アキモト酒店  走る大地 踊る農業 歌う酒 −秋田県

秋田の地から、日本酒と農業、自然にまつわる話題を、日々のコラムと写真を交えながらお届けします。豊かな大地、その大地に育まれた米、そのエキスであるおいしい日本酒に関わる話を、酒屋の日常の中から紡いでいきたいと思います。 mail@akimotosaketen.jp TEL.0187-72-4047

花咲き乱れる岩手山を縦走で堪能しました  

山の師匠の三浦さん情報で、岩手山の花がすごいらしい、ということで、24日(火)三浦さんと進藤さんの3人で岩手山に登ってきました。

今回は車2台で走り、1台は馬返し登山口にデポし、もう1台は御神坂登山口をめざしました。

160524,01160524,02

160524,03160524,05

160524,06160524,07

御神坂コースは、今ではマイナーコースとなっていますが、岩手山で最も早く開かれたルートで、今の時期の花の多さは知る人ぞ知る、ですが、長いし、急だし、なかなかのコースです。

私も数年前に下山でこのルートを下りましたが、いつまでたっても終わらないガレ場や樹林帯の中でウンザリしたものです。

あいかわらずの長さと急勾配ですが、花の数は多い!
マイヅルソウ、チゴユリ、白花のエンレイソウ、写真はないけれどショウジョウバカマ、キクザキイチゲ、カタクリ、ヒメイチゲなどなどオールスターです。

160524,08160524,11

とにかく数の多かったのがシラネアオイ。

登山口から樹林帯が切れるまで、ず〜っと登山道を彩っています。花は大きいし、色は鮮やかだし、癒やされました。オオカメノキの花が落ちたかわいい光景や白花にまで出会えました。

160524,09160524,10

160524,12160524,14

イワカガミ、ムラサキヤシオツツジ、ツバメオモト、ミネザクラとツツジの競演も随所に見られます。

160524,13160524,15

160524,16160524,17

樹林帯の中を格闘して、やっと展望が開けました。

鬼ヶ城直下のダケカンバの斜面にはまだ雪が残っています。その向こうに秋田駒ヶ岳もくっきりです。

眼下の雫石町や小岩井牧場は、緑を濃くしています。

そして、今回の山行のハイライト、ユキワリコザクラがおもむろに我々を出迎えてくれました。

160524,20160524,18

160524,19160524,21

サクラソウの仲間で、生育地が限定されて非常に貴重な種とされる花ですが、いやぁ、さすがにかわいくて美しい。

師匠の三浦さんも、焼石岳で一輪だけ見たことがあっただけといっていましたが、そこそこの範囲で咲き乱れています。

ミヤマキンバイも咲き始め、ところどころ競演してくれています。

160524,22160524,23

160524,24
すばらしい花の競演を楽しんで、標高が1,800m近くになると崩落地があらわれ、補助ロープが設置されています。

ダケカンバの白い幹と、下草の緑の濃さが独特のコントラストをしています。

クマさんの密度も濃いところという話をきいたことがあります。

岩場歩きをしていると、コメバツガザクラが咲いていました。




160524,25160524,26

3時間半近くかかって、やっと鬼ヶ城との分岐に到着。

ここから不動平に雪渓を踏むながら少し下って、向かいのお鉢−山頂に向かいます。

160524,27160524,28

160524,29160524,30

ガレ場を息を切らしながらお鉢の縁に上がると、さすが師匠、お鉢からさらに火口に下りて奥宮経由、反時計回りの遠くで急な斜面で山頂に向かいます。

やっとやっとの山頂です。  長かった・・・。

(続く)





父の日ギフトセット のご案内です!

当店初めての企画となりますが『父の日 ギフト』のご案内です。

日頃の感謝の気持ちをこめて、ホッとしてもらえる瞬間、ゆったりくつろいでいただける時間を大切に!をコンセプトに、「Plus Cafe」さんとのコラボで、日本酒とコーヒーのセットをご準備させていただきました。
秋田県酒造組合さんのオリジナル「美酒王国グラス」も添えて、スペシャルな内容となっております。



ご予約は、店頭、または
下記フォームより申し込みをお願いいたします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/60430fb2441643


店頭でお申し込みいただいたお客様は、予約申込用紙に記入していただいた段階で予約確定とさせていただきます。

また、フォームでお申し込みいただいたお客様には、こちらから確定の返信を差しあげた時点で、予約確定とさせていただきます。

6月8日(水)より店頭お渡し、または発送対応が可能です。


ぜひ、ご検討ください。 

よろしくお願いいたします。

20160525120228_00001
20160525120250_00001



ご用命・お問い合わせは
アキモト酒店 までお願いいたします。
TEL.0187−72−4047
FAX. 0187−87−1020
mail@akimotosaketen.jp


