November 14, 2019

「桜を見る会」問題の「功労者」たち

20191112sakura 元来さほど花見に興味がなかったのに加えて、花粉症になってからというもの招待されても行かなくなった私にとって、それがどのぐらい魅力的なのかは理解しがたいものがあります。

 そんな「桜を見る会」、各界の功労者が招待されたといいますが、その功労者を呼ぶ基準が曖昧であったため、安倍総理や自民党幹部が選挙目当てに自分の後援会関係者を呼んでいたというのがこの問題のポイントです。これでは税金を使った買収ではないか?という疑惑がぬぐえません。この際、「功労者とは誰か?」をはっきりさせましょう。

 まずはこの問題に焦点を当てたという点で、共産党の田村智子議員は功労者ですね。一見すると些細な問題のようにも見えますが、政権の長期化による「税金の私物化」や「情報の隠蔽」といった、安倍政権ならではの病巣をえぐり出す格好の題材となりました。

 逆に三原じゅん子もなかなかの功労者です。テレビのコメンテーターが、三原じゅん子のお母さんも招待されていたという件について「どういう功労があるんだろう」と発言したのに対し、「許しがたい侮辱発言」「厳重に抗議します」とツイッターで咬みつきました。当然「それじゃどんな功労が?」とリプライされると、「それは内閣府がお決めになった事」などと逆ギレ。内閣不信任決議の反対演説、参院選の政見放送と、いまや安倍政権の「顔」になっている三原さんですが、攻撃されるとボロが出まくり。まさに「顔はやばいよ」(=彼女に顔役を担わせるのはやばいよ)ということですね。

20191114sakura さらに、人数を鳩山政権時と比べたために墓穴を掘っているネトウヨたちも、名もなき功労者といえるでしょう。一時「安倍政権850人、鳩山政権1万人」というツイートがネトウヨ間で飛び交いました。何を思ったのか、彼らは、安倍首相が招待した後援会関係者850人と、鳩山政権時の桜を見る会の全招待者1万人を混同して比較したのです。結果、安倍首相になってからの突出した招待者数増加がファクトとして出回るきっかけを作ってくれています。

 安倍政権は来年の桜を見る会の中止を決めて、そそくさと幕引きを図ろうとしています。ですが、中止をしたところで政権の根腐れがやむわけではありません。花見に興味のない私でも、安倍政権の散り際はきちんと見届けたいと思っています。



sakatakouei at 20:13 
さかたこうえいの「時々通信」 | 政治・社会
「蒼生舎」(そうせいしゃ)とは?
■「蒼生舎」は、市民活動・まちづくりを支援する市民SOHOです。

■「蒼生舎」は、広島県福山市を拠点に事業を展開しています。

■「蒼生舎」へのご連絡は、下記までメールをください。
 Eメール: soseisha@mx52.tiki.ne.jp
ギャラリー
  • グレタさんが語った「本当の脅威」とは
  • 中村哲さんが死んでしまった
  • 12/8(日)ふくやまオーガニックマルシェ、映画「太陽の女王−ミツバチからの問いかけ」上映も
  • 12/6(金)座間宮ガレイ「選挙の、お勉強会」@福山
  • 12/15(日)映画『コスタリカの奇跡』+伊藤千尋講演会+尾道フィルムフェスティバル
  • 12/1(日)東京新聞・半田滋さん講演会「安保法制下の自衛隊」@三原
  • 11/23(土)・24(日)叫ぶ芸術 ポスター展@福山
  • 「本屋UNLEARN」クラウドファンディングにご支援を
  • 靖国神社に正式参拝
  • 靖国神社に正式参拝
  • 靖国神社に正式参拝
  • 「桜を見る会」問題の「功労者」たち
  • 「桜を見る会」問題の「功労者」たち
  • まだまだ続ける気だった!上関原発建設工事が再び動き出す
  • 11/19(火)伏見町はしご酒vol.9@福山市
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

さかたこうえい