2014年08月

紀伊半島ぶらり旅 瀞峡

2014年08月29日18:48



丸山千枚田から車で10分位の所に、
瀞峡めぐりの出発点・小川口乗船場があります。




瀞峡















広い川幅、白い石の河原、両側に迫る山並みが印象的な熊野川支流の北山川。




瀞峡















有名観光スポットなのでしょうね、団体バスが何台も来て賑わってました。




瀞峡















約一時間の瀞峡めぐり・ウォータージェット船の旅の出発です。




瀞峡















瀞峡と呼ばれる名所までは少し距離がありますので、全速力で進んでいきます。
結構乱暴な運転で迫力満点です。




瀞峡















瀞峡に着くとスピードはゆっくりとなり、景色が良く見えるように屋根が開きます。




瀞峡















夫婦岩。




瀞峡















亀岩。




瀞峡















下瀞を見渡す風景、観光ポスターなどに使われる有名スポット。




瀞峡















田戸乗船場。

ここで一旦下船して、15分間休憩。
テントでは、お土産を販売しています。




瀞峡















瀞ホテルに上がる階段から見た、田戸乗船場。




瀞峡















お客さんをいっぱい乗せた次の船がやってきました。






続く・・・・・




紀伊半島ぶらり旅 丸山千枚田

2014年08月18日11:01



昨日は、紀伊半島の海岸線を堪能したので、
今日は、紀伊山地に踏み込む事にしました。




最初の目的地は、丸山千枚田。

海岸線を離れて、ずいぶん山の中に車を走らせました。

幹線道路からも外れ、曲がりくねった山道をしばらく進むと突然視界が開けました。




丸山千枚田















丸山千枚田















丸山千枚田















周囲を山に囲まれた斜面にポッカリと開いた空間。

その昔、平家の落人がひっそりと暮らしていた山中に、
無理やり田んぼを切り開いたようなイメージを感じさせる不思議な光景です。



急な斜面にへばりついたような家々。

小さな棚田が1340枚。

ここにあるのはそれだけです。




丸山千枚田















一時は530枚にまで減少しましたが、
熊野市民が一体となって復活させ、保存に努めているそうです。

この日も、大勢の方々が草刈り作業に従事していました。




丸山千枚田















この風景もさることながら、
この棚田をコツコツと手作業で造り上げた先人たちの努力に感動しました。













紀伊半島ぶらり旅 鯨料理

2014年08月10日11:18




今回の旅行の一番のお楽しみが、花いろどりの宿『花遊』での夕食。

鯨のフルコースをいただきました。




鯨フルコース















南国ムードが漂う、レストランのエントランス。




鯨フルコース















一番奥の特等席をご用意いただきました。




鯨フルコース















お庭を眺めながらの食事です。




鯨フルコース















前菜  赤肉アボガド巻き、湯出物しぐれ煮、心臓胡麻油

心臓はとっても綺麗な味わい、しぐれ煮は鯨っぽい独特の味わい。
一口サイズの可愛い前菜です。




鯨フルコース















造里  鯨尾の身造り

半解凍が美味しいそうです




鯨フルコース















酢の物  ベーコンカルパッチョ、鯨赤肉燻製

ベーコンは味わい深くて美味しかった。燻製は独特の味わい。




鯨フルコース















鍋物  鯨鍋

ラーメンが入っていたので最後に回してしまって、記憶薄。




鯨フルコース















追加料理  鯨鹿の子造り

個人的には、こちらの造りの方が美味しかった。




鯨フルコース















洋采  鯨カツ、生野菜

お肉の味もいいし、ソースもいいし、美味しくいただきました。




鯨フルコース















温物  さえずり香草スープ

このスープは美味でした。




鯨フルコース















揚げ物  鯨竜田揚げ

小学校の給食で大好物だった鯨竜田揚げ。
昔とは違う柔らかく上品なお味でした。









最後の締めは鯨の釜めし。







鯨独特の味わいのお料理もありましたが、全体的にとても美味しくいただけました。


ご馳走様でした。




紀伊半島ぶらり旅 太地

2014年08月03日15:22





潮岬を一周して紀伊大島へ向かいました。




串本















串本















紀伊大島へは、ループ橋とアーチ橋を繋いだ立派な橋を通って、陸続き感覚で渡れます。



車で走ってみると、意外に大きな島であることが分かります。

その東の端、本通りから外れ、狭い道路を進んでいくと、
来館者の少なそうな日米修交記念館があり、
さらにその奥に歩いて行くと、そこには絶景が待っていました。




串本















タカノス園地から眺める海金剛。

見事な景観でした。




串本















串本















その後、再び串本に戻り、名所・橋杭岩を眺めて、太地へ。







太地と言えば古式捕鯨発祥の港町。




ホテル花遊















太地町立くじらの博物館。




ホテル花遊















捕鯨船資料館。




太地には、捕鯨文化を伝える施設や史跡が点在しています。

今夜のお宿は、そんな捕鯨文化に囲まれた、『花いろどりの宿 花遊』さん。




ホテル花遊















南国ムードが漂う雰囲気の良いお宿です。




ホテル花遊















お部屋からの眺めも抜群。







ゆっくりとした時間を過ごせそうです。




 
Profile

sakehaiseibashou

  橋本酒造場
協会1501号酵母(秋田花酵母)にこだわっています。

お知らせ
家族で日本酒を造っている小さな小さな酒蔵です。

真心を込め、丁寧に丁寧に仕込んでいます。

気持ちだけは、誰にも負けません、今年も日本一のつもりで頑張ります。
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