Bed Of Dead Leaves

カテゴリ:音楽

現在4thアルバムを鋭意製作中のJORMUNGAND、新アルバム発売に先駆けて2015年に発表した2ndアルバム"Screaming Trance"がリマスター版となって配信開始されました
61qeVh7jskL






















https://linkco.re/YQbMP7nx

リマスター化により全体的に音の分離が良くなって細部が聴き易くなった印象ですね、これを機に聴いて頂けたら嬉しいですね、既にアルバムを持っているという方も聴き比べてみるのも面白いかと思います

さて、Twitterの方では既にUPしましたが、リマスター配信されたので改めてScreaming Trance全曲をベース的観点で振り返ってみましょうか、こちらでは少し加筆しましょう

1曲目のRoad LeadingはSEなので割愛

2、Screaming Trance アルバムのタイトル曲ですね、正に本編一曲目のJORMUNGANDらしい疾走感があって良いですね、ベース的には如何にも自分的なスケールランニングが各所に入ってますね、2:18~のフレーズなんかは特に、1サビ終わりのキーボードの後ろの下降フレーズはなかなかスリリングです、レコーディングの時に上物のフレーズをあまり把握せず弾いていたのが要因ですね、まぁ厳密に言えばぶつかっている所もあるかも知れませんがそれもまたバンドアンサンブルの妙味でしょうか

3、I Just Feeling この手のポップなパワーメタル路線は個人的に凄く好き、セクション毎のフレーズの展開がまぁ良く弾けたかなと、2度目のBメロとか特に、サビ後の不穏なセクションはフレットレス風に弾いてみた、当時からOBSCURAを意識してた事がよく分かる部分ですね

4、665 当時デモを聴いた時に"さてどうしたもんか"と思った一曲、とは言えこうした間や休符を生かしたベースは弾いていて楽しいですね、最後のサビの徐々に展開していくベースは是非とも聴いて欲しいですね
そもそもJORMUNGANDでは7弦ベースをフル活用するというのが個人的なテーマですが、途中のスラップソロはここだけCARVINの5弦のリアPUをコイルタップしてアクティブのジャズベース風の音で録りました、CONKLINの7弦だと少しイメージと違ったので、フレーズ的にはXの"Give Me The Pleasure"への自分なりの返答です、コーラス掛けてても良かったかな(笑)

5、Blast On Myself 個人的にはJORMUNGANDで一番好きな曲、曲に身を委ねて無心で弾ける感じですね、2:46~の下降フレーズからのグリスダウンが己の人生でも三本指に入れても良い位の名演、ソロ前のリズム隊の本気パート(笑)も聴き所です

6、Liberty 今回のリマスター版で久し振りに聴きました、こうした非メタル路線の曲でのベースアプローチは"やり過ぎない"を意識しますね、極力グリスやスライドで盛り上げるように弾いてます、2:48~のフレーズはZI-KILLのDesert Townから拝借したのはここだけの話(笑)

7、革命エクソリア アルバム最後の速い曲、こういう曲は"やれるもんならやってみろ"という意識で弾いてます(笑) AメロからBメロへの変わり目はDEATHっぽいですね、サビは敢えてルートを外して5度を弾いたりと我ながら小賢しい(笑)
お馴染みのタッピングソロは"7弦様式美ビリーシーン"といった感じですね、ソロ後半3:01~の下降フレーズはIRON ATTACK!からヒントを得ましたね、自分が参加している他の活動から影響があるのは良い事ですね

まぁざっとこんな感じ、今聴くと"もっとやれた"とか"こうすればよかった"は当然ありますが、15年当時の自分の全力が収められているなとは思います、今回の配信で新たに聴いてくれる人が増えたら嬉しいですね

4thアルバムはもっと凄いよ♪

たまには音楽的な真面目なお話

Twitterで見かけたピアノ演奏日給2500円という冗談のような案件、まぁ論外だし舐めた話なのだけど、そもそも募集する側も相場を知らないんだろうなと

何となく似たような話だとサポート活動にも当てはまったりするのかな、モヤモヤっとしてますよねサポート料(ギャラ)、己の技術、知名度、活動歴、色々な要素を考慮した上で基本的にはこちらから提示します

自分が見聞きしてきた中では一応暗黙の相場みたいなものはありますね、"スタートは幾らから"みたいな、まぁこのスタートってのも曖昧ですが、少なからず活動実績有っての話でしょうね

正直言って殆ど"言い値"だろうとは思いますが、言い方悪いですが"その程度でその額を請求するのか"というのも良くある話、サポート先を食い潰さんばかりの奴もいます

どこでギャラが発生するのかも現場によりけり、ライブ本番のみか、リハも発生するのか、基本的にはリハーサルも一現場なので発生しますがこれはケースバイケースでしょう、例えばライブハウス界隈でノルマ抱えて活動しているバンドさんからリハ毎にギャラを頂いてたら破産させてしまいますよ

ギャラを幾ら貰ったら良いか判らないという話もありますが、サポート活動をするならばその前に、先ずは自身でバンドを組んでみるべきだとは思います、本メンバーとしてバンドを動かしてバンドを動かす苦労、責任を学んだ上でサポート活動をした方が良いかと思います、それを知った上でこそ己のギャラは幾らが相応しいかも見えて来るのではないかと

