そういえば、そろそろ年末調整やらのシーズンですね。

 私は社会人になってから長い間会社勤めで、給与から源泉徴収されていましたし、副業も特にやっていませんので、あまり確定申告などにも気を払ったことがありませんでした。

 今は病気療養中(つまり無職)、収入があれば確定申告をしなければならない身ですので、知っていることや調べなおしたことを、少しばかり備忘録として記しておくことにしました。

基本的な確定申告

 基本的に個人事業の場合、年間38万円以内なら非課税。ただし給与所得者の場合、つまり副業での収入の非課税範囲は20万円以内です。もちろん経費分は差し引くことができます。

 例えば副業でアフィリ等をやっていて月2万円程度の収入があれば、確定申告しないと脱税になってしまいますので注意が必要ですね。「忘れていた」「知らなかった」と言っても、それで済まされるわけはなく、見つかれば追徴金をとられてしまいます。最近はデータもデジタルですし、マイナンバーもありますから、見つかりやすいのだと聞きました。実際のところは知りませんが。

これを基本として、以下は私の場合(備忘録)


健康保険組合からの傷病手当金

 健康保険組合に傷病手当金というものを申請して、頂戴しました。これは非課税なので、申告対象外。

ブログ収入やそのほかネット収入

 当ブログの場合、特に利益を目的としていません。一応広告はありますが、一日平均3円程度、年間でも千円もいかない程度です。アフィリエイトもやっていません。

 ポイントサイトはどうなのか調べていません。獲得したポイントを全部現金に換算しても、年間数千円程度なので、問題ないのはわかっています。

 また、ネットのライターとして稼いでいるわけでもなく、ネットでの物品売買なども行っていませんので、完全に非課税範囲内です。

株や投資信託などの有価証券の売買利益

 株や有価証券などの売買の利益には、当然ながら税金がかかってきます。ただし私の場合、株も投資信託も源泉徴収にしているので、確定申告の必要はありません。

 株の取引きに使っているPCの購入費くらいは経費の一部にできるかも知れないのですが、経費扱いできそうなのもそれくらいですし、PCは他の用途にも使っているので微々たるものです。故に手間などを考えると、源泉徴収にしておくほうが無難と判断しています。

 もちろん利益が上がらなければ払う必要はないです。今年度はいくばくかの利益が出ていますので、年末に含み損となっているものを売ることで全体の利益を減らし、すでに源泉で取られた分を少しばかり還付してもらえるように調整はしますけれどね。

最後に

 というわけで、私の場合は特に確定申告は必要ないようです。

 昨年途中や今年からブログを始めて収入がある方などは、忘れてしまいがちだと思います。ご注意くださいませ。


にほんブログ村 旅行ブログへ