Bed Of Dead Leaves

先日今年初の釣りに行ってきまして
場所は品川の某運河~芝浦周辺、狙うは鱸(と言っても60cm未満のフッコですが)

今頃から春先(遅ければ夏前まで)に掛けて運河では夜になるとバチ抜けというイソメ類が産卵のために水面を泳ぎ回る現象が起こります、これを魚たちは食べに来るので釣り師達はそこを狙います

いつもは電気ウキを流していますが今回はこちら↓
IMG_20180220_230002
落とし込みでやります、道糸3号にハリス2号、気持ち太めかなって感じですね
針はいつもは丸セイゴの15号を使っていましたが、今回は10号まで下げてみました、結果これは正解でしたね
餌はアオイソメ、太虫だと良いです

先ずは去年から通いだした仮称"新幹線下"に到着
遊歩道の端で足場も良く、橋脚が目の前というなかなか好条件の場所ですがイマイチ当たらず、一通り流してみても反応は薄いので早々に場所移動、途中すれ違ったルアーマン達も釣れてる様子は無し

歩きながら何ヵ所か探って到着したのがこちら↓
DSC_2476
The 都会ですね
こちらもまた遊歩道、橋の明かりの切れ目辺りに落としたらようやくまともな当たり
しかし最初の当たりは残念ながらバラし、しかし暗いながらも水面でヒラを打つ姿を確認したので同じ所に落としたらまたしても当たり
アオイソメを丸々2~3本付けているので早合わせ厳禁、本当たりを感じた所で合わせたらリールが反転するくらいの良い引き、無事タモ入れしたのはこちら↓

フッコ、52cm
_20180217_211548
恐らく海から入ってきたばかりのやつ、ヒレも身体も綺麗ですね
この時期運河で釣れるにしては良きサイズ、とりあえずボウズは無しなので一安心

この一本を機に当たりが頻発、しかしバラしも多かったですね
タナは水面から1m位、仕掛け抜き上げ時に水面で食い損ねが多かったですね、典型的なバチ抜けパターン

やはり常夜灯の境目で当たりが多かったですね
DSC_2474
ここで仕掛け抜き上げ直前にヒット
なかなか引くので良型かと思いきや水面に出てきた口が小さい

掛かったのはこちら↓
DSC_2473
マルタ、48cm
パンパンの良き魚体、楽しめました、流石にちと臭い

当たりも止まり寒さも限界だったので程々の所で納竿
大惨敗を覚悟しましたが場所移動して正解でしたね
しばらくはバチ抜けパターンで楽しめそうですね、また大潮の日を狙って行ってみよう

京浜運河周辺も釣り禁止の場所が増えましたね、まぁそもそもグレーゾーンの場所が多かったのですが
情報が広がるとそれだけ人も増える、それだけマナー違反やトラブルも増えますよね、結果釣り禁止になるのは自明の理、う~む


◆今日の一曲◆
ANNIHILATOR"Ultraparanoia"

ここ数日立て続けにメンバーの脱退やらバンド(個人含む)の活動停止、解散の話が聴こえてきた、そしてベテランミュージシャン達の訃報までも

ほんとね、バンドなんてものはギリギリのバランスの上に成り立ってるなと思いますよ、勿論様々な要因があって停まるのは仕方のない事ですが、モチベーションを維持して続けるのもまた必要不可欠な能力、なかなか難しいものですね

"バンドは今ある内に観に行った方がいい"

よく聞く話です
判る、実際そうだとは思う
でもね、今観に来ないってのは別に今観なくてもいい程度なんだよね、観に来る前に潰えてしまうのはお客さんが観に来るのが遅いのではなく自分達が至らないだけの話、そこまで存続出来なかった自分達の問題かなと

例えば通常ブッキング、大前提として自分達のライブを観てもらう
30分に1500円(D代別)、30分に同額稼ぐと考えればなかなか大変な事である
それでも足を運んで観たいと思わせるものを演らねばいけない、観せないといけない

とはいえライブハウスシーンなんて正に玉石混淆、各々目指す所も違うだろうし志も違う、当然正解なんて無いんだろう

ただね、最低限人前に立つ以上"全身全霊"ではあるべきだと思う
少なくとも自分自身はそう在ろうと思うよね、

続けよう


◆今日の一曲◆
BLACKSTAR"Game Over"

早いもので2018年も2月に突入、先週辺りからひいていた風邪もどうにか治ってきた様な感じですね、まぁ毎日寒いから気は抜けませんが

さて、先日新たなエフェクターを導入
DSC_2451
TECH 21 Comptortionです
昔から中古コーナーでよく見かけてました、名前の通りコンプレッサーとディストーションが合わさった一台です

とりあえず仮組みしてみました
DSC_2452
試奏の時も思ったのですが、とにかく強烈に掛かりますね
今まで使ってたCarl Martinのコンプも強烈に掛かると思っていましたがそれ以上の掛かりっぷりですね

肝心のディストーション部分ですが、かなり薄~く掛けると気持ち良い歪み感、この辺は狙ってた通りの効果なので大変満足です、そして"TONE"のツマミがこのエフェクターのキモになりそうですね、個人的には絞り気味のセッティングが良さそうです

問題点というか課題もあり
セッティング次第では強烈なノイズ発生装置になりますね、試奏の時も余裕でハウりました、この辺は実際にスタジオに入ってアンサンブルの音量で判断したいですね、エフェクター自体にノイズリダクションが入っているのも納得

とはいえ全体的な効果としては大変満足いく結果でしたね、まぁこれ一台で音色が大幅に変わるので元音重視の人には全くお薦め出来ませんが、この辺はTECH 21らしいなと思います

まぁ元音重視云々言うなら位なら何も入れないのが良いんですよ

しかしこれ、そもそもギター用のコンプレッサーだけどイマイチ用途が解らないですね、中古で沢山出回ってるのも納得ですが、ガッツリ音色いじりたいベーシストには選択肢の一つとしてお薦めします

さて、ボードを組み直そうか♪


◆今日の一曲◆
LUNARSEA"Dead End Road He Walked"

このページのトップヘ