June 2013

June 29, 2013

20130630okamura 東日本大震災以降、地震の活動期に入ったともいわれる日本列島。南海トラフ地震への関心も高まっています。

 そして、まるで豆腐のようなゆるゆるの大地の上に、54基もの原発が乗っかっています。そのうち、もっとも危険度の高い場所だと思えるのが、中央構造線の上に建てられている愛媛県の伊方原発。再稼働の筆頭と目されている伊方原発と、南海トラフ地震のような巨大地震との関係を、地震学者の岡村眞先生にお尋ねします。

 瀬戸内地域に住む人は、必聴の講演会です。


巨大地震最新情報と伊方原発
瀬戸内海・尾道周辺はどうなる

 東日本大震災に学び、政府は南海トラフ地震をマグニチュード9に見直しました。30mを超す津波、被害額220兆円、避難者950万人と教学の予測ですが、原発被害は想定されていません伊方原発がある佐多岬半島に沿って、瀬戸内海には、日本列島を縦断する断層・中央構造線があり、直下型地震が懸念されています。二つの巨大地震が想定される中、伊方原発はメルトダウンしないか、瀬戸内海や尾道周辺は? 今後の対策はどうあるべきか? 第一線の研究者・岡村眞さんに詳しくお聴きします。

  • 日時2013年6月30日(日)13:30〜16:00
  • 場所尾道市公会堂別館4Fホール
     住所:尾道市久保1-15-1
  • 講師岡村眞さん(高知大学地震地質学教授)
  • 参加費500円(資料代含む)
  • 託児あり:200円(要予約)
  • 主催・お問合せ:フクシマから考える一歩の会
     TEL:090-5705-6491(大住元)
  • 共催:原発のーてもえーじゃないBINGO!実行委員会、命と未来を考える会・三原

*岡村眞さんプロフィル
 高知大学総合研究センター特任教授。地震地質学専門。内閣府中央防災会議東北地方太平洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調査委員、内閣府南海トラフの巨大地震モデル検討有識者会議委員を務める。



sakatakouei at 19:25 
行事案内 | 環境

June 28, 2013

 年間3万人前後という凄まじい数の方が自ら命を絶つのが、私たちの住む日本という社会です。統計の取り方次第ではもっと多いと言われており、またその背景には貧困・格差があると言われています。

taguchimayu 豊かになったと言われるこの日本で、周りからは見えにくい抑圧に多くの人が苦しんでいます。一方で、これまであまり表だって動いてきづらかった自死遺族の人々が、集い、グループを作り、社会に向けて発信をし始めました。

 自死遺族NPOセレニティの代表、田口まゆさん(=右写真)が広島に来ます。ぜひ自死遺族の声をキャッチしてください。


田口まゆさん講演会IN広島
誰もが置きざりにされない社会へ いま何が必要か?
〜自死をめぐる課題から考える〜

  • とき2013年6月29日(土)14:30〜16:30
  • ところゆいぽーと(広島市男女共同参画推進センター)5F研修室4
     住所:広島市中区大手町5-6-9
     TEL:082-248-3320
     広島電鉄「鷹野橋」下車、徒歩3分
  • ゲスト田口まゆさん(自死遺族NPOセレニティ代表)
     田口まゆさんHP:http://taguchimayu.jp/
  • 資料代500円
  • 主催・お問合せ:クオータ制の実現をめざす会ひろしま
     TEL:090-3171-4437

 日本は自殺率が先進国でも高い国です。昨年こそ自殺者3万人を切りましたが、14年連続自殺者3万人を超える自殺大国の日本。その周辺には5人遺族がいると言われています。
 また、最近では子どもの虐待、介護殺人・心中、親子の餓死など、追いつめられる人が多くなっています。 
 日本は「先進国」といわれています。しかしながら、いまの日本は様々な困りごとに直面している人たちを置き去りにし、追いつめてしまっているのではないでしょうか?
 そして、いまや、高齢社会化、地域社会の希薄化、経済状況の悪化なども背景に、だれがいつどのように追いつめられてもおかしくない状況なのではないでしょうか? 誰も置きざりにされない、誰も追い詰めない、そんな社会にするにはどうしたらいいか? 自身も、父親を13歳の時に亡くし、現在は自死遺族NPOセレニティ代表として、自死遺族の支援に尽力されている田口まゆさんと、「男女共同参画月間」最後の週末に考えます。



sakatakouei at 10:13 
行事案内 | 政治・社会

June 27, 2013

 気になりつつ言及ができなかった、安倍首相ツイートの「左翼」、復興庁参事官ツイートの「左翼のクソども」、そして人権大使の「シャラップ」について、神保さん、宮台さんが見事に解説してくれました。

