sake吉

2010年08月

今日の鮮魚とおまけ!

今日の鮮魚は4点!
その一
0823suzu_kanpa
スズキ(養殖)とカンパチ
 スズキは白身でサッパリと!
 カンパチのカマ部分は塩焼きで!


その二
0823siroika
今日のイカは『白イカ』です。コリコリと食感が最高!
冷たい冷酒にGood!

他に定番の『本鮪赤身ブツ』もありますよ。

≪おまけ≫
この暑い中、お祭りで御輿を担いでしまった・・・。
0823maturi1
大崎の居木神社のお祭りです。
暑さで溶けそうでしたが、頑張ってきました。
おかげで、肩がパンパンになってしまい今日の営業に影響が・・・!

≪ご当地キティちゃん登場≫
0823oowaku
箱根の大涌谷に鎮座していました。
黒タマゴを1個食べると、7年延命!店主は3個食べたので21年延命に!
???はたして、何歳から延命になるのかな・・・?

0823ropu
何十年ぶりかにロープウェイに乗りました。昔と違って2線式に変わっていて安定感バツグン!

早く秋にならないかなぁ!秋の日本酒が呑みて〜ぃ!




今日の日本酒はこれでいこう!

“秋あがり、ひやおろし”9月9日解禁予定!!!

秋酒解禁までの間、このお酒でいっちゃおう!

その一
0820houou
『鳳凰美田』小林酒造(栃木県小山市)
◎亀粋 純吟しずく絞り斗瓶取り 亀粋50%
◎芳 純吟しずく絞り斗瓶取り 若水米55%
◎本吟「吟醸」&「中取り」&「直汲み」&「無濾過」若水米55%
 
SAKE吉の定番品が3種類揃いました。独特の味をお楽しみ下さい。

その二
0820nabe
『鍋島』富久千代酒造(佐賀県鹿島市)
新たに『特別本醸造』が仲間入り!旨口甘口酒!佐賀の華60%


その三
0820hapou
夏にもってこいの『シュワシュワ酒』が二種類!
◎とび六 微発泡吟醸にごり 出羽桜酒造(山形県天童市)
◎おしゅん(くどき上手)亀の井酒造(山形県鶴岡市)
どちらも300ml瓶呑み切りで¥1,500-ポッキリ。
この爽快感で猛暑を乗り切ろう!


皆さんお待ちしています。






 

今日お勧めの日本酒はこれだ!

夏の日本酒が、いまあるだけで終了となります。
次は秋の日本酒『ひやおろし』『あき上がり』の出番です。
が、まだ秋の日本酒にはちょっと早いので、
つなぎに4本仕入れてきました。


08124hon
◎賀茂金秀130 純米(広島県東広島市 金光酒造)
 Since1880 雄町60%
 創業1880年 130周年の記念醸造酒です。
◎出羽桜 純米吟醸(山形県天童市 出羽桜酒造)
 限定品 出羽燦々50%
 全国の良質なお酒を取り扱っている酒問屋・小泉商店さんが
 開催している酒販店向け勉強会『青雲塾』に参加している
 酒屋のみに販売する、限定の中の限定品。
◎くどき上手 山田Jr 純米大吟醸(山形県鶴岡市)
 山田錦44%
 山田Jrとは?⇒亀の井酒造・名杜氏・今井俊治氏のご子息
 今井俊典氏が初めて醸したお酒。
 今井俊治杜氏に負けない、素晴らしいお酒に仕上がっております。
 抜群の香り、柔らかな旨味、喉越しの優しさをお楽しみ下さい。
◎鳳凰美田 純米吟醸(栃木県小山市 小林酒造)
 しずく絞り斗瓶取り 亀粋50%
 幻の酒米『亀粋』で醸す鳳凰美田の限定品。
 他を圧倒する存在感を放つ逸品の火入れバージョン。
 『鳳凰美田』の新作。今期(平成21酒造年度)より、
 幻の酒米としてしられる 「亀粋」(きっすい)は、
 これまた稀少な酒米「亀の尾」を改良した高品質米
 を使用。今後の鳳凰美田の“切り札”的存在に間違いなくなる逸品。


お盆にはいり、お客様の少ないこの時期に、
ぜひ美味しい日本酒をゆっくりとご堪能下さい。
ご来店お待ちしています。


SAKE吉は、16日(月)17日(火)を、お休みさせて頂きますので、宜しくお願いいたします。



8月お盆休みのご案内

SAKE吉のお盆休みは、
8月16日(月)17日(火)の二日間です。
14日(土)は、営業し、15日(日)から三連休となります。
18日(水)から営業しますが、お盆明けは鮮魚が揃わないと思いますので、ご了承下さい


今週の鮮魚は、お盆の関係もあり、3点盛のみで営業させて頂きます。
≪カンパチ≫

0808kanpa
◎カマ焼き部分と、刺身用を切り離したところです。
 残念ながらカマ焼きは、昨日売れてしまいました。次回お楽しみに!


≪白イカ≫
0808siroika
◎墨だらけになってしまい『黒イカ』に!
 小振りなので美味しいですよ!

◎他に定番の『本鮪赤身ブツ』をご用意してお待ちしています。

≪内緒情報≫
今日は『鮪カマ焼き』が一本あり、早い者勝ちです。
お値段は1,800円ですが、ボリューム感は満点☆!
焼きあがるまで約1時間かかりますので、ご了承下さい。

≪いつものおまけ≫
このくそ熱い中を、またまた歩いてきました。
歩王様(ウォーキング)“日光街道編”
第8回目に行って来ました。
今回は、小山⇒石橋です。8月8日(日)快晴
距離15.5km 歩行時間3時間20分 歩数20,875歩
本当に暑く、とろけてしまいそうでした!
20100808_0120100808_0220100808_08
8:53小山駅出発。今朝は6時に目が覚めてしまい、急遽歩くことに!
午前中は少し日陰があり、特に東北新幹線の高架下は、日陰になっていて最高でした。
10:26小金井駅入り口交差点を通過。ここで終了したくなりましたが、気を奮い立たせ『今日は頑張るぞ!』。この辺りも電柱が無くきれいな町並みです。
葵の家紋のお寺を発見するも、先を急ぐ為素通り。本当に熱いぞ!

20100808_0520100808_0420100808_03
小金井一里塚を発見。由緒正しい一里塚のようです。
日光街道の宿場町が載っていたのでパチリ。クリックして大きい画像でご覧下さい。

20100808_1120100808_1220100808_13
11:15自治医大駅通過。
この辺りで昼食と思い、近くに定食屋さんを発見。地元ならではのお店にワクワク気分で入店。冷房が効いていて、熱さでとろけた体が、見る見るうちにシャキッと!でも汗臭い!早速MWNUに目を。中華あり、そば、うどん、和食あり、洋食ありで迷った末『しょうが焼き定食』を注文。注文した後にMENUを見ていたら『ご飯半分は100円引き』なる記載が?もしかして・・・?出てきた丼飯をみて『うっ!』予想通り大盛りでした。でも、しょうが焼きの濃い目の味付けに、みるみる白飯が胃の中に。それも、とても美味しい白飯で大満足!息子さん夫婦との家族経営のようで、好感のもてるお店で、また来たくなるお店に元気をもらい、一路宇都宮を目指し熱波のなかへ。
東京から90kmの標識を発見。宇都宮まで後17km。この看板を見た時点では、宇都宮まで行く気満々だったのですが・・・。

20100808_1520100808_1620100808_17
12:49石橋駅入り口交差点に到達した時点で、完全に体がとろけてしまい小休止。のつもりが、今日はここまで!後2駅で宇都宮だったのですが、ここで断念!
終了と決めたら即電車で、東鷲宮駅近くの『百観音温泉』まで戻り、汗臭い体を清めに。そして風呂上りのビール&冷酒。最高!
東鷲宮駅を出た直後の車窓からのワンショット。有名な山が遥か彼方に見えたのですが判りますか?直線距離にして凡そ112km。見えるもんですネ!
後、3〜4回で日光到達予定です。早く辿り着きたいものです。
皆さん、アホな店主を応援してくださいね!







『船上干し』ならぬ『キッチン干し』・・・?

今日は『自家製塩辛』作成日です。
肝は月曜日に塩漬けしてあり、今日は身を干してます。
本来であれば、釣りたてのスルメイカを船の上で開き、干すのが一番!
そうは言うものの、店を始めてからは、なかなか釣りには行けず、
しかたなく、お店のキッチンで干しています。
なぜ干すの?
干すことによって、旨味が凝縮すると店主は勝手に思っています。
さて今日の塩辛のお味はどんなものか?楽しみです。


船上干し風景(海の向こうに見える陸地は洲崎辺りです。)
0804senjou
(3年前の写真です。)

キッチン干し風景(SAKE吉キッチンです。)
0804ikabosi
絶対に船上で干した方が美味いと思います。
海の水で洗い、潮風で乾き具合がベスト!
近いうちに行きたいものですね!



≪同じ蔵のお酒を整理してみました≫
気がついたら、同じ蔵のお酒が数種類も!ここで一部をご紹介。


その一 黒龍酒造(福井県吉田郡永平寺町)
0804kokuryuu
◎本醸造  ◎いっちょらい  ◎特撰吟醸  ◎純米吟醸
どれも福井県産五百万石を醸した美味い奴ら!SAKE吉の定番酒です。


その二 亀の井酒造(山形県東田川郡羽黒町)
0804kudoki
◎辛口純吟 雄町    ◎純米大吟醸 出羽燦々 
◎純米大吟醸 亀の尾  ◎純吟 酒未来

酒米の違いをお楽しみ下さい。

その三 来福酒造(茨城県筑西市)
0804raifuku
◎純吟生原酒 八反  ◎純米スイート 地元産若水  
◎純吟超辛口 茨城県産ひたち錦
茨城県の日本酒も美味いですよ!


その四 富久千代酒造(佐賀県鹿島市)
0804nabesima
◎純吟山田錦  ◎純米生酛造り 熊本酵母  
◎純米五百万石 中汲み無濾過
佐賀が生んだ絶品酒。上品な香りと甘みで万人に愛される味わいを、お楽しみ下さい。


その五 永山本家酒造場(山口県宇部市)
0804taka
◎純米吟醸50中取り無濾過生原酒
◎特別純米60  ◎濃淳辛口純米80
冬は酒造り!そして夏は、酒造りに使用する米作り!
この三本は、自社製山田錦で仕込まれた逸品です。
SAKE吉では『50・60・80よろこんで!』と、どこかの保険会社のCMのように呼ばれています。
山田錦の精米歩合の違いを味わってみては!


他にも取り揃えて、皆さんのご来店をお待ちしています。
店主






記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