自分も過去に何件もサポート以来がありましたが、ギャラの話をすると難色を示す方々は多かったですね、それこそ"お金取るんですか??"と、実際無償でサポート活動をしてるプレイヤーは沢山いますからね、まぁそこは各々の判断でやれば良いが
その中で己の価値を示す、演奏であり存在で示す、己の価値を下げるということは己に関わっている(きた)人達の価値も下げてしまいますからね

どんな形であれ、己の演奏にお金を払ってもらえる
最低限全身全霊でやらないとイカンよね

え~っと、何の話だっけ、とりあえず演奏家を舐めるな、と、演奏家も死ぬ気でやれというお話















なんてね(笑)

国内屈指のBLACK SABBATHトリビュートバンド"BLOOD SABBATH"にGeezer Butler役としてサポート参加します😀
先日初リハを終えたばかりですが、初リハという緊張感の中でしたが極めて楽しく弾き倒せましたね、Ozzy期に的を絞った選曲なのでとにかくテンション上がります♪

早くもライブが決まっております↓
1551703387286
3月23日(土)
渋谷Glad

時間は少なめですが厳選したOzzy期の名曲を演ります
チケット予約はこちらから承ります↓

先日のリハ写真です😀
_20190304_210440
Ozzy期(初期)のBLACK SABBATHにはプレべは必須と思い組み直したプレべ、Fender系のベースは似合わないと自負しておりましたが多少は様になってますかねぇ(笑)

貰って以来あまりの状態の悪さに実用不可能だった一本、元々はフレットレスでしたから尚更
DSC_3390
これを期に完全復活させてやりました、配線やら何やら交換しましたね、やれば出来るもんです
自分が所有する以上必ず日の目を見させてやります、でなければ楽器に対して申し訳無いと思うのですよ

ネックも交換しました
DSC_3391
ロゴ(笑)

さぁ次回のリハ、そしてライブが楽しみですね
本気のBLACK SABBATH、気合い入れて弾き倒します


路上ライブを潰すべくCDを踏みつける動画が流れてきました
まぁ行為その物は議論の余地無く頭がイカれてるなという印象ですが、そもそも路上ライブってもの自体"無許可で勝手に"やってる場合が殆どなので、先の動画の様な頭のイカれてる奴を相手にしなければならない場合も多々あるとは思います

そもそもその演者や音楽自体に興味が無い人からすればただの迷惑行為、無駄に場所取ったり不必要に音が大きければ当然文句も言われるし因縁もつけられますよ
その昔路上ライブをやってた頃も少なからずトラブルはありましたね、余所様の話では障害沙汰やガソリンかけられたなんて話もあったね、思ってる以上にリスクでかいですよ路上ライブ

今は昔より路上ライブは厳しそうだな~というのが個人的な印象
女性一人での路上ライブは正直無謀だなとも思います、危ないよほんと

よくあるのは路上ライブを告知してる人ね、これ大間違い
路上でライブをやるそもそもの目的は"不特定多数"に向けてやってこそ、そこでいつもの常連さんに囲まれては新規さんは入りづらいんですよ、路上ライブは演者との距離が曖昧が故に内輪感が強くなってしまうんですよね、路上で会えるからわざわざお金払って箱ライブに行かなくてもよい、悪循環が産まれます

以前見た悲惨な路上ライブは女性シンガーソングライターの人のライブにファンであろう男がパーカッションで"勝手"に参加している場面、勿論素人、しかしそのシンガーさんも断れないんでしょうね、ああなるとやらない方が良い、今思い出しても最悪の路上ライブだった

まぁ路上ライブに求められるのはとにかく強い"精神"かな、本当に想定の斜め上からワケの判らない輩が来る、如何に相手をして、かわしてやるか、まぁ一度は経験してみるのは良いかも知れませんが、実際過酷な現場ではあるとは思います

2019年の1月ももう半ばに差し掛かろうとしてますね、後れ馳せながら明けましておめでとうございます

昨年もまた国内外各地で活動出来た一年でしたね、本数こそ少ないですが各地で濃いライブが出来たかなと自賛しております
まぁ個人的にはもっとライブをやりたいとは思いますが今更本数で勝負する活動でもないですしね、そういった活動は20代の頃に散々やってきたので、やはり内容が大事です

改めて振り返ってみると昨年は"驚き"が多かったかな
良いこと悪いこと様々驚く事が多かったね、やはり予想外の事が起こるからこそ楽しい、まぁ悪い驚きは程々に(笑)
今年もまた予想外の事が沢山起こるといいね、とは言え先ずは己のやるべき事に最善を尽くすのみです

今年はまた新たな活動があるかな、IRON ATTACK!は勿論のことJORMUNGANDも何か動きが有りそうな予感、そして新たなサポートの話も動いているのでこちらはまた追って沙汰があるでしょう、個人レッスンももっとやっていきたいですね

正月早々UPしました
人知れず活動(??)しているソロプロジェクト"羅刹"です
Vo、Gt、Ba、Drプログラミング、作詞、作曲諸々総てやっております
創作コンセプトとしては、激しく陰惨に、メロディーの排除、全編日本語詞、といった所ですかね、テーマはホラー映画だったりホラー漫画だったりそんな感じ、今回UPした鉈は三家本礼氏のサタニスターの某キャラからインスパイアされた歌詞、ほんと作詞は大変ですね

ちゃんと盤でも作らないと駄目ですね、いい加減作れ自分



今年も気合い入れて弾いていきましょう
皆様どうぞ本年も宜しくお願いします

このページのトップヘ