Bed Of Dead Leaves

カテゴリ:雑記

うっかり7月になってましたね、お久し振りの更新です
6月はIRON ATTACK!のワンマンやらリハやら、釣りにも行ってましたね、この時期にカワハギが好調でちとビックリ、最近はベースのレッスンより釣り場案内の方が多いんじゃないですかね(笑)

最近ふと思った事、音楽と感情について
音楽を聴いたり、演奏したりする中で様々な感情(感想、情念)があると思うのですが、自分が音楽(演奏であり見た目)に対して全く求めてないものが"可愛い"という感想だとふと気が付いたのです
普段テレビは殆ど観ずラジオが主体の生活なので、様々な音楽を聴く機会が多いのですが、所謂"可愛らしい音楽"や可愛らしい歌声と呼ばれるもの、一切を求めてないのだなと今更ながら自覚をしまして、所謂アイドルに1mmも興味が湧いたことがないのも己の事ながら納得しました

個人的には可愛いものは大好きです(笑)
日々子犬や鳥動画に癒されている毎日ですが、音楽は全くもって別の話なんですね

怒り、怨み、憎しみ、哀しみ等々、それらが正か負かはさておき強い感情ってのは外からは深く刺さるし中からは吐き出す力も強い、その得体の知れないエネルギーこそ自分が音楽に感じた魅力なのだろうと、そこに可愛らしさなど入る余地はないんだなと思ったのです

もし仮に"可愛いベーシスト"と呼ばれたら本気で怒るだろうし言われた事を恥とせねばならないでしょう、まぁ言われた事なんかないですが(笑)

今までの音楽人生の中で、感情を極力殺して演奏をしてきた事もありました、そういった事も必要だとは思いますが、やはり熱さであり冷たさであり"強い"念を込めて演奏していきたいですよね

今はそれが出来る場がある
今年下半期も気合い入れて弾き倒していこうか


◆只今の一曲◆
EMBERS"Choose Your Enemy!"

なんだかんだで国内のメタルバンド増えたなと思う昨今です
自分がメタルバンド率いてやってた頃よりもバンドの水準も高くなったなと思います

今から15~6年前ですかね、当時は今より遥かに視野も狭く尖っていた(笑)頃ですよ、バンド自体は上手くいかないのにライブだけは決まっているという自転車操業の日々、出るライブハウスも二つだけ(何処とは言わないが)
毎回対バンも同じ様な面子、当然お客さんも同じ人達、そりゃそうですよね、同じ所でしかやってないのですから

まぁ色々あって当時のバンドは解散したわけですが、その時は暫くはバンドはいいかなって思ったのですが、その理由として

"いつまでもこのシーンにいてもしょうがない"

って思ったのです、一人でGoth/Dark Waveな音源でも作っていこうと思ってた矢先にポップスバンドに加入したので結局バンドをやってたのですが、まぁそれは別の話(する気もない)

さて、今はどうなんだろうと考えてみた、今はSNS効果もあって確かに盛り上がっている(様に見える)けど、実際そんなに変わってないのかなとも思う
確かに昔よりはバンドもお客さんも増えたでしょう、でも結局同じ所でしか循環してないのではないかと
いや良いんですよ、そのシーンに憧れをもってそこを目指してやるのであれば
でもね、所詮は村祭、何かそこを越えて更に先に進みたいと思うのなら先ずその井の中から出るってのも必要かなと思うね

ジャンル問わずシーンが確立されてる所って"シーン意識"みたいなものが強かったりするんですよ、属することがステータス的な、まぁそこに属する事で満足ならばそれも良しですが、それで良いのかい??と

正直自分も一歩道が違ったらそっち側に居たのかも知れませんね、正解は判らないけど現時点では間違えてはなかったのかな

何言ってるかよく判らないですね
まぁ結局は好きにやって下さいって事ですかね(笑)


◆今日の一曲◆
SILVER-ROSE"Time Inside ~時間の中へ~"