*このブログの左側バナーに貼り付けている「ご注文・お問い合わせはこちらへどうぞ」という所にお名前・メールアドレス・ご住所・お電話番号・お問い合わせ内容を書き込んでいただければ、折り返し、こちらから返信させていただきます。

また、アキモト酒店のfacebookページからは、メッセンジャーを使ってのお問い合わせにも対応させていただきます。

なお、夜8時以降に受信したメールについては、原則、翌日朝の対応になりますので、ご了承ください。
よろしくお願いいたします。


定休日は、毎月第3日曜日です。


平日の営業時間は午前8時30分〜午後8時です。

また、日曜日と祝日の営業時間は午前9時〜午後6時  とさせていただきます。

発送の場合は、クロネコヤマト、またはゆうパックの代金引換便でお願いしております。

お振込ご希望の場合は、当店指定の口座にお振り込みいただいたことを確認後、お送りさせていただきます。

また“SQUARE インボイス”を使った、クレジットカード決済(VISA・MASTER・AMEX)も可能になりました。

よろしくお願いいたします。

※当店のこのブログでは、消費税8%込みの総額表示とさせていただきます。

当店のこのブログは、昨年3月分までは、消費税5%込みの総額表示にしております。

過去ログも本当はさかのぼって8%込み価格に訂正するべきなのでしょうが、とてもそこまで手が回らないのが現状です。

申し訳ありませんが、過去ログをご覧になって4月以降のご注文の場合は、消費税8%に置き換えた金額をその都度お知らせさせていただくことで対応したいと思っています。   

勝手いって、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


娘のブログもご覧ください
SAKE GIRL http://sakegirl.weebly.com/

インスタグラムもはじめました。
店内のPOPの状況などお伝えできればと思います。
https://www.instagram.com/akimotosaketen/

やまとしずく 夏のヤマト  この価格でこのおいしさって!!

連日の20度越えで、梅雨明けのような季候となっている秋田ですが、周りの農家さんは田植えに奔走している毎日です。

160522,01160522,03160522,02

まさに“夏”といっていい季候になりましたので、「やまとしずく 純米酒 夏のヤマト」をご案内させていただきます。

蔵の周囲10km範囲で契約栽培された美山錦100%使用の60%精米、酸度1,5、アミノ酸1,0、日本酒度+4,0、アルコール15,8度、酵母はAK−1酵母です。

純米酒とは思えないワンランク上のシャープな夏向け純米吟醸の趣をもつ、大人気商品であります。

160522,04160522,06160522,05

AK−1酵母らしいシャキッとしたあざやかな香味、これが心地いい!

グラスから立ち上る華のある香りは、キリッと冷やしていても際立ちます。

爽やかでなめらかな口当たりからくっきりとした酸が立ち、味わいにアクセントを付けます。

上槽後すぐに瓶詰めし、火入れ1回の生詰めらしいフレッシュさが味に軽快さをもたせ、シャープでキレのある季節感がアップしています。

いやぁ、今年もうまいです!

60%精米純米で、この軽さ、キレ、呑みやすさだと、他の純米吟醸が売れなくなるのではないか?!と心配になります(笑)。

生詰めではありますが、必ず冷蔵いただき、日に当てずにきりりと冷やしてお召し上がりいただければ、驚きのコストパフォーマンスに納得いただけること請け合いです。

やまとしずく 純米酒 夏のヤマト  生詰め夏季限定  
 1,8L ¥2,376 (消費税8%込み価格) 
720ML ¥1,188 (消費税8%込み価格) 



ご用命・お問い合わせは
アキモト酒店 までお願いいたします。
TEL.0187−72−4047
FAX. 0187−87−1020
mail@akimotosaketen.jp


*このブログの左側バナーに貼り付けている「ご注文・お問い合わせはこちらへどうぞ」という所にお名前・メールアドレス・ご住所・お電話番号・お問い合わせ内容を書き込んでいただければ、折り返し、こちらから返信させていただきます。

また、アキモト酒店のfacebookページからは、メッセンジャーを使ってのお問い合わせにも対応させていただきます。

なお、夜8時以降に受信したメールについては、原則、翌日朝の対応になりますので、ご了承ください。
よろしくお願いいたします。


定休日は、毎月第3日曜日です。


平日の営業時間は午前8時30分〜午後8時です。

また、日曜日と祝日の営業時間は午前9時〜午後6時  とさせていただきます。

発送の場合は、クロネコヤマト、またはゆうパックの代金引換便でお願いしております。

お振込ご希望の場合は、当店指定の口座にお振り込みいただいたことを確認後、お送りさせていただきます。

また“SQUARE インボイス”を使った、クレジットカード決済(VISA・MASTER・AMEX)も可能になりました。

よろしくお願いいたします。

※当店のこのブログでは、消費税8%込みの総額表示とさせていただきます。

当店のこのブログは、昨年3月分までは、消費税5%込みの総額表示にしております。

過去ログも本当はさかのぼって8%込み価格に訂正するべきなのでしょうが、とてもそこまで手が回らないのが現状です。

申し訳ありませんが、過去ログをご覧になって4月以降のご注文の場合は、消費税8%に置き換えた金額をその都度お知らせさせていただくことで対応したいと思っています。   

勝手いって、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


娘のブログもご覧ください
SAKE GIRL http://sakegirl.weebly.com/

インスタグラムもはじめました。
店内のPOPの状況などお伝えできればと思います。
https://www.instagram.com/akimotosaketen/


160523,01160523,02

昨日は日曜日で6時閉店でしたので、閉店後すぐに車を飛ばして大仙市太田町の大台スキー場に行ってきました。

スキー場上部から見る夕暮れです。

田植え最盛期で田んぼに水の入った仙北平野に日本海に沈む夕陽が映えます。

すばらしい豊かな光景です。

160523,03

160523,05

160523,04

絶好の天気と曜日にスキー場上部には車15台以上登っていて、満員御礼でございました。

雪の茅舎 秘伝山廃  夏酒!!

160521,01160521,03160521,02

こちらもご案内がすっかり遅れてしまっている「雪の茅舎 秘伝山廃 純米吟醸限定生酒(夏酒)」(新商品)です。

原料米は麹に山田錦、掛け米に出羽の里を使用し55%精米、酸度1,6、日本酒度+2,2、アルコール15,9度、酵母は自社酵母です。

しっかり華やかに香ります。山廃らしさをまったく感じさせません。味はきめ細かく、噛みしめるように酸がクッと沸き、しみじみと旨さがこみ上げます。

甘さに感じる味のボリュームに特徴のある「雪の茅舎」ですが、さすがにこれは夏限定という新商品だけあって、通常版より少し日本酒度を切ってさっぱりめに仕上げてあります。やさしいキレ感と余韻が「雪の茅舎」の夏らしさを表現しています。

山田錦麹のさることながら、山形の出羽の里を掛け米に使うという、秋田では滅多にお目にかかれないお米の掛け合わせです。


雪の茅舎 秘伝山廃 純米吟醸限定生酒(夏酒)  
720ML ¥2,052 (消費税8%込み価格)  



ご用命・お問い合わせは
アキモト酒店 までお願いいたします。
TEL.0187−72−4047
FAX. 0187−87−1020
mail@akimotosaketen.jp


*このブログの左側バナーに貼り付けている「ご注文・お問い合わせはこちらへどうぞ」という所にお名前・メールアドレス・ご住所・お電話番号・お問い合わせ内容を書き込んでいただければ、折り返し、こちらから返信させていただきます。

また、アキモト酒店のfacebookページからは、メッセンジャーを使ってのお問い合わせにも対応させていただきます。

なお、夜8時以降に受信したメールについては、原則、翌日朝の対応になりますので、ご了承ください。
よろしくお願いいたします。


定休日は、毎月第3日曜日です。


平日の営業時間は午前8時30分〜午後8時です。

また、日曜日と祝日の営業時間は午前9時〜午後6時  とさせていただきます。

発送の場合は、クロネコヤマト、またはゆうパックの代金引換便でお願いしております。

お振込ご希望の場合は、当店指定の口座にお振り込みいただいたことを確認後、お送りさせていただきます。

また“SQUARE インボイス”を使った、クレジットカード決済(VISA・MASTER・AMEX)も可能になりました。

よろしくお願いいたします。

※当店のこのブログでは、消費税8%込みの総額表示とさせていただきます。

当店のこのブログは、昨年3月分までは、消費税5%込みの総額表示にしております。

過去ログも本当はさかのぼって8%込み価格に訂正するべきなのでしょうが、とてもそこまで手が回らないのが現状です。

申し訳ありませんが、過去ログをご覧になって4月以降のご注文の場合は、消費税8%に置き換えた金額をその都度お知らせさせていただくことで対応したいと思っています。   

勝手いって、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


娘のブログもご覧ください
SAKE GIRL http://sakegirl.weebly.com/

インスタグラムもはじめました。
店内のPOPの状況などお伝えできればと思います。
https://www.instagram.com/akimotosaketen/


160522,05160522,06

160522,07160522,09

160522,04
朝、店をあける前に姫神公園から薬師神社あたりを歩いてきました。

マイヅルソウの群生目当てでしたが、他の草が伸び出していて写真にはイマイチの光景でしたが、ツツジやタニウツギ、フジは見事に登山道を彩っています。

ミサゴの巣は空っぽ。望遠鏡をもって観察にきていた方に聞くと、4月の暴風で巣が飛ばされて落ちてしまい、作り直してから卵をかえしているようなので、ヒナがかえるのは6月に入ってからではないか?といっていました。


160522,01160522,08

姫神山の山頂へは向かわず、途中から薬師神社に下りて三十三観音のある参道を下りると、シャガの花が咲いていました。

オリエンタルな宗教的な雰囲気のある花です。

160522,03160522,02

そして、お目当てのウラシマソウも見つけました。

釣り糸を垂れているような見事な造形です。

160522,10
帰り道の長沢神社そばで、キジを発見! 

鶏冠が赤く見た目も派手だったのでメスだと思うのですが、気づかれてヤブの中に身を隠してしまいました。

電気自動車だったので、音が出ないと思ってちょっと近づきすぎました。




まんさくの花 亀ラベル2016春  生原酒  

160517,09160517,11160517,10

ご案内が遅れていた「まんさくの花 亀ラベル2016春 純米吟醸生原酒」のご紹介です。

地元横手市増田町で契約栽培してもらった亀の尾55%精米、酸度1,5、日本酒度+0,5、アルコール度16度、酵母はAK−1酵母です。

毎年販売している特定酒販店のみに割り当てでの限定出荷となっております。

160517,13160517,12

香りが落ち着いた印象。きれいですんでいますが、派手に際立つ風ではなりません。

味わいも穏やかで、やさしく静かに味が広がってきます。

少しおとなしめに感じさせたところからジワジワと味わいが出てきます。柔らかく幅のある酸と米の旨みは応用力の大きさを感じさせます。

これは食べて呑んでこその存在感です。

亀の尾らしいあとから追いかけてくるような酸と旨みを上品に引き出して、まんさくの花らしい食中酒に仕上げています。

さすがの仕上がりです。

お早めのお問い合わせをお願いいたします。

まんさくの花  亀ラベル2016春 純米吟醸生原酒    
 1,8L ¥3,348 (消費税8%込み価格) 
720ML ¥1,813 (消費税8%込み価格) 



ご用命・お問い合わせは
アキモト酒店 までお願いいたします。
TEL.0187−72−4047
FAX. 0187−87−1020
mail@akimotosaketen.jp


*このブログの左側バナーに貼り付けている「ご注文・お問い合わせはこちらへどうぞ」という所にお名前・メールアドレス・ご住所・お電話番号・お問い合わせ内容を書き込んでいただければ、折り返し、こちらから返信させていただきます。

また、アキモト酒店のfacebookページからは、メッセンジャーを使ってのお問い合わせにも対応させていただきます。

なお、夜8時以降に受信したメールについては、原則、翌日朝の対応になりますので、ご了承ください。
よろしくお願いいたします。


定休日は、毎月第3日曜日です。


平日の営業時間は午前8時30分〜午後8時です。

また、日曜日と祝日の営業時間は午前9時〜午後6時  とさせていただきます。

発送の場合は、クロネコヤマト、またはゆうパックの代金引換便でお願いしております。

お振込ご希望の場合は、当店指定の口座にお振り込みいただいたことを確認後、お送りさせていただきます。

また“SQUARE インボイス”を使った、クレジットカード決済(VISA・MASTER・AMEX)も可能になりました。

よろしくお願いいたします。

※当店のこのブログでは、消費税8%込みの総額表示とさせていただきます。

当店のこのブログは、昨年3月分までは、消費税5%込みの総額表示にしております。

過去ログも本当はさかのぼって8%込み価格に訂正するべきなのでしょうが、とてもそこまで手が回らないのが現状です。

申し訳ありませんが、過去ログをご覧になって4月以降のご注文の場合は、消費税8%に置き換えた金額をその都度お知らせさせていただくことで対応したいと思っています。   

勝手いって、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


娘のブログもご覧ください
SAKE GIRL http://sakegirl.weebly.com/

インスタグラムもはじめました。
店内のPOPの状況などお伝えできればと思います。
https://www.instagram.com/akimotosaketen/

やまとしずく生もと純米 がグランドジャンプに!

160519,07160519,08160519,09

現在発売中の雑誌「グランドジャンプ」(集英社刊)に連載されている『いっぽん!! −しあわせの日本酒−』で「やまとしずく 生もと純米酒」が特集されています。

常温の「やまとしずく(生もと)」にクロマグロのお刺身をあわせる、という設定で、ふっくらした酸と優しい甘さが上品な脂の甘みのあるマグロによく合う、というお話しであります。

百貨店の売り場設定になっていますが、「やまとしずく」は専門店のみの販売店限定ですので、実際にはないシチュエーションですが(笑)エポックメイキングとしてお楽しみいただければと思います。

毎年、私も“もと摺り”を手伝っています(笑)。


「やまとしずく 生もと純米」は当店でも、常温かぬる燗でオススメしております。

お燗専用ともいえる「やまとしずく 山廃純米」の深い飲みごたえに比べ、ほどよい堅さとシャープさをそなえた「生もと純米」は、現代の食生活の中ではとても汎用性のある常備酒としてお楽しみいただけるかと思います。

やまとしずく 生もと純米酒  
 1,8L ¥2,700 (消費税8%込み価格)  
720ML ¥1,350 (消費税8%込み価格)  




ご用命・お問い合わせは
アキモト酒店 までお願いいたします。
TEL.0187−72−4047
FAX. 0187−87−1020
mail@akimotosaketen.jp


*このブログの左側バナーに貼り付けている「ご注文・お問い合わせはこちらへどうぞ」という所にお名前・メールアドレス・ご住所・お電話番号・お問い合わせ内容を書き込んでいただければ、折り返し、こちらから返信させていただきます。

また、アキモト酒店のfacebookページからは、メッセンジャーを使ってのお問い合わせにも対応させていただきます。

なお、夜8時以降に受信したメールについては、原則、翌日朝の対応になりますので、ご了承ください。
よろしくお願いいたします。


定休日は、毎月第3日曜日です。


平日の営業時間は午前8時30分〜午後8時です。

また、日曜日と祝日の営業時間は午前9時〜午後6時  とさせていただきます。

発送の場合は、クロネコヤマト、またはゆうパックの代金引換便でお願いしております。

お振込ご希望の場合は、当店指定の口座にお振り込みいただいたことを確認後、お送りさせていただきます。

また“SQUARE インボイス”を使った、クレジットカード決済(VISA・MASTER・AMEX)も可能になりました。

よろしくお願いいたします。

※当店のこのブログでは、消費税8%込みの総額表示とさせていただきます。

当店のこのブログは、昨年3月分までは、消費税5%込みの総額表示にしております。

過去ログも本当はさかのぼって8%込み価格に訂正するべきなのでしょうが、とてもそこまで手が回らないのが現状です。

申し訳ありませんが、過去ログをご覧になって4月以降のご注文の場合は、消費税8%に置き換えた金額をその都度お知らせさせていただくことで対応したいと思っています。   

勝手いって、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


娘のブログもご覧ください
SAKE GIRL http://sakegirl.weebly.com/

インスタグラムもはじめました。
店内のPOPの状況などお伝えできればと思います。
https://www.instagram.com/akimotosaketen/


160520,20

160520,21

160520,22

160520,23
うちから300mほど、車で2分、歩いても5分の雄物川河川敷にある嶽見橋下の中川原サッカー場横にはアオサギの大営巣がありまして、田植えのはじまるこの時期はフジの花に彩られます。

ヒナがかえって飛行訓練もはじまり、100羽を超えるすごい数です。

青春ノヤマト  爽やかスパークリング! 

160519,02160519,04160519,05

「やまとしずく」の瓶内2次発酵スパークリング「青春ノヤマト」27BY、今年度分が発売となりました。

蔵のある大仙市南外地区産の契約栽培秋田酒こまちを使用し55%精米、酸度1,5、アミノ酸0,5、日本酒度+1、アルコール15,1度、酵母はAK−1酵母です。

清涼感のある香味と瓶内2次発酵による天然のスパークリング、その香味のイメージは限りなく“青”です。

160519,03160519,06

「やまとしずく純米吟醸」は秋田酵母NO,12を使用し、バナナやメロンのようなフルーツ感を漂わせるスタイルで好評ですが、「青春ノヤマト」はスパークリングの清涼感をより際立たせるようにAK−1酵母使用です。

華のキリッとした清々しい香りですが、うわつきがなく落ち着いたたたずまいです。

ピチピチ弾けるきめ細かい泡のスパークリングの清涼感と鼻に抜ける香味、泡とともにシャープな酸が口の中をスッキリサッパリしてくれます。

「天の戸シルキー」や「亜麻猫スパーク」の白麹使用のクエン酸の酸と違う、スリムでシャープでライトな酸です。そのサッパリとしたライトな感じは、今年はさらに際立っています。

かといってキレキレな喉ごしではなく、泡の軽快感はあってもほどよい旨みの印象が残り、次のもう一杯を誘います。

ブルーのボトルが涼しげで印象的ですが、まさにこの「青春ノヤマト」のイメージそのままです。

保管の際は、冷蔵庫に、必ず瓶を立てたまま冷蔵いただき、静置の上、絶対に振らずにあわてずゆっくり開栓してください。

しっかり発泡するスタイルにしておりますので、不用意に開栓しますと吹き出す恐れがあります。

栓を開けて吹き出すようであれば、また栓を閉めて、泡が落ち着いてからまた栓を開け、吹き出したらまた閉めてと繰り返し行っていただくときれいに開けられます。

青のイメージの「青春ノヤマト」を、是非お楽しみください。

やまとしずく 青春のヤマト 純米吟醸スパークリング生酒  
720MLのみ ¥1,620 (消費税8%込み価格)  


160519,01
サッパリとした爽やか「青春ノヤマト」と好対照の白麹仕込みの「天の戸 シルキー」「新政 亜麻猫スパーク」も入荷しております。

「天の戸 シルキー」は入荷したばかりなので、後日詳細をご案内させていただきます。






ご用命・お問い合わせは
アキモト酒店 までお願いいたします。
TEL.0187−72−4047
FAX. 0187−87−1020
mail@akimotosaketen.jp


*このブログの左側バナーに貼り付けている「ご注文・お問い合わせはこちらへどうぞ」という所にお名前・メールアドレス・ご住所・お電話番号・お問い合わせ内容を書き込んでいただければ、折り返し、こちらから返信させていただきます。

また、アキモト酒店のfacebookページからは、メッセンジャーを使ってのお問い合わせにも対応させていただきます。

なお、夜8時以降に受信したメールについては、原則、翌日朝の対応になりますので、ご了承ください。
よろしくお願いいたします。


定休日は、毎月第3日曜日です。


平日の営業時間は午前8時30分〜午後8時です。

また、日曜日と祝日の営業時間は午前9時〜午後6時  とさせていただきます。

発送の場合は、クロネコヤマト、またはゆうパックの代金引換便でお願いしております。

お振込ご希望の場合は、当店指定の口座にお振り込みいただいたことを確認後、お送りさせていただきます。

また“SQUARE インボイス”を使った、クレジットカード決済(VISA・MASTER・AMEX)も可能になりました。

よろしくお願いいたします。

※当店のこのブログでは、消費税8%込みの総額表示とさせていただきます。

当店のこのブログは、昨年3月分までは、消費税5%込みの総額表示にしております。

過去ログも本当はさかのぼって8%込み価格に訂正するべきなのでしょうが、とてもそこまで手が回らないのが現状です。

申し訳ありませんが、過去ログをご覧になって4月以降のご注文の場合は、消費税8%に置き換えた金額をその都度お知らせさせていただくことで対応したいと思っています。   

勝手いって、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


娘のブログもご覧ください
SAKE GIRL http://sakegirl.weebly.com/

インスタグラムもはじめました。
店内のPOPの状況などお伝えできればと思います。
https://www.instagram.com/akimotosaketen/

男甑(おこしき)  急峻な岩登りで侮れない里山の懐の深さ

いつかはと思っていた「甑山(こしきやま)」に18日(水)登ってきました。

男甑(おこしき)・女甑(めこしき)といわれる男女一対の奇岩の双耳峰で、標高は1000mに満たないのですが、圧倒的な急登です。

160518,01160518,02

横手市増田の従兄から、天気がよさそうなのでとお誘いがあり、同行させてもらいました。

が、108号線から入って、砂利の甑林道に入った途端、土砂崩れで通行禁止!

登山口まで片道2,3km余り、仕方ない、歩くことになりました(トホホ・・・)。


160518,03160518,04

30分かかって、やっと登山口。間伐材の切り出しで林道もよく補修されていて、駐車場も広くなっているのに、よりによって入り口で崩落はキツい。

それにしても、この林道は旧亀田藩が参勤交代に使った街道で、すばらしく趣があります。このまま山形側の真室川にぬけたらさぞや気持ちいいことだろうと想像させる、古道です。

160518,05160518,06

林道に別れを告げていよいよ本格的な登山道に入ると、斜面を巻きながら、平行岩(?)の段のついた滝や巣箇所の沢渡りをして距離を詰めます。

林道通行止めでほとんど登山者が入っていないので、踏み跡少なく、スタンスが難しい。




160518,07160518,08

程なく、女甑の分岐コル(ほとんどの登山者が向かう道)方向と男甑に向かう道に分かれ、我々は男甑に向かいます。

ほどなく、山形県との県境に着き、ここから県境にそって男甑に直登するのが普通らしいのですが、あえて山形側に下って男甑の岩稜を大きく巻きます。

そこそこ下ってやっと急登へのとりつきです。

このルートは、いくつかあるコースの中で最難関らしいです。

160518,09160518,52

ここが道なのかもあやしいほどの踏み跡のなさ、滑る粘土質のズルズルの斜面、ストックを短くもち、息を切らしながら少し登ると今度は岩の道。木の根っこに足をかけながら手探りで根の強度を探りながら手も使いながら3点支持で這い上がります。

これはザックにカメラを付けた状態だと引っかかって危ない!し、ストックもジャマになるとザックにしまい直して気を引き締めます。

ここから1時間弱、這いつくばっての格闘でした。

最初の岩を左に巻き気味に登り、次に地蔵倉の岩にぶつかるのですが、まったく90度の1枚岩につま先がひっかるだけのくぼみと虎ロープがぶら下がります。

こんな登りは100%無理!!と横を見ると巻き道も付けられています。しかし、この巻き道もくせ者。完全に切れ落ちた崖に1mほど落ちてから横歩きで5mほど平行移動しないといけないのですが、私の歩幅では落ちるその1歩が届きません。垂直に近い斜度を登ってきたので引き返すわけにもいかず、巻き道にもかかっていた虎ロープを信じてエイッ!とぶらさがって足場を確保しました。

