TOP > 営業停止 > ニューウエイズジャパンに一部業務停止命令

ニューウエイズジャパンに一部業務停止命令


ニューウエイズジャパンは、以前から繰り返しマルチ商法であることを各方面から注意するように言われていたそうなのですが、ついにニューウェイズジャパンに、勧誘や新規契約を禁じる3カ月の一部業務停止命令がだされました。

経済産業省から、2008年2月20日、特定商取引法違反(不実告知など)で、3ヶ月間の一部業務停止命令です。この命令により、ニューウエイズ社は、3ヶ月間勧誘や新規契約が禁じられます。

いったい、なぜ業務停止命令が出されたのでしょうか?経済産業省によれば、ニューウェイズの会員らは、医学的根拠がないのにシャンプーや栄養ドリンクなどについて、「アトピーが治る」「(使用者は)がんが再発していない」と虚偽の説明をし、ニューウェイズジャパンへの入会や、商品購入を勧めたことにある、としています。

また、大手メーカーの製品名を挙げ、こちらも医学的根拠が全くないにもかかわらず、「この製品を使うとガンになる」などと偽ったとされています。

さらに、「1カ月100万円くらいの収入が得られる」などとして会員を募っていますが、実際には大半の会員が小額の収入しかえられていない点も問題視されたようです。
ただ、実際に大きな収入を得ている人もいることも事実です。

以前ニューウエイズ製品を勧めた知人は後発組で、組織の底辺からのスタートでしたが、順調に勧誘と収入を伸ばし、昨年の10月からはついには本業をやめてニューウェイズの商品販売の一本で生活を始めました。

ネットワークビジネスで副収入 - livedoor Blog 共通テーマ