ここ数日、ほんと4~5日の間でFacebookの申請が1000件以上来ています😧
何なんでしょうね、きっかけが判りませんが極力承認するようにしております

とは言え、中には怪しいアカウントもちらほら
一応承認する前に軽くプロフィール的なものを見ますが(なかなか面倒)、まぁ色々いますね

基本的な申請削除対象は↓
自己啓発系、○○コンサルタント系、LINE ID載せてる出会い(??)系、等かな、この辺は日本人のアカウントに多いかな、鬱陶しい
ですが、ここ数日の申請の9割は海外からの申請ですね、まぁ良いのですが、困るのが勝手にグループに登録する人が結構多いこと、これはFacebookの仕様にも問題あるかと思うよね、登録する前に相手に確認くらい出来ないのかと、即退会しますが何度もグループ登録する人もたまにいるので、こういう人は削除します

ですが、国内外問わず同業者からの申請も多数あり、これは嬉しいですね
以前対バンしたり何となく知ってる人だったり、ありがたいですよね

ほんとここ数日の申請ラッシュが何なのかよく判りませんが、自分自身であったり、バンドであったり、多くの人に見て貰えるきっかけになるならばそれで良いかなと、基本的にSNSは"公の場"という認識なので、見る人の分母が大きいに越したことはないと思うのです😮


◆只今の一曲◆
VENOM"Long Haired Punks"

あっという間の7年、復興だなんだと言っても実際はまだまだやるべき事は山積してるよね
震災当時、情報は錯綜し、ネット上ではデマや流言蜚語が飛び交っていましたね、この状況でよくもまぁそんな下卑た冗談が言えるものだと、実際震災と関係ない地域からすれば全くの他人事なんだなと痛感しました

人間窮地に陥ったり予期せぬ事態に直面すると"地"が出ますよ
我先にと食料を買い占める人、デマを流して喜ぶ人、近隣と助け合う人、少なくともこの時見たものはその人の"本性"だったなと思う

こういう時にミュージシャンとして出来る事は何も無いですよ
震災から数日後(!?)、恭しく"追悼ソング"みたいなのをUpしてる奴等がいましたが心の底から虫酸が走りましたね

今かよと、そんな歌この状況で誰が必要としてるんだよと

この軽薄さもまたそいつらの"地"なんだと
被災地を思う自分達への自己愛の強さが震災数日後のまだまだ混乱している時にUpするという空気の読めなさに現れてるなと

ミュージシャンとして声を上げるのは必要とされてからで良いと思う
何が出来るか判らない、でも必要とされたら出来る限りの事をしたい

宮城、岩手、福島、この辺の海産物は率先して買うようにしている、復興支援と言ったら大げさだけど個人的な支援のつもり

何より美味いんだよね、出来るならば現地に行って食べたい


2012年、NAPALM DEATHが復興支援として東北ツアーをやったのは感動した

◆今日の一曲◆
NAPALM DEATH"Serge Of Power"

ここ数日立て続けにメンバーの脱退やらバンド(個人含む)の活動停止、解散の話が聴こえてきた、そしてベテランミュージシャン達の訃報までも

ほんとね、バンドなんてものはギリギリのバランスの上に成り立ってるなと思いますよ、勿論様々な要因があって停まるのは仕方のない事ですが、モチベーションを維持して続けるのもまた必要不可欠な能力、なかなか難しいものですね

"バンドは今ある内に観に行った方がいい"

よく聞く話です
判る、実際そうだとは思う
でもね、今観に来ないってのは別に今観なくてもいい程度なんだよね、観に来る前に潰えてしまうのはお客さんが観に来るのが遅いのではなく自分達が至らないだけの話、そこまで存続出来なかった自分達の問題かなと

例えば通常ブッキング、大前提として自分達のライブを観てもらう
30分に1500円(D代別)、30分に同額稼ぐと考えればなかなか大変な事である
それでも足を運んで観たいと思わせるものを演らねばいけない、観せないといけない

とはいえライブハウスシーンなんて正に玉石混淆、各々目指す所も違うだろうし志も違う、当然正解なんて無いんだろう

ただね、最低限人前に立つ以上"全身全霊"ではあるべきだと思う
少なくとも自分自身はそう在ろうと思うよね、

続けよう


◆今日の一曲◆
BLACKSTAR"Game Over"

このページのトップヘ