坂道らいふ! ~田舎のアラフォー自転車日記~

ロードバイク乗りなら一度は『動画を撮ってみたい』と思ったことがあると思います。
ユーチューバーでなくとも、「この道良かった!」「あの山がキツかった…」「グループライドが楽しかった♪」それを動画で伝える事が出来るアクションカメラ。
GoProなんか有名ですね。
 

GoProでは無いですが、年末に前後のライト兼カメラを入手しました。

先ずはリア用のFLY6
これは購入を考えていたところ、TCPメンバーのkzk君が買い替えたので前のやつを譲ってくれるってことで、破格の¥3,000+ラーメンでGet
テールライトとしても30ルーメンと結構明るいので良いですね。
ただ、ライト単体としては使えないので注意。

対応するmicroSDは32GBまで。
付属する8GBだと2時間しか録画できないので、1日分録画したいとなると32GBで8時間ほどが限界。
アクションカメラというより"ドライブレコーダー"なので、カード容量を超えると自動的に古いものから上書きされていきます。
なので長時間撮影したい場合には途中でカードを入れ替える必要があります。
しかし、バッテリーが5〜6時間しか持たないので途中で充電が必要。
休憩や食事中は電源を切り、モバイルバッテリーと繋いでおくと良いですね。

今の問題はファイル間の前後30秒ほどが切れてしまうのと、電源を切る前のファイルがいくらか保存されてない、撮影時間が短い(1ファイル1分程度になってることも)という症状。
肝心なところが撮れて無い…って事があるのはちょっと痛いので原因を突き止めたいところ。

※元のSDではちゃんと撮れてて、手持ちの32GBだと上記症状が出てるようです。
とりあえず新しいカード買ってみますかね。

↓元のmicroSD(Kingston 8GB)
2018-01-12 (1)
きちんと10分間隔で撮れていて映像が切れてるところも無いです。


↓家に眠ってたSunDisc 32GB
2018-01-12
1ファイルのデータ量も小さいですし、時間もまちまちになってますね…

※Check Flashというソフトで診断してみましたが異常無し。
今日の通勤で使ってみましたが、問題無く撮れてました(;´・ω・)

取り付けはゴムバンド(現行品はベロクロ)
IMG_2063

一応、台座と分割になってますが、ツメがクッソ硬くて外そうと思うと破損しそうなので、台座ごと脱着した方が早いです。
充電、映像チェックで結構頻繁に脱着するものなので改良して欲しいところ。
休日ライドはサドルバッグ付けてないので問題無いのですが、通勤時はオルトリーブのLを使ってるのでとりあえずこんなとこに付けてみました。
IMG_2064
サドルバッグとホイールが映りますが見れない事もないですね。
↓朝の映像(ライトが眩しい…w


↓夜の映像(明かりが無い道は真っ暗ですね…




フロントのFLY12はモデルチェンジ前だからなのか、Amazonで半額ほどになっていたので自分へのクリスマスプレゼントという理由付けで購入。

フロントライトとしても400ルーメンとソコソコ明るいです。
こちらのmicroSDは64GBまで対応、バッテリーは10時間って事なので普通のロングライドくらいなら何とか保ちますね。
ライトを併用するとちょっと心許ないですし、保険としてモバイルバッテリーもあるとより安心でしょうか。

こちらの取り付け方は主に2パターン。
1.GoProと同じ規格のネジ止め。
これは専用のハンドルマウントが付属しています。
私はとりあえずレックマウントに取り付けようとしたのですが、何度やってもネジが斜めに入ってしまうので諦めました(´ーωー`)

2.ガーミンマウントに取り付け。
ただでさえやや重量があるのにパーツが増えてしまうので少しでも軽くしたい人はやらないですかねw
IMG_2070

しかし、こちらの方が圧倒的に脱着が楽。
レックマウント改造して裏面もガーミンマウントにしようかと真面目に考えたくらいですw

先日のゾンコランライドではとりあえずガーミン純正マウントで下向きに取り付けてみました。
IMG_2069
レックマウントでスッキリしていたはずのハンドル周りがまたゴチャっとしてしまいますし、ケーブルアジャスターと擦れて早々に傷が入ってしまいました。(´ーωー`)
IMG_2074

やはりレックマウント改造かアダプター追加かなぁ…
でも下向きだと動作LEDが見えないんですよね…
ステムに持ってくる?するとライトとしてほぼ使えなくなるし…
レックマウントにfly12とvolt1600、ガーミンはステムに付けるか?

う〜ん…悩ましい。

レックマウント下に付けていたvolt1600はとりあえず通勤鉄下駄の前輪に移動。
IMG_2071
ガーミンのマウントでこっちに付けるのもありか…?

