どんどんいこう。今度は阪神大賞典だね。

ウインスペクトルは、気分良さそうに走れているけど、ほかに目立っていいところがない。まずまずこの馬なりとしか言えないかな。

サトノダイヤモンドは、気分よく体全体を使って走れていて、いたって順調。こうなるとあとの問題は、3000mをリラックスして走れるかどうかだけだね。菊花賞をこなしているとはいえ、休み明けだと馬はどうしても気負ってしまうもの。まあ、この馬だけの課題ではないけどね。そこさえクリアすればアッサリだろうな。

シュヴァルグランは、いつものこととはいえトモが開くのは気になるね。それに以前は調教でも軽快な走りを見せていたんだけど、今回はどうも手先が重い感じ。馬体が重いわけではないと思うけど、とにかく素軽い雰囲気はないね。

スピリッツミノルは、体は使えていても追ってからの反応、伸びともにイマイチ。走りも固いし、変わってきた感じはしないね。

タマモベストプレイは、体は使えていたんだけど、追われてからの伸びがイマイチ。ゴーサインに対して1歩目はスッと動けるんだけど、そこから先が続かなくて後続に来られてるんだよな。ただ、昔は1歩目の反応も乏しい馬だったから、そういう意味では成長しているのかもしれないね。

トウシンモンステラは、反応や伸びは悪くないけど、アタマが高くて全体的に浮くような走りが気になった。

トーセンバジルは、体の使いや反応は良かったし、何より気分良く走れているのがいい。いたって順調でしょう。

レーヴミストラルは、アタマが高くて浮くような走りだったね。ただ、前回は追われてから突っ張って嫌がるような素振りを見せていたんだけど、今回はそういうところはなかったよ。

ワンアンドオンリーは、馬以上に(武)豊の調教の付け方が良かったね。アタマは高く上がっているんだけど、うまいことなだめて気分良く走らせている。これがいい方に向けば、なかなか調子の上がらないこの馬も変わって来る可能性はあるだろうね。

抜けていいのはサトノダイヤモンドとトーセンバジル。次点でタマモベストプレイかな。あとワンアンドオンリーは、豊がどう乗るかという点に興味があるね。