漫画家 橋本孤蔵blog “孤蔵の仕事”

漫画家“ 橋本孤蔵 ”の仕事と趣味の世界です。                                     代表作「江戸前鮨職人・きららの仕事」                                          「渡り職人残侠伝・慶太の味」(原作/早川光)集英社。                             現在、「鬼役」(原作/坂岡真)コミック乱・ツインズ(リード社)にて連載中!

「鬼役」総集編~天守金蔵荒し

雑誌サイズの「鬼役」総集編が、本日25日発売です!

CIMG7260

このサイズの総集編の発売は漫画家人生で初。
一度は出せたらな~とずっと思っていたので、とても嬉しいです!

総集編には、現在ここでしか読めない単行本・未収録作品「武士の矜持」が収録されてます。
CIMG7270

是非、コンビニでお求めくださいませ。

よろしくです~!


昔のリベンジ

次号の雑誌表紙の「鬼役」カラーなんかも描きながら、現在作画中です。
CIMG7200

今日は最近入手した1枚を。

Herb Geller / Fire In The West      JUBILEE JGST 1044
CIMG7225
CIMG7226
JUBILEEの青ラベル・MONO盤です。

このアルバムの存在自体は何の珍しさもなく、エサ箱に売れずにゴロゴロしてます。
ただ、それらの殆んどが再発ウニ・ラベル(白黒とカラー)の風引き盤です。
僕が29年前にディスク・ユニオンでバイトしてた頃には「ウニ・ラベル」と呼ばれてたが、今もそう呼ばれてるかは不明???
848736

「よし、いつかカゼ引きのない青ラベルのMONO盤を手に入れよう!」
そう思ったのは、もう25年以上も前の事。

それから何度か青ラベルに出会ったが状態の悪いのばかりで購入には至らず、そんな思いもすっかり忘れて月日は流れて...

それが先日、この美品のMONO盤に出会い25年前の思いが蘇りました。
で、ついつい買ってしまいました。昔の思いのリベンジです。

いや~この硬質のガッツある太い音はMONOならではで、ハーブ・ゲラーのアルトにルー・レヴィーのピアノは別人のように逞しい音で鳴ります。
ただケニー・ドーハムのトランペットはもっと生々しい音のアルバム(JARO盤とか)が他にあるので、特に驚く音ではないかな。

さてさて、作画にもどります





発熱~

前回の〆切り前から咳が止まらず風邪?に苦しんでいたのだが、原稿も終わり回復したかと思いきや発熱、37.8℃ながら頭痛と関節に痛みに悩ませれています。
それでもボォーとしながら担当編集者の催促メールを無視しつつ、ネームを続けています。


そんな中、あまり集中して聴けてなかったけどこれらを流してました。

Frank Foster / Here comes
      Blue Note 5043 10inch
CIMG7168
フランク・フォスターのリーダーアルバムはこれとARGO盤
「Basie Is Our Boss」 しか持ってないけど、オリジナル盤で3割増しによく聴こえるテナーの鳴りっぷりが好きです。


Mal Waldron / Mal 3 “Sounds
”   PRESTIGE 8201
CIMG7172
マルの中でもあまり人気のないアルバムだと認識していて、フルートがエリック・ディクソンではなく、ドルフィーだったら人気も違ってたのだろうな。
マルがこの頃多様していたダブル弦楽器、チェロとベースがいい感じてアクセントになってボーカルもアンニュイにシネ・ジャズのような雰囲気を漂わせていて、個人的には好きなアルバムです。
所有盤は、NEW JAZZ・溝あり・風邪引きなし


Tommy Flanagan Trio / Moods Ville 9   
PRESTIGE Moods Ville No.9
CIMG7179
たまに針を落とすけど毎回がっかりさせられる盤です。
このMONO盤は、太溝・カゼ引きなしだけどヴァンゲルダーの音がイマイチなんだな~。
ピアノはもさっとしていて音の粒立ちも悪く、燻された煙の中で聴いてるような不明瞭さでトミ・フラが良い演奏してるだけに残念。
このオリ盤、今の所はまだ所有してますがずっと買い取りに出す候補になってます。

