November 2013

November 29, 2013

20131128apgf02 台風「ハイエン」の被害の真っただ中にあるフィリピンから、緑の党のアジア太平洋のネットワーク組織である「アジア太平洋グリーンズ連盟(APGF)」のリオール・サントスさんが来日しています。そこで、緑の党のメンバーが呼びかけて、11月28日(木)、サントスさんの講演会を神戸で開催しました。

 サントスさんはまず、台風被害の拡大の背景にある気候変動の問題について語りました。気候変動(地球温暖化)は、発展途上国や弱い立場の人により多く被害が出ます。「気候変動は、負の影響への準備ができていない人から殺していきます。緑の党の役割は、そういう事態を阻止するために政府を変えていくことです」とサントスさんは訴えました。

 また、「我々は1つの地球しか持っていないのです」と指摘し、気候変動など世界的な問題に対処するため、また各国の緑の党が互いに学び、協力し、仲間がいるということを知るために、APGFが存在するのだと説明しました。

 会場からは、台風被害のことから緑の党の組織のことまで、ありとあらゆる質問が投げかけられました。

 私は「台風の被害拡大には森林伐採や大型開発があると聞くが、それに対する動きはありますか?」と質問しました。

 サントスさんは「そう、それは大きな問題です」と大きくうなずきました。川や海の近くに人口が密集しすぎて災害が大きくなること、また不法な伐採で多くの地滑りが起きてきたことは、すでにフィリピンでもよく知られているそうです。

 問題は、日本など海外の政府が、援助と称して大型開発を推進すること。JICAのような機関が実施する援助はインフラ整備に偏っていて、日本人技術者への賃金や日本製の機械に支払われる金額は莫大になります。なんと援助金の約70%が日本に還流する仕組みになっているとか。また、多国籍企業のコンサルタントは、単に「政府関係者を知っている」というだけで、多額のコンサル料を受け取っているそうです。

 さらに、援助による道路整備は、実は鉱山につながっていることも多く、結局は資源開発のためだったりするようです。援助といっても住民の生活支援にはつながらず、先進国や多国籍企業においしいところを持っていかれるわけです。

 サントスさんは、「海外への援助が公正に行われているかを監視するのが、納税者である皆さんの役割です」と言います。そのためには市民が情報を取れること、「情報への自由」が大事なのですが、「どうやらそれが難しくなってくるようですね」と、最近の日本での特定秘密保護法の動きに懸念を示しました。

20131128apgf01 別の方からは、「再生可能エネルギーを普及させるために、緑の党が発電所を造ったらどうか」という意見が挙がりましたが、これに対してサントスさんは明快に「それは違うと思っています」と返答しました。

 「NGOと政党、議員はそれぞれ役割が違う」とサントスさんは言います。NGOは事業を実施したり、特定のテーマで提言をしたりするわけですが、それは特定の政党の影響力から離れている必要があります。一方、サントスさんも含め緑の党のメンバーの多くが、NGOなどで現場経験を持ちつつも、それに限界を感じるがゆえに政党活動に携わっています。政党は「政策を実現するために政府に参加する」という意志を持った集団です。NGOも政党も、やるべきことはすでに山盛りなので、それぞれのやるべきことを着実に果たしていくことが必要だ、というのがサントスさんの意見でした。

 これは私も非常に共感するところです。緑の党は、もちろん市民活動やNGOの運動が母胎になっていますが、やはり政治に参加しようとする政党なのです。政党とは、政治とは何かについて、もっと深めてみたいなと思いました。

 サントスさんは最後に、2014年3月にフィリピンで開催される「APGFフィリピン大会」に、「日本から100人参加してください」と呼びかけ、会場を「え〜(汗)」とどよめかせて、講演を締めくくりました。

 講演の後、神戸市内の野菜食堂「堀江座」のケータリングで、サントスさんや参加者の皆さんと、野菜いっぱいの食事をいただきながらお話しました。サントスさん自身の聡明さやユーモアある話しぶりのおかげで、私自身、緑の党の世界的な動きに関心がムンムン高まりました。いかんせん英語ができないのがネックですが(笑)、いい刺激をいただきました。

*緑の党グリーンズジャパン
 http://greens.gr.jp/



sakatakouei at 12:28 
行事報告 | 移住者支援・国際理解・平和貢献

November 27, 2013

 特定秘密保護法案が衆議院を通りました。え? 「自・公・みんな」が賛成ですって!? わしが反対なのに、みんなが賛成しているワケなかろーがっ! あ、みんなの党のこと? もー、紛らわしい名前つけるんじゃないよ! みんなの党は今すぐ改名するか、党名を特定秘密に指定して「×ん×の党」とかにしてください。どうかお願いします!

 安倍首相は「原発事故の情報は特定秘密にあたらない」と言っていますが、事前に行われた福島の公聴会では、自民党推薦の人も含めて全員がこの法案に反対だったそうです。それでも衆議院で無理やり通しました。これではっきりわかったのは、安倍首相は福島原発の問題などまじめに考えていないということです。まぁ普通に考えれば、原発事故は安全保障上、非常に繊細な問題なので、特定秘密にされるのは間違いないでしょう。

20111211majibanashi03 そんなときに頼りになるのが、元「炉心屋」のあの人。12月1日(日)の「No Nukes えひめ」に登場予定のあの人は、今年10月4日に岡山で講演会「メルトダウンは津波ではなく地震で引き起こされた!」を開催したばかりですが、12月にも岡山にやって来るそうです。特定秘密満載(?)のメルトダウンの真相を、どうぞお聞きください。


津波の前から始まっていたメルトダウン

  • 日時12月7日(土)13:30〜
  • 会場ろうきん岡山支店ビル5F
     住所:岡山市北区対馬西坂1-4-18ろうきんビル5F
  • 講師木村俊雄さん(元東電社員・福島第一原発原子炉設計管理責任者)
  • 資料代一般1000円/親子室500円
  • 主催:さよなら原発1000万人アクションin岡山実行委員会


sakatakouei at 19:51 
行事案内 | 環境

November 25, 2013

 特定秘密保護法案が成立する可能性が高まってきています。

 そこで、福山でも急きょ会合が持たれ、STOP「秘密保護法」福山緊急行動が結成されました。そして、街頭呼びかけ、学習会、デモが企画されました。

 ぜひ全国から「STOP秘密保護法!」の声を広げましょう。


STOP「秘密保護法」緊急行動

 現在、国会で審議されている「秘密保護法案」は、秘密とされる情報の定義、範囲が広範囲かつ曖昧です。また、憲法で定められた国会議員の国政調査権も原則として及ばない最悪の法案です。取材・報道の自由のみならず、憲法が保障する国民の知る権利言論・表現の自由が大きく制限されます。

 そこで、福山市内の多くの市民団体等が、この法案反対で結束し、“STOP「秘密保護法」福山緊急行動”を結成し、下記の行動を計画していますので、お知らせします。

【1】「秘密保護法」反対街頭行動

  • とき11月26日(火)16:30〜17:30
  • ところ福山駅前・キャスパ前付近
  • 内容:リレートーク・ビラ撒き

【2】学習会

  • とき12月3日(火)19:00〜
  • ところ福山市市民参画センター(福山市本町1-35)
  • 講師井上正信弁護士(日弁連秘密保護法制対策本部副部長)

【3】集会およびデモ行進

  • とき12月7日(土)13:00〜
  • ところ福山駅前スタート

【1・2・3共通】

  • 主催:STOP「秘密保護法」福山緊急行動
  • お問合せ:市民運動交流センターふくやま
     TEL&FAX:084-924-4435


sakatakouei at 17:25 
行事案内 | 政治・社会

November 24, 2013

20131201NoNukesEhime 原発の海外輸出特定秘密保護法の審議などを着々と進めながら、国内の原発の再稼働を虎視眈々と狙う安倍政権。まるで原発事故など無かったかのように、「3.11以前」に「復興」(復古?)させようとしています。

 そんな中、再稼働ドミノの筆頭と言われ続けてきた伊方原発のある愛媛県松山市で、大規模な集会が予定されています。

 まずは呼びかけ人がすごいです。詩人のアーサー・ビナードさん、弁護士の宇都宮さん、ミュージシャンのUA、作家の雨宮処凛、そして片山恭一さんというのは、まさか『世界の中心で、愛を叫ぶ』の作家さんではありませんか!

 さらに、ゲストもすごい。あの官邸金曜デモの立役者である首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさん、参議院議員として世間からの非難を轟々と浴びながら孤独な闘いを挑んでいる山本太郎さん、そして元東電の「炉心屋」木村俊雄さんらが集結します。

 緑の党から参院選に立候補し「最多得票落選者」となった三宅洋平さんも、ミュージシャンとして登場します!

 当日は尾道からも私の仲間がバスを出します。ぜひ全国からお集まりください。再稼働現地の中心で「NoNukes」を叫びましょう!


No Nukes えひめ

  • 日時12月1日(日)10:00〜
    *雨天決行
  • 開催場所松山市 堀之内城山公園やすらぎ広場(芝生)
     http://www.ikata-tomeru.jp/no-nukes/index.php
  • 入場無料
    *当企画は、賛同カンパ及び出店料で運営を致します。皆さまからのご協力をお待ちしております(賛同カンパ1口1000円)。
    お振込口座:ゆうちょ銀行「伊方原発をとめる会」01310-9-108485
  • 主催・お問合せ:伊方原発をとめる会
     TEL089・948・9990
     http://www.ikata-tomeru.jp/

<タイムテーブル>

  • 10:00〜 おんがく おはなし
     三宅洋平、嶋本慶(沖縄民謡)、松浦優
  • 13:00〜 メインステージスピーチ
     ゲストスピーカー:広瀬隆、山本太郎、ミサオ・レッドウルフ、亀山ののこ(写真家)、秋山豊寛(宇宙飛行士)、鎌田慧、木村俊雄
  • 14:30〜16:00 サウンドデモ
    *運営または出演者の都合上、予定されていた出演者及び出演順が変更になる場合があります。
    *告知時期・方法に関わらず運営上のルールを変更する場合がございます。予めご了承ください。

<呼びかけ人>
アーサー・ビナード、宇都宮健児、片山恭一、雨宮処凛、UA

<ブース出店(出展)一覧> ナチュラルマルシェ 
たべもの のみもの

  • あまくま屋
  • えひめ有機農産生活協同組合
  • 愛大学生有志
  • 丘の上の日曜市笑心村
  • アワシャンティ
  • おでカフェ
  • ヨロマルシェ
  • 手網自家焙煎o-coffee
  • curry の種
  • まんがら農園
  • 原発さよなら四国ネットワーク
  • 生活協同組合コープ自然派しこく
  • ざっこく屋
  • 愛媛医療生協社保委員会
  • お茶屋カカ マサラ
  • はなればなれ珈琲
  • ペンネとお豆

手作りたくさん(展示・雑貨物販など)

  • えひめ医療生協
  • 青野悦子
  • 無茶々園
  • 原発さよなら四国ネットワーク
  • 伊方原発をとめまっしょい☆若者連合
  • 虹のたね
  • パラディドル・ティドル
  • とおく&らいぶcafe 葉音
  • おかげさん
  • 愛大学生有志
  • 工房刻屋
  • 木の葉木工
  • 週間金曜日松山読者会
  • さんさんシスターズ
  • 子どもたちの未来を守る愛媛の会


sakatakouei at 17:49 
行事案内 | 環境

November 23, 2013

 フィリピンを襲った台風30号の被害は、死者約4000人、負傷者約2万人、さらに行方不明者は1600人以上と報告されています。また約1000万人が被災しており、物価の高騰や治安の悪化が懸念されています。

 そんな中、地球の裏側ポーランドのワルシャワで、こんな出来事がありました。

 11月11日からワルシャワで開幕した「国連気候変動枠組み条約第19回締約国会議(COP19)」で、フィリピン政府代表団のイェブ・サノ氏が、涙ながらに演説をおこなったというのです。

*ハフィントンポスト
 http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/11/cop19-philippines_n_4256950.html

20131111cop 「この気候変動の危機は狂気だ。この狂気を止めよう。ここワルシャワで」

 「私たちはどうすることもできずにただ座って、見ているわけにはいかない。声を上げることができずにいる数えきれない人々のために言う。この惨劇で孤児になってしまった子どもたちのために言う。そして今、生存者を救出し、苦痛を和らげるために時間と闘っている人々のために言う」

 そうサノ氏が話すと、会場は拍手に包まれたそうです。

 気候変動(地球温暖化)がもたらす被害はすでに深刻です。ハリケーンや台風の被害は目に見えて大きくなってきています。日本では温暖化対策というと、政府も大企業も原発を再稼働させる口実としか思っておらず、本気で省エネや再生可能エネルギーの普及に取り組んできませんでした。そもそも原発は温暖化対策にはなりません。原発には必ずバックアップ電源として火力発電所が必要になりますし、ウランの輸入や処理などで莫大なCO2が排出されます。原発に頼らない温暖化対策は、崖っぷちに立つ世界にとって緊急の課題です。

 加えて、フィリピン特有の課題もあります。「ナショナル・ジオグラフィック」は、フィリピンで自然災害の被害が拡大する背景について、次の5つを指摘しています(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131113-00000000-natiogeog-sctch)。

  1. 温暖な海洋
  2. 沿岸部への人口密集
  3. 森林伐採
  4. 環太平洋火山帯
  5. 沿岸部の急速な開発

 これらはどれも気候変動(地球温暖化)と無縁ではありません。海水温上昇の抑制森林保護などの温暖化対策は、同時に防災・減災にもつながります。また、地形や生態系を無視した開発は自然災害の被害を拡大することも、知っておかなければいけません。

 このことは、フィリピン自身の問題というよりも、森林を輸入する側の国、援助と称して大型開発事業でもうける側の国、CO2を大量に排出する側の国、これすなわち日本の問題だとも言えます。「善意の第三者」づらをして「トモダチ作戦」とか言っているだけでは、問題は解決しません。



sakatakouei at 19:19 
さかたこうえいの「時々通信」 | 環境

November 22, 2013

kuwatamasumi 私個人の話をすると、巨人時代の桑田真澄選手に対しては、そもそも巨人が嫌いだったということもあって、そんなにファンというわけではありませんでした。

 しかし、このところの桑田氏に対する印象はがらりと変わりました。というのも、彼は理論と経験に基づいて、体罰にNOを突きつけているからです。体罰が当たり前の野球界では、厳しいバッシングを受けることも覚悟しなければならなかったでしょう。そんな覚悟のある発言に、こちらが勇気をもらいました。今ではすっかり桑田ファンです。

 皆さん、ぜひ桑田真澄の話を聴きましょう。12月6日、福山で講演会が開催されます。


桑田真澄講演会
「夢をあきらめない」

  • 日時2013年12月6日(金)19:00〜(18:30開場)
  • 会場福山市神辺文化会館大ホール
     TEL:084-963-7300
  • 入場料(全席指定):
    前売=S席3000円/A席2500円/B席2000円/C席1500円(18歳以下は、B・C席のみ500円引き)
    当日=前売券の500円増し
    *チケット取扱い:福山市神辺文化会館、NPO法人こどもステーション
  • 主催・お問合せ:NPO法人こどもステーション
     TEL・FAX 084-965-6625
     http://kodomostation.or.jp/


sakatakouei at 17:40 
行事案内 | DV・ジェンダー・子ども

November 20, 2013

 安倍政権は前回も今回も、教育への「介入」がお好きなようです。政府の教育再生実行会議が、いじめ対策として「道徳の教科化」を提言し、文部科学省の会議「道徳教育の充実に関する懇談会」がその方向性に沿った報告書を出したのだそうです。

 教科になるということは、成績をつけるということです。現状では教科でないため、学校現場での関心が低いとか、形骸化しているとか、そういう不満が会議で出されたといいます。

 そもそも「いじめ対策に道徳を」という発想からして、いじめを理解していないというか、いじめに本気で取り組む気がないことの証明です。むしろ「道徳の教科化」を通じて愛国心や滅私奉公を学ばせたいがために、きっかけを探していたのではないでしょうか。もしそうだとしたら、不道徳の極みと言っていいでしょう。

 私が中学教員をしていた10年ほど前、道徳の授業は担任にとって試行錯誤でした。私自身は副担任だったので道徳の授業をすることはありませんでしたが、学校では校長の強い意欲のもと、道徳担当の教員が置かれ、研究授業が繰り返されました。

 多くの教員が、道徳を「●●は正しい、××は間違っている」という規範意識の植え付けだと考えていましたが、校長のめざす道徳の授業像は、それとは違っていました。教材をもとに生徒に話し合わせ、決して教員は正解を示さない、導かない、というやり方を提唱していたのです。

 これは、後にはやった「サンデル教授の白熱教室」のような授業スタイルでした。

 サンデル教授の白熱教室は、まさに道徳の授業の見本です。彼の進行によって、平凡なテーマが世紀の難問となり、退屈な教室が対話のアリーナとなります。生徒たちは問いの正解を知ることよりも、対話によって新たな視点を獲得するほうに喜びを得ます。

 サンデル教授の凄さは、その進行能力、ファシリテーション能力にあります。彼はテーマについて自分の意見をほとんど言いません。コミュニタリアン(共同体主義者)としての彼自身の意見は封印し、進行役に徹します。生徒たちは、初めは「先生は何を正解だと考えているのか」を気にしながら発言しますが、次第に「先生は特定の正解を押し付けようとしていない」と感じ、自由に自分の意見を言うようになります。その結果、教室は「正解探しの場」から「自由に意見を言う場」に劇的に変化します。

 これと同じことが、日本の道徳の時間にはたしてできるでしょうか。今でさえ、ほとんどの教員には不可能に思われます。日頃は「スカート丈は膝下が正しい」「ルーズソックスは間違い」などと私的領域に介入し、隅々まで「正解の押しつけ」を行き渡らせておいて、道徳の時間になれば突然「正解はないんだよ、自由に意見を言ってごらん」なんて、ちょっと無理があります。

 ましてや、安倍政権のめざす道徳は、こんな白熱教室とは真逆のものです。「正解の押しつけ」は内面にまで及び、「日の丸を見たら敬いなさい」「個人の権利より国益が大事ですよ」という「アベノモラル」を日本中に浸透させようとするのでしょう。生徒たちは点数欲しさにますます大人の顔色をうかがうようになり、ストレスのはけ口としていじめが激化するかもしれません。そうなったらどうするんでしょうか? 「いじめを跳ね返すぐらい強くなれ」という新たな「道徳」でも教えるんでしょうか?

 まぁ、といっても、読んでお分かりいただけたかと思いますが、学校現場の平均的空気と、安倍政権が道徳の教科化でめざすところとは、実のところあまり変わらないというふうにも思っています。そうでないというなら、先生方、せめて「道徳を教科にするかどうか、自由に話し合いなさい」という道徳の授業をやってみてはいかがでしょうか。



sakatakouei at 22:39 
さかたこうえいの「時々通信」 | DV・ジェンダー・子ども

November 19, 2013

 特定秘密保護法案の審議がいよいよ深刻な事態になってきました。11月19日には、「緑の党グリーンズジャパン」が声明「特定秘密保護法案は廃案へ」を発表しました。

 ネット上でも反対署名集めが必死で行われています。まだの方はぜひこちらから。「避難の権利」ブログが署名を集めています。締め切りは11月20日(水)23:00です。お急ぎください!

*「避難の権利」ブログ
 http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/48-af54.html


超緊急拡散&署名願【秘密保護法案に反対の一票を!有権者はあなたを見ています−48時間署名】

みなさんのお力を。国会議員に届けます!一人でも多くの有権者の声を、国会議員に!!

超緊急の48時間署名です。締切:11月20日(水)23:00



sakatakouei at 22:16 
よびかけ | 政治・社会

November 18, 2013

miyatakegaikotsu 秘密外の○○
(○○論○○記)
今の○○軍○○事○当○○局○○○者は○○○○つ○ま○ら○ぬ○○事までも秘密○○秘密○○○と○○○云(い)ふ○○て○○○○新聞に○○○書○か○さぬ○○事に○して○○居るから○○○新聞屋○○は○○○○聴いた○○○事を○○○載せ○○○○られ○○得ず○○して○○丸々○○○づくし○の記事なども ○○○○多い○○○ (後略)

 戦前のジャーナリスト宮武外骨が発行した『滑稽新聞』には、こんな社説が載っています(画像は天野祐吉さんのサイトから拝借)。

 いやー当時は言論統制が厳しかったから、検閲で引っかかったのか、ずいぶん伏字が多いですな。…と思いきや、これは宮武外骨ならではの風刺でした。あらら、○を飛ばせば読めちゃうわけです。

 さて、これは戦前のお話ですが、こんな言論統制の世の中が再びやって来ようとしています。「今の○○政○○府○当○○局○○○者は○○つ○ま○ら○ぬ○○事までも秘密○○秘密○○○と云ふ○○て…」。そんな稀代の悪法、特定秘密保護法案は、自民・公明の与党だけでなく、維新の会やみんなの党までも賛成する危険性が高まってきました。

 官僚主義を批判していたはずの維新の会、みんなの党が、中央官庁の情報統制による権限の肥大化に賛成するとは、大いなる矛盾。しかも、「与党が強行採決」という悪いイメージを回避するため、自民党に都合よく使われるだけなら、その存在価値はありません。

 日弁連の会長が次のような声明を出しています。これを読んで、ぜひ地元の議員さんたちに働きかけを!

*特定秘密保護法案に反対し、ツワネ原則に則して秘密保全法制の在り方を全面的に再検討することを求める会長声明
 http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2013/131115.html

*緑の党脱原発担当ブログ(特定秘密保護法についての情報・呼びかけが充実)
 http://datsugenpatsu.sblo.jp/



sakatakouei at 12:10 
よびかけ | 政治・社会

November 16, 2013

 食品の表示偽装が問題になりましたが、高級食材やらシモフリやらを食べない人にとっては、しょせん対岸の火事。もっと深刻なのが、誰しも口にする危険がある放射能汚染食品です。汚染水問題があれだけ深刻なのに、どうして話題にならないのか不思議で仕方ありません。

 福山で何度も放射能測定会を開催している「Oh!すばらしい企画」が、12月に測定会を予定しています。貴重な機会です。ぜひ問い合わせを!


食べ物の放射能測定

  • 開催日時2013年12月7日(土)・8日(日)・9(月)10:00〜16:00
  • 会場Oh!すばらしい企画(福山市神島町)
     http://housyanou28.seesaa.net/
  • 受付締切12月6日まで/土壌測定は11月30日まで
  • 料金2500円まで(1検体)/土壌測定は4000円まで
    *放射能から避難された方、18歳以下のお子様が居られる方は、料金が変わりますので、HPでご確認下さい。
    *見学の方:300円(スペース利用料)
  • 測定可能検体数24(1日8検体)
  • 検出下限値:セシウム134・137各10Bq/kg以下
    *土壌測定はセシウム137のみです。3時間測定をします。
  • お問合せ・申込http://housyanou28.jimdo.com/

 他の地域で、今 検出されているものは、『しいたけ』『淡水・海水魚』『うなぎ』『牛肉』『昆布つゆ』です。放射能汚染が無かったら、測った物は食べたいですよネ。 

*お願い

  • この材料を測った後、どの様にして食べるか考えて切って来て下さい。
      
  • 会場で切りながら、詰めて行くのも楽しい作業です。
  • 測定には1リットル必要です(1リットル分の例…お米:800g、キャベツ:700g、牛乳:1リットル)
  • 量が少ないと誤差が大きくなりますが、葉菜類はかさばるため600〜700gしか測定器に入りません。
  • 測定値は原則公開しますが、非公開を希望の方はご相談ください
  • 土の放射能測定もやります。土の放射能測定が出来る様になります。
  • 当日、オルゴールも聴けます。


sakatakouei at 14:19 
行事案内 | 食・健康
「蒼生舎」(そうせいしゃ)とは?
■「蒼生舎」は、市民活動・まちづくりを支援する市民SOHOです。

■「蒼生舎」は、広島県福山市を拠点に事業を展開しています。

■「蒼生舎」へのご連絡は、下記までメールをください。
 Eメール: soseisha@mx52.tiki.ne.jp
ギャラリー
  • 10/30(水)学習会「子ども支援の現場で考える暴力の影響からの回復」@福山
  • 10/18(金)学習会「地球環境と景気も良くするグリーン・ニューディール」@京都
  • 台風19号、災害対策貧困国ニッポン
  • 10/22(火)学習会「天皇制を支えるエートス」@福山
  • 香港のデモと日本
  • 伏見町、三之丸、AREA INN FUSHIMICHO… 福山の街が面白くなりつつある
  • 伏見町、三之丸、AREA INN FUSHIMICHO… 福山の街が面白くなりつつある
  • 伏見町、三之丸、AREA INN FUSHIMICHO… 福山の街が面白くなりつつある
  • あいちトリエンナーレ補助金不交付がもたらす機会損失
  • パタゴニア、グレタ、進次郎
  • パタゴニア、グレタ、進次郎
  • 10/2(水)写真家・高橋美香さんから聞く「パレスチナのちいさないとなみ」@府中
  • 9/19(木)東電刑事裁判 判決言渡し@東京地裁
  • 9/19(木)〜22(日)岡山県内4か所で安田純平さん講演会
  • 9/19(木)〜22(日)岡山県内4か所で安田純平さん講演会
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

さかたこうえい