DSCF0298
DSCF0311
DSCF0317
DSCF0323
高知県四万十市・藤娘酒造さん「藤娘 純米吟醸 生酒」
去年の11月にも購入したものを飲んでおり、今回で2度目となります。
購入先は高知県のアンテナショップで購入しています。
ここ以外で入手するとなると蔵元さんに直接注文となるかもしれないです。
・感想
・色
山吹色。
前回よりも色が薄めになっているかな。
DSCF5964
前回飲んだ時の写真
・香り
開けるとすぐに優しい甘い香りが広がります。
綿菓子のような甘い香りです。
アルコール香は少しあるけど、フレッシュなお酒の香りがあって良いです。
含み香は、アルコール香と穀物香が混ざったものでした。

・味
の順。
飲むとすぐに酸味が舌を強く刺激します。
食酢のようなイメージですが、あそこまで酸味一辺倒ではなくクドくもないです。
甘味は薄くて弱いけど食中酒として造られているのなら丁度いいと思います。
辛味は舌ではなく喉にくると強い力で刺激し爆発し、消え去ります。
また飲み進めると辛味は慣れるのか?その辛味は弱く感じるようになって
甘味・酸味・苦味が味の芯となってバランスの良さがあります。
お酒は軽くて飲みやすいですね。
前回と比べて甘味がより抑えめになったかなと思います。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
・開封3日目
甘い香りとアルコール香、3日目にして熟成香が出てきました。
甘味・苦味・酸味の順に変わり、苦味が特に強くなりましたがすぐにスッと消えます。
酸味・苦味も同様に強くてエグさがあります。
辛味はあるのかないのか分からないぐらい弱くなったかな。
初日よ比べると大幅に味が落ちたように感じ、去年よりももっと早く劣化が始まりました。
・開封5日目
アルコール香、熟成香、含み香はアルコール香。
お酒がだいぶ透き通った印象になってきました。
後味にはお米の味のような穀物感があります。
甘味は薄く、苦味は3日目より弱くなったけど味の芯に変わらず。
渋味は3日目同様に舌をエグり、辛味は気持ち少しくるだけ。
・開封7日目
アルコール香、強かったけど少し抑えめになった熟成香
すっきりな甘い香りとこれらの香りがありました。
大人しい甘味と酸味も強いです。その強さは初日に劣るが。
渋味・苦味が強く、総合的に味のイメージはグレープフルーツ。
・まとめ
私の好み判断:△
去年飲んだ時は〇評価だったのですが
今回飲んだのを考えると△に変えることにしました。
また、味の落ち度が前よりも足が速いかな。
「このようなお酒だったかな?」と印象があり、前回とのギャップで悩みました。
それと同じ状態で撮影できていないですが、色も違うように見受けられました。
今年の造りで味が違うのは何かしら理由があると思うから
もう一度、時間が経ってから購入して確かめてみようかな。

※スペック情報は 
藤娘酒造さんのホームページからの情報です。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
名称藤娘 純米吟醸 生酒
精米歩合60%
酒米高知県産 土佐錦
酵母不明
アルコール度15%
日本酒度+5.0
酸度1.6