↓明かりのない所でのライト比較

FLY12単体でも結構明るいのが分かりますね。
volt1600のHiモードのクソ明るさもお分かり頂けるかとw
そして夜でも結構鮮明に撮れてますね。


アウターケーブルがまたここで折れてるのを発見llllll(-ω-;)llllll
ケーブルの取り回しも考えないとなぁ…

ちょいネタはいくつかあるのですが、待ってる人が居そうなので1/7のグループライドレポートを先に書きます。



いわゆる激坂と呼ばれる坂の中でも、敬意と畏怖の念を持って「○○のゾンコラン、○○のユイの壁」などと称される坂があります。
ツールやジロを知らない人(私も殆ど見た事無いのですがw)にとっては「何それ?」って話でしょうが、『普通は自転車で登れない(登ろうとすら思わない)ような坂』って認識でOKですw

自転車乗りという生き物はそんな見たら笑ってしまうような激坂が好きなもの。
登るか否かは別としてw

まぁ、そんな設計ミスな坂が北九州にあるので見学"死に"行きませんか?という、ツアーに参加してきました。



年末もちゃんとメンテする暇なかったので、前夜にチェーン回りの清掃と軽く拭き掃除。
この季節のパーツクリーナーのブリザガっぷりたるや…:;(∩´﹏`∩);:

当日は夕方遅くからの雨予報が出ていたので車載で向かう為、メンテが終わったらヘルメットやらシューズと共に車に積んでおきました。



6時起床の6時半出発。
北九州は岡垣町、波津海水浴場にある観光ステーション「北斗七星」に朝9時集合でした。

参加者は8名。
ろかせずさん(記録的な意味で目の上のたんこぶ
クレメルさん(尻眺め隊
makinpoさん(散財メカニックマン
TATSUYAさん(誕生日おめでとうございます(遅
ゆーくん(若いって怖い
タッツーくん(新成人おめでとう
Mr君(放置プレイならず
※一部失礼な感じですが親愛を込めた一言ですのでご容赦下さい(๑❛ڡ❛๑)☆


初めましての挨拶と軽いミーティングをして出発。
綺麗に整備されたサイクリングロードを東へ走ります。
左手にはひたすら海が広がり、開放的で気持ち良いですね。
こういう道はゆるぽたにもってこいですな(*´ω`*)
近くだったら子連れでトレーラー持ってこれるんだけどなぁw

サイクリングロードを抜けたら、細い道を抜けて遠賀川沿いを南下します。
ここもトレーラーには良さそうでしたなぁ〜

すぐに解決してましたが、この男は何かしら事を起こさないと気が済まないのでしょうかw

先頭に出たら絶対放置してやると目論んでたんですが、残念ながら大人しかったですね( ⁎●᷄⌳●᷅⁎ )チッ

川沿いのクソ平坦エリアを抜けて街中へ入り、ちょっと早めの昼食。

『まるら・らーめん 木屋瀬店』
まるらーめんではなくまるららーめん。
地味にややこしいw

バリ旨のミニチャーハンセットにしました。
あっさりとんこつで美味しかったです。
チャーシューも薄くて好きなやつ(*'∀'人)
写真上げてたらまた食べたくなってきましたw
やっぱとんこつ細麺ですよね〜(*´﹃`*)

絶品ラーメンを堪能した一行は国道を通り、県道61号へ。
ここからちょっとした峠なので各自のペースで〜ってスタートしたものの、途中までTATSUYAさんに着いていく一行w

暫く登ってTATSUYAさんを抜いた自分を含む4名。
ろかせずさんがグイグイ登っていくので、2番手で後続から煽られてたワイも脱落。
5%くらいの緩い登りって何故か苦手なんですよね…

頂上付近で合流し、県道を下っていくと到着しました。
本日のメインディッシュ『河内ゾンコラン』
初めて見た人は皆同じ印象だったでしょう…










『これは酷いwwwwwwwwwwww』

もう笑うしかないですよねw
ここを自転車で登る?

一般人「無理に決まってんじゃん、バカじゃねーの?」

ノーマルローディ「いやいや、これは無理でしょwww」

チャレンジ精神旺盛なローディ「どこまでいけるかな…(ゴクリ」



















変態ローディ「やべぇwww楽しそうwwwwwww」

正直、見た瞬間ワクワクしましたwww

みんな写真を撮ったり、斜度を測ってみたりw
「写真じゃ伝わんないだろうな~w」ってみんな言ってましたねw
2018-01-07-21-58-32

ろかせずさんが斜度計で測ってましたw
2018-01-07-23-10-30

25%てwwwww

これまた一般人にはピンとこないでしょうが、普通の高架などの坂道で大体5%~きつくても10%無いと思います。
25%となると歩くにもかなり前傾になるような坂です。

そんな坂を自転車で登ると思うとワクワクが止まりませんね?(。・艸・)

みんな様子を伺ってる感じで逝こうしないので先陣を切って挑戦しました(๑•ㅂ•)و✧
ボトル、ツールボトル、デジカメ、財布類をパージw
ギアはもちろんスタートからインナーロー。



