たまには音楽的な真面目なお話

Twitterで見かけたピアノ演奏日給2500円という冗談のような案件、まぁ論外だし舐めた話なのだけど、そもそも募集する側も相場を知らないんだろうなと

何となく似たような話だとサポート活動にも当てはまったりするのかな、モヤモヤっとしてますよねサポート料(ギャラ)、己の技術、知名度、活動歴、色々な要素を考慮した上で基本的にはこちらから提示します

自分が見聞きしてきた中では一応暗黙の相場みたいなものはありますね、"スタートは幾らから"みたいな、まぁこのスタートってのも曖昧ですが、少なからず活動実績有っての話でしょうね

正直言って殆ど"言い値"だろうとは思いますが、言い方悪いですが"その程度でその額を請求するのか"というのも良くある話、サポート先を食い潰さんばかりの奴もいます

どこでギャラが発生するのかも現場によりけり、ライブ本番のみか、リハも発生するのか、基本的にはリハーサルも一現場なので発生しますがこれはケースバイケースでしょう、例えばライブハウス界隈でノルマ抱えて活動しているバンドさんからリハ毎にギャラを頂いてたら破産させてしまいますよ

ギャラを幾ら貰ったら良いか判らないという話もありますが、サポート活動をするならばその前に、先ずは自身でバンドを組んでみるべきだとは思います、本メンバーとしてバンドを動かしてバンドを動かす苦労、責任を学んだ上でサポート活動をした方が良いかと思います、それを知った上でこそ己のギャラは幾らが相応しいかも見えて来るのではないかと

自分も過去に何件もサポート以来がありましたが、ギャラの話をすると難色を示す方々は多かったですね、それこそ"お金取るんですか??"と、実際無償でサポート活動をしてるプレイヤーは沢山いますからね、まぁそこは各々の判断でやれば良いが
その中で己の価値を示す、演奏であり存在で示す、己の価値を下げるということは己に関わっている(きた)人達の価値も下げてしまいますからね

どんな形であれ、己の演奏にお金を払ってもらえる
最低限全身全霊でやらないとイカンよね

え~っと、何の話だっけ、とりあえず演奏家を舐めるな、と、演奏家も死ぬ気でやれというお話















なんてね(笑)