あっという間の7年、復興だなんだと言っても実際はまだまだやるべき事は山積してるよね
震災当時、情報は錯綜し、ネット上ではデマや流言蜚語が飛び交っていましたね、この状況でよくもまぁそんな下卑た冗談が言えるものだと、実際震災と関係ない地域からすれば全くの他人事なんだなと痛感しました

人間窮地に陥ったり予期せぬ事態に直面すると"地"が出ますよ
我先にと食料を買い占める人、デマを流して喜ぶ人、近隣と助け合う人、少なくともこの時見たものはその人の"本性"だったなと思う

こういう時にミュージシャンとして出来る事は何も無いですよ
震災から数日後(!?)、恭しく"追悼ソング"みたいなのをUpしてる奴等がいましたが心の底から虫酸が走りましたね

今かよと、そんな歌この状況で誰が必要としてるんだよと

この軽薄さもまたそいつらの"地"なんだと
被災地を思う自分達への自己愛の強さが震災数日後のまだまだ混乱している時にUpするという空気の読めなさに現れてるなと

ミュージシャンとして声を上げるのは必要とされてからで良いと思う
何が出来るか判らない、でも必要とされたら出来る限りの事をしたい

宮城、岩手、福島、この辺の海産物は率先して買うようにしている、復興支援と言ったら大げさだけど個人的な支援のつもり

何より美味いんだよね、出来るならば現地に行って食べたい


2012年、NAPALM DEATHが復興支援として東北ツアーをやったのは感動した

◆今日の一曲◆
NAPALM DEATH"Serge Of Power"