P1020096

 台東は台湾の南東に位置する都市であるが、それほど大きな都市というわけではない。街の中心部付近から、海のほうにフラリと歩いて散策していると、海浜公園に突き当たった。

 せっかくなので、中に入って海のほうまで行ってみることにした。

P1020097

 たまに戦闘機がバリバリと音をたてて飛来するが、公園の中は静かなものだった。ぽつりぽつりと地元の人が散歩をしている程度だ。

 訪れたのは正月明けの真冬の最中である。台湾、特に南部は熱帯の南国であるし、我々日本人にとっては十分暖かいくらいなのであるが、それでも海水浴を楽しめるような気候ではない。暑くなってきたら、人も多くなるのかも知れない。

 また天気がもっとすっきりと晴れていれば、また海も空も青く輝いて綺麗なのであろうが、あいにくの曇り空だった。そういえば台東は名前の通り台湾の東岸にあるので、朝日が綺麗に海から登るのだろうと思う。台東に泊まったときには思い至らなかったが、次に訪れる機会があれば、観に行くのも良いかと思う。

 まぁ南国の冬の曇天の海という、輝いているのか厳しいのかわからないような自然の表情もまたアンバランスさを感じて面白いものである。

【写真】2013年1月
【文章】2017年6月


にほんブログ村 旅行ブログへ