July 30, 2016

20160726uematsu 相模原市の障碍者施設「県立津久井やまゆり園」で7月26日に起きた殺人事件は、1人の犯人が19人を殺害するという戦後最悪の殺人事件になりました。

 この事件の容疑者である植松聖という人が衆議院議長にあてた手紙は、いろんな意味で背筋を凍らせるものがあります。彼が障碍者を殺害することを「日本国と世界平和」「世界経済の活性化」のためになると信じてやまないこと。そして、衆議院議長(自民党の代表だと思ったのか)が彼の行動に理解を示してくれると期待を寄せていることです。

 手紙には、「是非、安倍晋三様のお耳に伝えて頂ければと思います」「安倍晋三様にご相談頂けることを切に願っております」とあります。植松容疑者は、安倍さんがこのことを知ればきっと共感するだろうと考えたようです。安倍さんはさぞ迷惑だと感じているでしょう。でも、植松容疑者が安倍さんを「同志」と感じたことに、この事件の深い闇を感じます。

 実際、障碍者支援にかかる財政負担の解消は国家的課題としてとらえられていて、「障害者自立支援法」はその文脈で出てきたものです。「小さな政府」が尊ばれ、新自由主義的政策が歓迎される近年の日本では、経済成長につながらない「コスト」は真っ先に削減の対象になります。

 このことは社会主義国家も似たり寄ったりです。むしろ社会主義のほうが、人間を労働者として価値づける意識が強いかもしれません。実際、とある社会主義国家で「我が国に障碍者はいません」という説明を聞き、ゾッとしたことがあります。

 人間をおカネで勘定する社会の行きつく先。それは、植松容疑者のめざす「革命」と何ら変わらないのではないか。こんな日本に生きている限り、誰でも彼になりえるわけです。そこに横たう深い闇は、すぐにでも私たちを呑み込もうとしています。



sakatakouei at 19:30 
さかたこうえいの「時々通信」 | 政治・社会

July 29, 2016

 東京都知事選挙は投票日まであとわずか。準備不足が否めなかった鳥越俊太郎さんも、候補者として着実に成長しています。この動画も、シンプルですがいいポイントをついています。「住んでよし、働いてよし、環境によし」の三方よしを鳥越さんなりに表現したのでしょう。

 『週刊文春』があれこれ書いたと話題になっていますが、ほとんど根拠のないスキャンダルもどきを、しかも選挙期間中に載せるというのは、完全に選挙妨害です。文春は小池氏を応援している音喜多駿都議の「疑惑」も載せていましたが、ろくな取材も裏付けもしていないことが音喜多さん自身から暴露されています。都政とは無関係なネガキャンに惑わされず、都民は政策で判断していただければいいと思います。

 小池百合子氏日本会議や「新しい歴史教科書をつくる会」との関係が深いことが分かっています。こういう「スキャンダル」の報道なら歓迎です。教科書選定などに大きくかかわってくる問題ですから。増田寛也氏岩手県知事時代の豪華視察が指摘されていました。舛添さんの後の知事がマスゾエだったら話になりません。

 投票日は7月31日(日)です。どうか多くの人が投票に行きますように。



sakatakouei at 18:42 
さかたこうえいの「時々通信」 | 政治・社会

July 27, 2016

20160807a2bc 「A2」「B」「C」とは、甲状腺に発生した嚢胞(のうほう)や結節(けっせつ)の大きさによる判定レベルを表しているそうです。福島県では、3.11原発事故以降、甲状腺の検査が行われています。その判定結果の表し方が、この映画のタイトルになっています。

 この映画はに賛否両論あるようです。話題になった漫画『美味しんぼ』のように、この映画にも、特に現在進行形でこの問題にさらされている人からすれば、目をそむけたくなるようなシーンが出てくるそうです。それでも、今も稼働中の原発とともに暮らす私たちにとって、この映画を見ておいて損はないと私は思います。

 素敵なマルシェ白石草さんのお話もあります。ぜひ気軽に参加してみてはどうでしょうか。


『A2-B-C』上映会
&マルシェ&トークイベント

 子や孫へ、安全で安心な暮らしを未来をと願うけど、放射線の問題ってどうなってるんだろう? 甲状腺がんとの関係ってあんまり報道されないけど、どうなの?
 3.11以後の今、子育て中の方や、不安がある方と是非一緒に見たい、福島のドキュメンタリー映画A2-B-C(イアン・トーマス・アッシュ監督/73分/2013)』上映会&トークイベントをリレー開催します。
 笠岡の上映会では、安心を目指した美味しいマルシェも同時開催します!
 夏休みの日曜日に、ぶらり笠岡まで、美味しいものを食べながら、安心や未来について考えにお越しくださいませ。
※ちなみに、本イベントでの収益は福島県からの児童らの保養を受け入れている「ウェルカム笠岡」に寄付します。

  • 日時2016年8月7日(日)
     14:00〜15:15 映画上映
     15:30〜16:30 講演会(白石草さん:アワープラネットTV代表)
     11:00〜15:30 ピースなマルシェ
     17:00〜19:00 交流会
  • 会場笠岡市保健センター
     住所:岡山県笠岡市十一番町1-3
     笠岡駅より徒歩15分
     駐車場無料
  • 定員200人程度
  • マルシェ:東広島〜岡山にかけて生産された自然栽培の野菜、お米、焼き菓子、お弁当等(お店情報は、facebookにて順次公開!)
  • 託児:有(事前予約のみ)
  • 料金(仮)前売1000円当日1500円、大学生=前売500円/当日1000円、高校生以下無料
  • 主催:みどりの映画会、ほっと岡山
  • 協賛:新日本医師協会
  • 協力:子ども未来・愛ネットワーク、こどものために.みんな、さよなら原発1000万人アクションin岡山実行委員会
  • 後援:笠岡市、笠岡市教育委員会
  • お問合せTEL:090-7897-3851(藤井)
  • チケット申込:氏名、枚数、連絡先をE-mail(midori.no.eiga@gmail.com)またはfacebookイベントページにて。人数を事前に把握したいので、なるべくご予約ください
  • facebookページhttps://www.facebook.com/events/603286126503206/


sakatakouei at 18:27 
行事案内 | 食・健康

July 26, 2016

tanakakakuei 1976年7月27日、元首相・田中角栄が逮捕されました。アメリカ・ロッキード社製旅客機トライスターの導入を巡って日本の政界に多額の金が流れた、いわゆる「ロッキード事件」です。庶民から首相となり、辞任後も最大派閥を率いて「今太閤」と呼ばれた田中角栄が、政治的に抹殺されることになった事件です。

 このロッキード事件の真相に迫ったNHKスペシャル「未解決事件」が先日放送されました。私が生まれる前ということもあって、なんとなく「歴史上の出来事」という印象だったのですが、考えてみれば不可解なことが山ほど残された、まさに現在進行形の「未解決事件」。再現ドラマもドキュメンタリーもよくできていて、なかなか秀作だったと思います。

 放送では、トライスターの陰に隠れた「本当の目的」が、日本にロッキード社製の軍用機「P3C」(対潜哨戒機)を輸入させ、国産開発をあきらめさせることにあったことを明らかにしました。佐藤栄作政権の中曽根康弘防衛庁長官らが国産の対潜哨戒機の開発を進めましたが、田中角栄政権誕生後に白紙になっています。その背景に、ロッキード社からの多額の裏金があったというのです。

 また、この工作には、戦後日本のフィクサー児玉誉士夫が暗躍したことも描かれました。児玉はロッキード社の秘密代理人として、21億円もの金を受け取っていたのです。再現ドラマでは、検事の一人が「なぜ国士とも呼ばれた右翼の大物が、アメリカ企業の代理人なんかやっているんでしょうか」と疑問を投げかけます。主人公・吉永祐介検事の答えはこうでした。「日本の再軍備を進めたい児玉と、軍用機を売りたいアメリカとの思惑が一致したんだろう」。

 ドキュメンタリーでは、さらに日本国内で国産化に反対する意見があったことも紹介されました。軍用機を国産化しようとすると、武器輸出のできない当時の日本では開発費の負担が大きくなりすぎる。それよりはアメリカ製を購入するほうが安上がりだというのです。なるほど、軽武装・経済重視の田中角栄路線とも合致する考え方です。

 田中首相が金脈問題で退陣した後、アメリカの公聴会で突如、ロッキード社から日本の政府高官に裏金が流れたことが明らかになりました。検察はアメリカ側から情報を得ようとしますが、入手できた証拠は民間旅客機に関するものばかりで、P3Cに関する情報は皆無だったといいます。再現ドラマで吉永は「試されているのか、それとも誘導されているのか」とつぶやきます。

 しかし、今回の取材で、日米双方の関係者から「本丸はP3Cだった」という証言が出ました。軍用機を巡る汚職となれば、単なる関係者の逮捕だけでは済まない。国家と国家の関係を揺るがしかねない、つまり日米同盟が吹っ飛びかねない問題だというのです。結果、P3Cの情報は巧妙に隠蔽され、今日に至るまで明らかにならなかったということのようです。

 この番組を見て、いろいろと新たな視点が得られましたが、一方で改めて不可解な点も浮かび上がったような気がします。

 1つは、アメリカの意をくんでP3C輸入を進めた張本人であるところの田中角栄が、なぜスケープゴートの如く血祭りにあげられたのか、ということです。田中の名前が不用意に出たので守り切れなかったのか、それとも田中の存在が徐々にアメリカにとって邪魔になったのか。一説には、田中首相が電撃的に成功させた日中国交正常化がニクソン政権の逆鱗に触れたといわれています。もしそうだとして、それとロッキード事件とどう関係があるのかが気になります。

 もう1つは、軍用機の国産化を進めたのが中曽根氏だとすると、なんとなく違和感がぬぐえません。彼は「不沈空母」発言でも明らかなように、歴代首相で最も親米的な人物です。自主防衛論者とアメリカ依存論者とが混然一体となっていて、今一つ判別がつきません。

 とはいえ、日本の現首相は中曽根さんをはるかに上回る自主防衛論者にしてアメリカ依存論者ですから、それほど違いはないのかもしれません。そういえば、現政権は兵器の国産化武器輸出の解禁を猛然と進めています。「戦後レジーム」を象徴するような田中政権のジレンマを、現首相は拭い去りたいのかもしれません。



sakatakouei at 18:49 
政治・社会 | 歴史・文化

July 24, 2016

 福山大空襲のあった8月8日に毎年開催されているピースコンサート。今年のテーマは「非核平和 Singing♪ 都市 福山100」です。今年100周年を迎えた福山市が「非核平和宣言都市」であることをもじった、うまいタイトルですね。

 最近、「憲法」と名前のついた行事に自治体が名義後援を出さないケースが増えています。「非核」「平和」といった言葉も、遠からず「NGワード」になるかもしれません。そんな先行き暗そうな世相を吹き飛ばすような、楽しく充実した音楽の時間を過ごしましょう。


ピースコンサート in Fukuyama 2016 vol.18
非核平和 Singing♪ 都市 福山100

  • とき2016年8月8日(月)18:30〜(開場18:00〜)
  • ところエフピコRiMふくやま9Fスカイホール
     住所:福山市西町1-1-1
  • 出演:ユリトモ、58酒場、Sayuri MUSIQA、LIVES、たそがれどんべえ、あじあん
  • 入場500円
  • 主催:ピースコンサート実行委員会
  • 後援:福山市、福山市教育委員会
  • お問合せTEL:090-9460-4139(オカモト)


sakatakouei at 14:02 
行事案内 | アート

July 22, 2016

20160805little 多種多様なフェアトレード・コーヒーが楽しめるリトルウイング珈琲で、不定期で開催されている「リトルな寄り合い」。ここで昨年12月にお話をされた水島早苗さんが、再びリトルウイングにやってきます。世界58か国を旅したことがある水島さんは、人一倍「愛と平和」について考えている人です。

 シリアで、バングラデシュで、フランスで、トルコで、次々と起こる悲惨な出来事。知り合いの知り合いが今も悲しみ、嘆き、憎しみに駆られているかもしれないこの世界で、それでも私たちは「愛と平和」について想いを馳せたいと思います。8月6日を翌日に控えた集いです。


リトルな寄り合い
ラブ&ピースを想う夜

  • 日時2016年8月5日(金)19:00〜
  • 会場リトルウイング珈琲
     住所:福山市今津町3-2-28さんらいず内
     JR松永駅北口まっすぐ
  • お話水島早苗さん
  • 参加費500円(珈琲付)
  • お問合せ:リトルウイング珈琲
     TEL:084-930-4038


sakatakouei at 19:07 
行事案内 | 反戦・平和

July 21, 2016

13690632_1086389508102974_5155101022480881142_n 居酒屋で会って、一緒に酒を飲んで意気投合し、それをツイッターにアップする。一般人ならごく普通の行為ですが、その当人が参議院に立候補した三宅洋平さんと、首相夫人の安倍昭恵さん(通称アッキー)ということだったので、主に三宅支持者の周辺で大騒ぎになっています。

 この件、洋平さんがどういう人で、アッキーがどういう人かがよく分かっている人なら、それほど問題にならないのでしょう。けれどそういう人ばかりではないので、「この裏切り者め」「だから三宅洋平はダメだって言ってたろ」という反応が返ってきています。

 三宅洋平という人は、「チャランケ」「対話」を掲げて選挙をした人物です。前回の参院選では「安倍(晋三)さんとも話したい」と語っていました。なので、相手が安倍さんのお連れ合いなら、一も二もなく会うでしょう。そしてその様子を政治活動としてツイッターに載せるのも想定内。だって、これぞ彼にとっては「公約の実践」に他ならないからです。

 ただし、洋平さんは他の立候補者の誰よりも感情の量が多い人です。だからこそ、理屈ではなく感情によって有権者にアプローチして、今まで政治から遠かった人たちを振り向かせることができました。ですが、この性質は逆の作用も起きうるわけで、例えば会った相手との情緒的交流を過大評価してしまう側面も出てきます。相手がVIPであればなおさらです。いちど会って意気投合してしまうと、相手の言動を好意的に解釈してしまうかもしれません。その自覚が薄いのは、洋平さんのリスクであるように思います。

