DSC_0158

 眼光鋭く、辺りを警戒しているように見える。

 若いアオサギ、だろうか。島根県松江市にて。

 以前の記事にも書いた通り、あまり鳥に詳しいわけではないので、色々な鳥を見かけても名前がわからない。とりあえず写真に撮っておいても、名前がわからなければ、調べるのも容易ではない。単語だけでなく、画像や音楽を対象に検索できる機能ができれば楽だと思う。恐らく素人の私がそう思うくらいだから、きっともう開発中で、近々できるようになるような気がする。昨今のAIを前提とすると、理屈では実現可能だと思える。

 そんな話はさておき、鳥の表情というのは、観察するとなかなか面白い。雀の顔を紹介した記事でも紹介しているが、飼ってでもいなければ、普段は鳥の表情を観察できるほど近くに寄ったりはできない。たまにこうやって接近できたりすると、予想していないような表情が見られたりするのだ。

 いや、表情と言ってよいのかどうかもわからない。人間が感情の動きから筋肉等を動かして笑顔や緊張などの表情を作り出す機能を、鳥が全く同様に持っていることはないだろう。しかし、人は面白いことに、無機物の電車や自動車のフロントマスクでさえ、人の顔の表情の特徴を重ねてイメージを受け取ってしまう。鳥の顔も、例えば人の怒っている表情のイメージに近ければ、鳥が怒っていると受け取ってしまう。本当に怒っているのかどうかは定かでないのだが、それもまた一興ということで。

※鳥の名前がわかるよ、という方は、コメント等でお知らせ頂ければ幸いです。

【写真】2017年9月
【文章】2018年2月
にほんブログ村 旅行ブログへ