2014年11月25日

ギルムルブログ

ブログつくっちゃいました。

稽古日誌というのをTwitterにて公開中ですが、後々まとめてみられないのでブログならまとめられるかな、と作りました。

そして、ここの更新や、HPの更新や、稽古の他愛もない出来事や、私以外もかける場所として、もう総まとめなブログとして作りました。

公演に関してはここでなんでもわかるはず!
http://girumuru.blog.fc2.com/

ぜひ、読み物なつもりで楽しんで頂けますと嬉しいです。
ガツガツ更新、したい。

2014-11-22-22-33-16



現在、着々と台本が書かれているようです。
まだギルムルの花束、という物語はこの世に存在しないという不思議。

だけど、12月末には、私の中で、
きっと観てくださった方の心の中で、
その存在が、その言葉ひとつひとつが大切なものになる。

発するごとに、きっとその魔力みたいなのが言霊に乗るんだと思います。
その大切なうつわ。

どきどきとわくわくとそわそわで恋い焦がれております。



at 17:36|PermalinkTrackBack(0)

2014年11月24日

奇跡を起こす方法

脚本、演出は劇団おぼんろ主催 末原拓馬さんです。
ブログ書いてくださいました。

http://s.ameblo.jp/obonro/entry-11954834159.html

経緯、話してみます。
夏に公演した2人朗読公演GOSSIPでは、私が魅力的だと思った役者さん達に声をかけて共演をしました。

終わって私は、逆の立場なら、私は呼ばれる役者だろうか、魅力的だと思ってもらえるのかを考えました。

私はそれなりにバランス良く上手くやるし、それなりに良い子なので、使いやすい。
だけど、特別、どうしても酒井香奈子の芝居がいい!とは言われないと思った。
…いや、本当は言って下さる方もいるんです。
だからこんなこと書くの失礼なのかもしれないけれど…
だけど、良いと言われても信じられなかった。

いつも、もっと出来るはず、こんなもんじゃないはず、と思うような気持ちがあった。

なのにやれていないことにモヤモヤとして…
全力を出しても理想にたどり着けないことが恐怖だったのかもしれません。

だけどやってみなくちゃいけない。
自分で自分を素敵だと思えるように追求してみよう、技をつけよう、自信をつけようと決めました。

その方法として、自分しか頼れない、一人芝居をすることにしました。

そして、その舵取りをお願いする方…
今まで沢山の演出家さんに出逢って来ました。
またご一緒したいと思う方も沢山いらっしゃいますが、
一人芝居をすると決めて1番最初に末原さんにご相談をしました。


NODA MAP出演中に路上で一人芝居を60ステージ立ち続けたり
遠征で一人芝居をしてまわり
一人芝居の大会で優勝していたりと一人芝居を追求し徹底してきた方。
一人芝居に関してプロフェッショナル。

静かになりそうなイメージの一人芝居をエンターテイメントにする飽きさせない独特の演出と世界観
信頼の物語の力
譲らない追求心

作品としても、
作家としても、
演出家としても、

酒井香奈子が無謀な一人芝居をするなんてギリギリの挑戦には

厳しく熱心でこだわりぬいてくれる相手じゃないとやれないと思いました。

そりゃ、こんな危険な挑戦、簡単には受けてもらえません。
失敗したらおっきな痛手だと言うのは百も承知で、お願いを致しました。

一人芝居をやることはとても喜んでもらえましたが、その厳しさも人一倍ご存知な方。
とりあえず台本を貸すので、一人で一人芝居を作るように、と課題を頂きました。

その出来次第で、やるかやらないかを決めます。とのこと。

結果は、現在の通り。


やるからには、世界に誇れるものを、とおっしゃいます。

私はソワソワとしながらも、素直に信じ抜くのです。


末原拓馬さんはおぼんろという劇団の主催で、おぼんろさんは、とても個性的な団体です。それは彼のパーソナリティーから作られてきたのだと思います。

今回、私は酒井香奈子らしく、とは考えていません。
もともとらしさ、なんてまだ、存在しないくらいかもしれないけれど。

言われた通り訓練をし思考を重ねます。
役者は役者らしく、どこでもなんでもやれるのが素敵だ、と思うのです。

言葉、世界を信じて、
自分を駆使して創造していく。

そうしたら、そこに酒井香奈子じゃないと生まれない無二のものが現れるんだと思うんです。


…実は、ちょっぴりこっそりライバル視しているものがあります。
夏に末原さんが演出をして、吉祥寺の野外で中高生達が演劇をしていました。
彼等は信じる力でツバサがはえていた。