 一方のアッキーはというと、あの安倍首相の妻にして、なぜか原発再稼働に反対で、東北の巨大堤防の建設に批判的で、韓国が好きという「変わり者」です。フェイスブック上で韓国ミュージカルの感想を書いてネトウヨ≒安倍首相信者から猛烈なるバッシングを受けたとき、「そういう反応は予想しました。だからこそあえて勇気を出して書きました」とコメントしているのを見て、なるほどそれなり自覚的なのかと見直したこともあります。

 また、アッキーはUZUという居酒屋を経営していますが、それは池袋にあるダウンシフト系の居酒屋が好きで、自分でもやってみたくなったからだといいます。今回、洋平さんと会った居酒屋というのも、池袋のそのお店だとか。私も一度、行ったことがありますが、間違いなく素敵なお店です。

 そんなアッキーですが、残念なことに彼女の言動が国政を動かしているような気配はありません。アッキーはひたすら自分の信念に基づいて行動していますが、あくまで直径1m程度にしか影響を及ぼせていないのが実態です。安倍首相は彼女に感化されることはなく、単に彼女の自由な振る舞いを見過ごしているだけ。感化されずに看過している(なんちゃって)。結果、アッキーの言動はいわゆる「ガス抜き」の役割を果たしてしまうことになります。

 洋平さんはアッキーのことを「チャーミング」だと評しました。洋平さんの今回の行動を批判している野呂美加さんは、アッキーを「糠に釘」と表現します。どちらも当たっているとして、アッキーの性格を一言でいえば「天然」ということになるだろうと思います。天然キャラのアッキーは、安倍首相および彼のチームにとって利用しやすいということかもしれません。

 まぁ、今回のことはそれだけのことなので、「別にそれでいいじゃない」で終わっていいかもしれません。私もそう思っています。とはいえ、もしこれが「参議院議員 三宅洋平」だった場合は、話が違ってきます。それこそ「政治的意味」が発生するからです。

 例えば、日本の首相が、イスラエルの首相と酒を飲んで意気投合し、それを公表したとします。それだけのことがそれだけのことに留まらないのは、バングラデシュのテロを想起するまでもありません。おそらくイスラム諸国で働いている日本人なら身の危険を感じる事態です。なぜなら、首相には権力があるからです。首相の日々の判断や行動が微妙にイスラエルびいきになれば、多くの人が影響を受けます。これが権力というもの。外務大臣には外務大臣の権力があり、議員には議員の権力があるのです。

 政治とは権力の営みのことです。誰と会って話して飲んだ。たったそれだけのことが、庶民の生活に何らかの影響を及ぼすかもしれない。だから私たちは権力者の動静に敏感にならざるを得ません。

 自分の権力に無自覚な権力者はけっこう厄介です。庶民を振り回しても気にしないわけですからね。なので、そのことに自覚的な権力者は、おのずと自由奔放な言動は取れなくなります。権力者というのは実に窮屈な存在なのです。ただ、洋平さんの持ち味はその自由奔放さなので、悩ましい限りなのですが。



sakatakouei at 23:40 
さかたこうえいの「時々通信」 | 政治・社会
「蒼生舎」(そうせいしゃ)とは?
■「蒼生舎」は、市民活動・まちづくりを支援する市民SOHOです。

■「蒼生舎」は、広島県福山市を拠点に事業を展開しています。

■「蒼生舎」へのご連絡は、下記までメールをください。
 Eメール: soseisha@mx52.tiki.ne.jp
ギャラリー
  • 誰でも彼になりえる
  • 7/31(日)東京都知事選投票日
  • 8/7(日)『A2-B-C』上映会@笠岡
  • ロッキード事件の真相は「国産軍用機開発の断念」だった
  • 8/5(金)リトルな寄り合い「ラブ&ピースを想う夜」
  • 三宅洋平・安倍昭恵「会談」の意味合い
  • 7/29(金)・30(土)『不思議なクニの憲法』上映会@福山
  • 天皇「生前退位」報道にあれこれ推測
  • 7/18(月)「慰安婦」問題で学習会「日韓『合意』では解決にならない」@福山
  • 福山市長選の立候補予定者へ公開質問書を提出しました
  • 福山市長選の立候補予定者へ公開質問書を提出しました
  • 7/16(土)武藤類子さん茶話会「福島からあなたへ」@尾道
  • 安倍政権の暴走を東京から止めよう
  • 【2016参院選】改憲勢力3分の2突破…でも希望あり
  • 【2016参院選】改憲勢力3分の2突破…でも希望あり
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール