人気ブログランキングへ

堺・風車の会 活動日誌

大阪府立大学 堺・風車の会 ウィンドミルクラブ のブログ。
クラブHP→ 大阪府立大学 堺・風車の会 Digital WindMill Club
Osaka Prefecture University Sakai-Fushanokai (WindMill Club)
Human Powered Aircraft / Japan International Birdman Rally


新入部員募集中!! 他大学生も歓迎!!
気軽に見学に来てね!!

Tシャツ完成!

こんにちは。
Tシャツ担当の,22期宮澤です。
今年度のTシャツが完成いたしました!

背面のデザインは,以下の通りです。

259











また、左胸には、風車の会のロゴがプリントされています。

カラーは常に明るい気持ちでいられるよう、カナリアンイエロー(黄色)を採用しました。


サイズ展開:S M L XL XXL
価格:1,500円

メールでの購入は下記のメールアドレスで受け付けています。
 ↓     ↓     ↓
windmill2010@gmail.com
購入していただける方は,ご連絡をお願いいたします。

売り上げは,全額を機体製作費として大切に使わせていただきます。
どうかご検討をお願い申し上げます。
 

鳥人間コンテスト2017出場決定!

お久しぶりです。
今年度代表を務めております、22期の片山です。

表題の通り、読売テレビ様から合格通知を頂き、
第40回鳥人間コンテスト2017
人力プロペラ機ディスタンス部門への出場権を獲得しました! 

苦労して書き上げた書類や図面が認められて、
非常にうれしいです。

大会に向けて部員一同精一杯活動してまいりますので、
応援のほどよろしくお願いします。 

桁試験

こんにちは。
2017年度設計主任の柳澤です。
昨日、3/21(火)に桁試験を行いました。 

1.0G、1.3Gの荷重をかけましたが、結果は・・・
成功です!!!

1.0Gの荷重をかけた様子 ↓↓
0G 25個









1.3Gの荷重をかけた様子 ↓↓
3G 25個











設計では絶対に折れないと分かっていながらも
荷重をかける最中は、ほんとにずっとヒヤヒヤしていました。

堺・風車の会としては久しぶりにディスタンス機を設計、製作し、
たわみ量が大きく変わったので、桁試験の方法を少し変えました。

簡単に言いますと、低い位置で桁を全部組み、アクアリフトという
水圧式のリフトで一気に高い位置まで上げるという方法です。
リフトの様子 ↓↓
lift横











桁試験中はいろいろと問題がたくさん起こってしまい、
長時間にわたる桁試験となり、自分の考えの甘さを痛感しました。

それでも夜までご協力していただいた顧問の先生、部員の皆様、
並びにディスタンス機になって混乱していた私を助けてくださいました
他大学の鳥人間のクラブチームの皆様、本当にありがとうございました。

またアクアリフトとヘルメットや様々なツールを貸していただきました、
大学の職員さん、大学内の生産センターの皆様にも感謝し申し上げます。

桁試験が無事に終わり、安全に飛行機が飛ばせる初めの第一歩が
踏み出せました。この流れに乗って、大会本番で良い記録が出せる 
機体を製作し、十分な試験飛行が行えるように部員一同、
精一杯頑張りたいと思います。

長くなりましたが 、最後まで読んでいただき有難うございました。

1月15日 スポーツ大会

こんにちは。22期の片山駿です。
今回は1/15(火)に行われたスポーツ大会の様子について
報告します。

この日は大阪府立大学でも、センター試験が実施されていました。
センター試験の日は学校への立ち入りが禁止されており、作業ができません。
そこで日頃の運動不足解消もかねた、部員みんなでのスポーツ大会が、毎年の恒例行事となっています。

今年は住之江にあるマグフットサルスタジアムで、バブルサッカーをしました。

P1200752







 
バブルサッカーを楽しむ部員の図 その1

バブルサッカーとは上の写真にあるように、球体のクッションをかぶって
サッカー(フットサル)をプレイする、というものです。
バブルをかぶっていることで、相手との激しい接触が可能になり、
大迫力のサッカーを楽しめました。

P1200758









バブルサッカーを楽しむ部員の図 その2

ただこのバブルサッカー、バブル自体の質量が大きくて、
バブルを担ぎながら走ることだけでも
運動不足の私たちにとっては正直ハードでした(笑) 

珍しいスポーツを部員のみんなと楽しむことができて、
幸せな1日でした。


P1200755 




1人で起き上がれなくなった部員

Xブレーシング

こんにちは!

今年度翼班長の宮澤です。

 

先週の金曜日、翼班はXブレーシングの試作を行いました。

Xブレーシングとは
 

DSC03882







↑のような、白い
X状のパーツです。前後方向の剛性を高めてくれます。

今年度、Dist機を製作するにあたり、新たに必要となりました。

今まで私たちはTT機を製作していたので、Xブレーシングの作り方が誰ひとりとしてわかりません(´Д⊂)

なので、今回試作を行うことになりました。
 

今回参考にするのは、他チームさんに頂いた情報と、2003Dist部門に出場した白鳳!
 

DSC03887






ブレーシング・・・どう結んであるの・・・

こんな感じかな~と、ビニールひもを使って、みんなで色々試してみる・・・

DSC03900

 




すると! 後輩くんが上手くいったようです.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ありがたや・・・今日から君はMrひもだ!

早速解読した結び方で、ザイロンを2本、主桁に巻き付ける。
そして2本同時に、ばねばかりを使いながらザイロンにテンションをかけ、
リアスパに固定する。

DSC03976
 





じゃじゃーん!完成!!
何とか形にすることができました。
これで本番機も一安心(`・ω・´)
Xブレーシングの固定にもいくつか方法があるようですが、
作業時間のことを考え、今年はこの方法で製作します。

先週、翼班はこの試作の他にも
・尾翼の治具マスター製作(完了)
・尾翼リブ製作
・カーボンクロスはめあい(完了)
・はめあい用ひのき棒切り出し
をしました。
予定通りに進んで良かったです。

私たちは期末試験に集中するため、 今日から作業はおやすみです。
春休みから気持ちよく作業できるよう、勉強をがんばります。

~おわり~ 

作業場案内地図
送信者 2.13-29
連絡先
windmill2010@gmail.com
記事検索
twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
QLOOKアクセス解析