自分で作り出した限界は、自分を信じる事でしか崩せないのだと思います。

信じるには、ひたむきなことと、素直でいること。
限界を超えて奇跡を起こす方法はこれしかないのだと、わたしは思ったりしてます。

2014-11-13-16-36-15


酒井香奈子一人舞台
『ギルムルの花束』

汚いテントの、薄明かりの中、ベトベトの暑さに苛立つ酔っ払いのヤジを浴びながら、空中ブランコ乗りや猛獣使いたちが命懸けの芸を披露する。
あ、そろそろ私が呼ばれる番だ。
ゼニババが、ダミ声高らかに私のことを紹介するや、さっきまで白けていた客席がワーッと盛り上がる。
もちろんそれが興味と下世話な関心に満ちたものであることくらいは私でもわかる。
さぁ行っておいで、と背中を押された私は、もう尋ねたりしない、「何をすればいいの?」なんて。
私は居るだけでいい。居るだけで、みんなは大笑いをし、割れんばかりの拍手をくれるのだから。

出演 酒井香奈子

脚本・演出 末原拓馬(おぼんろ)

公演日程

2014年12月27日(土)〜12月28日(日)
12月27日(土) 19:00開演
12月28日(日) 14:00開演
12月28日(日) 18:00開演

受付開始・整理券配布・当日券販売は開演の60分前

開場は開演の30分前です。

なるべく開演の5分前までにご来場ください。

料金
前売・当日:3,500円


チケット発売中
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002142458P0050001P006001P0030001

at 10:24|PermalinkTrackBack(0)

2014年11月21日

高望むはなし。


ほんとうに無謀だと思ってました。
一人で舞台に立つということ自体が不安だし、観てられないものになるんじゃないかって。

痛々しいのはやだし、そりゃ、『下手の宣伝してどうする』と言われるのもわかる

そんな不安はもちろん人に伝わるし、不安の連鎖で、まわりからのプレッシャーも勝手に感じて、ずっと泣きそうな気持ちで、とにかくただただ稽古をしてました。

先日事務所に向けて一人芝居を公演いたしました。

稽古で辿り着いた場所、目指した方向には行けず後悔の残る結果でした。
だけど、とても前向きに倒れました。目指すべき先がわかる。

そして、とりあえず最後まで立つことは出来た。

ようやく、一人で舞台に立つことができる。数ヶ月かけてようやくです。

とりあえずいまなら、やれる範囲内でそれなりにやれるのかもしれない。
そう思えるまでも、やっとでしたが…

だけど、そこでとりあえず公演しても、頑張ったで賞。褒めてもらえるかもしれないけど、素晴らしくはない。

今回私が求めているのはそこじゃない。

酒井香奈子の一番頑張った姿をみせたいんではないんです。

最高の作品を届けたい。

目指すのはもっともっともっと上です。

こわい。
私にはかなりな高望みです。だけど望まなきゃ一生辿り着かない。
望んで望んで本気で準備をして挑む。

本気で、観てくださった方の一生の記憶になる永遠の作品を作りたいんです。

そうしなきゃ、永遠に残る作品作りをしている素晴らしい世界で、私は必要とはされない。
私はその世界に居たいのです。

だから、ドキドキしながら精一杯高望みをしています。


2014-11-24-10-12-47



酒井香奈子一人舞台
『ギルムルの花束』

汚いテントの、薄明かりの中、ベトベトの暑さに苛立つ酔っ払いのヤジを浴びながら、空中ブランコ乗りや猛獣使いたちが命懸けの芸を披露する。
あ、そろそろ私が呼ばれる番だ。
ゼニババが、ダミ声高らかに私のことを紹介するや、さっきまで白けていた客席がワーッと盛り上がる。
もちろんそれが興味と下世話な関心に満ちたものであることくらいは私でもわかる。
さぁ行っておいで、と背中を押された私は、もう尋ねたりしない、「何をすればいいの?」なんて。
私は居るだけでいい。居るだけで、みんなは大笑いをし、割れんばかりの拍手をくれるのだから。

出演 酒井香奈子

脚本・演出 末原拓馬(おぼんろ)

公演日程

2014年12月27日(土)〜12月28日(日)
12月27日(土) 19:00開演
12月28日(日) 14:00開演
12月28日(日) 18:00開演

受付開始・整理券配布・当日券販売は開演の60分前

開場は開演の30分前です。

なるべく開演の5分前までにご来場ください。

料金
前売・当日:3,500円


チケット発売中
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002142458P0050001P006001P0030001

at 12:33|PermalinkTrackBack(0)

