April 24, 2017

20170423talk 4月23日(日)開催の『太陽の蓋』上映会in福山、無事に終了し、ホッとしています。参加者は受付で確認できたのでは80名。おそらくはそれ以上おられたと思います。ありがとうございました。

 上映後のトークでは、映画制作者の橘民義さんと、3.11当時の官房副長官だった福山哲郎さんにゲストとして登壇いただきました。私の進行が拙くて、時間を大幅にオーバーした挙句、じゅうぶんに質問をいただくことができず申し訳ありませんでした。それでも、予想以上に濃厚で白熱したトークは、参加者の皆さんの魂を揺さぶったのではないかと感じています。

 最近このブログではあまり詳細な行事報告を載せないことが多くなりました。そこでの内容は参加した人の特権として享受していただくのがいいのかなと、このごろ思うようになったからです。もちろん、載せることで次につながるということもあるのですが。

 なので、今回は私の主観的な感想を中心に書きます。

 進行役として私から福山さんに、「国会の外(反原発の市民運動)と国会の中とでギャップを感じたことはありますか?」という質問を投げかけました。念頭にあったのは福山さんの著書『2015安保 国会の内と外で』。原発問題ではどうだったのかを無遠慮にお尋ねしました。

 福山さんの回答は想像以上に直球でした。3.11後の民主党政権は、2030年における原発比率として「0%」「15%」「20〜25%」の選択肢を挙げ、パブコメや討論型世論調査を行いました。反原発運動の現場は「2030年ゼロなんてぬるい。即時ゼロだ」と批判的でした。このことを振り返りながら、「即時ゼロは気持ちとしてはよく分かるが、原発をやめるとなると、そのことの負の影響を受ける人たちへの手当も必要になる。それをするのも政治の役割だと思う。でも、それがなかなか理解されなかったのは本当につらかった」と福山さん。市民運動の参加者が多くを占める会場に向けて、これはなかなか言いにくいことだったろうと思います。

 私は今でも「即時ゼロ」でいいと思っていますし、「即時ゼロ」を主張する人が多ければ多いほど、中央値を早期ゼロに引き寄せられると思っているのですが、それでも、こういう福山さんの苦悩にどれだけ寄り添えていたのかなと思うと、はなはだ心もとないです。

 気になって当時の自分のブログを探してみました。ありました。例えばこれ、「エネルギー政策のパブコメに8万件!」。このパブコメに提出した自分の「即時ゼロ」の意見の後、「さぁ、政府はどうする気なんでしょうか? 案の定、無視するんでしょうか?」と、私は半ば冷ややかなコメントを添えています。

 思い出すに当時の私は、民主党政権に対して非常に攻撃的で、特に野田政権は原発推進だと確信していました。なので、このパブコメや討論型世論調査に対しても、当初は「本当に原発をやめる気はないんじゃなかろうか」と疑ってかかっていました。その見解は後に少しずつ変わっていったと思うのですが、それでも「2030年原発ゼロという選択を応援しよう」という気持ちはあまりなかったと思います。

 結果、原発再稼働反対の世論が多数を占めたにもかかわらず、選挙では民主党は惨敗し、原発推進の安倍政権が誕生しました。市民運動のあり方が当時あれでよかったのかは、大いに検証すべきかもしれません。

 そして、福山哲郎という人は実に誠実な政治家だと私は感じました。決して媚びない、言うべきことは言う、という福山さんの姿勢に、参加者一同、当事者意識が覚醒したのではないでしょうか。ファクトを見極め、悩み、怒り、苦しみ、決断し、その決断によってもたらされる正負の影響をケアし、そして前進する。そんなお話を聞きながら、「自分だったらどうするか」と考えずにはいられませんでした。政治家や専門家にお任せせず、市民の側も責任をきっちり引き受けなければ、民主主義は成り立ちません。

 加えて、そんな熱のこもった福山さんのトークを、もう一人のゲストである橘さんが上手に引き立ててくれました。このお二人をお招きできた幸運に感謝しなければいけません。

 さて、次はどうしますかね。いずれにしても、反原発を主張する市民としての責任を、私は私できっちりと果たしていかなければいけないと思っています。



sakatakouei at 15:59 
行事報告 | 環境

April 22, 2017

 「逆説の教育勅語」というのがあるらしいというので、検索かけてみました。すると出てきました。日本会議系の「論客」倉山満先生『逆にしたらよくわかる教育勅語』が元ネタみたいですね。うへー、しかしこれ、面白いので載せちゃいますね。

  1. 親に孝養をつくしてはいけません。家庭内暴力をどんどんしましょう。
  2. 兄弟・姉妹は仲良くしてはいけません。兄弟姉妹は他人の始まりです。
  3. 夫婦は仲良くしてはいけません。じゃんじゃん浮気しましょう。
  4. 友だちを信じて付き合ってはいけません。人を見たら泥棒と思いましょう。
  5. 自分の言動を慎しんではいけません。嘘でも何でも言った者勝ちです。
  6. 広く全ての人に愛の手をさしのべてはいけません。わが身が第一です。
  7. 職業を身につけてはいけません。いざとなれば生活保護があります。
  8. 知識を養い才能を伸ばしてはいけません。大事なのはゆとりです。
  9. 人格の向上につとめてはいけません。何をしても「個性」と言えば許されます。
  10. 社会のためになる仕事に励んではいけません。自分さえ良ければ良いのです。
  11. 法律や規則を守り社会の秩序に従ってはいけません。自由気ままが一番です。
  12. 勇気をもって国のため真心を尽くしてはいけません。国家は打倒するものです。

 「だから教育勅語は正しい」と言いたいわけですね。なるほど。そして彼らは「これこそサヨクだ」「戦後民主主義だ」と言いたいわけですが、それでも「4」「5」「6」あたりは新自由主義じゃないかという気もしますね。

 さて、この論理建てでいえば、日本国憲法はどうなんでしょうか。「逆説の日本国憲法」で説明してみましょう。

  1. 日本国民は、不正に選挙されたエセ国会におけるエセ代表者を通じて行動する。
  2. われらとわれらの子孫のことなど考えず、再び戦争の惨禍が起るようにする。
  3. 主権が国民にないことを宣言する。
  4. そもそも国政は、国民の厳粛な信託によってはいけない。
  5. 日本国民は、恒久の戦乱を念願する。
  6. 諸国民の不公正と裏切りを前提にわれらの安全と生存を保持しようと決意する。
  7. 戦乱を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を永遠に継続しようと努めている国際社会において名誉ある地位を占めたいと思う。
  8. 全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏に苦しみ、生存する権利など有しないことを確認する。
  9. いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してよい。

 はい、分かりましたか? 日本国憲法は正しいですね。以上。



sakatakouei at 18:18 
さかたこうえいの「時々通信」 | 政治・社会

April 20, 2017

20170423taiyonofuta01 この上映会の開催を決定した当初、「あの元官房副長官の福山哲郎さんが福山に来られる」ということに、とてもワクワク感を抱きました。しかし、その後に森友学園問題がヒートアップし、その追及の急先鋒として福山哲郎さんが活躍されているのを国会中継などで拝見しながら、「本当に来てもらえるのだろうか」と不安になりました。

 幸か不幸か森友学園問題は以前に比べ関心が低下してしまった感があり、その点では福山哲郎さんが来られるのは大丈夫そうな気もしますが、共謀罪公文書保管などの問題は続いており、いずれも責任者的な立場であることは変わりません。

20170423taiyonofuta02 そんな多忙な状況ですが、森友学園事件で浮かび上がった忖度と隠蔽の体質、共謀罪が狙う市民活動の監視、そして公文書管理の問題を、すべて包含しているのが原発問題だといえます。そういう意味で、あの3.11は現在発生している様々な問題の原点だといえます。また福山哲郎さんのカバーするジャンルは、原発問題に集約されているともいえるでしょう。

 やはりぜひ話を聞いてみたい方です。トークの司会は私がやらせていただきます。質疑応答の時間をしっかりとりますので、ぜひお越しください。


太陽の蓋 3.11 危うい真実をあなたは目撃する』上映会in福山

  • 日時2017年4月23日(日)
     14:00〜16:15 上映
     16:25〜17:30 トーク
  • 場所まなびの館ローズコム4F中会議室
     住所:福山市霞町1-10-1
  • トークゲスト福山哲郎さん(当時の官房副長官)+橘民義さん(制作者)
     ※福山さんは国会情勢等により出演できないこともありますので、ご了承ください。
  • 資料代500円
  • 主催:原発震災を考える福山市民の会
  • お問合せTEL:090-3748-9840
  • 映画HPhttp://taiyounofuta.com/


sakatakouei at 22:31 
行事案内 | 環境

April 19, 2017

20170503okayama 岡山での憲法記念日の企画です。立命館大学の中島先生の講演会だけでも充実しているのに、希代の風刺コメディアン・松元ヒロのパフォーマンスや、合唱に俳句まで。なんという盛りだくさんな行事なのでしょうか。

 中島先生の講演では、暴発気味のトランプ政権や、そのトランプ政権への安倍政権の対応の仕方など、今いちばん気になるテーマが聞けそうです。


輝け日本国憲法!集会
憲法施行70周年記念
5.3憲法記念日 岡山県民のつどい

  • 日時2017年5月3日(水)13:30〜
  • 場所岡山市立市民文化ホール
     住所:岡山県岡山市中区小橋町1丁目1-33
     ※駐車場がありません。
  • 講演対米従属主的軍事大国化から対米追随的共同覇権型戦争国家へ――その対抗戦略を考える――
     講師:中島茂樹さん(立命館大学名誉教授)
  • ライブ松元ヒロさん
  • 合唱:岡山合唱団
  • 俳句とお話:新俳句人岡山支部
  • 参加費:一般=前売1000円・当日1200円/高校生・大学生・障がい者500円/中学生以下無料
  • 託児:要予約/300円
  • 主催:憲法のつどい岡山実行委員会
  • 連絡先:岡山県高等学校教職員組合
     TEL:086-272-2245

*講師プロフィール
 1946年兵庫県生まれ。名古屋大学大学院法学研究科博士課程終了。立命館大学名誉教授。京都憲法会議代表幹事。専門は比較憲法、教育法。共編著に『現代国家と市民社会』(ミネルヴァ書房)、『グローバル化と国家の変容』(御茶の水書房)など。



sakatakouei at 21:48 
行事案内 | 反戦・平和

April 17, 2017

20170419ikata 4月16日(日)、17回目となる「さよなら原発 歌声パレードinおのみち」を開催しました。100人には届かない人数でしたが、よく晴れた絶好の観光日和の尾道の街を、「原発いらない」「再稼働NO」を掲げて歩きました。続けることの難しさと大事さをかみしめた一日でした。

 尾道の海沿いをパレードしながら、「この瀬戸内海の反対側に稼働中の原発がある」ということの意味をひしひしと感じました。四国電力伊方原発。愛媛県から西に突き出した佐田岬にあるこの原発は、いざ重大事故を起こせば瀬戸内海全体に放射能を垂れ流します。住民は船で逃げろと言われていますが、どう考えても避難は不可能です。

 そんな伊方原発を、瀬戸内の対岸である広島から止めようと、差止仮処分を求める裁判が起こされました。残念ながら3月30日に地裁で却下されましたが、原告団・弁護団は高裁へ抗告しました(原告団声明文 http://saiban.hiroshima-net.org/seimei/20170330.pdf)。そして、今度は広島高裁で第5回口頭弁論が行われます(広島地裁と広島高裁は同じ建物です)。ぜひ多くの傍聴で裁判を応援しましょう。


伊方原発広島裁判
第3陣提訴・第5回口頭弁論期日

 4月19日(水)は、伊方原発運転差止等請求事件(本案訴訟)の第5回口頭弁論期日です。同日、第3陣原告提訴も行います。乗り込み行進と傍聴に、ぜひご参加ください。

  • 日時2017年4月19日(水)
     13:00 広島地裁前集合
     13:15 広島地裁へ乗り込み行進
     14:00 進行協議開始
     14:20 第5回口頭弁論開始
     15:00ごろ 閉廷
     15:20ごろ 記者会見・報告会開始
  • 主催:伊方原発広島裁判応援団
  • お問合せ:伊方原発広島裁判応援団事務局
     TEL:090-7372-4608
     URL:http://saiban.hiroshima-net.org/

*第5回口頭弁論期日にともなう定例学習会
 今回のテーマは、「なぜ広島から伊方原発運転差止めを提訴するのか〜第2版リーフレット解説〜」です。

  • 日時2017年4月22日(土)14:00〜
  • 場所広島市まちづくり市民交流プラザ研修室C
     住所:広島市中区袋町6-36


sakatakouei at 17:11 
行事案内 | 環境

April 15, 2017

20170414ando 4月16日(日)投票の三原市長選挙・三原市議会議員選挙。選挙前には「無投票か」という予想もあったこの両選挙は一転、定数を超える候補者が立ち、白熱しています。

 市議選の注目候補は、安藤志保さん(=左上写真)。みどり福山の学習会で講師をお願いしたこともある無所属・市民派の候補者です。前回に続き、組織・団体の支援のない爽やかな手作り選挙で2期目に挑戦しています。

