の着順に来ていたかもしれない。2~3着争いに加われたんじゃないかな。でも、インでロスのない競馬をすれば、ゴチャついた所に入りやすくなるから…。こればかりはどうしようもないと思うよ。まぁ、レースぶりからして3000mが長いということはなさそうだし、距離をこなせると分かったのは収穫だろう。

タマモベストプレイも、2周目の3~4コーナーでスムーズさを欠いたクチ。ただ、その時点で脚もなかったように見えるし、まともでも勝負にはなっていなかったんじゃないかな。

ヤマイチパートナーは、もっと前で競馬をすると思ったんだけどなぁ。洋芝の函館、しかも重馬場で勝っているんだから、今回のような道悪は合っているはず。人気もなかったんだし、僕としてはもっと大胆な競馬をして欲しかったよ。ブログにも書いたようにデキは良さそうだっただけに、ちょっと残念な競馬になってしまったね。

マジェスティハーツは決め手で勝負するクチだから、この道悪に泣いた感じだね。それに、馬場が悪くなると使える脚も限られてくる。あれだけ後ろから行ったら、さすがに届かないよ。前走(神戸新聞杯2着)で終いにいい脚を使ったとはいえ、あの時は2400m。この馬には3000m長かったんだろう。

ヒラボクディープも道悪に泣いたクチかな。それに、トビが大きくて器用さに欠ける分、距離が延びるのはいいと思っていたんだけど、3000mは長過ぎるのかもしれないね。