最後に京都記念をチェックしよう。

■ダンビュライト【仕掛けるタイミングが完璧】
流れに上手く乗れていて、仕掛けるタイミングも完璧だった。他馬よりもワンテンポ早い仕掛けだったが、決め手がない馬ということを考えると少し早いのがちょうど良い。松若騎手が上手く乗ったんじゃないかな。

■ステイフーリッシュ【もう少しズルく乗っていたら】
勝ち馬を見るような位置取りでレースを進めていたが、外々を回っていたのがもったいなかった。勝ち馬とは進路の差がそのまま出たという印象を受けたね。もう少しズルく乗っていたら勝っていたと思うよ。

■マカヒキ【復調の一歩手前】
勝負というよりもこの馬の走りをするということにこだわっていたね。全盛期の頃と比べると走りが小さいけど、徐々に良くなっている。復調の一歩手前と言ったところだろう。岩田騎手もそこを感じ取っていたから、この馬の走りに徹する乗り方をしていたんじゃないかな。

UMAJIN.net「競馬サロン~本物に触れ、本物を知る~」