 たしか安倍首相がTPP反対を訴えていた人々を「左翼」と呼んだあと、誰かが、地方の自民党の街宣車に「TPP反対」と書かれている写真をアップして、「安倍首相、ここにも左翼が!」とコメントしていたのは笑いました。

 まぁ、それはいいとして、6/26(水)の中国電力株主総会のビル前集会で、右翼の街宣車が「再稼働反対」を訴えていたのには驚きました。ハンドマイクを持って道路に降り立った活動家の一人が、「核兵器と原発は同じもの」「原発は実は高コスト」などと訴えていました。言ってることが私とほぼ一緒じゃん、私も右翼の素質があるかな、とは、思ったり、思わなかったり。

 しかし、本来的には、右翼=民族主義者ならば反原発、反TPPは当然の帰結です。原発による放射能の被害は民族のDNAを傷つけるわけですし、TPPは国土をアメリカに売り渡す売国行為なわけです。であれば、当然、民族と国土を愛する人々は、原発やTPPに反対するのが当然です。

 そして、心ある愛国者なら、発展途上国の人々にも愛国心があることを理解できるはずです。発展途上国を見下して「黙れ」と言った人権(笑)大使には、愛国心が足りないのでしょうね。そのことが世界に露呈してしまいました。まずは、おまえが「シャラップ」でしょ。宮台さんが言う「国辱的」というのが、まっとうな評価だと思います。



sakatakouei at 23:54 
さかたこうえいの「時々通信」 | 政治・社会

June 26, 2013

20130626chuden 6月26日(水)、中国電力の株主総会が行われました。

 私が朝8:30ごろに中電本社前に行くと、すでに「上関原発止めよう!広島ネットワーク」のメンバーが横断幕を掲げていました。雨の中でしたが、マイクでアピールをしていました。私も少しだけマイクを持たせてもらい、「原発を続けていたら東電のように株価が暴落して、もしかしたら潰れるかもしれませんよー。株主の皆さん、中電をつぶさないために、原発をやめましょう」と呼びかけました。

 10時前になると、続々と株主たちが中電ビルの中に入っていきました。その中にまじって、脱原発株主の皆さんもいました。

 しばらくすると、山口県の上関原発に反対している祝島の島民の方々かやってきて、おなじみの「原発絶対反対」ののぼりを立ててアピールを行いました。おばあちゃんたちの賑やかな声で中電前が一気に明るくなりました。

 午後1時には株主総会は終わりました。株主たちからの脱原発の提案はあっさり否決されたようです。中電は、島根原発の再稼働と上関原発の建設を明言したとのこと。ほんとにこの会社、潰れるかもしれんなぁと思いました。



sakatakouei at 18:44 
行事報告 | 環境

June 25, 2013

 衆議院の「0増5減」が成立したとのことです。衆議院議員は、いま480人いるのですが、5人減らして475人にするということです。

 そのきっかけは「1票の格差」の問題でした。都会の選挙区では大勢で1人を選ぶのに、田舎では少人数で1人を選ぶので、「田舎が優遇されているのではないか」「田舎の人の1票のほうが価値があるということか」と問題になり、裁判でも違憲判決が相次ぎました。その結果、田舎の議員数を減らして調整したのです。

 でも、これって、いくつも腑に落ちないことばかりです。

 例えばアメリカの上院は、人口が少ない州も多い州も、同じ数の議員数を割り当てています。1票の格差なんて考えません。「州単位で代表を出す」という原則が貫かれているならいい、という判断もあるわけです。

 また、人口はどんどん流動化するわけですから、1票の格差をなくそうと努力すればするほど、絶え間なく選挙区や定数を微調整し続けなければいけません。前回投票できた人に今回はできない、というのであれば、有権者は振り回されます。地域が代表を選ぶ機能も損なわれていきますので、地域の自治の衰退につながります。

 根本的な問題は、「1選挙区で1人を選ぶ」という小選挙区制を採っていることです。1つの選挙区に5人が出て、1位が30%獲得したとしましょう。残りの70%の票は死票です。さらに、投票率50%の選挙なら、有権者のたった15%によって選ばれた当選者が、その地域の代表となってしまいます。

 本当に1票の格差をなくそうと思えば、究極は、全国1区で政党単位で投票する「比例代表制」がいちばんいいはずです。どうしてそれをやらないのか。それは、小選挙区のほうが大政党に有利だからでしょう。結局、自分たちに都合のいいようにルールをいじって、強い者がさらに強くなっていきます。

20130611-00025619-roupeiro-001-2-view そもそも、議員数を削減したほうがいいというのも、私は反対です。現在の日本の衆議院は、先進国(OECD加盟国)で2番目に少ない議員数なのです。議員を減らせば優秀な議員が残るというのは幻想で、チェック機能が弱まり、官僚大国になります。また、議員1人当たりの有権者数が増えるので、一般有権者の声は届きにくくなり、集票力を持つ圧力団体の声ばかりが届くようになります。有権者は自分の首を自分で締める議員定数削減に、反対しなければいけないはずだと私は思います。

 それよりも、議員の給料を減らしたほうがいいと思います。「緑の党グリーンズジャパン」は、議員の報酬を半減することを訴えています。議員数を減らすより、そちらのほうがコスト削減にもなるわけです。

 大政党の特権を残したまま、少数意見が排除され、官僚の力が増大し、地域が衰退し、コスト削減にはあまりつながらない0増5減は、もはや何かの謀略ではないかとすらと思ってしまいます。



sakatakouei at 09:52 
さかたこうえいの「時々通信」 | 政治・社会

June 23, 2013

 6月23日に投票日を終えた東京都議選の投票率が、43.5%という非常に低い数字になりました。過去2番目に低いそうです。半分以上の人が投票に行かず、白紙委任状を出しました。当選した人が誰か以前に、これでこの先の4年間の都議会の質は相当に悪くなると言えるでしょう。

 投票に行かないというのは、納税はするのに税金の使い道はお任せするということです。お金は払うが商品は何でもいいという、実に気前のいい消費者です。こんなことでは、いい商品が作られるはずがありません。

 「入れたい人がいないから行かない」という心理は、分からなくもありません。実際、投票に行かない人の中に、かなり真剣に政治を考えたり語ったりしている人がいるのも知っています。

 ですが、投票率が下がれば、組織・団体関係の票の割合が相対的に増します。当選した議員は組織・団体の声を重視するようになり、一般市民の声は反映されにくくなります。その結果、ますます「入れたい人」がいなくなるという、負のスパイラルに落ちていきます。

 7月4日からは参院選が始まります。投票日は7月21日(日)。ぜひ「入れたい人」がいなくても、とにかく投票に行きましょう。そうすることで、少なくとも当選した議員は一般市民の声に耳を傾けざるを得なくなります。

 皆さんのメモ帳かスマホかガラケーのカレンダーに、ぜひ7月21日(日)は「参院選投票日」と書いてくださいね!



sakatakouei at 23:54 
さかたこうえいの「時々通信」 | 政治・社会

June 22, 2013

20130701miyakeyohei 「緑の党グリーンズジャパン」の全国比例区から参院選に挑戦する予定の三宅洋平さんが、広島でライブを行います。私自身は「アーティスト・三宅洋平」は初心者ですが、その言葉使いのセンスに魅了されっぱなしです。

 なもんで、ちょっくら行ってこようかな〜と思っております。皆さんもぜひ三宅洋平さんの音と言葉を体感してください。

*三宅洋平さんブログ
 http://ameblo.jp/miyake-yohei/

 

三宅洋平独演会
廣島編選挙直前Version

  • 2013年7月1日(月)開場19:00/開演20:00
  • 横川シネマ(広島市西区横川町3-1-12)
  • 前売り3000縁当日3500縁限定150席
  • ローソンチケット:L-66583
  • メール予約:jahnego◆yahoo.co.jp
     (◆→@)
  • 出演三宅洋平
  • OPENING ACTNEGO&UE
  • INFO:090-4104-0334(根来)

<出店>

  • ONE LOVE
  • まーくる
  • ゾウつかいのチャイ屋さん


sakatakouei at 16:30 
行事案内 | アート

June 20, 2013

 少しお遊びのつもりで、上のような動画をFacebookに載せたところ、「脱経済成長」というところで、いろいろな反論をいただきました。

 「経済成長を全否定するのか」「経済成長しなければ雇用がなくなる」「がんばって働けば経済は成長する」などなど。なるほど、勉強になります。

 私は、結果的に経済が成長してしまってもそれはそれでかまわないけど、それを政治不信の解決策かのように思い込んでいる考え方や、それを受けた政治の「成長戦略」を、くだらないと思うのです。アベノミクスはその最たるものです。

 そもそも「経済成長」とは、goo辞書によると「国民経済の量的規模の長期にわたる拡大のこと。一般に、実質国民総生産の増加率で表す」とあり、要するにGDPの拡大なんです。

 財やサービスが循環すれば、雇用は生まれ、景気がよくなる。ただし、この「循環」と、「経済成長」つまり「経済の拡大」は、別物だと思います。ほんとは同規模で循環すればいいわけです。

 経済の拡大がすでに限界に達していることは、資源や環境の問題を見ると明らかです。経済は、「その外側」から資源をとってきて、「その外側」へごみを捨てていく。経済の外側(外部経済)にとっては経済的でない事態、つまり「外部不経済」が生じています。公害、環境破壊、資源の枯渇、生物多様性の消滅、健康被害、精神疾患の増加、自死…。花粉症だってそうです。

 では、どうするか。「外部経済の内部化」をすることで、経済成長がなくても「循環」する経済を創り出すことは可能です。再生可能エネルギー促進法は、不十分ですが、その一例です。外部不経済が生じればこまめにケアして、その都度その都度、しくみを修正していけば、経済成長しなくても経済が循環することは可能です。

 雇用のことを心配する人も多いと思いますが、「経済成長しなければ雇用は減る」というのは逆で、むしろ経済成長と雇用促進は矛盾します。なぜなら、会社が成長するためには雇用を減らしたり給料を安くしたりするほうがいいからです。国全体が経済成長しようとすれば、国全体でいかに雇用を減らすか、あるいは給料を安くするかに取り組まなければならない。現にアメリカはリーマンショック以前に経済成長をしたけど、雇用は増えませんでした。小泉構造改革のとき、日本はわずかに経済成長をしたけど、人件費の底は割れて格差が広がった。そうしなければ経済成長できなかったってことです。

 あとは、少なくなった雇用の取り合いをしろ、って話になります。イス取りゲームのイスがどんどん減っていくのに、競争に負けた人は自己責任で「能なし」扱いされる。だからみんな必死です。1人分の給料で2人分、3人分働いちゃうわけです。これ、ブラック企業の論理ですよ。経済全体がブラック企業化していくことを「ブラック経済」と名付けたのは、かくいう私です(そんなのどうでもいい?笑)。

 経済って、結局は「メシ食うこと」だと思うんですよね。そのために知恵を絞ろうってことじゃないでしょうか。

 なのに、みんながメシ食えない方向で経済政策が進んでるのが、なんでなんだろうなーって思いますね。

 その原因は、ひとつには経済成長の指標、つまりGDPとか国民所得とかと、実際の生活の豊かさや快適さとが、かみあってないことがあるでしょうね。そしてGDPが指標になってるほうが都合がいい輸出中心の大企業が政治的にも発言権があって、円安誘導とか原発輸出をやっちゃう。実際にはあんまり経済成長に結びついてもいないんだけど。

 なので、経済成長をめざすとむしろ経済は悪くなるんだから、経済成長を目標にしないで「みんながメシ食うこと」を目標にしたらどうですかね。これを「脱経済成長」と呼んでも、私は差し支えないと思いますよ。

 「緑の党グリーンズジャパン」は、スロー・スモール・シンプルを合言葉に、経済成長至上主義にさよならしようと主張している、おそらく日本で唯一の政党です。



sakatakouei at 23:38 
さかたこうえいの「時々通信」 | 政治・社会

June 19, 2013

20130713fukuyama 福山城は、1622年に築城された、近世を代表する城郭です。JR福山駅はもとの福山城の敷地内に造られていて、規模からいえば当時の日本のトップ5に入るようなお城でした。入り江から船で直接、荷を運べる構造になっていて、地下に残っていた石垣にはその名残がありました。

 しかし、大型開発大好きな福山市は、石垣をぶち壊して、駅前に地下送迎場をこしらえました。地下送迎場問題が浮上したとき、それを取りやめて石垣を保存し、水辺公園にしようという案が市民から出され、10万筆以上の署名が集まりましたが、福山市は工事を強行しました。もともとあった石垣の石は産廃処分場へ捨てられ、かつての石垣を再現したらしき展示には中国産の石が使われています。

 現在、地下送迎場はほとんど利用されず、送迎場の工事が原因で駅前流動人口が激減しています。キャスパ、ロッツがつぶれ、アイネスも天満屋も泣かず飛ばずという、日本のトップ5に入るような「さびれた駅前」になりました。

 福山城とその遺構を生かした駅前づくりは、福山城築城400年に向けた大きな課題だと思います。「お城の中に駅がある」という面白い立地条件を生かすために、まずは福山城のことについて学んでみませんか。


福山城築城400年に向けて

  • とき2013年7月13日(土)18:50〜20:50(受付18:30)
  • ところ広島県民文化センターふくやま 文化交流室(地下1階)
     住所:福山市東桜町1-21
  • 講師三浦正幸氏(広島大学大学院教授)
     1954年生まれ 広島大学大学院文学研究科教授・工学博士。天守や城郭の復元研究、出雲大社や厳島神社などの国宝建築物研究、全国各地の社寺・城郭・民家・近代建築などの実地調査、伝統的建造物や城跡など史跡の保存活用の研究を行う。愛媛県、広島県、尾道市、下関市などの文化財審議会等委員、諏訪原城・横須賀城・岡山城・津和野城・松山城・宇和島城・河後森城・等妙寺跡などの史跡保存整備委員など多数兼任。
  • 参加費無料
  • 定員80名 ※先着順で締め切らせていただきます
  • 主催:福山駅前商店会、築城400年を盛り上げる会
    ※参加を希望される方は申込書にご記入の上FAXにてお申し込み下さい。
  • お申込
     TEL:090-1350-5002(三宅)
     FAX:084-966-2197


sakatakouei at 12:24 
行事案内 | 歴史・文化

June 17, 2013

20130720yoshida 福山に何度も来られている吉田俊道さんが、今回は福山市内のお寺で生ごみを使った土づくりのお話をします。

 福山市は「ごみは燃やしてリサイクル」というやり方ですが、可燃ごみには水分たっぷりの生ごみが多く含まれていて、これを乾燥させるために大量の化石燃料を費やしています。もし生ごみを取り出してリサイクルすれば、ごみ処理コストの削減だけでなく、地球温暖化への影響を減らし、土づくりのための資源を増やすことにもつながります。

 食べ物や生ごみについての、目からウロコの実践的お話です。


いのち輝く元気野菜
有機農業のプロが教える!!生ごみを使った土づくり&いのちの循環のお話

  • 日時2013年7月20日(土)14:00〜17:00
  • 会場光円寺
     住所:福山市大門津之下792
  • 講師吉田俊道さん(NPO法人 大地といのちの会代表)
  • 参加費1000円
    ※学生は無料
  • 定員80名(先着順)
  • 主催:光円寺・ごみ5R推進本舗
  • 申し込み:084-941-1036
     メール:jza03215◆nifty.ne.jp
      (◆→@)


sakatakouei at 13:00 
行事案内 | 食・健康
「蒼生舎」(そうせいしゃ)とは?
■「蒼生舎」は、市民活動・まちづくりを支援する市民SOHOです。

■「蒼生舎」は、広島県福山市を拠点に事業を展開しています。

■「蒼生舎」へのご連絡は、下記までメールをください。
 Eメール: soseisha@mx52.tiki.ne.jp
ギャラリー
  • まだまだ続ける気だった!上関原発建設工事が再び動き出す
  • 11/19(火)伏見町はしご酒vol.9@福山市
  • 米軍が飛びながら手放し、読書、自撮り
  • 11/13(水)仏教×数学講座 仏教パートは「天皇と仏教」
  • 11/24(日)有機農家の収穫祭@三原
  • 11/10(日)前川喜平さん講演会@三次
  • 11/3(日)憲法を活かす福山集会「岩国基地強化と憲法9条の危機」
  • 11/2(土)千葉からDELIさんゲストに「アバランチスタイル」@尾道
  • 11/2(土)千葉からDELIさんゲストに「アバランチスタイル」@尾道
  • 10/30(水)『檻の中のライオン』楾大樹弁護士が学習会@福山
  • 10/30(水)学習会「子ども支援の現場で考える暴力の影響からの回復」@福山
  • 10/18(金)学習会「地球環境と景気も良くするグリーン・ニューディール」@京都
  • 台風19号、災害対策貧困国ニッポン
  • 10/22(火)学習会「天皇制を支えるエートス」@福山
  • 香港のデモと日本
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

さかたこうえい