2013年03月12日

光触媒の効果

弊社のエントランスにおいて、光触媒の効果を実験中です。

光触媒は太陽光や蛍光灯に含まれているエネルギーを吸収して化学反応を起こす触媒の総称です。
植物が葉緑素を使って光合成しているように、鉱物の酸化チタン(Ti02)をインテリア・プランツ(人工樹木や花)にコーティングすることによって、光触媒反応としての酸化還元反応を起こし、さまざまな効果をもたらします。

2011年4月から約2年間置いていた光触媒加工の造花と、何もしていない造花を比べると・・・



【何も加工していない造花】

31

11


当然ホコリが付いて汚れてきます。



【光触媒加工をした造花】

46

52


一切ホコリが付きません。購入時そのままの綺麗さを保っています。


家の新築時に内部にコーティングすると、汚れが付きにくい、キッチンフードの油汚れがさっと取れる、嫌な臭いを分解する、空気清浄効果がある、など様々なメリットが得られます。
詳しい説明は弊社ホームページを御覧ください。

<光触媒とは>
http://sakakibaradesign.archange-ami.com/flower/flower2.htm



SAKAKIBARA DESIGN
http://www.sakakibara-design.com/

sakakibara_design at 22:17│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック インテリア 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード