三原の息吹

八丈島樫立「富次朗商店」のオカミが、三原山の散策記などをお伝えしています。

P5110244
P5110239
P5110237
この花は5月の葉擦れの中にやさしいたたずまい
ほのかな香りと美しさ
P5110253
P5110252
毎年5~6輪の花を咲かせる紫色のヒゼン
黄点は濃く 香りは甘く 距は細く ニオイエビネ?と間違えそう
P5110259
P5110258
このやわらかな薄桃色の花
自然の美には ため息でしか答えられない

大変!大変!一斉に開き始めました
どの場所も満開です
P5030174
キリシマの花です
P5030176
P5060181
この花は3年ぶりに咲きました
珍しい配色です
P5060186
ヒゼンの花です
P5060187
こちらもヒゼンです   うっとり
P5060188
P5080193
P5080211
P5080216
P5080219
P5080222
それぞれ個性豊かなエビネの花です





待ちに待ったエビネの花
でも まだぱっとしない咲き方でどの株を見ても不満足気分
P4300117
P4300121
P4300122
P4300129
P4300133
P4300142
P4300132
P5020164
P5020165
後一週間
一週間後には山の中は見きれないほどに開き始める
   それも困るな~ 順々に咲いてほしい
全部の花を見たいもんね

今年の蕾の色づきは記念すべきほどの遅さ
去年の今頃はあちらこちら花盛りで身体が二つも三つも欲しいくらいだったのに
今年は一つの身体も余るくらい遅い
P4240099
P4240110
P4240111
あ~っとため息をつきながら ふと もしやあそこは咲いてるかも東に向いて暖かい感じ
   行ってみよう
わぁ~咲いてました たった一本満開でした
P4240113
P4240114
今年初のエビネの花
   さぁ~これから本番と気合が入ります

いつもの年なら今頃は野生ランの蕾がふっくらと膨らみ
山の中は春の香気が満ち溢れているはずなのに
毎日の会話は 寒いねー 温度低いねーの繰り返し
    そんな中春を告げる春ランの花がやっと開き始めました
P4200089
P4200090
P4200095
この株には4本の花が立ち上げっています
   春ランが咲くとこれから次々咲き始める野生ランの花が楽しみです

このページのトップヘ