 そんな安藤さんが最近、憂慮しているのが、現職の三原市長・天満祥典氏の親族が経営する廃棄物処理会社「天満商事」の不正疑惑です。天満商事は最近、許可圏外での違法なごみ収集や、リサイクル用アルミ缶の消失などの疑いが指摘されていました。しかし、疑惑解明は市の内部調査にゆだねられ、結果の公表は6月に引き延ばされてしまいました。

20170410mihara 「僕の妻」の企業に対し、何らかの「忖度」があったのか。なんとなく森友学園事件をほうふつとさせる疑惑です。消えたアルミ缶は209万円相当といわれています。大切な市民の財産が失われ、それに市長の親族企業が絡んでいるとなれば、議会で厳しく真相究明されるべき問題のはずですが、多くの議員は沈黙しているのが現状です。

20170414arai そんな中、告示ぎりぎりで市長選に出馬表明をしたのが、引退予定だった元市議会議員の荒井静彦さん(=左下写真)です。4月14日(金)に行われた安藤志保さんの個人演説会に荒井さんも登場し、「義を見てせざるは勇無きなり」と熱く語りました。また安藤さん自身も、「しがらみがない私だから言いたいことが言える。ぜひ応援をお願いします」と支持を呼びかけました。

 とはいえ、この天満商事不正疑惑はマスコミではほとんど報道されず、市民の間でもあまり知られていない状況です。これほどの疑惑がありながら、現職市長にたたかいを挑む対抗馬がぎりぎりまで現れなかったという一点を見ても、三原市政の停滞が垣間見れるというものです。三原市民の良識が問われる選挙といえそうです。



sakatakouei at 13:31 
さかたこうえいの「時々通信」 | まちづくり

April 14, 2017

makishikoichi 沖縄の佐喜眞美術館は、アートのフレームで現実の世界を切り取るという唯一無二の美術館です。ここには沖縄の怒り、悲しみ、命の叫びがあります。

 この佐喜眞美術館を設計したのは、建築家の真喜志好一(まきし・こういち)さん。日本建築士連合会作品展で優秀賞を受賞したこともある、日本を代表する建築家です。同時に自然保護や平和運動の最前線で活動する運動家でもあります。

 4月28日は沖縄を切り離して日本(ヤマト)が独立を成し遂げた、ヤマトにおける「主権回復の日」、沖縄における「屈辱の日」です。そして翌29日は「昭和の日」。沖縄を思い出さずにはいられないこの日に、真喜志さんが福山に訪れます。


辺野古新基地も海兵隊もいらない!
〜沖縄とともに訴えよう!〜

  • 日時2017年4月29日(土)14:00〜
  • 場所福山市市民参画センター5F会議室1
     住所:福山市本町1-35
  • 講師真喜志好一さん(建築家/沖縄平和市民連絡会共同代表)
  • 資料代800円
  • 主催:「辺野古新基地とめよう!福山集会」実行委員会
  • 連絡先:市民運動交流センターふくやま
     TEL・FAX:084-924-4435


sakatakouei at 13:12 
行事案内 | 反戦・平和
「蒼生舎」(そうせいしゃ)とは?
■「蒼生舎」は、市民活動・まちづくりを支援する市民SOHOです。

■「蒼生舎」は、広島県福山市を拠点に事業を展開しています。

■「蒼生舎」へのご連絡は、下記までメールをください。
 Eメール: soseisha@mx52.tiki.ne.jp
ギャラリー
  • 『太陽の蓋』福山哲郎さん×橘民義さんの白熱トーク
  • 4/23(日)福山哲郎さんが福山に!『太陽の蓋』上映会&トーク@福山
  • 4/23(日)福山哲郎さんが福山に!『太陽の蓋』上映会&トーク@福山
  • 5/3(水)中島教授・松元ヒロさんら招き「輝け日本国憲法!集会」@岡山
  • 4/19(水)伊方原発差止訴訟 第5回口頭弁論@広島
  • 4/16(日)投票の三原市議選・安藤志保さん2期目の挑戦
  • 4/16(日)投票の三原市議選・安藤志保さん2期目の挑戦
  • 4/16(日)投票の三原市議選・安藤志保さん2期目の挑戦
  • 4/29(土)建築家・真喜志好一さん講演「辺野古新基地も海兵隊もいらない!」@福山
  • 5/3(水)纐纈厚さん講演会「憲法と安倍政権の行方」@福山
  • 中島岳志・島薗進『愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか』
  • 菅野完『日本会議の研究』
  • 4/16(日)さよなら原発 歌声パレードinおのみち
  • 4/9(日)投票の庄原市議選 注目候補は移住者の松本みのりさん
  • 4/9(日)投票の庄原市議選 注目候補は移住者の松本みのりさん
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール