2018年12月13日

2018振り返り2月

12月11日早朝深夜、除雪車の跡が聞こえていました。江別市が行う市道除雪です。
この除雪が入ると、家の前に除雪された固い雪が残り、排雪に苦労することが多いのです。
しかし、このような市の除雪が入ったら、家の前の一定区間の雪を除く作業をするという契約を、民間業者と結んでいますので、最大の雪かきの問題は我が家ではありません。
まあ、そんなことを考えながら起きたのですが、この日の朝は寒い。
IMG_20181211_063919

朝ランスタート5時半、気温マイナス15℃。終了6時半、気温マイナス15℃。走行距離10Kでした。(1時間02分21秒)


手袋を2枚重ねて防寒対策はしていったつもりですが、帰ったら手がかじかんでいて、着替えのボタンを留めるのに苦労したほどです。
いつもならラン後冷たいスポーツドリンクを飲むのですが、今朝は熱い煎茶をズズーっと飲んでいたのでした。

12月12日の朝も寒かったのですが、前日よりまし。
でも、弁当作りで走る時間がなく、3K17分49秒でしたが、今は継続して走ることを優先します。
ということで、勝手に納得している私でした。

今朝も寒いけれど1日が始まります。
よし、と気合を込めて1日頑張ります。

さて、今年の記録2月です。
(2月)
3日 孫ちゃん1泊。この日は「湯の花」に連れて行く。
4日 孫ちゃん達とカラオケボックスへ。1日いっぱい付き合う。
7日 確定申告書類を税務署へ提出。
9日 ピョンチャンオリンピック開幕。
10日〜11日 帯広一泊二日旅行。
12日 札幌の母の誕生日プレゼントを持って実家へ行く。
14日 娘二人含め4人で江別市内居酒屋へ。
24日 グランドホテルで開催された「北海道旅行博」に行く。
25日 オリンピック閉会式。2月はほとんどオリンピック観戦で終わったようなものだ。

 走行距離 188.5K


sake8 at 02:55|PermalinkComments(0)

2018年12月10日

1年は長い

今現在、不安や不満がいっさいないとは言えませんが、概ね満足し充実した日々を送っています。
年末のこの時期になったら、毎年思う事があります。

 今年も1年が長かった。ようやっと終わるんだ。

毎年のことながら、色々なことがありすぎて、1年が、2年にも3年にもの長さに思えるのです。
これは、幸せなことなのかもしれませんね。

過去を振り返ることはあまりしませんが、今年1年どんな感じで過ごしたか、ちょっと整理して記録しておこうと思います。

(1月)
1日 家族5人揃って、午前中江別神社に初もうで。おみくじは「大吉」でした。
   夕方、恒例実家での新年会。タクシーで帰宅。
2日 長男が東京へ帰る。高校のクラス会。朝帰りになった。
4日 初出社。会社全員で新年交礼会。
7日 NHK公開番組収録「10代のコンサート」(きたら)を鑑賞。
13日 手首骨折していた女房のギブスがとれる。孫二人一泊お泊り。
14日 孫ちゃん達と実家へ。
16日 函館の叔母がなくなり、両親のJR券を購入してあげる。
20日 1日かけて居間と水回りを整理し、いらないものを大量処分。
21日 東札幌往復のロング走。
25日 埼玉の友人ランナー(女性)を囲む会で、旧友9名集まる。
26日 二女、インフルエンザに罹る。
31日 レンタルビデオ5本借りる。

 1月走行距離 143K 走行時間 14時間24分21秒

日記をつけていたからわかるけれど、あまり鮮明な記憶がありません。なんかずっと前の出来事だったような気がしてなりません。



sake8 at 20:44|PermalinkComments(0)

2018年12月08日

人生の転機

人生の転機

振り返れば、私の人生の転機は何度かあった。
父親の転勤で函館から札幌に移った12歳時、これで高校の進路が変わった。
大学や最初の会社の選択肢は他にもあったが、選んだのが小樽であり生命保険会社であった。
生命保険会社に入社し、東京本社で勤務した時に女房と出会った。
東京本社から札幌へ転勤し、その後北海道勤務が続いたので江別でマンションを購入した。マンションの購入直後に東京本社に呼び戻され、マンションに住むことなく家族で東京に引っ越した。
今度は秋田に転勤となり、家族は江別マンションに居を移し単身生活が始まった。
その後函館に転勤し、生命保険会社が破綻。函館にいたので再就職活動は札幌で出来、父親の紹介であっさりと現在の会社に入社することが出来た。
生命保険会社の解散で2月に放り出された私だったが、中途入社が4月と、無職時代は1ヵ月だけだった。
江別で家族との同居生活が始まり、今年の12月に定年を迎えるが、継続雇用でしばらく同じ会社で勤務することになる。

というのが、簡単な過去の転機だが、最大の転機地点はやはり生命保険会社の破綻だったと思う。
昭和58年(1983年)4月に入社し、平成12年(2000年)2月に放り出された。勤務期間は16年11か月。
放り出されたのは函館で単身赴任中。毎日の大量飲酒と運動不足により体重は75kを超えていた。γ―GTPは400を超えるという異常値で、生活習慣病あるいは肝硬変に向かって直進していた時代であった。
同じ年の4月に現在の会社に中途入社が出来、単身赴任が解消された。あることをきっかけに、5月から自宅での晩酌を止め、昼をお弁当に替えた。体重が目に見えて減り始め、翌2001年3月には67k程度になっていた。
毎年の会社の行事で洞爺湖マラソン一泊があり、同僚からこの年 5月に行われる洞爺湖マラソンに誘われ、マラソンを始めるきっかけとなった。
走ることを続けることにより、体重も肝臓も改善されていったようだ。
この年6月に会社の健康診断があり、体重は65kになりγ―GTPは70くらいに改善されていた。
肝臓数値が改善されたことに気を良くして、お酒を楽しむことを今は続けているが、肝臓数値は悪化していない。体重も今は57kである。

平成21年(2009年)、胃癌で胃摘出手術を受けたが、健康を取り戻していた私にとってただ悪いとこを切除しただけで、他には何も影響はなく何ら治療をしないで済んだ。

現在は、今後搾取不可能なB12補充の注射を3か月に1回打つことにより、慢性貧血が解消されていく予定である。その他悪いところは一切なく、常用している薬はない。

健康だからこそ、これからの人生を楽しく過ごせる自信がある。
色々と身体を壊している女房だけれど、私が元気だから私が支えることに何も問題はない。逆に女房に支えられている部分も多く、二人の関係は良好である。
子供が子供を産んでくれたので、早くに二人の孫が出来、今年、孫と一緒に走ったマラソン大会で表彰台に乗ることが出来た。
私の子供達も何とか独り立ちしてくれて、今年の12月29日に還暦祝いをしてくれる。

こんな幸せな人生にしてくれた転機は、やはり保険会社の破綻である。
最大のピンチだったのだろうが、私にとっては幸運だった出来事だったと間違えなく言える。

もし、保険会社が破綻してなかったら。

考えるのが怖い。生きていなかったかもしれない。


sake8 at 02:56|PermalinkComments(2)

2018年12月02日

「さあ、これからだ」

昨日、12月1日の道新朝刊「読者の声」です。

今年2回目の投稿で再び掲載してもらいました。
何度も掲載されていますが、やはり今回も嬉しくもあり恥ずかしくもあります。

IMG_20181201_131044


今月で60歳になる記念になりました。

先週の金曜日(11/30)、斗南病院で半年に1回の定期検診を受けました。
CT検査と血液検査です。
この検査のためでもあり、今後の健康づくりのために、火曜日から木曜日までの三日間断酒しました。
いや、いつものようにお酒を抜くと眠りが浅い。何か3日間ずと寝不足状態だったような気がしました。
金曜日、飲酒した夜の熟睡度、半端ありませんで、土曜日は超スッキリの日になったのです。

で、検査結果。
CT検査、全く問題なし。

血液検査結果。
ガンに参考になるCA19-9と、CEAとも正常。
赤血球数 401 ヘモグロビン 11.8 ヘマトリック 37.0 と相変わらず低めではありますが、半年前はそれぞれ 348、11.6、34.8ですから改善中という判断をいたしましょう。
γーGTP 76とちょい高めですが、まあ、許容範囲ではないでしょうか。
他は全く指摘事項は無し。

半年に1回、健康を確認する行事であり、担当医師との問診の半分以上はマラソン談義になります。
担当医師もフルマラソンハマっていまして、先日のつくばで3時間40分でゴールしたそうです。
そして、来年の北九州の抽選にも当たり、遠征するそうです。
いつも、楽しい定期検診になっています。



sake8 at 10:56|PermalinkComments(0)

2018年11月27日

我が家に嵐来る

16日〜18日、札幌ドームに嵐がきました。
23日〜25日の3連休、我が家にも孫嵐がやってきたのです。
23日8時にパパが送って我が家にきた孫ちゃん二人、25日の19時にパパに送り届け、ジジババの任務は終了したのでした。はー疲れた。走る時間なんてなかったです。

23日、一夜明けたら一面の銀世界。走るチャンスはチビ嵐が来る前。そう朝がチャンス。
でも、朝から吹雪、そしてラッセルランになり、強引に走ったけれど7Kで挫折でした。
この日は、札幌ヨドバシに二人を連れて行きました。目的は二つ。チビ達のクリスマスプレゼントの下見と、石油ストーブの購入です。チビ達のプレゼントはだいたい決まり、12月に入ったら購入予定。石油ストーブは乾電池着火式で、災害用に備えて購入。息子の帰省時には、息子の部屋で使わせようと思っております。
マックで昼食を摂り、ツタヤで子供たちのビデオを借りて帰宅し、そのままビデオ観賞会となり1日目が終了。

24日、この日は江別「湯の花」へ二人を連れて行き、まずはお風呂。帰宅して昼食を摂ってから今度は岩見沢へ。鉄道模型展覧会が開催されており、女房と4人で向かったのでした。無料でしたが、なかなか楽しく、チビ二人は模擬運転操作を楽しんでいました。

IMG_20181124_154833IMG_20181124_154554IMG_20181124_150416
そして帰宅、食事、ビデオ観賞会

25日、この日は札幌ドームへ。休日キッズコーナー開放日で、無料で遊具が使えます。ちなみに小学4年生までですので、二人(3年・1年)はOKなのです。
10時から11時半までびっしり遊んで、ドームから5分の距離に居住する実家へ二人を連れていき、じっちゃん・ばっちゃん(私の両親を孫たちはこう呼んでいます)と、ジージとバーバ(私達二人を孫たちはこう呼びます)合計6人で昼食。じっちゃん手作りスープによるラーメンです。じっちゃんは料理がうまいです。
しばらく実家でくつろいで帰宅。残ったビデオを女房とチビたちに見させて、私は夕ご飯の支度。3日とも夕食は私が作っていますが、孫ちゃん達はペロッと食べてくれますので楽しいですよ、ご飯作りも。
夕ご飯後二人を送り、ビデオを返したついでに、今度は私達夫婦用に5本DVDを借りてようやっと解放された私達でした。

嵐は去り、楽しかった3日間でしたが、もうしばらく来なくてもいいぞ、チビ達。



sake8 at 05:20|PermalinkComments(0)

2018年11月21日

さあ、これからだ

完全に諦めているわけではありませんが、正直サブスリーが厳しいなと感じ始めてからは、少しモチベーションは下がっています。
頭の中で、前まではこのくらい走れたのに、が、全く別人になったような自分に歯がゆさを感じまくっています。

でも、走ることを止めようとは全然思っていません。そして、まだまだ鍛え方によっては、再びタイムを縮めて行けると信じています。
今、来年の1月27日の「館山若潮マラソン」に気持ちは向かっています。この大会は、あくまでスタートと位置付けています。60歳になって最初のフルマラソンだからです。
これからも、タイムを追求したレースを続けていきたいと思い、そして速くなりたいという気持ちは継続して持っていたいと思います。

今現在実施していること。
とにかく毎日継続して走ること。走ることを維持させながら進化させるようにすること。
11月に入ってから、20Kを超えて走る日はありませんが、20日中16日は何らか走っています。これからは、30K走を組み入れます。日々は雪上ランで継続し、1週間に1度はつどーむに顔を出します。ここ数年つどーむで走る回数がめっきり減っていましたので、今年は復活します。走ることはそんなに心配していません。徐々にスピードがついていけばいいと思っています。

そしてもう一つも必ず実践します。
お酒です。
まずは飲む量を減らすこと。
今まではだらだら飲んできて、休日前などはその量は増加し、休日のロングランを実施できないことを繰り返してきました。
取りあえず今、飲む量を1日日本酒5合に抑えることには成功しています(それでも多いという声が聞こえそうですね)。ほっとけば1升近く飲んできた私ですので。
量を取りあえず抑えることが出来てきましたので、次は断酒日の実践です。
今は、何とか週1日の断酒をしていますが、週1日の断酒継続の実施ですね。週1日の断酒を守れないことも多かったので、まず週1日の断酒の継続が必要になります。
1日日本酒5合と、週1日の断酒を今年中に定着出来たら、来年から1日日本酒3合、週2日の断酒へとバーを上げます。
これを達成するために、ラン以外の別の目標を設定しました。
具体的にはここでは述べませんが、生活のペースを若干変えて、大量飲酒なんて出来ない環境を作る予定なのです。

ここ数年のタイムの低迷は、以下3つだと思っていました。
1. 年齢による衰えと、走行距離不足により筋力低下。
2. アルコール摂取による肝機能低下(数字には表れていませんが)でスタミナ不足。
また、飲酒により充分な食事を確保しないためおこる低血糖症状。
3. 鉄分不足で発生する貧血で、めまいや倦怠感。

3の鉄分不足は3か月に1回の注射で改善に向かっています。ですので、1・2が改善できれば復活できるのではと思っています。

これを必ずやらなければ、なんて悲壮感をもって実行するつもりはありません。ストレスたまるから。
60過ぎて挑戦するなんてかっこいいよね、俺。と、自分自身でワクワクしながらやりたいだけなのです。もし、サボったとしても、あ〜あやっぱり俺だな、とケラケラ笑いながら目標を修正するだけです。敗北感なんてものを持ち合わせるつもりは毛頭ありませんので。

さあ、来年の10月の別海、どういう走りをしているか今から楽しみです。


sake8 at 05:35|PermalinkComments(0)

2018年11月17日

ふっこう割、申し込んじゃいました。

今週の水曜日、15日道新朝刊に某旅行代理店のふっこう割プランが載っていました。
女房と、私の還暦祝いにゆっくりと温泉でも行きたいね、と話していました。しかし、ふっこう割は人気が高く、すぐ枠が埋まってしまうという話を聞いていましたので、二人の結論は速くこの日すぐに予約をしてしまいました。
来年の2月、定山渓温泉のホテル、毛ガニ半身・ズワイガニ2足・ツメ1本付の一泊2食「和洋式タイプ」です。予算は二人で21,000円、私達がいつも利用するようなホテルから比べると少し高めなのですが、ふっこう割補助額が二人で12,000円なのだそうです。だから、正規料金なら二人で33,000円ということなのでしょうから、たまにはいいでしょう。
チェックイン15:00、チェックアウト10:00ということなので、フル滞在して温泉に浸かり、おいしい料理を堪能し、のんびりと過ごしたいと思っています。
今年10月の別海マラソンついでの釧路宿泊計画が、台風で流れていますので今回の企画は還暦祝いだけでなく、たまの旅行でもしてみようじゃん企画でもあります。

楽しむというと、毎年この時期女房はニコニコしています。
昨日からの札幌ドーム、嵐コンサートがあるからです。女房は今日・明日、土曜・日曜の2日チケットが取れたらしく、2日間ともに友達と行くそうです。
ということで、私は2日間昼御飯と晩御飯「ぼっち」。
まあ、いいか。

楽しんでおいで。

sake8 at 07:51|PermalinkComments(0)

2018年11月14日

女房の帰省

先週の木曜日から今週の月曜日まで、女房は東京に行っていました。
きっかけは、女房の高校(小平市)の同窓会のお誘いがあり、それに参加する目的ではありますが、一人暮らししている義父の様子を伺うという別の目的もありました。
長女と二人と言いながら、長女は朝7時半には家を出て帰宅は21時過ぎになります。日曜日は休みだったのですが、どっか行って帰ってきませんでした。
ということで家の家事はすべて私です。まあ、慣れていますから、さら4日や5日くらいの女房の不在は何の影響もありません。
しいて言えば、明かりの点いていない自宅は、少し寂しいかなと思うくらい。まあ家の中に入って電気点けたらその寂しさは吹っ飛びますが。
義父は、大分弱ってきていると聞いていますが、それでも何とか一人で生活していますので、まだまだ大丈夫ではないでしょうか。
義父には携帯を持ってもらって、毎日女房が電話して安否確認しています。東京には女房の弟家族がいますし、我が家の長男もおります。何か変化があったらすぐに駆けつけることが出来ます。
さすがに北海道からはすぐに駆けつけるのは無理ですが、何度か東京まで車で行っていますから、函館―青森のフェリーを使用して16〜17時間で駆けつけることは可能です。
夜の8時に出て次の日の14時くらいには着くと思います。
飛行機を使わない理由は、機動力がないと色々対応が出来ないこと。実家は立川市なので、成田からも羽田からも遠いという事があります。
まあ、本当に急ぐ時は空港でレンタカーを借りることになるでしょう。

来年のGWが10連休にすることを閣議決定し、今開かれている国会で審議されるらしいですが、さすがに野党は反対しないでしょうから、ほぼ全員一致で可決されるのではないかと思います。
今から女房と計画を立てています。10連休の半分使って、まず静岡富士宮の末っ子ちゃんのところに行きましょう。そして末っ子ちゃんも10連休だったら、3人で立川の義父のところに行きましょう。そして、もし長男も便乗したら、長男含め4人で北海道に帰ろうかな、なんてことを計画しています。
末っ子・長男はどうなるかわかりませんが、私達二人の多分静岡・東京遠征は実現する可能性は高いと思っています。

来年の大会参加もだいたい固めつつあります。
特筆するのは、6月サロマ復活です。還暦祝いでブルーゼッケンつけて、また100Kアタックします。
来年のフルは、洞爺湖・千歳・北海道・別海の予定ですが、東北の大会も出てみたいと思っていますので、ちょっと探してみようとも思っています。


sake8 at 20:18|PermalinkComments(0)

2018年11月08日

ちょっと早いけれど年末の話

昭和33年(1958年)12月24日生まれの私ですので、今年の12月24日で60歳。還暦を迎えます。また、同時に我社は60歳誕生日の月末が定年日となりますので、今年の12月31日が定年の日なります。
まあ、定年になるからと言っても隠居するわけではなく、来年からも普通に働いていますが、一区切りついたとは言えます。
大学受験を失敗し浪人を1回、大学3年進級に単位が足りず留年を1回重ねましたので、ストレートに行った昭和33年生まれの同期からは、2年遅れて昭和58年(1983年)4月1日から社会人となりました。会社が一度変わりましたが、35年9か月勤め上げたという事になります。

先日、女房から

「12月29日は、空けておいてね。」

と言われました。

「空いているけれど、何があるの。」

「お父さんの定年のお祝いを○○でやるから。」

どうやら、10月に入ってから、私を除いて家族間で連絡を取り合っていたみたいです。
長男は、12月27日に帰ってきます。次女は29日に帰ってきて、千歳から直接会場に来るらしいです。そして、札幌の実父・実母にも声かけていて参加するそうです。(孫はいません)

女房と二人でどこかへ食べに行こうかな、とは考えていたのですが、家族全員揃って一区切りのけじめになりそうです。
素直に嬉しいです。

最近、特に過去のことを振り返らないようにしていますので、特段今までの社会人生活に思い出はありません。つらいことも、楽しかったこともすべて過去のことです。
ただ、子供を無事成長させたことだけが、仕事を続けてきた結果だと思っています。そのためだけに働いてきた、と言っても言い過ぎではないかもしれません。
そして、子供達全員が一緒にこのけじめの場にいるということが、最高のお祝いになるような気がします。
間違いなく、仲の良い家族です。勿論、中心は女房です。それも間違いありません。経済的な柱は私ではありましたが、家族の精神的な心の支えは女房だったと思います。
ですので、今回の宴は私の定年祝いではありますが、私達夫婦のお祝いだとも言えると思っています。
12月29日が今から楽しみです。


sake8 at 05:55|PermalinkComments(2)

2018年11月07日

体重計

体型だけは自慢できるかも。

髪が、歯が、目が、と、部分的には明らかな老化現象が現れてきている私です。
まあ、これらについてはしょうがありません。受け入れます。

ただ、体型だけはちょっと。

IMG_20181031_160215IMG_20181031_064146


身長はあとちょっとで170cmの169cm。
今朝測った体重が58.2kg、体脂肪率7.9%。
BMIを計算しますと、20.4。

当然のように、お腹にはぜい肉がついていません。
背中もまるくなっていないと思われ、姿勢も悪くないはずです。

近くで見た場合はしょうがありませんが、遠目で見た目だけではお年寄りに見えないように、これからも精進します。

さあ、これからも走ってきましょう。

sake8 at 05:51|PermalinkComments(0)
Profile

ヨーイチ

Archives