いやぁ、最大の危険でした。

昨年の槍ヶ岳の穂先よりも危険でした。槍ヶ岳のようにたくさんの登山者が登る整備された道ではない1000mに満たない里山で、こんな岩登りをするとはとビックリです。

そのあとは、岩に張り出した木の根を手がかり、足がかりにして、なんとか地蔵倉を登り切りました。

危険な岩場は何とかやり過ごしましたが、この後も急登は続きます。ズルズルの土の斜面を3点支持で1歩づつこなしていきます。

やっと稜線に出ると展望が開け、右上に烏帽子岩がみえてきて男甑の山頂です。


160518,11160518,10

160518,13160518,12

ヘルメットかぶって大正解でした(笑)。

それにしても、大展望。突き出した烏帽子岩の勇壮さ、山形側、真室川〜新庄方面の光景、烏帽子岩の向こうに広がる神室山〜虎毛山の県境の山塊。

すばらしい光景です。

160518,15160518,14

160518,16160518,17

男甑の山頂で昼食後、下山です。背後の林越しに鳥海山も近くみえます。

双耳峰のひとつ、女甑もドンとそびえていますが、林道歩きで時間が押したので今回はパス。

分岐のコルから名勝沼に下ります。

160518,18160518,19

160518,20
が、沢がそのまま登山道のこの道、途中から残雪に埋もれています。

枯れ葉がかぶっていますが、下は雪です。そのため、いったん沢からあがってトラバースするはずの道をロストして、まっすぐ沢を下りてしまいました。

雪は薄くなって踏み抜くし、下は水は流れているし、なめた岩はスベるしで、登山道に軌道修正するまで大変でした。(汗)




160518,22160518,21

何とか事なきを得て、名勝沼に到着。一息入れます。

ここもいい景色。紅葉の時は極上のすばらしさでしょう。

沼のほとりはサンカヨウが一面に咲き誇り、サンカヨウロードです。

160518,23160518,24

160518,26
荘厳なウイルソンカツラの横を通り、分岐に戻って、さらに登山口をめざし、さらに林道を2,3k下ってやっと車に到着。

1000mに満たない里山で、これだけの高低差のある急峻な山があることに実際に触れて、本当に驚きました。

里山、馬鹿にできないですよ!

誘ってくれ、リードしてくれた従兄に感謝です。

男甑への同じ道直登といわれたら、二の足を踏むかもしれませんが、一般ルートで紅葉の時期にはぜひきてみたいと思います。

山登りしなくても、矢島街道を真室川に下るのも楽しそうです。

里山の奥深さを実感させられた、山行でした。


鳥海山 爽快辛口 

160517,14160517,16160517,15

天寿酒造から酒専門店向けブランド縦「鳥海山」の夏向け限定品「鳥海山 爽快辛口 純米吟醸生原酒」が届いております。

蔵のある由利本荘市矢島町の天寿酒米研究会産の秋田酒こまち55%精米、酸度1,7、アミノ酸1,0、日本酒度+10、アルコール度15度台、酵母は東京農大短醸分離株、NI−2酵母です。


NI−2酵母は花から抽出した酵母シリーズの中の「日日草」から取り出した酵母です。

160517,17160517,19160517,18

香りは花のアロマっぽい涼やかさにサワークリームのような余韻。決して派手ではなく、ほのかな上立香です。

ナデシコ酵母は生花っぽいエキゾチックな香りに端麗なキレイキレイな味という印象が頭に残っているので、同じ花酵母として記憶をなぞってしまうのですが、この日日草NI−2酵母は香りが穏やかながら、味わいが深いですね。

日本酒度+10の辛口なのに、酒こまちらしいソフトなタッチと味(甘み)に爽快な酸がフルフルします。

キレキレの喉ごしではなく、辛口な旨みについた余韻がさざめくので、お酒を飲んだ感があります。

原酒らしいお酒の印象がしっかりしているにもかかわらず、アルコールは15度台なので旨みと酸味がアルコール感に負けないのでしょう。

不思議な味わいです。

キンキンに冷やしたところから8〜10度くらいまでの温度がぴったりなので、まさに夏酒!のイメージです。

鳥海山 爽快辛口 純米吟醸生原酒  
 1,8L ¥2,808 (消費税8%込み価格)  
720ML ¥1,404 (消費税8%込み価格)  



ご用命・お問い合わせは
アキモト酒店 までお願いいたします。
TEL.0187−72−4047
FAX. 0187−87−1020
mail@akimotosaketen.jp


*このブログの左側バナーに貼り付けている「ご注文・お問い合わせはこちらへどうぞ」という所にお名前・メールアドレス・ご住所・お電話番号・お問い合わせ内容を書き込んでいただければ、折り返し、こちらから返信させていただきます。

また、アキモト酒店のfacebookページからは、メッセンジャーを使ってのお問い合わせにも対応させていただきます。

なお、夜8時以降に受信したメールについては、原則、翌日朝の対応になりますので、ご了承ください。
よろしくお願いいたします。


定休日は、毎月第3日曜日です。


平日の営業時間は午前8時30分〜午後8時です。

また、日曜日と祝日の営業時間は午前9時〜午後6時  とさせていただきます。

発送の場合は、クロネコヤマト、またはゆうパックの代金引換便でお願いしております。

お振込ご希望の場合は、当店指定の口座にお振り込みいただいたことを確認後、お送りさせていただきます。

また“SQUARE インボイス”を使った、クレジットカード決済(VISA・MASTER・AMEX)も可能になりました。

よろしくお願いいたします。

※当店のこのブログでは、消費税8%込みの総額表示とさせていただきます。

当店のこのブログは、昨年3月分までは、消費税5%込みの総額表示にしております。

過去ログも本当はさかのぼって8%込み価格に訂正するべきなのでしょうが、とてもそこまで手が回らないのが現状です。

申し訳ありませんが、過去ログをご覧になって4月以降のご注文の場合は、消費税8%に置き換えた金額をその都度お知らせさせていただくことで対応したいと思っています。   

勝手いって、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


娘のブログもご覧ください
SAKE GIRL http://sakegirl.weebly.com/

インスタグラムもはじめました。
店内のPOPの状況などお伝えできればと思います。
https://www.instagram.com/akimotosaketen/

青春のヤマト  本日発売です!

160518,55160518,56

「やまとしずく」の瓶内2次発酵スパークリング『青春のヤマト』が本日から発売です。

明日にも、詳報をご案内させていただきます。



ご用命・お問い合わせは
アキモト酒店 までお願いいたします。
TEL.0187−72−4047
FAX. 0187−87−1020
mail@akimotosaketen.jp


*このブログの左側バナーに貼り付けている「ご注文・お問い合わせはこちらへどうぞ」という所にお名前・メールアドレス・ご住所・お電話番号・お問い合わせ内容を書き込んでいただければ、折り返し、こちらから返信させていただきます。

また、アキモト酒店のfacebookページからは、メッセンジャーを使ってのお問い合わせにも対応させていただきます。

なお、夜8時以降に受信したメールについては、原則、翌日朝の対応になりますので、ご了承ください。
よろしくお願いいたします。


定休日は、毎月第3日曜日です。


平日の営業時間は午前8時30分〜午後8時です。

また、日曜日と祝日の営業時間は午前9時〜午後6時  とさせていただきます。

発送の場合は、クロネコヤマト、またはゆうパックの代金引換便でお願いしております。

お振込ご希望の場合は、当店指定の口座にお振り込みいただいたことを確認後、お送りさせていただきます。

また“SQUARE インボイス”を使った、クレジットカード決済(VISA・MASTER・AMEX)も可能になりました。

よろしくお願いいたします。

※当店のこのブログでは、消費税8%込みの総額表示とさせていただきます。

当店のこのブログは、昨年3月分までは、消費税5%込みの総額表示にしております。

過去ログも本当はさかのぼって8%込み価格に訂正するべきなのでしょうが、とてもそこまで手が回らないのが現状です。

申し訳ありませんが、過去ログをご覧になって4月以降のご注文の場合は、消費税8%に置き換えた金額をその都度お知らせさせていただくことで対応したいと思っています。   

勝手いって、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


娘のブログもご覧ください
SAKE GIRL http://sakegirl.weebly.com/

インスタグラムもはじめました。
店内のPOPの状況などお伝えできればと思います。
https://www.instagram.com/akimotosaketen/


160518,50160518,51

160518,52


実は、今日は従兄から誘いを受けて、山形県との県境にそびえる奇峰、甑山(こしきやま)の男甑(おこしき)に登ってきました。

秋田県側からわざわざ山形県側に回り込み、男甑に直登する、もうスンゴイ道でした。

両側切れ落ちた岩の壁、
虎ロープに命を預けるような岩の巻き道、
這いつくばる斜度に足場のない滑る土の斜面、
まっこと、スリル満点でございました。

汗・・・・




160518,54160518,53


男甑の山頂からは、勇壮につきだした烏帽子岩が象徴的でございます。

行きも帰りも少々アクシデントがあり、なかなか大変な山行でした。

こちらも詳報は後日ということで。


まず、たまった仕事、片付けます。!

記事検索
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