2014年11月16日

少しだけ宙に浮いた

2014-11-11-00-55-39

『ギルムルの花束』

汚いテントの、薄明かりの中、ベトベトの暑さに苛立つ酔っ払いのヤジを浴びながら、空中ブランコ乗りや猛獣使いたちが命懸けの芸を披露する。
あ、そろそろ私が呼ばれる番だ。
ゼニババが、ダミ声高らかに私のことを紹介するや、さっきまで白けていた客席がワーッと盛り上がる。
もちろんそれが興味と下世話な関心に満ちたものであることくらいは私でもわかる。
さぁ行っておいで、と背中を押された私は、もう尋ねたりしない、「何をすればいいの?」なんて。
私は居るだけでいい。居るだけで、みんなは大笑いをし、割れんばかりの拍手をくれるのだから。


動き出しました。
酒井香奈子一人舞台『ギルムルの花束』

絶対に素晴らしい公演になる。
いまから胸が苦しくなっています。
私にしか出来ないことを、どうか、あなたのもとへ。

本日チケットが発売になりました!

チケットが1枚予約されるたび
劇場の客席ににひとり増え、またひとり、ひとり…

その景色がイメージされます。
席が埋まるたび覚悟と希望が募って、いっぱいになった時、私の物語がはじまる!

…正直言えば、席が埋まるまではかなりかなり果てしないのです。
ですが、稽古が進むたびにどうしてもどうしてもみんなに観てもらいたくなると思うの。
あまりに全員、私を知らない人にも全員に観てもらいたくなって、想い的には足らなすぎる客席数です。
だから、妙に不安はないのですが、そんなつもりで作っていることは沢山沢山伝えなくちゃきっと伝わらないから、伝えられるだけ伝えます。

酒井香奈子を1ミリでも知っているひと、まったく知らない人も、
観てよかった!と言ってもらえるように。

精一杯、準備します。

どうか、何が起こるのか、見守りに来てください🎶

チケットは…

イープラス
http://t.co/hyz5xDyB20
こりっちチケット
https://t.co/Mn5BTddZOA

2014-11-17-14-17-53

アロハプロジェクト緊急企画会議11月イベント!
2014-11-16-14-56-50


とっても幸せなイベントになりました。

本当にありがとう!


今回準備的にはなかなか手がまわらず物販などはやりこぼしてましたが…
とても大切に思っていた朗読と、公演に向けての話は沢山出来て
話しながら、どんどん12月の公演は近くなってくるし、一緒に見据えてもらえてる気がして嬉しくなりました。

朗読も朗読中、聴いてくれているみんなが主人公と一緒にドキドキしたりワクワクしたりしてくれている顔や、想像をしている姿はとても美しくて。

私にも力がみなぎりました。


10月はほっぷ。うまく飛べなくてハワハワハワハワしてた。

11月はすてっぷ。少しだけ宙に浮いた。みんなでなんだか嬉しくなって、やれる気がしてきた。

12月、本当の本気でじゃんぷ!!!


どこまで高く飛べるかな。
どんな景色なのかな?

一緒に観に行きましょう。

2014-11-16-21-27-29


birthdayもありがとう!!!

主催イベントでサプライズ!ほぼ会場つきっきりなのに。全部手伝っていたのに、ケーキが隠れてるなんて気付かなかったよ。

びっくり。






一生の、宝になる公演

何一つやりきれなかった後悔は残さぬように
全力で進みます✨





at 22:19|PermalinkTrackBack(0)
プロフィール
酒井香奈子(さかいかなこ)
11月11日生まれ。福岡県出身。尾木プロ THE NEXT 所属。2005年、TVアニメ『REC』でヒロイン・恩田赤役で声優デビュー。以降、声優、歌手、グラビア、舞台等で活躍中。
ギャラリー
  • ギルムルブログ
  • 奇跡を起こす方法
  • 高望むはなし。
  • 少しだけ宙に浮いた
  • 少しだけ宙に浮いた
  • 少しだけ宙に浮いた
  • 少しだけ宙に浮いた
  • その時よりも、2カ月前の私の話
  • 次に向けて走り続けます。
携帯電話からも読めます
QRコード
☆お願い☆
※ブログのコメント・トラックバック欄は【承認制】です。

管理人さんの承認後に反映されます。反映までしばらくお待ちください。
あと管理人さんが記事に相応しくないと判断した場合には、削除させて頂く事もあります。ごめんなさい!

※ブログに掲載されているすべての素材は無断使用・無断転載・無断配布を禁止します。