次は共同通信杯を見ていこうか。

■ダノンキングリー【「どうぞ勝ってください」というようなレース】
スタートも決まっていたし、インでじっくりと我慢していた。ロスない競馬で「どうぞ勝ってください」というような立ち回りだったね。折り合い面に心配がないから距離が延びても良さそう。

■アドマイヤマーズ【強い競馬】
勝ち馬に切れ負けしたと思われるけど、あの立ち回りでは切れるわけがない。逃げる競馬で脚を溜めるところがなかったからね。それでもきっちりと二の脚を使って3着以降を寄せ付けなかった。ダノンキングリーが「上手い競馬」ならアドマイヤマーズは「強い競馬」。この2頭の勝負付けは済んでいないと思う。

■クラージュゲリエ【勝負根性がある】
上位2頭との力の差を感じる。ただ、この馬に限って言えば勝負根性がある。並みのメンタルなら4着だった。この手の馬は自分の力を安定して出してくれる。

UMAJIN.net「競馬サロン~本物に触れ、本物を知る~」