三原の息吹

八丈島樫立「富次朗商店」のオカミが、三原山の散策記などをお伝えしています。

P7100361P7100359
去年一度も見に行かなかった斑入りのナギラン
さて どうなってるかとドキドキしながら見に出かけた
あっ!良かった!花がついてる
斑入りの葉も健在 少し日焼けしたような葉だったけれど斑もそのままきれいに入っていて
うれしい!
花はまだ蕾だったけど 2年間変わることなくあることが素晴らしい

P7030330
P7030329
      こちらはシマササバランの斑入りです
やわらかな新葉を斑が縁取りしていきいきと輝いている
残念ながら茶色の花は見頃を過ぎてしまいました

P7100378
真っ白な花 弱々しい佇まい
命短し 清純な乙女のイメージのサガミラン
今年もいつもの斜面にひっそりと咲きました
P7100380
5センチほどの株にも小さな蕾が付いていて感激です
P7030306
P7100377
今年の花立は13本 近年にない本数でびっくり!
花のある場所を見るとあちらこちらに散らばるのではなく
同じ斜面の直線上に咲いてます


P5110244
P5110239
P5110237
この花は5月の葉擦れの中にやさしいたたずまい
ほのかな香りと美しさ
P5110253
P5110252
毎年5~6輪の花を咲かせる紫色のヒゼン
黄点は濃く 香りは甘く 距は細く ニオイエビネ?と間違えそう
P5110259
P5110258
このやわらかな薄桃色の花
自然の美には ため息でしか答えられない

大変!大変!一斉に開き始めました
どの場所も満開です
P5030174
キリシマの花です
P5030176
P5060181
この花は3年ぶりに咲きました
珍しい配色です
P5060186
ヒゼンの花です
P5060187
こちらもヒゼンです   うっとり
P5060188
P5080193
P5080211
P5080216
P5080219
P5080222
それぞれ個性豊かなエビネの花です





このページのトップヘ