ご覧の通り、何とか登りきることができましたが瀕死もいいとこですwww
頑張りすぎてその後ずっと咳が出るやつ_(´ཀ`」 ∠)_
たかが300mと思ってましたが、長いですわ… 
ホントはもっとしっかり編集したかったのですが、パソコン重すぎて最小限のやっつけ編集になってしまいました(;´ω`)

それにしてもこの道作った人、ほんと頭悪いわw


自分の後に登ってきたのはろかせず氏。
一度止まってたけどセミコンパクトで登れる辺りは流石です。
続いてゆー君が登ってきたんですが、全くふらつくことなく登ってきました…
息もほとんど乱れた様子が無い。
前のオジサン2人は持病の発作でも出たかのようにゼーハー言ってるというのに…
何この子、怖いカタ:(ˊ◦ω◦ˋ):カタ

次はMr君がリベンジ達成。
あとで記録見たら負けてた。
もう登りも普通に負けるな~

最後に来たのはタッツー君。
途中で一度止まってましたが登ってきました。
後で知ってビックリ、ノーマルクランクにスプロケ11-23…
え…何?この子もバカなの?カタ:(ˊ◦ω◦ˋ):カタ

この斜度を39-23?でどうやったら踏めるのさwww


若いって怖い。

ゆー君もタッツー君もハイエンドな物を使ってるわけでもない。
若いってだけじゃなく、やっぱ何だかんだ言ってもエンジンだよなぁ…としみじみ。


下りは歩きましたw
後ろからろかせずさんとタッツー君が乗って下ってきたので、途中から乗ってみようとしましたが…
跨って片足クリート嵌めた時点で『あ、これアカンやつや』と察し、ブレーキを緩める事もなくそっとバイクを降りましたwww
歩きは歩きでビンディングだと滑りそうで怖かったですが。
実際クレメルさんがズリッ!ってなってる動画も撮れてますが公開はしないでおきます(。・艸・)


ゾンコランを堪能した後は皿倉山が予定されていましたが、夕方の雨予報が早まっていたのでそのまま帰還することになりました。

惜しまれつつ閉園となったばかりのスペースワールド。


途中、makiさんオススメの絶景スポットに立ち寄りましたが、生憎の空模様(´ーωー`)
晴れてたら夕日が綺麗でしょうな〜

行きと同じサイクリングロードを走り、無事に帰還。

Mr君は言われなければ気付かず直進していたらしいです。

やはり先頭に出しとくべきだった…(・д・)チッ…

自走組とお別れした後、暫し談笑して解散(。・ω・)ノ゙
makiさんの散財話楽しかったですw

帰りにコンビニでカレーまんとチキンカツサンドを食べたにも関わらず、その1時間半後にラーメン食ってしまいましたw

ゾンコランととんこつは1セット。

とんこつ2回摂ってますがね_(:3」∠)_

明けましておめでとうございます。
今年は更新頻度を上げるとか言っておきながら…あっという間に正月休み最終日。

…って下書き更新してたらもう今日は仕事初めですw

なかなか書く時間が無くてですね(;´ω`)


さてさて、今年最初のネタは大晦日からやっていたDIYです。

部屋に子供の物が増えて狭く感じてきたこともあり、とりあえず無駄にデカいパソコンデスク(120✕60)を処分することに。
とりあえず5,000円でフリマサイトに出してみたけど売れるかな〜?(買値は15,000円弱)

居場所を無くしたパソコンはチェストの上で使う事に。
デスクに比べるとちょっと高さがありますが、そんなに長時間使う事はあまり無いので問題ないでしょう。

プリンターやらパソコン回りをスッキリさせたかったので、いい具合の棚が無いかと探してみたんですが、手頃な幅の物が見つからず…

ならば作るしかないでしょう。
カットはホムセンでお願いしてきたので、下穴を空けて組み立てるのみ。
高さはチェストに合わせてフラットにしたかったので、プリンタを入れる棚の高さが1番悩みました。
棚板を固定して、下段は目隠しに裏板を取り付け、プリンタの棚はL字ステーで補強しておきました。

最後にザッとペーパーで磨いて完成。
チェスト裏にはコンセントとテレビアンテナ線があり、そのままでは6cmほど隙間ができてしまうので、ここは100均のMDF材と積み木みたいなやつで蓋を作りました。

ビフォーの写真がありませんが…
コード類は殆ど見えないようにしたのでスッキリ(*'∀'人)
コンセントはチェスト裏から延長タップでここに収納。
ガーミンやライト、FLY12,6などは一度に充電する事が多いので、天板の裏にUSBハブを持ってきました。
これはちょっと場所を変えるか悩んでいるところ。

電動ドライバードリルは有線派。
たまにしか使わないので、使いたい時にバッテリー切れが嫌なんですよね〜

このページのトップヘ