普段は、
ピアノの粒立ちがオリジナル盤よりは良いOJCリマスターCD(ステレオ)で聴いています。
CIMG7182


と、実はこのブログは一週間前に書いたもので、デジカメの調子が悪くジャケ写真が撮れなかったのでそのままになっていたやつでした。今は体調も回復してます。





Johnny Martel の2枚

現在「鬼役」のネーム中なのだけど、
ふと... Johnny Martel のGONE盤の2枚が頭に浮かび、
「そう言えば、どんな演奏だったっけ?」と、なり
気になったらネームの手も止まり、こりゃまずい~てな訳で、
さっそく棚から引っ張り出してきました。
CIMG7097
所有盤は、あえてSTEREOで揃えてたオリジナル盤。
手探り感のあるステレオの音がこのピアノ・トリオには合っていて好きです。

その昔「JAZZVILLE 4 A.M.」なんてセンチュリー国内盤で散々聴いたのに、歳のせいなのか音の片鱗も浮かんでこない。
いざ針を落としてみると...

「ああ~そうだそうだ。この端正なピアノだ~」

と、記憶が呼び覚まされたのでした。

Johnny Martel  /  JAZZVILLE 4 A.M.     GONE RECORDS LP-5001
CIMG7093

Johnny Martel  /  I Cover The Waterfront   GONE RECORDS LP-5005
CIMG7095

これらは1960年録音のジョニー・マーテル24歳のデビューアルバムとセカンドアルバム。
マイナーレーベルとは言え、立て続けにリリース出来たのだから幸運と言えるのではないだろうか。
ただ、同じ1960年にハービー・ハンコックがデビューしてるのを考えると、ジョニー・マーテルは遅れてきた新人であり、もはや端正なスタンダードを得意とするジャズ・ピアニストとして生計を立てるのは難しい時代であったわけで、2枚のアルバムを残し消えたのもうなずけてしまいます。
だけど現在の日本では、今やマイナーなピアニストではなくコレクターなら誰もが知るピアニストなのだから決して悲観することではないのかも知れませんね。



ゴールデンウィークの買い物

久しぶりにディスク・ユニオンでお買い物してきました。
新譜CD2枚とゴールデンウィーク・セール品から2枚です。
CIMG7069

妹尾美里+宇野亜喜良 / La Blanche  (絵本CD)  限定【SHM-CD】
CIMG7061
妹尾美里さんの新譜は宇野亜喜良氏とコラボした絵本CDでした。
良いメロディの曲も数曲あったけど一度聴いた段階では僕にはピンとこなかったかな...
でも、装丁がいいので手元に置いておきたいCDです。

Modern Jazz Group Freiburg
CIMG7059
たいして騒がれもせずリリースされてた激レアEPの復刻CD。
CIMG7057
LPも出てるけど、CDにはボーナストラックでSABA・MPSの音源が7曲収録されてます。
※後で気づいたのだけど、ボーナスの1曲「Round Midnight」は録音日不明ながらバルネ・ウィランとの共演でした。

Vagif Mustafa Zadeh Melodiya 7”
CIMG7063
ヴァギフ・ムスタファ・ザデの7インチシングル盤。
ロシア語の曲名は読める分けなく、取り合えず安かったので買ってみた。
聴いてみると曲目は「The Man I lave」と「The Temper」で、
これは以前10インチが復刻されたCD-Rに、ボーナスとして収録されていた2曲でした。
10インチと、そのCD-R。
CIMG7068
CIMG7064
CIMG7065

◆King Pleasure / Sings     Prestige LP208
CIMG7089
キング・プレジャーの10インチ。
歌、演奏はともかく、プレスティッジ10インチのこの存在感で買いです。


あと、
DON・MENZA~ドン・メンザに数枚CDを追加しました。
CIMG7087




ギャラリー
  • 「鬼役」総集編~天守金蔵荒し
  • 「鬼役」総集編~天守金蔵荒し
  • 昔のリベンジ
  • 昔のリベンジ
  • 昔のリベンジ
  • 昔のリベンジ
  • 発熱~
  • 発熱~
  • 発熱~