2013年03月30日

アーキテクチュアルフラワーの世界

アーキテクチュアルフラワーとは弊社の作った造語で、建築を美しく飾る光触媒加工を施した人工の花や植栽の事を言います。

よりリアリティーを求めて、さらにグレードアップすべく商品開発を進めています。
クオリティーは目まぐるしい勢いで進化し続けています。
この鉢植えを見て、本物かどうかの区別が付く人がどれだけいるでしょうか。

27


ヒヤシンスなどの水耕栽培の場合もこの通り。

09


こちらは実際に陸前高田の奇跡の一本松を復元をした樹木を作った工場です。
あまりにもリアルなので、根本のボルトを見るまでは人工だと気がつく人はいないでしょう。

P1080359

P1080360


日本のテーマパーク等にも結構入れてますので、南国でもないのに枯れないヤシの木があったらそれは人工樹木かもしれません。
でもやっぱり人工のものには抵抗がある・・・という方にも自然を取り入れたぴったりな方法があります。
興味を持たれた方はお問合せ下さい。

info@sakakibara-design.com


SAKAKIBARA DESIGN
http://www.sakakibara-design.com/


sakakibara_design at 19:07│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 光触媒 | インテリア

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード