August 20, 2010

館長雇い止め裁判「逆転勝訴」三井マリ子さん報告会

20100820mitsui1 今日は「館長雇い止め・バックラッシュ裁判」の原告、三井マリ子さん=写真)のお話を聞いてきました。

 三井マリ子さんは、2000年9月に豊中市男女共同参画センター「すてっぷ」の館長として公募で選ばれ、全国的にも知られるほど先進的な活動をしましたが、保守的な議員らの圧力によって2004年3月に「雇い止め」になりました。その後、三井さんは裁判を起こし、一審では敗訴したものの二審で逆転勝訴。今回はその報告会でした。

 三井さんは最初に文化人類学者ミードの「世界は少数の人が変えてきた」という言葉を紹介。これまでの経緯と判決の骨子、そして男女平等をめぐる問題の本質について、力強く、ドラマチックに語られました。

 今回の判決は、雇い主である豊中市の三井さんへの「人格権の侵害」は認定した一方で、残念ながら「雇い止め」そのものは合法だったと述べています。しかし、「雇用契約が年単位であるからといって(中略)何らの説明、相談を受けなかったこと」を「人格権の侵害」と認定したことは、非正規雇用をめぐる今後の裁判に希望を与えるものです。

 裁判は本当に大変だったと思いますが、三井さんの闘いは、男女平等をめざす多くの人にエネルギーを与えたことは間違いありません。三井さんの「闘わなければつぶされる状況の中で、この裁判を闘えたことが、ある意味で館長として最大の仕事だった」という言葉に、私もエネルギーをもらった気がします。



sakatakouei at 22:57 
行事報告 | DV・ジェンダー・子ども
「蒼生舎」(そうせいしゃ)とは?
■「蒼生舎」は、市民活動・まちづくりを支援する市民SOHOです。

■「蒼生舎」は、広島県福山市を拠点に事業を展開しています。

■「蒼生舎」へのご連絡は、下記までメールをください。
 Eメール: soseisha@mx52.tiki.ne.jp
ギャラリー
  • フランス・韓国の新政権で脱原発の動き
  • 無骨な骨格標本士、骨身にしみる名ゼリフ、事件解決に骨折る刑事… 今クールのドラマ
  • 高浜原発再稼働と「おしどりマコ&ケン」トークライブ動画
  • 加計学園の獣医学部新設は「総理のご意向」
  • 加計学園の獣医学部新設は「総理のご意向」
  • 内田樹『困難な結婚』
  • 5/27(土)アーサー・ビナードさん講師に憲法集会@尾道
  • 京都「方広寺」、豊臣家を滅亡に追い込んだあの鐘銘
  • 京都「方広寺」、豊臣家を滅亡に追い込んだあの鐘銘
  • 京都「方広寺」、豊臣家を滅亡に追い込んだあの鐘銘
  • 京都「方広寺」、豊臣家を滅亡に追い込んだあの鐘銘
  • 京都「方広寺」、豊臣家を滅亡に追い込んだあの鐘銘
  • 6/4(日)ここから笑顔をつなげよう「ブルーデイジー」@福山・松永
  • 5/14(日)おしどりマコ&ケン リアルトークライブ@尾道
  • 纐纈厚さん「憲法を生かし、アジア共同体へ」
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール